タグ:竣工事例 ( 175 ) タグの人気記事
「伊賀の家」窓まわりのおさまり
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3181-2-1.jpg です

「伊賀の家」は今年のはじめに無事竣工。先日、エコハウス・アワード2019の意匠賞を受賞しました。 現在ドイツ・パッシブハウスの認定申請中です。

この基準に適合させるには、屋根壁共付加断熱、トリプルガラスサッシで高断熱化、第一種の熱交換換気扇を設け、南面の日射を有効に取り入れることで、年間暖房負荷を15KW/㎡a以下に抑えることが必要です。また、そのために0.2cm2/m2以下程度の高い気密性能が求められます。 今回の工事で最も苦労したのは、気密工事と窓まわりの納まりです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4ee924ba6771d025fa0ef6c0936a21e1.jpg です

窓まわりは止水工事、気密工事の要となるので、慎重な施工が求められますが、 今回はそれを更に難しくする「外壁からサッシを凹ませてつけるおさまり」(熱橋を減らすことができます)に挑戦しました。作業工程もかなり複雑なんですが、この納まり、どうやってつくるかを示す教科書が存在しません。いきなり現場で試すのは流石に無理があるので、森社長と一緒に作る家が全部パッシブハウスという高橋建築高橋さんの現場をまず見学、そして 技術に明るい設計者仲間の高本さんや、オガスタ新潟の小林監督などにも相談しつつ、上記のようなマニュアルを作成、

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3d8adcc1283b2ea21dc7e248492ca377.jpg です

森大建地産の大工さん全員参加で、実物大のモックアップを作成しました。大工さんたちは初めての作業でも、あっという間に改善策を思いつきますから、それをマニュアルにもう一度反映して現場に臨み、困難な窓納まりを無事納めることができました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 41101871_2177800612463428_8633172672013926400_n.jpg です

この案件は長期優良住宅で、耐震等級をとるために「ホームズ君」を使って計算しています。このときは 森大建地産から専門の会社にホームズ君の入力→申請を外注しましたが、その後のいろいろいじりまわしているうちに、品確法の耐震等級3や許容応力度計算を、同ソフトでできるようになりました(ちなみに、池尻の3階建ては、外注せずに飯塚が自ら構造計算書作成しました。)。同様に、「ホームズ君」は温熱機能の方も使いこなしつつあります。

高性能住宅は設計(計算)も施工も大変なので、意匠系の設計事務所・工務店には嫌われますが、アイプラスアイは、こんな風に意匠も性能も両方取りできるので、これからご依頼いただく方は、この家のような超高性能が当たり前になる時代を見越して、意匠性能両方を頑張る家にして頂ければと思います。

また、三重県伊賀市、 津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、四日市市、名張市 などにお住いの皆様は、ぜひ森大建地産にご依頼ください。アイプラスアイで設計のお手伝いも可能です。

by iplusi | 2019-04-17 19:56 | 伊賀の家 | Comments(0)
逗子S邸概要

逗子S邸、オープンハウスにお越しになれなかった方々に向けて、オープンハウス前後の時間に撮った写真をご紹介したいと思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 001.jpg です

S邸は山を背負う敷地に建つ5人家族の住まいです。敷地は東西に細長いので、オープンスペースの取れる見通しのいい東側を前庭としました。 屋根は切妻で北側通路沿いの立面はシンメトリーです。 平面は桁行4間、梁間4.5間、ほぼ正方形の総2階。
庭はありますが、眺めのいい2階をリビングにました。 家の角は適宜凹ませ、半外部空間を作っています。各階とも前庭側に積極的に開く構成です。サッシはサーモスXトリプルガラスでUA値は0.50です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 789789.jpg です

屋根中央には2.4mの高さがある巨大な嵌め殺し窓があります。窓の4周は木枠で強調しました。外観は焼きっぱなしの焼杉。塗装費が節約できるので意外とローコストですが、指で触れば黒くなります。2階のバルコニーはさすがにそれでは困るので、荒磨き仕様でキシラデコール塗装しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 30.jpg です

玄関ポーチも黒くなると困るので、杉板を目板張りをこげ茶色で塗装し、焼杉部分と分節、2階の浮遊感を強調してます。玄関照明はお施主Sさんがデンマークで買ってきたルイス・ポールセン。ドアハンドルは堀商店。照明同様、経年変化で味が出る仕様です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 004-02.jpg です

玄関ホールです。 Sさんの1階に対するリクエストは「遺跡のような見通せない空間」。廊下を挟んだ2つのコアの両側が子供部屋になっています。といっても子供部屋は仕切りもあいまいな空間です。家族の成長に応じて、子供たちがスペースを適宜占拠していくという、やや過激なプラン。廊下の両脇には収納や階段のコアがあって、2つの回遊動線がつくられています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 003.jpg です

石張りの玄関土間は、将来ご主人がお店をやるために広々取っています。その先にまだ空間がつながっているような奥行きのある空間です。壁や天井に光がうまく回るように窓は際に寄せています。 壁はすべて色付きのしっくい。少し大きめの骨材が入っていて、今回は横に引いて仕上げています。 壁際、基礎立ち上がりが出っ張ってるのは断熱のためです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 005.jpg です

子供部屋です。欄間部が抜けていて完全に閉じてはいません。こういう曖昧なスペースをゲリラ的に占拠、適宜間仕切りながら使っていくというのが、子供部屋の基本コンセプトです。子供たちが巣立った後はお店として広々使うことができます。
床仕上げのメルバウ、色付きのしっくいにトーンを合わせるため、家具や枠類はウォールナット色で塗装しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 018.jpg です

脱衣室も欄間を開口にしています。ホテル式で左の奥はトイレになっています。洗濯機は階段下に追い出しましたので生活感はある程度おさえられています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 17.jpg です

浴室もやはり欄間開口です。在来浴室で、天井はヒバ、壁はタイル、床は十和田石です。この家の中では唯一爽やか系の初々しい色合いになっています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 016.jpg です

2階の中央が吹き抜けていて上階の光が落ちてきますから、1階中央が真っ暗になることはありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 027.jpg です

階段吹き抜けを2階から見たところです。吹き抜けの上部にはロフトがあり、奥がテラスになっています。吹き抜けに付く照明も施主支給品です。ウッツォンの弟子の設計だったかな?

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 026.jpg です

南側はアパートや立駐が迫るため窓が設けにくいので、テラス横の3方のハイサイドライトから積極的に採光する形になっています。テラス下は天井の低い落ち着いたスペース。2階は1階とは対照的にワンルームの広々した空間ですが、こんなふうに広さの違うたまりがそこかしこにできています。奥はスキップフロアで70cm床が上がっています。段差部は収納ですが、エアコンを仕込めるように一部ガラリ戸になっています。テレビはSさんあまり見ないので、小上がり側に置く予定です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 010.jpg です

ダイニングからリビング方向を見たところです。地上2mくらいのところにある雁行する薄いスラブが間接照明になったり、ロフトになったりするのが特徴です。屋根は外断熱で、天井の構造体はあらわしです。垂木はべいまつで@303。前庭のある東側は、ステンレスのブレース材で間口いっぱい窓にしました。腰窓の下は本棚です。本棚の縦材はランダムに入っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 023.jpg です

リビングからダイニングを見たところです。切り妻中央の天井をフラットにしたのは中央にあるフィックス窓や、ハイサイドの上枠と付きあい、かつ垂木を一発でかけるためです。ピクチャーウインドウとなるフィックス窓の周りは太い枠で強調しました。窓の前には、エクステンションの大きなダイニングテーブルが置いてあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 020.jpg です

キッチンはⅡ型で、アイランドカウンターは片持構造。3方向から作業が可能です。ちょっとした朝食もここで済ませますね。アイランド天板はウォールナットの接ぎ板です。シンクは一応オーバーシンクにしてあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 008.jpg です

小上がりの部分です。奥の台形窓が効いてますね。小上がりに上がる階段下にエアコンが仕込んであります。エアコンにさわれるよう、階段は分割取り外し式です。右手はキッチンの並びで、冷蔵庫や電子レンジが納まります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 009.jpg です

小上がりからロフト方向を見たところです。ロフトへの幅広の階段は、映画を見るときの観客席になります。階段下にはトイレが隠れています。右手の棚は、小上がりから吹き抜けに落ちないようにするための落下防止手すりを兼ねています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 025.jpg です
段落

夜も間接系の照明でいい雰囲気です。
以上で、オープンハウス前後の暫定写真お披露目終了です。照明、ブラインド、家具、雑貨が入った時点でまた、写真撮らせていただこうと思いますのでお楽しみに。

なお、オープンハウスには業界の方に多数来場いただき、いくつかのブログに取り上げて頂いているのでご紹介いたします。そちらもぜひ御覧ください。
家づくりの情報サイト ハウスベースプレス
雨の道をデザインする Yan's diary



by iplusi | 2019-04-11 18:15 | 逗子S邸 | Comments(0)
三宿N邸竣工写真
三宿N邸竣工写真下記にアップしました。
ぜひご覧ください。
d0017039_19444956.jpg

by iplusi | 2017-11-30 19:46 | 三宿N邸 | Comments(0)
三宿N邸オープンハウス無事終了
三宿N邸オープンハウス無地終了しました。今回はこれからのお客様が沢山いらっしゃいましたが、妻面の色と空中の床の間はお客様にも大好評でした。
d0017039_19475816.jpg
天気良かったので、インナーデッキでバウンドした光がキッチン上部天井まで回ってますね。勾配屋根を活かした大空間はほぼワンルームですが、作り付け家具と置き家具で、居場所がたくさん作られています。
d0017039_19475727.jpg
ハイサイド下部にあるET型家具。高さ方向の真ん中がくびれてるので構造を真面目に考えました。立面コの字の板3枚で片持ちにしてます。吊り戸棚の左部分にはエアコンが仕込んであります。

次のオープンハウスは12月中旬の横浜M邸。設計者同じでも印象は正反対の家です。ご期待ください。



by iplusi | 2017-11-26 20:20 | 三宿N邸 | Comments(0)
多摩NK邸お引き渡し
d0017039_12270005.jpg
多摩NK邸オープンハウス無事終了。NKさん、暑い中お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。エアコン、外構、ブラインドなどの工事が残っていますが、オープンハウスの後すぐお引渡しでした。
竣工写真はグーグルフォトのアルバムに。モダンだけど民芸の香りもする雰囲気のある家に仕上がっています。ぜひ御覧ください。


by iplusi | 2017-07-31 12:33 | 多摩NK邸 | Comments(0)
川越K邸 竣工後3年の様子
川越K邸、榊住建の家検サービス(1年毎の定期点検)があったので、千代岡社長と熊沢と一緒に伺ってきました。K邸に伺うのは竣工依頼初めて、かつ3年ぶり。Kさん=小泉さんには普段、よそのお宅の模型を作っていただいているのですが、肝心のK邸は片付いてないからということで設計者、ずっと見せてもらえてなかったのです、笑。
d0017039_16514126.jpg
土間にはペレットストーブが設置されました。離隔はクリアできるので、あえてガラス前に置いています。室内には、ピエール・ガーリッシュ、ルシアン・アーコーラーニ、イルマリ・タピオヴァーラなどのビンテージチェア、アフリカ?の座椅子や映画館、図書館家具など、有名無名の家具をバランス良く配置されています。ナントカ風に分類されない、世界観のあるインテリアはいいですね。
d0017039_16514344.jpg
1枚目の写真は「新米建築士の教科書」用にご本人に撮っていただいたものですが、2枚目以降はせっかく来たんだからということで無理に撮らせていただいたもの。なのでセッティングは飯塚が場当たり的に移動したりしたものなんで適当ですが、それでも、こんなにすばらしいインテリアになっています。
ウォールナットの無垢の床、濃い色のしっくいは経年変化で味わいを増し、左官のざらざらの肌が陰影を増幅します。この写真のような天井に回り込む光の効果は、左官ならではですね。
d0017039_16514347.jpg
リビングにはいくつかのたまり空間が作られています。ここはダイニングとなりの書斎コーナー。通風は横でとれるので、正面庭側はフィックス窓にしています。木製サッシみたいに見えますね。
d0017039_16514479.jpg
ブース状キッチン。窓の右手の食器棚はブースと同じベンジャミンムーアの塗料で塗装されてました。この塗装はチョークも使えます。撮影用に消してしまいましたが、簡単な伝言メモはチョークで書いてるようです。
d0017039_16514455.jpg
階段下から吹き抜けを見上げたところです。2階の西向き大開口から吹き抜けに光を落とすようになっています。
d0017039_16514375.jpg
西側大開口先の景色。お隣の広大なオープンスペースを借景しています。きちんと管理された整った緑なので、借景しがいがあります。
d0017039_16514219.jpg
大窓前のホールは小さなテーブルを置いて、セカンドリビング的な共用空間として利用されてるそうです。
d0017039_16514236.jpg
子供部屋です。扉の無いオープンなつくり。
d0017039_16514229.jpg
計画当初、ただの収納だったスペースは、現場変更で内窓をつくり、個室スペースとして利用しています。
d0017039_18055335.jpg
その他の写真はWORKSページに。こちらからどうぞ。
by iplusi | 2017-06-07 18:11 | 川越K邸 | Comments(0)
町田K邸引越し後
d0017039_15300090.jpg
3月末に引き渡した町田K邸、昨日お邪魔してきました。青空に焼杉が映えますね。
d0017039_15300267.jpg
北側道路向かいの公園は、サクラやイチョウが植わっており、花見、紅葉が楽しめます。この日は初夏の緑が爽やかでした。樹脂サッシだけどFIX窓を効果的に使って、開放感を出してます。
d0017039_15300446.jpg
ネイルサロンのドアからも公園の緑が眺められます。ガラスに表情を付けている極細の十字はスチールのフラットバー。
ということで、Kさん、この家は緑が一つのテーマなんで、敷地内にもちゃんと植栽してくださいね~。
by iplusi | 2017-06-01 15:38 | 町田K邸 | Comments(0)
さいたまO邸その後
d0017039_17044103.jpg
竣工後約1年半。連休中日の本日、さいたまO邸伺いました。角のエリアには株立ちのアオダモなどが植わり、さわやかな感じになっています。青空とシングルパネルの外壁がよく合いますね。
d0017039_17044253.jpg
リビングダイニングは2階。切妻の中央にロフトが浮かぶ構成で、ダイニングは勾配天井なりの空間になっています。通り側の大窓は横型ブラインドで下からの視線を遮っています。
d0017039_17044279.jpg
冬場は一番温かいロフトで寝ていたそうです。大窓沿いはアイプラスアイの定番、ちょうど座れる高さの内向きベンチ。
d0017039_17044240.jpg
ヘリンボーンの床が特徴であるご主人の書斎は、何度もレイアウト変更して現在の形に落ち着きました。oさん、連休中朝早くから、ありがとうございました。
by iplusi | 2017-05-02 17:18 | さいたまO邸 | Comments(0)
オガスタコラボ新潟T邸竣工写真
d0017039_10430962.jpg
オガスタコラボ新潟市T邸 グーグルフォトに写真アップしたので是非ご覧ください。
https://goo.gl/photos/RSqWmTTEPEVNedf68
間接照明は調光できるので、もう少し暗くするべきでしたが、新潟出張時の一発撮りでもこんな感じなんで、被写体がいいんだと思います。

by iplusi | 2017-05-01 10:49 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
中野M邸2年点検
d0017039_20181632.jpg
中野M邸2年点検伺ってきました。ご夫婦共とても忙しい方なのですが、2年経ってもショールームみたいに綺麗なままでした。
d0017039_20181683.jpg
南の庭の芝は近所の猫に荒らされてダメになってしまったそうです。
d0017039_20181774.jpg
背の高い垣根状になったシマトネリコ。こっちは元気がよく、1階掃出し窓の適度な目隠しになっています。
d0017039_20181721.jpg
玄関から土足のまま入れる巨大なシューズクロゼットも、それなりに埋まってます。ご主人が綺麗に磨いた靴は入り口近くに並んでました。
d0017039_20181890.jpg
玄関ニッチは好きなレストランの白黒写真が飾られています。このニッチ、改めてみると奥行きがたっぷりあって、何を置くにせよいいですね。M邸は壁天井とも、ルナファーザーチップスにかなり色のついたEP塗装してます。
d0017039_20181583.jpg
一番変わったのは床の色ですかね。竣工時ちょっと淡かったブラックチェリーは焼けて素晴らしい表情が出ました。3㎜単板複合塗装品の1階より、無垢オイル仕様の2階の方がやはり綺麗です。
d0017039_20181757.jpg
花は日常的に飾られているとのこと。素晴らしいですね。そのほかの写真はこちらに。
d0017039_00412604.jpg
おまけの猫写真。梁の上は猫専用キャットウォークです。建てるとき猫飼うことは決まってなかったので、結果的にですが。
ロフトに上る途中のシーン。ハシゴの上で「気をつけ」をしてますね、笑。降りるときはキッチン側の冷蔵庫、食器棚などを利用してました。


by iplusi | 2017-04-02 20:46 | 中野M邸 | Comments(0)