タグ:検討案 ( 246 ) タグの人気記事
さいたまO邸08案 水平連窓
さいたまO邸は着々と進行中。
Oさんのブログもスタートしました。ぜひごらんください。
dashaus  http://dashaus.petit.cc/


d0017039_17533234.jpg
08案、東側大窓はあえて高さを下げ、熱損失をおさえつつ、水平性を強調。窓際にベンチを設けた掃出窓で、コルビュジェ母の家ののような水平連窓をつくるわけです。船のようなインテリアですね。
d0017039_17555090.jpg
外観は前回のスケッチに沿った形です。ロフトのモノアイは、象徴性が強すぎるのでは?とのリクエストも頂いたので、窓の形も検討してゆきます。一つだと宗教施設とかキン肉マンっぽい。2つだと、タイムボカンシリーズっぽい。ということで、
d0017039_17574312.jpg
例えば3つという選択肢はどうですかね。窓の下端が上がれば、安全性やプライバシーは確保しやすくなります。色んな所に3つづつ、繰り返すモチーフが出てくる感じ。ここで書いてみたのはパラッツォ・マッシモみたいな、小さな横長窓。正方形も無難ですが。
d0017039_18382840.jpg
道路から見える部分と見えない部分を検討。1階は天井に寄せて900の高さの窓を設けた場合、道路からの視線はほぼ気にならないレベル。2階のLDKは、デッキと窓際ベンチがあるので、手すりに目隠しがなくても、足元は見えません。キッチン部分など、家の中央西側(図の右側)は、道路からは全く見えません。2階リビングはこんな風に、プライバシーが保ちやすいのがメリットです。
d0017039_12295183.jpg
樹高4m以下程度の木を植えた場合、室内からの見え方はどうでしょうか。1階は高窓形式なので、立っても座っても、木は良く見えます。

2階はやや見下げる視線になるので、手摺に目隠しすると、木は見えなくなってしまいます。道路側から見上げる視線と木を見下げる視線は角度が近いので、ルーバー格子で、外からは見えにくいが、中からは木が良くみえるといった状態にするのは難しいでしょう。

元々ガラスがあると、日中は反射で室内は見えにくいもの。加えて上記断面では、室内ベンチである程度のプライバシーが確保されます。

とはいえ夜もあるので、ブラインド類は絶対に必要です。であれば、ブラインドの羽の向きで、視線をコントロールするのが一番無理のない考え方だと思われます。
09案は、その他、屋上テラスの位置も再検討の予定です。
by iplusi | 2015-02-23 17:49 | さいたまO邸 | Comments(3)
さいたまO邸 外観の検討 
d0017039_23202016.jpg
白井T邸のように袖壁を勝たせたいというご要望をうけ、写真に加筆してみました。この場合、屋根と袖壁がつくる家型は15~20cm厚くらいでしっかり見せ、反対にデッキはできるだけ軽快に表現すべきです。加えて、屋根壁ラインの面からデッキ面は若干下げてやって、主従の関係をはっきりさせたいところです。
この時問題になるのはデッキ材の支持。本体からの片持ちだとドンくさくなって主従が曖昧になるし、両袖壁間9.1mスパンを跳ばすのはさすがに乱暴だから、手すり一体型の細いスチール柱2本たてる表現がよさそう。例えば東急文化村の本屋の、ギャラリーみたいな感じ。
by iplusi | 2015-02-08 23:19 | さいたまO邸 | Comments(4)
さいたまO邸 07案 ボートハウス風ファサード
d0017039_1348219.jpg
さいたまO邸07案。切妻のボートハウス風ファサードでまとめてみました。公園方向の眺望を得るために、妻面上部にも窓を配置。浮遊感が出るように、1階には柱を立てました。

次の08案は、バルコニーを広くしつつ窓際ベンチを復活。リビングダイニングを400くらいスキップさせます。2階トイレまわりの裏動線はスキップ量の半分200くらい床を上げ、1階から2階の階段と立体交差させれば、うまくおさまるはず。
そんなこんなで08案は幾何学的な非常に美しい間取りになりそうです。よって最大の問題は、東側の立面のつくり方になりそう。窓の高さを下げ、軒を低くした、美しいプロポーションを目指します。
by iplusi | 2015-02-08 13:48 | さいたまO邸 | Comments(0)
この木なんの木型住宅
d0017039_23323197.jpg
新しいお仕事、さいたまO邸03案。敷地は北側と東側道路の角地。南はアパートに塞がれています。敷地内に複数の既存樹木があることから、木の背景となるように、「この木なんの木」的な、樹形をイメージさせる「なで肩」のシルエットでまとめてみました。

2階リビングは、樹木正面に大窓を配置。鳥の目線で樹木の景色を取り込みます。窓際はアイプラスアイ定番の内向きの縁側=インナーテラス。南の光は、建物を北に寄せつつ、ハイサイドライトを活用することで、アパートの上空から日射も取り込めるよう計画しました。
by iplusi | 2015-01-25 23:40 | さいたまO邸 | Comments(0)
元住吉M邸 外観および間取りの基本方針決定
元住吉M邸、間取りの方針がほぼ決まりました。
d0017039_171827.jpg
外観はこんな、シンプルな形です。外壁は白系で屋根は暗い色がMさんのご希望。玄関ドアはガラスの入らないタイプに。
d0017039_16592792.jpg
2階の大窓の光を吹き抜けに落としますので、1階も十分明るいです。階段は南北方向に戻しました。吹き抜け上部2階の北側には下から開閉できるハイサイドライトがあるので、重力換気も期待できます。インテリアは白基調、床材はメープル系を希望されています。
by iplusi | 2014-12-25 16:43 | 元住吉M邸 | Comments(0)
2階南の窓をハイサイドライトに見立てる
d0017039_17394353.jpg
元住吉M邸02案。01案のネコ耳形ハイサイドは取りやめ、2階の南を全部窓にしました。防火サッシだと、ガラスは網入りlow-eになり、大きさの制限もかかって不自由なので、あえてシャッター付き引違いを利用します。
d0017039_17401326.jpg
今回は、1階がリビングというご要望です。2階の南窓をハイサイドライトに見立て、吹き抜けから1階に光を落とします。吹き抜けが大きすぎるので、吹き抜けの一つは水平のコボットで補強。階段の上がり方も変更し、「方程式」どおりのクローバー型の動線ができるよう間取りを工夫しました。 
by iplusi | 2014-12-06 17:47 | 元住吉M邸 | Comments(0)
元住吉M邸トライアル案
d0017039_1817359.jpg
元住吉M邸トライアル案。路地奥の住宅となりますが、1階リビングご希望ということで、ハイサイドライトと、2階共用室の大窓から、比較的大きな吹き抜けに光を落とす計画でご提案。今回の全体形状は、オーソドックスな切妻に、ネコ耳形のハイサイドライトを付加した形。次回は、飯能i邸のような、南から北に抜けた形の屋根を、ご提案予定。
by iplusi | 2014-11-22 18:21 | 元住吉M邸 | Comments(0)
下高井戸M邸06案 
d0017039_2234253.jpg
下高井戸M邸06案。スネオ屋根ができたので、庭の木が窓から見えるように、南東2階ダイニングの窓を大きくしました。また、眺めのいい南西方向の眺望は生かしつつ、電柱に正対しないよう、バルコニの袖壁形状を工夫してみました。形はびっくり系ですが、壁や屋根をナナメにカットするだけですから、見かけほど難しくはありません。
d0017039_223447.jpg
中から見ても、三角が印象的。案の方向性はまとまってきました。
by iplusi | 2014-10-04 22:13 | 下高井戸M邸 | Comments(0)
下高井戸M邸05案 スネオ風屋根
d0017039_19585027.jpg
検討を重ねてきたら、次第に箱型スクエア形状がつまんなく感じるようになったということで、05案は切妻を検討。プランは、なかなか良くまとまってます。ロフトの上がり方も、楽しそうです。
d0017039_1957432.jpg
外観も堅実にまとまってます。が、Mさんは、目黒I邸のバルコニまわりのように、もう少し動きがほしいとのこと。また、江戸川M邸の二重屋根のように庇が出ても面白いというご意見。といっても、東は敷地に余裕あるけど、西はカツカツで、軒の出900とかの庇は出せません。
d0017039_1959223.jpg
では、西は軒の出なし、東は軒の出900という変則的な屋根はどうでしょう?打ち合わせ中に、紙を切って、張ってみました。外断熱方式にすれば、通気垂木の長さを変えればいいだけですから、実はそんなに難しく無さそうです。
Mさんも、「スネオ的(どっちかというと、花輪くんヘアーですが)だが、意外と面白い、いいんじゃないか」、ということで、次回はこれを前提に、少し考えてみます。庇が出たことで、南面窓を少し大きめにすることもできそうです。
by iplusi | 2014-09-22 20:02 | 下高井戸M邸 | Comments(0)
下高井戸M邸01案
土地探しからのご相談、高井戸M邸。先週末よりスタート。敷地30坪。建ぺい容積、40/80、角地なので建ぺい10%割増です。
d0017039_18242589.jpg
北側は1種高度でカットされます。2階の上に小屋裏収納が浮かぶ構成にしました。
d0017039_18243323.jpg
01案はオーソドックスに箱型最大ボリュームでまとめましたが、バルコニーが出っ張るのがお好きでないということで、02案はちょっと違う外観を検討します。
by iplusi | 2014-08-25 18:25 | 下高井戸M邸 | Comments(0)