タグ:今日の現場 ( 347 ) タグの人気記事
学芸大学H邸電気打ち合わせ
今日は学芸大学H邸へ。お施主Hさん夫妻と電気打ち合わせでした。熊澤の遺産図面を元に、コンセント、スイッチ、照明、換気扇、エアコン、などなどすべてを一個一個位置を確認。その他、フローリングの種類、張り方向、キッチン・レンジフードの機種など懸案を整理して、打ち合わせは無事終了。
d0017039_20154587.jpg
2階の北側部分です。南北に抜けをつくるため、北側にも掃き出し窓を設けています。隣家との距離はあるので明るさは十分。右のフレームはトイレ、手前がキッチンとなります。高度斜線がかかるので、北側方向、西側方向が異なる勾配の屋根となっています。キッチンは北の一番奥にありますが、トップライトと北側の窓で十分明るいです。
d0017039_20154416.jpg
北側の窓前から南を向いた景色です。うなぎの寝床の端から端まで見通せる、「抜け」が作られています。見通しを阻害しないよう、短辺方向の耐力壁はすべてステンレスのブレースで確保します。
d0017039_20154472.jpg
階段室の上部にはトップライトを設けました。スケルトン階段の間から光が落ちます。この住宅は2枚羽の構造金物を積極的に使っています。
d0017039_20154480.jpg
準防火地域なので、サッシはAPW330の防火サッシです。引違いの掃出し窓は、シャッターのないタイプもAPW331のラインナップにはありますが信じられないほど高価なので、掃出し窓はすべてシャッター付きにしました。搬入時にはシャッター本体も蓋もついていないんで、本体と蓋が後設置できるよう、天井まわりの寸法は要注意です。また、シャッターを袖壁などに寄せすぎるとコーキングが打てないので、袖壁などと一定の離隔を確保することが必要です(カタログの非常にわかりにくいところに書いてあります)。
d0017039_20154423.jpg
指さしてるところをへこませ、外部用シェードつけて、外からの目隠し代わりにすることも決定。
d0017039_20154495.jpg
今回の秘密兵器、パネリードX。全ねじで大変パワフル。ビットもついてました。100本あるので、池尻の異勾配隅木のでも使おうと思います。

by iplusi | 2019-04-13 20:46 | 学芸大学H邸 | Comments(0)
飯能k邸付属棟上棟



飯能K邸のお施主ご両親の住まい=付属棟上棟しました。腰折れ屋根の主屋と呼応する妻面強調の切妻型の平屋です。



主屋庭に対しては、平屋で軒が低いため、全く圧迫感がありません。



掃出し窓からは主屋の姿を望めます。自分の家族の家や孫の姿が見えるのは楽しいですね。



谷側の絶景は付属棟からも当然楽しめます。妻面はあえて腰窓にして開口を絞りました。



コストを抑えるために軸組はアイプラスアイでは珍しい母屋垂木の和小屋です。でも桁や棟木に垂木を固定する金物は専用のものを使い、床倍率を上げています。


by iplusi | 2019-04-06 09:47 | 飯能K邸 | Comments(0)
横浜M邸 最後の追い込み
横浜M邸、いま週末12/16オープンハウスということで、現場は最後の追い込み中です。今日は鉄骨トラス階段や家具の塗装、網戸設置+アルミサッシ調整、コーキングなどしてました。アイプラスアイは事務所検査。青木さんは工務店検査でした。
d0017039_16073624.jpg
リビングは大きな吹き抜けになっています。足場架けて塗装した木の天井が見どころです。床のチークは明日施主塗装の予定。
d0017039_16085565.jpg
2階南側のひなたぼっこスペース。大きなベンチが設えられています。2階の床はオーク。こちらも明日塗装します。
木の天井は前川自邸風の色使い(前川自邸の最上階天井は白いですが)、その他の壁は建築家会館のバーコーナーみたいな色使いでなぜか懐かしい感じがします。
d0017039_16073676.jpg
キッチンカウンターは3500ワイドの大きなもの。シンクは比較的角が出たタイプでバイブレーション仕上げですから、かなりリッチな感じです。キッチンの食洗機はミーレ製です。
d0017039_16073515.jpg
アイランド平面寸法は1880☓950。天板はサイルストーン。キッチン側足元にはゴミ箱と、炊飯器が置けるようになっています。
d0017039_16541123.jpg
浴室は在来です。壁はタイルで天井だけリブ付きのヒノキにしてます。
d0017039_16540397.jpg
この家で唯一の普通の部屋=子供部屋。5.5畳、2.1m天井高に対し、1m角の北向きの窓一つで過不足ない感じに明るくなってます。これは白い壁の反射と採光補正係数3の威力ですね。

オープンハウスの詳しいご案内はこちらです。お誘い合わせの上お越しいただければと思います。


by iplusi | 2017-12-14 16:21 | 横浜M邸 | Comments(0)
稲毛S邸電気打ち合わせ
今日は稲毛S邸電気打ち合わせでした。現場はダイライト張りが完了、サッシの取り付けもほぼ終わりました。棟梁は今日は通気胴縁の取り付け中でした。
d0017039_23500727.jpg
2階の子世帯LDK部分。青いところは屋外デッキのスペースです。
d0017039_13130217.jpg
サッシは延焼部防火APW、非延焼部APWです。この用紙はサッシに貼ってある納品書。この写真のガラスは防火サッシ縦辷りですが、耐熱強化ガラスLOW-Eの複層(アルミスペーサー、アルゴンガス入り)使っているのでUg値(ガラス部分のU値)は1.19とかなり低めです。サッシガラス込みでも1.55程度。アルミ樹脂複合の2.33に比べると随分小さな数字になってます。ちなみに稲毛S邸は規模が大きいので、UA値もかなりいい数字になっています。
d0017039_23500794.jpg
フィックスサッシは小さいものはガラス入りで搬入されてましたが、テラス部の大きなフィックスは枠だけでした。APWのフィックスはガラス固定の押縁は外です。割れたときの足場問題はあるけど、コボット内付けする時でもフィックスにできます。

この日は、お昼過ぎまで稲毛(後の打ち合わせは中根に任せ)、稲毛の打ち合わせの後千葉県某地区で新規相談、さらにその後千葉寺の打ち合わせ@千葉寺Nさん宅でした。今、アイプラスアイでは千葉や葉山・逗子がブームです。なんででしょうね~。



by iplusi | 2017-12-03 00:16 | 稲毛S邸 | Comments(0)
横浜M邸仕上工事
d0017039_12292192.jpg
横浜M邸は内部大工工事は終了。これから塗装工事がはじまります。天井も塗装仕様ですが、吹き抜けが大きいので、クサビ緊結式足場組んでます。
d0017039_12292108.jpg
作り付け家具工事も終わっております。これはキッチンのアイランドカウンター。引き出しレールは評判のいいハーフェレのものを使ってます。天板は、モールテックス、デクトン、アイカクリスタ、コーリアン、ナチュラルクオーツ(アドヴァン)、などなど数々の候補ありましたが、結局、黒いサイルストーンになりました。納期かかるので、取り付けはこれから。

by iplusi | 2017-11-07 12:37 | 横浜M邸 | Comments(0)
伊賀の家基礎工事
d0017039_16455596.jpg
「伊賀の家」プロジェクト、基礎工事がスタート。ABC3棟ありますが、まずはB棟から配筋してます。この後、A棟C棟と進みます。この写真は社長の森さんが本社屋から撮影したものです。
d0017039_16455639.jpg
もう少し西側の風景はこんな感じ。地名は「ましの」というエリアなんですが、漢字で書くと「猿野」。「日本昔ばなし」のような牧歌的な風景が広がります。

by iplusi | 2017-11-03 16:52 | 伊賀の家 | Comments(0)
荻窪K邸基礎工事
荻窪K邸は基礎工事が終わり、11/7上棟予定です。
d0017039_14203833.jpg
10/11配筋検査。特に問題なし。吉田工務店仕様は全面捨てコンありなので現場が綺麗ですね。
d0017039_14203888.jpg
第三者検査。スランプは15の指定です。検査値は14で合格。空気量も少なめでした。
d0017039_14203839.jpg
アイプラスアイの監理する現場では先送りモルタルは必ず捨てます。今回はビニール製の土のう袋?ガラ袋?で受ける形でした。
d0017039_14203960.jpg
10/12耐圧盤を打設してるところです。


by iplusi | 2017-10-31 14:31 | 荻窪K邸 | Comments(0)
三宿N邸 足場解体
d0017039_01524084.jpg
三宿N邸も足場はずれました。切妻の優しい感じの立面ですが、スパンドレル部の吹き付け外壁を帯で通して、窓は「間戸」として表現。間取りが外からは想像できない抽象度の高い外観になっております。
d0017039_01524021.jpg
JBN仕様、内外木張りの準耐火外壁です。無節のきれいな材料使っていただいています。
d0017039_01524004.jpg
キッチンカウンターやアイランドカウンターも、大工工事で形ができました。


by iplusi | 2017-10-24 02:04 | 三宿N邸 | Comments(0)
横浜M邸 足場解体
d0017039_00340940.jpg
横浜M邸足場はずれました。1階も2階も掃出し窓の南側立面。2階がオーバーハングしています。外壁は上下階とも荒磨き焼杉の塗装仕上げ。
d0017039_00341030.jpg
子供部屋のぎょろ目が特徴の北側は玄関部分がオーバーハング。上下はスリット窓で分節。こっちの外壁は上階が焼杉で1階が杉板目板張キシラデコール塗装仕上げです。まとまりのつかない窓は東西面に設けているので、南北面は完全に外側からの見え方で立面を決めています。間取りを決めた後に立面を決めたのでは、絶対にこうはなりません。
d0017039_00340912.jpg
吹き抜け回りは手摺もつきました。5.4mスパンの梁は、当初白く塗りつぶす計画だったのですが、木部すべてこげ茶系で着色することになったので、木の質感が残ります。
d0017039_00340981.jpg
12月中旬竣工ということで、大工工事も大詰め。狩野さん、森さんという2人のベテラン大工が、キッチンを含む大量の作り付け家具を製作中です。


by iplusi | 2017-10-22 00:48 | 横浜M邸 | Comments(0)
三宿N邸 吹付け終了
d0017039_21250705.jpg
飯塚が監修しております建築知識11月号現場特集、約80ページの校正作業(2回目)がほぼ終了。「現場監理」ということでテーマは地味ですが、誌面は写真・イラスト満載でオールカラー。過去の建築知識現場特集では、なぜかすっ飛ばしていた水面下の事務所ワーク、プレカットチェック、構造金物選び、サッシ・ガラスの発注作業などにもきちんと触れつつ、瑕疵保険などの基準も一通りきちんとおさえていますので、明日からの監理ですぐに使えます。「新米建築士の教科書」と同様に、新人教育にも最適。設計事務所・工務店は必ず常備しておきたい特集に仕上ってくると思います。

さて、ようやく時間ができたので久しぶりに三宿現場行ってきました。ややエンジに振れた濃い茶色い吹付け外壁もキレイに仕上がりました。高級住宅地にふさわしい、華やかな感じでなかなかいいんじゃないでしょうか。
d0017039_21250701.jpg
内部はボード張りがほぼ終わり、村木棟梁はこれから家具の製作に入るところです。三角の落とし掛けも形ができました。別に向こう側に何かがあるわけではないのですが、窓が開くことで表情が生まれました。
d0017039_21250723.jpg
階段のところから見上げると、こんな感じです。奥の壁には色がつきます。
by iplusi | 2017-10-05 21:39 | 三宿N邸 | Comments(0)