タグ:メディア ( 134 ) タグの人気記事
雑誌「だん」に間取り記事執筆
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8734-1.jpg です

高断熱住宅に特化した雑誌「だん」に「正解間取りのつくり方」という記事を執筆しました。
話の展開は「しくじり間取りあれこれ→正解間取り」という、スーモやオレンジページ?みたいなベタな流れなのですが、実は原稿依頼の時、発行元である新建新聞社、三浦社長がわざわざ来所されるくらいの肝入りコーナーなのです。
間取りづくりで一番大事なことを全部要約するべく、飯塚自ら18ページ分、文章、イラスト内容、事例、レイアウト、全部考えました。なかでも、この雑誌のためだけに制作した「しくじり間取り」が見所です。ここでは「コンセントが足りない」といった、かわいらしい「しくじり」は軽くスルーして、後で気づいても手遅れな、根本的かつリカバリー不可能な「しくじり」を完全網羅しました。あなたの家の間取り、実は「しくじり間取り」になってるかもしれません。ぜひ誌面で確認してみてください。
ゴールデンウィーク丸々つぶして書いただけあって、プロが読んでも役に立つ(というか素人さんは自分で間取り書くののが嫌になる)本格的な記事になっていると思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8735.jpg です

間取りと性能のお手本、高断熱住宅事例も3例掲載しました。この雑誌、一般向けにもかかわらず、なぜか一般書店では買えませんが、アマゾン(リンク)では購入可能です。松尾さんあり、西方さんあり、Ms佐藤さんあり、私の記事以外も見どころ満載ですが、400円(+税)と超お買い得です。ぜひご覧ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8733-250.jpg です

by iplusi | 2019-08-13 12:48 | その他いろいろ | Comments(0)
国立S邸suumo注文住宅「家づくりの正解100」掲載
d0017039_03143045.jpg

国立S邸が、雑誌「suumo 注文住宅 2019年春夏号-家づくりの正解100」巻頭の事例紹介のコーナーに掲載されました。ライター・編集はLivesの元副編集長、佐藤可奈子さん、カメラマンは古末拓也さんで、見開きですが凝縮された完璧なまとめになっております。
ところで「スーモ注文住宅」は390円と激安なんですが、 最近の巻頭事例は全部建築家の頑張った作品。それに続く家づくりコラム記事も読み物としてちゃんとしてます。前半90ページくらいは広告なしの家づくり役立ち記事で実はお買い得なんです(まあ、安いのは後半のハウスメーカーさんのおかげなんですが)。ぜひご近所の書店でご覧ください。

by iplusi | 2019-04-24 03:15 | 国立S邸 | Comments(0)
「伊賀の家」雑誌「新建ハウジング・プラスワン」掲載
d0017039_00563441.jpg

新建新聞社、三浦社長、花岡さん来所。アイプラスアイ+森大建地産の「伊賀の家」が掲載された「新建ハウジング・プラスワン」いただきました。この雑誌は、工務店・設計事務所向けの専門誌なので、ここに紹介いただけるということは、デザインのみならず、技術的・経営的にみても注目すべきプロジェクトであるということです。ありがとうございます。
d0017039_01101602.jpg

三浦社長がわざわざいらっしゃったのは、雑誌「だん」の執筆依頼のため。この「だん」は 高断熱住宅に特化し、その必要性とメリット、住まい手の生の声をマンガや事例などを交え一般生活者に向けて解説・提案する、これから家を建てる人向けの雑誌です。イラスト満載、誌面構成がゆるいので、一般の方でも気軽に読めますが、執筆陣はそうそうたる面々。プロも必見の内容となっています。

で、私が依頼されたのは、一般向け住宅雑誌の鉄板=「間取り」の特集記事です。「高断熱住宅」や「窓」を14ページにわたって「間取り」の視点でひも解きます。ご期待ください。

by iplusi | 2019-04-23 00:57 | 伊賀の家 | Comments(0)
「新米建築士の教科書」4回目の増刷
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_7883.jpg です

2017年3月に発売された拙著「新米建築士の教科書」ですが、発売から2年経ってもじわじわと売れ続けてるようで4回目の増刷が決まりました。購入頂いた皆様ありがとうございます。今回で5刷、累計発行部数17000部となります。新人教育用として弊事務所でも活用中です。引き続きよろしくお願いいたします。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6965.jpg です
2018年末の紀伊国屋書店新宿本店レジ前、「2018年建築書売上ベスト30」のコーナー

by iplusi | 2019-04-12 18:49 | その他いろいろ | Comments(0)
オガスタコラボ新潟K邸「住まいnet新潟」vol.27に掲載
オガスタコラボ第一弾、新潟K邸が「住まいnet新潟」vol.27に掲載されました。スーモ除くとアイプラスアイ初の地方建築誌の掲載でしょうか。新潟エリアにお住いの皆様、ぜひご覧ください。
d0017039_20201290.jpg
遠方のため、私に対する取材はメールでした。住まいネット新潟、伊藤さんから下記のようなご連絡を頂いたので


・Tさんからは、「構造体を見たい」というリクエストをしたと聞きました。また、ロケーションは公園に面した眺めのいい場所です。リクエストや敷地を前提に、今回の設計では何をポイントにしましたか? 大切にした点、それを表現するために行った設計上の工夫、などをお聞かせください。また、東京の都市部の狭小住宅の設計に比べ、やりやすかった点、可能性を出せた点などもお聞かせください。

・今回、「現代のモダニズム」というタイトルで特集を組んでいます。T邸における「モダニズム」は、どんなところにありますか?(取材でうかがった印象では、スキップフロアで無駄なく空間を利用した間取り、角やラインをつなげて(窓枠と構造が合うようにしていたり、天突きになっていたり)無駄な線を生まないようにしているところなどに見えました)

・取材時、Tさんと話したところ、「無駄のない温熱環境」もモダニズム的な機能と呼べるのではないか、と。オーガニックスタジオ とのコラボレーションということも踏まえ、温熱環境について飯塚さんなりにどんな挑戦をしたのか、また、そこにモダニズム的な側面があればお願いします。

大昔に読んだ原広司さんの文章を参考に、下記のような大上段に構えたお返事をしまして、それが誌面に反映されております、笑。



それは、また随分と大胆な特集ですね、笑。モダニズム建築は、大きく3つの側面があると言われております。3つとは下記のものです。

「1.機能主義・合理主義」=これはわかりやすいから、説明不要ですね。
「2.ユニバーサルスペース(均質空間)」=超高層ビルをはじめ、オフィスビルの原型になっています。
「3.インターナショナルスタイル(国際様式)」=地域の枠を超えて世界中どこでも同じ表現を追求するもの

構造体を見せる、屋根を飛行機の羽根のようなモノコック構造でつくる、温熱環境を意匠と同じ水準で計画していくといったことは、「1.機能主義・合理主義」の延長線上にあると考えていいと思います。降雪寒冷地にふさわしいの屋根の形も、合理主義ということから説明は可能かと思います。

ですが、スキップフロアや土間といったものは、均質性を打ち破る多様な空間づくりをするための手法ですから「2.ユニバーサルスペース(均質空間)」と反対の概念ですね。そういった意味では反モダニズム的手法と言えます。T邸の設計においては、単純な切妻のフォルムの中にいかに多様な「場」をつくるかを考えました。

また、T邸はいかに新潟らしい建築とするか、いかにこの敷地らしい建築とするかということを考え設計しています。これは、普通は「リージョナリズム」とか言われているもので、「3.インターナショナルスタイル(国際様式)」とは反対の方向を向いています。(とはいえ、モダニズムの最も有名な手法、「ピロティ」は採用してますけどね。)

設計において一番大事にしたことは、やはりこのリージョナリズムです。落雪の危険を避けるため屋根は妻入の切妻とし、地域の伝統的な4寸勾配を採用、外壁も古い新潟の民家に見られる木外壁としています。インテリアでは、新潟のどんよりとした冬の空を意識して、両妻面に煉瓦色を採用、冬の限られた光を拡散させるべく2階の天井板は白く塗装しています。
敷地単位で見れば、公園に面する立地を意識、建物の端から端まで見通せる抜けを確保しながら、公園にさらに視線を抜いて、広がりをつくっています。

これからの新潟の建築を考えるなら、このリージョナリズムの視点は絶対に外せないだろうと思っています。

こんな返信でいいでしょうか。よろしくお願いいたします。


by iplusi | 2019-04-11 20:28 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
「新米建築士の教科書」「間取りの方程式」紀伊国屋書店、2017年建築書ベストセラーに
d0017039_11415173.jpg
現在、紀伊國屋書店新宿本店、レジ前のコーナーには、年末恒例の建築書年間ベストセラーのコーナーが設けられています。
d0017039_11415276.jpg
出版時、模型を置かして頂いたのが功を奏したのか、拙著「新米建築士の教科書」はなんと10位。2年がかりでとても苦労して執筆した本ですが、これだけ固い内容のノウハウ本が10位というのは書いた本人がとても驚いています。
加えて、3年前、2014年末に発売した「間取りの方程式」も14位と大健闘。お買い上げいただいた皆様のおかげです。ありがとうございました。
by iplusi | 2017-12-21 11:50 | その他いろいろ | Comments(2)
「LiVES vol.96 クリエーターたちの家」
d0017039_13012332.jpg
私事ですが、本日51歳になりました。ふぇブックでお祝いのメッセージくださった皆様ありがとうございます。
つくばN邸が掲載された雑誌「LiVES vol.96 クリエーターたちの家」は、明日11/15発売。とても良い誕生日プレゼントになりました。クリエイター特集ということで、濃厚なインテリア満載です。ぜひご覧ください。

by iplusi | 2017-11-14 13:00 | つくばN邸 | Comments(4)
建築知識11月号「飯塚豊から見た最高の住宅工事」
d0017039_10550674.jpg
監修者として参加した、建築知識2017年11月号「飯塚豊から見た住宅工事」10/20本日発売されました。表紙からもタイトルからも中身が想像できませんが、内容は「木造住宅の住宅の現場監理特集」です。タイトルに私の名前が入っているのは「意匠設計者が行うべき監理」という意味合い。

設計事務所・工務店が行う現場監理の難しさは、品質だけでなく、意匠も見なくてはいけないというところにあります。建築知識は過去4回以上現場監理特集があったそうなのですが、ほぼ「現場では何を見るか」、つまり品質監理に終始していたので、今回は、プレカットチェック、サッシ発注、電気プロット図の作成など、現場チェックより遥かに時間のかかる、かつ、現場チェックと同じくらい重要な、水面下の事務所作業にもスポットを当てる構成にして頂きました。この新規に追加した意匠監理の部分は全くの書き下ろしです。構造金物の選び方のページは引張耐力や製品名まで記載するなど、明日の現場ですぐ使えるようになっています。

もちろん、メインの現場チェックの部分もイラスト、写真入りオールカラーで大充実。実際の現場では何を確認するか、不具合があったときにどうするかについても、できるだけ詳しく書きました。編集部が相羽建設さん他、いくつかの優良工務店・設計事務所で取材した内容も反映。誌面全体が「使える」チェックリストになっております。工程表もついていますから、新人でも「いつ」「何を」やるべきかがわかります。
d0017039_10550872.jpg
最初の見開きはこんな感じ。監理者がまず入手すべき3つの基準書を書きました。特に瑕疵保険法人の基準書読まずに監理するのは不可能ですが、新人はそんなことわかりませんからね。本文では、瑕疵保険法人基準書にある推奨納まりやフラット仕様書の推奨おさまりは積極的に反映(瑕疵保険の基準書やフラットの仕様書は「遵守しなければならない内容」と「推奨内容」が分けて書かれています。)、現在の建築現場で怪しげな施工がされているグレイゾーンの部分は、基準以上の書き方をしています。その方法はすべて私の事務所で普段やってるとおりの内容なので、やり過ぎは殆ど無いと思います。

ただ、この本通りの監理をするなら、「工事が3つの基準書によること」と、「3つの基準書で触れられていないこと」は設計図の特記仕様書に明記すべき、ということはここで補足しておきたいと思います。特記仕様書もなく工事を監理してる設計事務所・工務店はまずそこから対策考えないといけません。コンクリートの設計基準強度が決まらなければ、配合計画書のチェックも配筋検査もできませんからね。

ともあれ、事務所ワークはすべて書き下ろし、特集全80ページを熊澤と二人で3回チェック赤入れした渾身の作です。拙著「新米建築士の教科書」で書き足らなかった内容も全部入りましたから、新人教育には最適です。是非書店で手にとっていただければと思います。

by iplusi | 2017-10-20 12:00 | その他いろいろ | Comments(2)
雑誌「LIVES」撮影@つくばN邸
d0017039_11095532.jpg
先週金曜日は雑誌LIVES96号(クリエイターの家特集)の撮影でした。Nさん有休まで取って撮影に参加いただきました。ありがとうございます。
d0017039_11095643.jpg
取材スタッフは、カメラマン:中村絵さん、編集者:池田さん、ライター:松川さんというドリームチームなので、すばらしい記事になるはずです。
d0017039_11095570.jpg
N邸インテリアはその後色々進化。リビング部にはベッドサイズの革張りの大きな四角いソファが置かれてました。テレビに向かう予定調和のソファ配置が見事に回避されていて素晴らしいです。このソファーのマットはフランス製の古い体育マットだそう。座って良し、ゴロンと横になってよしのこのソファ、大勢のお客さんが来たときは、マット外してテーブル代わりに使うそうです。
d0017039_11095513.jpg
キッチンの背面、食器棚。小物の置き方すべてにこだわっていらっしゃいます。すべての部屋がこの調子。小さな赤ちゃんいるというのに、この整え具合はただ事ではないですね。
d0017039_11095567.jpg
撮影しないであろう2階のトイレまできちんとされてます。
d0017039_11095616.jpg
地被のクローバーはかいわれ大根みたいに巨大化し、文字通り地面を覆い尽くしてました。LIVES96号は11/15発売予定です。ご期待下さい。

by iplusi | 2017-10-18 11:32 | つくばN邸 | Comments(0)
ジュンク堂新潟店トークイベントwith伊礼智さん 
d0017039_15443974.jpg
9/6は建築知識ビルダーズ主催の書店トークイベントで、新潟ジュンク堂行ってきました。共演はなんとあの伊礼智さんです。
d0017039_15444022.jpg
お昼前着の新幹線で新潟入りし、オガスタ社長相模さんの案内で各方面見学。まず、オガスタ社屋へ。写真は伊礼さんに説明中の相模さん。伊礼さんは写真をすぐさま事務所に送ってスタッフと情報共有。メールはフリック入力、進んでます。
d0017039_15444050.jpg
お次はオガスタ+造園家のコラボした超絶技巧住宅へ。とてもきれいに住まわれていました。簀戸が涼しげでいい感じです。
d0017039_15443927.jpg
そのあと、アイプラスアイ+オガスタコラボの笹口T邸へ。
d0017039_15444013.jpg
写真の露出間違えてます。ジャングルにいるかのような写真になりました、笑。
d0017039_15443967.jpg
10分前に会場へ。書店特設コーナーで、伊礼本、飯塚本、販売中。「新米建築士の教科書」、同業他社なのにすいません。以前書いたポップはここにもいました。
d0017039_15443947.jpg
「書店イベントは気楽な感じの方がいい。飲みながらでもいいくらい」という伊礼さんの提案で、ビール2杯ほどひっかけてから会場入り。ちょっとだるくなって、そんなに緊張しなくて済みました。各自40分の持ち時間でプチレクチャー。
d0017039_15444019.jpg
書店のカフェスペースのアットホームな雰囲気の中でやったんですが、質問コーナーでは司会役の美人編集長、「お二人とも標準化を考えられている。伊礼さんのはスタイルを洗練させるためのディテールの標準化。飯塚さんのは多様性を生み出すための構法の標準化。標準化といっても方向性は正反対。お二人はお互いのお話を聞いて自己のスタイルについてどう考えるか」といったニュアンスの書店イベントとは思えないような難解な質問を投げかけられました、笑。
これは、メディアサイドから見た場合「飯塚はもっと作風を洗練させるべき」という意味合いが含まれているわけで、今後の課題として考えていきたいと思います。
d0017039_15474022.jpg
イベント後のプチサイン+記念写真会。この写真は佐渡からわざわざ来てくださった、後ろの川上さん(川上工務店社長)からお借りしたもの。
d0017039_15444133.jpg
次の日の午前中も、相模さんのご案内で新潟観光。
山下さん設計のオガスタ初期案件も外から見学。スタイル確立前の初期作品ですが、表情穏やかながら攻めているし、とても品があって良い感じですね。
d0017039_15443841.jpg
ワイナリー、カーブドッジ内にある、ドイツ人建築家、カール・ベンクスさんが設計した店舗。日本の背の高い古民家の上にドイツのハーフティンバーが乗っかったような見たことのない巨大な架構。とても興味深いです。
d0017039_16544907.jpg
岩室温泉にある100年前の旅館を改装したレストラン「小鍛冶屋」。古いけど雰囲気いいので料理のおいしさ3割増しです。こうやって古い建物が活用されるのは素晴らしいことですね。


by iplusi | 2017-09-09 17:09 | オガスタコラボ2 | Comments(0)