カテゴリ:つくばN邸( 22 )
つくばN邸 03案
d0017039_12002596.jpg
つくばN邸03案。今回は「2階にも中間領域をつくりたい+洗濯動線を2階で完結させられないか」、というご要望を受け、2階の中央にへこみ型のバルコニーを設けた案をご提案。1階は南側開口間口を広くして、インナーデッキ部の眺めを改善。残土スケープの仕組みは残しました。1階のサッシは1800Hで計画しているので、大きさが良くわからない、ちょっと不思議な見え方をするはずです。
d0017039_1733100.jpg
敷地も視察。広さ100坪ちょっと。南側道路で北側にも緑地のある欠点ゼロの敷地です。道路からは300~400くらい地盤が高いので、駐車場部も残土は出そうです。
d0017039_174678.jpg
今回も四角い正方形窓のボキャブラリー使ったんですが、四角窓といえば駅前のセンタービル。
d0017039_123209.jpg
中庭では逆カンピドリオ無視してビール祭りやってました、笑。もともとこの中庭、店に囲まれているわけでもないし、回廊もないので日陰もなし。にぎわい生むには、ちょっと広すぎです。屋台テントがあるくらいが、ちょうどいいのかもしれませんね。
d0017039_12094507.jpg
デザイナーのご主人が書いたイメージマップ。こういうのはアイプラスアイでは初めてかも。設計のプロセス楽しんで進めましょう。

by iplusi | 2015-07-29 01:14 | つくばN邸 | Comments(1)
つくばN邸01案
d0017039_19503381.jpg
新しいお仕事つくばN邸。敷地は調整区域で日当たりは良好眺め最高。01案は軒の低い切妻の前面に奥行き1間高さ1.5階分のロッジアを付けたシンメトリーのアイコン建築でご提案。

庇下のデッキは1階の床から+400上がったレベルで、内向き縁側とゾロ。2階へ至る階段は内向き縁側から上がる形になってます。デッキはGL+1mくらいになるので、基礎の残土で築山をつくり、デッキにひょいと上がれるように。中間領域のこんな工夫で、外部と内部1階と2階が滑らかに連続します。
d0017039_1950372.jpg
さらに、階段を上がった先は、北側の緑道に向かった中央の共有スペース。外回りのランドスケープを起点に、外部から内部に向かって強い軸性がつくられています。
by iplusi | 2015-06-27 19:50 | つくばN邸 | Comments(0)