カテゴリ:つくばN邸( 22 )
つくばN邸 サッシ取付中
d0017039_13515396.jpg
つくばN邸、サッシの取付がほぼ完了。写真はリビング部分。3方向が窓で、とても大きく見えますが、サッシHは1100なのでサッシ部材は繊細。ベンチ上の地窓という感じに納まります。天井の梁はせいが210で@910。渡り顎仕口で、外壁側が跳ね出し梁になっています。


by iplusi | 2016-03-23 14:00 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸 外壁は木に
d0017039_19303555.jpg
つくばN邸、下が焼杉外壁、上がガルバ竪ハゼ外壁だったんですが、どうしても希望の色(レンガブラウン)が入手できないということで、上を杉(大和張)に変更することに。軒は出てませんし、コストアップしますが、木ならデザイン的・色的には後悔はしないので、結果的にはよかったと思います。もちろん樋はつけます。塗装はウッドロングエコの予定。
ちなみにこの木の表現は、スケッチアップのマテリアルで「木製ブラインド」を方向、スケール、色を変えて張っています。方向を変えるのは、変更したい部分選択→編集→面→テクスチャ→位置→緑色のピンを動かすという手順。


by iplusi | 2016-03-18 11:00 | つくばN邸
つくばN邸外壁色の検討
つくばN邸外壁色の検討。希望ぴったりの色が小ロットではつかえなかったり、板金の入手ルートが合わなかったりということで、セリオスかJFEの既製色しか選べなそうな感じです。
d0017039_14111462.jpg

まずはブラウン色。無難な選択ですが、焼杉黒とのコントラストが小さいのが気になるところ。でも板金で光沢があり、大判だと明るくみえるので、板チョコくらいの感じにはみえるはず。消去法でこれを選んでも、それなりに面白いし、無彩色ツートンの予定調和には陥らない気がします。
d0017039_14111776.jpg
テラコッタブラウン。かなり色がつくので、選ぶのにとても勇気のいる色ですが、「退色したコンテナみたいな感じ」という要望と、「浮き上がる形態」という形の特徴から考えれば、意外とありだと思います。淡い茶色大面積の、のっぺり感は、テラコッタと黒のコントラストで見せればさほど気にならないか。デザイナーでなければ絶対に選べない色なので、勝負は大歓迎です。
d0017039_14112046.jpg
ボルドーレッド。単体としては面白い色だけど、空や緑との組み合わせがきれいじゃないので、あまりお勧めはできません。本当に退色して赤みが抜けるのを待たないといけなくなりそうです。

by iplusi | 2016-03-12 14:35 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸上棟
d0017039_13503814.jpg
2/27、つくばN邸上棟しました。ほぼ正方形平面、切妻の住宅です。
d0017039_13504422.jpg
南東角が吹き抜けています。屋根の集中荷重を受ける梁は、一部逆梁にしました。吹き抜けの角に柱がないので、ちょっと浮遊感がありますね。
d0017039_13504153.jpg
今回は垂木みせ。ピッチは455だと野地の面が大きいし、227.5ではややコスト高になってしまうからということで、@303にしてみました。でも、残念ながら、たてはぜ板金は@333。トップライトは屋根の目地とは合いません。
d0017039_13504587.jpg
今回一番苦労した部分。梁が2段になっています。南側の先端は、上段の渡り顎ではねだす梁の先からから、下段の梁を吊っています。柱にコボットがつけば構造は完成です。
欠損が大きくなりそうな通し柱と梁の仕口はプレカット会社の提案で、ストローグという構造金物を使っています。ストローグは無垢材との相性もいいし、金物自体が小さいので運搬費も安く済みそうです。

by iplusi | 2016-03-01 14:15 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸立ち上がり打設
d0017039_20294495.jpg
つくばN邸、本日立ち上がり打設でした。立ち合い中根建築士。スランプの試験値は16。道路事情が良いので、生コン車は大型です。
d0017039_20294659.jpg
初めて施工していただく基礎屋さんですが、最初のモルタル捨ててもらうのもいつも通り。
d0017039_20294396.jpg
今日の秘密兵器は、この黄色いプロペラみたいなやつ。コンクリートの天端レベルを示す目印ですが、鋼製枠に磁石を貼るより確実そうです。凍るのが心配なので、レべラーは後日施工予定です。

by iplusi | 2016-02-12 20:38 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸プレカット打ち合わせ
d0017039_20433107.jpg
1/29つくばN邸プレカット打ち合わせ@タケワキ事務所でした。上図は2段の片持ち梁とコボットがどう納まるかを検討したスケッチ。コボットがつく鉛直構面の柱が、片持ち梁によって、上下に分断されるのは弱そうなので、耐力壁用の柱と片持ち用の柱(+束)を並置したため、取り合いはかなり複雑です。でも、結局、この絵通りに納めることに。
d0017039_20433379.jpg
デッキ上部の屋根は、片持ち量が結構大きいので、合成梁的な効果が期待できるように、金物と仕口を決定しました。ビス止めの金物と、梁を引く羽子板の干渉などもチェック。

d0017039_20433550.jpg


ところで、うちの事務所では、N値計算はこんな表でやってます。

結局N値計算は耐力壁の倍率の差で決まります。壁倍率を5倍(合板両面、または合板+ダイライト)、3倍(ダイライト12㎜片面)の2種類に設定すると、出隅の場合、倍率の差は、「5,3,0」の3種類。2階で3種、1階で3種だから、組み合わせは9通り。一般部の場合は、倍率の差は、「5,3,2,0」の4種類。組み合わせは16通りです。


それをあらかじめ、こんな風に一覧にしておけば(順列組み合わせとしては、左図ちょっとだけ抜けがありますが)、早いし間違えにくくなるのです。(というか、なんでこういうのが、出回ってないのか不思議ですね。)

by iplusi | 2016-01-30 21:20 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸工事契約+躯体図プレカット図チェック
つくばN邸、昨日タケワキさんと工事契約。基礎は施主工事となるので、試験屋さん、アンカーボルト、スリーブなどをどっちがやるか相談。ホールダウンやアンカーボルトは飯塚が予め設計図内に落としておきました。プレカット図はもう出来ているので、土台継手を矢印状のマークで示し、継手の向きとアンカー位置をわかりやすく表現してみました。これを元にタケワキさんに施工図書いてもらいます。
d0017039_18021777.jpg
下図は継手の一般詳細です。この寸法関係だと、柱の左側にアンカーは入れられないので、継ぎ手は柱のすぐ隣として女木を柱で押さえこみ(これはプレカット屋さんの標準の感じ)、さらに柱の右手にアンカーを入れる形に。コボット部分は継ぎ手とコボットの金物が干渉するので、継手自体を200程度左に移動。柱の両側をアンカーで押さえこむ形に。
d0017039_18031564.jpg
プレカット図は、さわりのところをざっくりチェック。間違いやすい勾配屋根の高さ関係をまず、きちんと押さえます。垂木は「まくり加工」をして、プレカット仕口の端部を綺麗に見せるよう指示しました。
d0017039_18141465.jpg

by iplusi | 2016-01-18 18:29 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸地鎮祭
d0017039_14201101.jpg
つくばN邸地鎮祭1/4に無事終了。今回はNさんの叔父さんが神主さんでした。基礎工事はご主人のご両親が施工予定です。翌日、1/5は地盤調査でした。今朝の速報によると・・・
d0017039_14240114.jpg
d0017039_14240709.jpg
台地の良好地盤なので改良不要という考察でした。おめでとうございます。確認申請の指摘事項も今日届いていましたので、手直しして、開発の書類と一緒に出せば終了です。




by iplusi | 2016-01-06 14:29 | つくばN邸 | Comments(0)
つくばN邸05案
d0017039_13440666.jpg

つくばN邸05案。今回は03案と04案のいいとこ取りをして、「外壁を上方に抜く途中」といった感じの立面でつくってみました。横スリット窓のところには、極端に天井の低い縁側をつくり、残土スケープも復活。面白くなってきました。
d0017039_19340615.jpg

小波は不可の地域なので、外壁上半分は横葺きや縦ハゼがいいか。色がついても面白そう。下半分は黒く塗装した木。サッシも黒くして、ディテールを消す。北側の見えない面は黒っぽいのでもいいけど材料はどうするか。
d0017039_15071941.jpg
レンガ色のガルバを縦ハゼにしたイメージ。コンテナチックだし、「屋根のゾーンを上に抜く」という感じがあるので、縦ハゼも悪くないと思います。


by iplusi | 2015-09-05 13:48 | つくばN邸 | Comments(2)
つくばN邸04案
d0017039_22173230.jpg
つくばN邸04案。今回は4間四方の切妻を凹ませたかたちです。外部の吹き抜けと内部の吹き抜けがつながる間取りでご提案。床面積としては大きくないけど、広々としたおおらかな空間になるはず。
by iplusi | 2015-08-08 22:21 | つくばN邸 | Comments(0)