半地下部分配筋検査@西船橋U邸
d0017039_14553717.jpg
西船橋U邸、今日は半地下の耐圧盤の配筋等を確認。

・スラブ筋の勝ち負け(短辺方向を効かせる)、主筋ピッチ:d13@200ダブル。
・壁、縦筋が外の仕様。w220:d13@150ダブル。w180:d10@200ダブル。
・耐圧鉄筋のかぶり(50mmブロック+嵩上げ用鉄筋D13)
・重ね継ぎ手L1(SD295、コンクリート強度21N/mm2以上なので、鉄筋径の40倍以上)
・壁タテ筋の定着長L2(上記条件で、鉄筋径の35倍以上)
・壁横筋のコーナーラップ長L2(上記条件で、鉄筋径の35倍以上)
・壁の端部補強筋D16

などを確認。次回打設の段取りを確認。打設時の注意点などをまとめたものを管理者に渡し、指示しました。
by iplusi | 2006-08-25 15:01 | 西船橋U邸 | Comments(0)
<< シルエットシェード ヒサシノイエのヒサシ >>