千葉寺N邸01案
d0017039_15513879.jpg
新しいお仕事、千葉寺N邸01案。敷地は40坪で道路付けは東。車は1台だけど来客用でもう一台というご要望です。地名の通りお寺の多いエリアなので、01案は切妻で軒をきちんと出す計画としました。1種高度斜線(千葉市は5m+1.25L)はかかりますが、北側は境界線から目隠し請求権を行使されない程度の離れを確保して、斜線をギリギリかわします。

 南側に隣家が迫るので2階リビングとし、2階を集熱面に。大窓の光は吹き抜けから下階に落とします。
道路側はピロティ+中心の真四角窓で、きちんと真面目なファサードをつくりました。02案はも少し東西に長くして、シンメトリーを崩す予定です。

敷地は師匠の代表作、千葉県文化会館のすぐ近く。Nさんからメールでご連絡頂いた時、開館50年のシンポジウム(7/9)で千葉文化行くことになっていたので、Nさんとは文化会館で待ち合わせ。その足で現地視察、昨日トライアルご提案と、流れるように進んでいます。私が大高事務所ではじめてやった仕事は、実は千葉寺駅駅前の歩道橋やシェルター。ということで四半世紀ぶりの千葉寺ですが、何か、ただならぬ縁を感じますので、楽しんで設計したいと思います。


by iplusi | 2017-07-24 16:48 | 千葉寺N邸 | Comments(0)
<< 建築知識2017年8月号「木造... 横浜M邸 サッシ工事など >>