三宿N邸 妻壁内観の検討
d0017039_15261122.jpg
三宿N邸DK上部の妻壁の形を検討しました。原設計は、三角形のボリュームが宙に浮く形。
d0017039_22075841.jpg
この構造上必要となる梁と束を、横向きの三角柱のボリュームで隠してしまうというデザインなのですが、窓の光は勾配天井にうまく回ってるし、エアーボリュームが小さくなるのも悔しい気がするんですよね。
d0017039_17461310.jpg
梁と束をボードでくるんでそのまま表しにしたらこんな感じ。逆T型のフレームとめくらの壁が重なるのはなんか、うといですね。もし、こんな風にフレームで見せるなら、妻側三角形をガラスにすべきところですが、西日がもろに入るし、防火かかるから現実的ではありません。
d0017039_15260927.jpg
A案。ひとまず、フラット天井は取りやめてみます。柱梁はフレーム表現じゃなくて、和室の落とし掛けみたいに面表現。A案は反対側の妻、ロフト窓と同じモチーフを使ってみましたが、縦スリットが唐突な感じでしょうか。
d0017039_15260900.jpg
B案。面要素を減らし、台形の窓2つならべてみました。下部窓の並びがアシンメトリーなのにここだけシンメトリーは強すぎる感じでしょうか。また、真ん中の束が目立ちすぎ。JBN方式準耐火壁だから中央柱は結構太くなるはず。
d0017039_15261064.jpg
C案。Bをウインクさせ片目に。他の窓との因果関係はこっちのほうが大分良い感じ。悪くないけど、台形窓上枠の表現をどうするかが課題ですね。
d0017039_15261013.jpg
D案。片目だけど、もっと積極的に開口すべく、三角の大窓を設けた案。これも悪くないけど、他の部分との相性が今ひとつでしょうか。
d0017039_15261087.jpg
E案。今度は逆に窓を小さくかつ十字切ってみました。サッシにも格子があればいいけど、ここだけカフェ風は、ちょっと気恥ずかしい感じがします。
d0017039_15261108.jpg
F案。十字やめて、窓の大きさを、他のフィックス、横滑り、ハイサイドなどと統一感が出るようにしました。窓は四角いのでB案やC案よりは無難ですが、窓位置は勾配天井にやや近めにして攻めたバランスに。
なお、壁の裏には照明を仕込み、落とし掛けの向こう側全体を間接照明にすることを考えています。この下がり壁と奥の妻壁との間にバーを渡せば、ぶら下げ系の植物の演出もできそう。いずれにせよ、この一撃で空間に奥行き感が生まれます。
d0017039_15261178.jpg
落とし掛けを白くして奥の壁天井に色を付ける作戦もあります。
d0017039_18102728.jpg
グレイ系黒板塗料とかでも楽しいですかね。
d0017039_18195879.jpg
ただ、間接照明効かせる場合は、壁は白っぽい方が良さそうです。間接と言っても裸電球が壁の裏にぶら下がってるだけのものをイメージしてます。(この絵のみスケッチアップでなくフォトショップで加工)

by iplusi | 2017-06-26 15:58 | 三宿N邸 | Comments(0)
<< 妙蓮寺T邸04案 三宿N邸板金打ち合わせ >>