三宿N邸板金打ち合わせ
d0017039_22075141.jpg
三宿N邸、監物(けんもつ)板金社長+青木工務店斉藤さんと打ち合わせ。一般部はいつもどおりなのですが、今回、急勾配屋根(下図黄色部分)と緩勾配屋根(オレンジ部分)が取り合う特殊なディテールがあるのです。
d0017039_22075473.jpg
上の絵は監物さんの納め方を再現したものです。予想とは大分ちがったけど、うまく納めていただけそうです。
軒先のディテールが連続するのが、この納め方のメリット。黄色とオレンジが普通に横に並ぶ場合は鼻隠し部の大きさが変わるなど、意匠的にはむしろ見せ方が難しくなるのです。
d0017039_22075874.jpg
ハイサイドライトの左手の屋根が緩勾配になっている部分です。しかし、このハイサイドライト、北向きですが抜群に効いてますね。暗くなりがちな切妻の頂部付近に見事に光が回っています。
d0017039_22075841.jpg
2階西側の部分。この梁柱を壁で隠すべきか隠さざるべきか。下がり壁風に作って、裏に光源を置く作戦もありますかねえ。
d0017039_22075766.jpg
1階もダイライト張り終わって、防火APWつきました。


by iplusi | 2017-06-24 22:32 | 三宿N邸 | Comments(0)
<< 三宿N邸 妻壁内観の検討 「新米建築士の教科書」増刷決定 >>