タグ:部分検討・詳細検討 ( 69 ) タグの人気記事
2016年 構法スタジオ飯塚クラス中間発表
法政大学建築学科の構法スタジオ。飯塚クラスは11/7に中間発表を行いました。今回の提出物は軸組み模型です。例年11月末ですが、いつも図面が間に合わないので、今年は早い時期に設定しました。
d0017039_13101246.jpg
鈴木君の作品。3.6mくらいの片持ち屋根をトラスで支持する作戦。ちょっと非常識なスケール感なので網野先生にも相談。「下弦材は重力で曲げを受けたところに、大きな圧縮力がかかるので、座屈しないよう工夫必要。また、合わせ梁の間の束がすっぽ抜けないように、柱と梁がかみ合うようなディテールにすべき」等のアドバイスもらいました。実際模型に力をかけて、変形具合を確認しつつの指導でした。
d0017039_13103492.jpg
中本君の作品。レーモンドのようなシザーストラスは、片側がシングルで、もう片側がダブルの非対称構成です。トップライトも急こう配屋根片側だけで非対称。実際作ったら、林の中にいるような光が射すとても良い空間になりそうですね。中央軸性の強い教会型の構成なので、間取りもそれを意識した構成に調整します。
d0017039_13101940.jpg
野々川君の作品。非対称の切妻を交互に反転しながら繰り返す屋根。屋根の隙間がハイサイドライトになっています。屋根の重なるところは柱梁をダブルにして骨格を分け、架構や仕口を単純化しました。
d0017039_13104819.jpg
宮崎君の作品。角度の違う屋根が越屋根上に重なって、やや下向き斜めのハイサイドライトを構成している案。立面をまとめるのが、とても難しいので、もうワンスパンふやして、半屋外の中間領域でシルエットを強調することになりました。
d0017039_13102345.jpg
山本君の作品。方杖状の柱とストレススキンパネル状の屋根によって、梁を小断面におさえ、地を這うような背の低いプロポーションを実現しようという案。屋根が大きいので暗くなりそうですが、池の反射光に期待。
d0017039_13105186.jpg
岸君の作品。屋根が高い方にだけ、2階がある構成。構法スタジオでは定番の差し掛け屋根ですが、V字に折ることで、設計した本人の予想を超えた豊かな内部空間ができています。
d0017039_13103048.jpg
新沢君の作品。過去にはあまり事例がなかった中庭型の構成。軒先に柱を入れないように、柱を前後に2本立てるなど工夫しています。スタジオ・ムンバイみたいな壁に囲われる形で考えていたけど、写真右手、半外部の方は、壁なしにしても楽しそうです。
d0017039_13095586.jpg
神山君の作品。谷尻誠さんの住宅を参考にした、斜面埋め込み系住宅。屋根は4本の登梁を、ローリングした小梁でつなぐ明快な構成。基礎はあえて布基礎(+防湿コンクリート)で計画します。
d0017039_13095334.jpg
佐藤君の作品。複雑な形状の屋根を、和小屋で構成する案。垂木は90*45程度。小屋梁は適宜方向を変えて、1間ピッチの母屋を支えます。外断熱で複雑な和小屋組を全部見せにします。
d0017039_13310870.jpg
竪山さんの作品。折れ線屋根の案。変曲点には水平に梁を入れて、その間を登梁でつなぎます。断熱も外、アイプラスアイの定番手法を踏襲した架構です。
d0017039_13101648.jpg
阿部さんの作品。切妻の箱に入れこされた塊が大きくなって、切妻の入れ物から飛び出したような案。いろいろな方向に飛び出す片持ち部をどう支えるかが課題です。
d0017039_13103832.jpg
和田さんの作品。方形の安定形態を、角度を振った間仕切りと、不整形のハイサイドライトで崩した案。ハイサイドライトは間仕切りと、隅木の交点を狙って決めています。
d0017039_13094914.jpg
福田君の作品。袖壁が囲む庭に風除室状のガラスの箱が突出する案。袖壁が風で倒れないように、水平に斜材を入れてます。庭側の壁は背が高すぎるので、斜材利用の屋根をC型につなげ、上下分割した方が良いかも。
d0017039_13100653.jpg
石井君の作品。単純な切妻形態ですが、C型の内部とL型の外部がかみ合う構成になっています。屋根はけちらず、大断面にして2間半を登梁形式で飛ばして飛ばしています。
d0017039_13100069.jpg
高瀬君の作品。間口2間半の細長い切妻の住宅です。堀部安嗣さんの住宅を参考にして、中央に屋外土間空間を抱いています。とても単純だけど実際作ったら、いい空間になるでしょうね。
d0017039_13100920.jpg
栗原さんの作品。富士ソーラーさんの方形を参考にしてます。中央はかぼちゃ束、中央の4本柱をつなぐ梁がこぼれないよう、隅木のレベルはもう少し下げる予定です。
d0017039_13104283.jpg
伊藤君の作品。切妻の主屋に片流れの屋根が3方からとりつく屋根形態です。庭を囲む形なので、庭側の窓の取り方が非常に重要になります。
d0017039_13102685.jpg
崔君の作品。構法スタジオでは珍しい寄棟屋根です。主要な内部柱は4本。素直に束で2つの頂部を支えています。せっかく寄棟平屋なのでできるだけ軒を下げたほうがプロポーションが良くなるはずです。、
d0017039_13104540.jpg
奥君の作品。ケラバ側で屋根を支える柱がないところがあるので、桁や梁を片持ちで出して、柱なしで納めます。スパンが大きいので梁せいはもっと大きくなるはずです。
d0017039_13100398.jpg
日野さんの作品。1間ピッチに入る大きめの登梁で、大きな片持ち屋根をつくっています。妻側には柱足してください。袖壁はあるのかないのかも不明確。
d0017039_13105689.jpg
高澤君の作品。L型平面で、手前のブロックは吹き抜けのある平屋。奥は2階建ての構成です。玄関はLの折れ点あたりにあります。

さて、これから、年末にかけては本格的に図面の作業です。この授業では平面立面断面といった一般図の他に、矩計図、構造図を作成、今年は壁量計算も全員が提出します。飯塚クラスは合理化工法+屋根通気層付きの高気密高断熱が条件ですから、2020年省エネ義務化しても、学生たちは大丈夫なはずです。

ちなみにこの授業は必修。2年生は意匠系のデザインスタジオや建築気候(環境)といった必修授業もあるので、恐ろしく大変ですが、残り数か月頑張っていきましょう。

by iplusi | 2016-11-13 01:31 | 構法スタジオ | Comments(2)
三角開口の検討
d0017039_21554235.jpg
壁と屋根が立体的に絡むので、平面、勾配なりの野地実平面、立面をいっぺんに書いて寸法出し。
by iplusi | 2015-01-28 13:00 | 下高井戸M邸 | Comments(0)
構法スタジオ今年度の作品
法政大学の構法スタジオ、今年も無事終了しました。昨年に引き続き2年生の必修科目。年々作品の完成度は上がっており、優秀な学生は、各クラスとも、ほとんど実務と変わらないような図面を描いてました。張弦梁とか、HPシェルとか、実務よりはるかに難しい課題に取り組む学生も多数。
d0017039_2433729.jpg
これは、うちのクラスの松本君の作品です。飯塚クラスは自分の家の敷地に、自分の家を建てるという課題にしました。松本君の家は旗ざお敷地なので、2階の中央の開口から採光し、吹き抜けに光を落とすという計画になっています。
d0017039_2441745.jpg
その中央開口部付近の矩計図です。複雑な取り合いの部分は、部分詳細も書いています。無目のところはスチールの庇をつけて耐風梁代わりに。吹き抜けの部にはねだす床は斗栱みたいな表現になっています。
d0017039_244359.jpg
両側の斜め壁のところの矩計図です。代表的な部分を2面切って全体像がわかるようにしてあるわけですね。
d0017039_245380.jpg
屋根と壁が取り合う部分の詳細図は拡大するとこんな具合です。文字の書き込みとかちょっとおかしいんですけど、通気層の空気の動きとか、屋根の雨押さえとか、構造用面材の固定とか、ごまかすことなく書いています。もちろん、こんな風にかいてみたらってマンツーマンで指導するわけですが、仕組みを理解するだけだって大変ですからね。これだけ描けたら大したものです。
d0017039_2452397.jpg
ほかに平面や伏せ図など一連の図面が揃っています。案作りからスタートして、約3ヶ月でここまで描き切りました。
by iplusi | 2014-02-06 03:38 | 構法スタジオ | Comments(0)
隅木のおさまり
寄せ棟屋根の隅木のおさまりがわからなかったので、規矩術の頁をみる。この頁、音声はちょっと怖い(笑)。ねじ組っていうのがあるんですか。
万代さんの頁には、隅木が母屋を受ける納まりがある。これは別パタンだけどホールダウンがくるとややこしそう。
by iplusi | 2013-01-13 07:48 | Comments(0)
相模湖B邸の階段手すり
相模湖B邸の階段手すり、銀座の交詢社ビルの手すり(真鍮だったかなあ)みたいにしようということで、考え中。図面が見つからないので想像で作図したら、私の図面と、大高事務所がデザインした、南大沢駅前の高欄の手すり子、寸法も溶接の仕方も、ほぼ同じということに今日の帰り道、気がつきました。

d0017039_0471375.jpg

丸鋼2本が、横に並ぶデザイン。大人なら2本いっぺんに握れる大きさ。FBを介して2本をつなぎ、そこから手すり子を生やす。下部は手すり子を既製アングルとくっつけて、イナズマ階段のけ込み板小口に止める計画。こんなディテールをとれば丸鋼どうしの溶接がなくなるので、制作は簡単になる気がします。
d0017039_1245386.jpg
谷口さんの豊田市美術館の手すりは、2本がもっと寄った感じで、間は通しでふさがってました。
by iplusi | 2012-05-16 00:46 | 相模湖B邸 | Comments(0)
引戸の検討 @目黒I邸
猫対策として、4連の引戸の施錠方法を検討中。Vレール形式なので、フランス落としは相性が悪いです。Iさんのご提案のアウトセット引き戸錠(戸先でなく、戸尻側で施錠する、特殊な錠)を使った絵を書いてみました。この方式、連動しまりのように調整がデリケートじゃないし、かんぬき方式のように扉に負荷をかけないから、建具工事が問題なくできれば、シンプルでいい仕組みだと思います。

さて、どこに手掛をつけて、どう動かしたら使いやすいでしょうか。なかなか難しいので、4コマ漫画方式の図面で表現してみました。
d0017039_23275125.jpg

片側からきちんと施錠できるから、寝室の3~4連引き戸を施錠するなんていうケースでも使えます。ただ、ここで想定している、アウトセット引き戸錠は、戸先につける鎌錠と比較すると、ちょっと高めです。
by iplusi | 2012-05-12 23:32 | 目黒I邸 | Comments(0)
棟木の検討
d0017039_16575940.jpg
3方向異勾配の寄せ棟屋根の棟木加工図を作図。あってるかどうか検証するため、模型をつくってみました。
by iplusi | 2012-03-02 17:00 | 目黒I邸 | Comments(0)
構法スタジオ8-軸組み模型
学生が自分の頭をつかって、つくり方を考えた軸組み模型が大分できてきました。線の構成で形をつくる軸組み模型は、面の構成でなんとなく形ができしまうスチレンボード模型より、実際の現場に近いリアリティがあります。
d0017039_15334636.jpg
↑瀧澤君の作品。平塚K邸をモデルに、雁行した平面をつくっってます。垂木構造ですが、けらば側の納まりを意識して構造を考えているところがすばらしい。模型は、この後、通気垂木と構造の垂木を分けて表現する予定。

d0017039_1929223.jpg稲村君の作品。
高尾K邸をベースにしつつも、屋根を葺きおろしたり、片持ちにしたりと、なかなか芸が細かいです。
d0017039_1946785.jpg高田さんの作品。
軒の出一間の片流れ。3尺間にせいの大きな登り梁を入れ、母屋はローリングさせて登り梁の間に入れてます。キッチンの上部屋根は角度が急になっています。けらば方向の出は、通気垂木で出すことに。
d0017039_1945237.jpg
↑山田君の作品。
コの字平面で、正面から見ると切妻が2つならび、コの字の長辺は、非対称の切妻という変則的な屋根です。見かけより難しいので和小屋で組んでいます。断熱は外張りの予定。

d0017039_1534843.jpg島根君の作品。
建物を2つのボリュームに分け、北側のブロックは個室や特殊部を納めました。屋根は2つの片流れ。高いほうのボリューム南からハイサイドライト形式に採光します。
d0017039_19471534.jpg豊君の作品。
こっちは、北屋根より南屋根が高いので、北側向きのハイサイドライトで採光することになります。
d0017039_15342982.jpg 中島君の作品。45度の登り棟の入る部分は、母屋の方向を登り棟に直交でなく、45度方向にする予定。
田の字平面プラン。屋根が任意の高さでふんわりかかります。
d0017039_15344128.jpg
岡本君の作品。形は非常に面白く出来ています。スパンが大きいので、こんな薄くするには、いろいろ工夫が必要。また、1階の四角と屋根を分離した形に見せるには、建具位置も考える必要がありますね。
d0017039_15375070.jpg
今回のプチレクチャーは、建具の納まりについて。黒板にチョーク、倍寸で書いてみました。
d0017039_1347406.jpg
これは、以前配った、アルミサッシの規格最大寸法。こういうのわかってないと、障子一枚のワイドがが1800なんて絵を描いちゃうことになりますから(まあ、金をかけて、ヘーベシーベとか使えばできなくはないけど、普通がわかってって書くのと、わからずに書くのとでは大違いですからね)。
by iplusi | 2011-11-20 20:20 | 構法スタジオ | Comments(0)
目黒I邸 軸組模型と隅木詳細
d0017039_18211792.jpg
軸組模型できました。スキップしてませんが、片持ちや勾配屋根あって、なかなか難しいです。
d0017039_1822794.jpg
斜線制限で、3方向異勾配となる寄せ棟の隅木も書いてみました。隅木の実展開、実断面を作図によって導きました。仕口が問題ですが、現場で相談ですかね。
by iplusi | 2011-11-07 18:33 | 目黒I邸 | Comments(0)
構法スタジオ7-屋根構造の整理
d0017039_16523833.jpg構造が単体でうまく解けても、断熱のせいで構造があらわしに出来なければ意味が無いので、軸組み模型を作りながら、一緒に断熱のことも考えておく。断熱等級4程度の性能でかつ、屋根通気層を取る断面が目標。屋根の構造や構成は、主として下記3点を決めるとおのずと決まってくる。

・構造のうち何を露出させるか(母屋、垂木、野地を見せるか否か)
・軒の出、けらばの出をどのくらい出すか(屋根通気とる場合は、特にけらばの出し方が問題)
・火打ちや水平な小屋梁を入れられるかどうか


案1:垂木構造-外張断熱方式-ダブル野地
垂木、野地を露出させる構成。断熱は外張り方式で、野地は2重。剛床仕様で、火打ち梁は不要。下図は軒の出900程度、けらばの出600程度。
垂木を見せようとしたら、必ず外張り方式になる。垂木がワンウエイにかかる姿は美しい。アイプラスアイで、この構成を採用する場合、1層目の野地は24㎜合板を使い、垂木ピッチは、より細かくすることが多い。この形式の採用事例:平塚、白井、飯能、松戸、高崎、高尾、宇奈根
d0017039_2123364.jpg
Ⅳ地域で断熱等級4は取れるが、断熱性能を上げる場合は一層目野地上に、ポリエチレンフィルム敷き、水平方向に断熱材同厚の角材などを@1820程度で流す。角材間に断熱材を隙間無く充填、その上に通気垂木を流し、通気垂木マイナス30㎜程度の厚みの断熱材を落とし込むといいようだ。


案2:和小屋-外張断熱方式-ダブル野地
垂木、野地などを含む小屋組全部をみせる構成。断熱は外張り方式。けらばは母屋で跳ね出す。野地は2重だが、非剛床仕様で、小屋梁+火打ち梁が必要。断熱材の上に垂木を流す形式なので、軒の出は小さいほうが自然。和小屋全部の部材を見せるのは、結構くどいので、着色等しないのであれば、もう少しすっきりとした構成にすべきところ。
d0017039_2123983.jpg
この形式の外張り断熱の場合、断熱材の厚みはさほど上げられない。開口部のトレードオフを使わないと断熱等級4も達成しにくい。また、母屋を跳ね出させても、母屋と通気垂木との間に断熱材分の隙間が出来てしまうから、なかなかうまく納められない。結局いろいろ考えていくと、外断熱方式は、案1にだんだん近づいていくのだと思う。


案3:構造問わず-充填断熱方式-ダブル野地
構造を隠す場合の基本構成。断熱は充填方式。野地は二重で、小屋梁や火打ち梁は不要。
構造は出来る限り無駄なくかければ良い。軒の出けらばの出が大きくなれば、通気垂木のサイズを上げる。出が無いのであれば、18~30mm程度の通気層を確保しておけば足りる。
d0017039_21231713.jpg
上図は梁と垂木を同レベル組んだときのおさまり。これなら袋入りグラスウールの気密もとりやすい。この形式の採用事例:西国分寺、練馬、所沢他多数



案4:登梁構造-充填断熱方式-ダブル野地
登梁を1間ピッチで折置きで入れ、登梁、軒桁、棟梁のみを露出させる構成。断熱は充填方式。野地は二重で火打ち梁は不要。軒の出1800程度、けらばの出450程度。
d0017039_21232568.jpg
特殊な組み方なので、もう少し詳細に検討の必要があると思う。


案5:登梁構造-充填断熱方式-シングル野地
登梁を3尺間で京呂渡り顎で入れ、登梁、軒桁、棟梁、小屋梁を露出させる構成。断熱は充填方式。野地はシングルで小屋梁+火打ち梁が必要。軒の出1365程度、けらばの出600程度。
d0017039_21233479.jpg



案6:和小屋-充填断熱方式
せいの大きな垂木を使った和小屋。垂木は隠し、軒桁、棟梁、小屋梁を露出させる構成。断熱は充填方式。野地はシングルで小屋梁+火打ち梁が必要。軒の出1365程度、けらばの出450程度。
今後Ⅳ地域の標準断面はこれになるのではないか。ダンボール製のスペーサーを使うと、通気層と105厚の断熱材が2×6材の中にきれいにおさまる。垂木下に袋の耳をタッカー止めし、テープを貼れば気密も確保できる。
d0017039_21234080.jpg

母屋を見せるのは、意匠的には結構難しいので、上図は、天井の勾配と屋根の勾配を変え、母屋を隠した。スパンが1間半なら母屋なしで2×6材材だけで飛ばせるから、もう少しすっきりおさまる。ちなみに断熱材の定尺寸法は、4.5尺と9.5尺。
by iplusi | 2011-10-30 21:19 | 構法スタジオ | Comments(0)