タグ:見学記 ( 85 ) タグの人気記事
水島昇研究室探訪
先日、中学高校の同窓会に参加したら、大学で先生をしている同級生が、研究室のレイアウトが行き当たりばったりで、あまりうまく使えていないと言ってたので、10/21見学に行ってきました。
d0017039_23030375.jpg
これが、その同級生、水島昇教授。略歴はこちら。先日ノーベル賞を受賞した大隅先生のお弟子さんにあたります。2013年に大隅教授と共に、細胞の自食作用=オートファジーの研究で、トムソン・ロイター賞を受賞されており、その後毎年、ノーベル賞受賞が噂されておりました。
今回、惜しくも大隅教授の単独受賞となってしまいましたが、水島君が世界的に有名な研究者であることは間違いのないところ。建築の仕事をする人間としては、どんな環境で世界的な研究が行われているか、非常に興味がありますので、見学に伺ったわけです。
d0017039_21542241.jpg
一緒に行ったのは、これまた同級生、ファンタジー営業部が有名な、前田建設工業設計部の森君。森君は自社オフィスのリノベとかもしている経験を踏まえ、いろいろアドバイスしてくれてます。ちなみにお嬢さんは、早稲田の生物医学系の研究室で勉強中とのこと。
d0017039_21542692.jpg
生物医学系の研究室はざっくりいうと、ラボとオフィスがくっついたもの。ラボのメインスペースである実験室はこんな風に机の上に棚がある形式。部外者がみると棚にはモノが雑然と並んでいますが、基本机の所有者が決まっていており、個人個人が管理しているから特に問題はないようです。机端部には、共用の遠心分離機などが置いてあります。
d0017039_21542555.jpg
実験室ゾーン内にも普通の事務机のスペースがあります。ちょっとしたパソコン作業とかはここでやるのでしょうね。水島研究室はラボとメインのオフィスが中廊下挟んでいるんですが、実験とパソコン作業をシームレスに行いたいことも多々あるでしょうから、本来はラボとオフィスはもっと密接に関係づけられた方がいいわけです。それも模様替え時ののテーマのひとつになりそうです。
d0017039_21542640.jpg
見慣れないものいろいろ。試験体を、ゆっくりゆらゆらと揺らす機械。
d0017039_21542476.jpg
こちらはラボ内ストックのゾーン。液体窒素でマイナス200度以下?で試験体を保管しています。液体窒素は1週間に一回くらい交換しなければならないそうです。
d0017039_21542268.jpg
滅菌装置。圧力釜みたいになってるんで、おそらく高温高圧にして滅菌するんでしょうね。ラボ内には、ほかにもいろいろ機器があります。
d0017039_21561786.jpg
1分間に数万回転の回るという超高速遠心分離機。
d0017039_21590532.jpg
これば試験体をスライスする機械。一種の旋盤みたいなもんでしょうかね。
d0017039_21595275.jpg
試験体に余計な菌がつかないようにする装置です。水島研の人たちは割烹着はもちろん白衣も着ていないので、あまり研究者風じゃないですね。研究室内は基本スリッパ履きで、かつぺたぺた系のシートでごみを吸着してから入室します。
d0017039_21595167.jpg
試験体のおさまる大型冷蔵庫。-60度くらいかな?。ストックスペース自体は多少余り気味なので、今は問題ないようですが、物自体が大きいので、狭ければレイアウトにも大きく影響すると思われます。
d0017039_21595110.jpg
発光する細胞を撮影するブース。暗幕もついて真っ暗にできます。研究室にとってはとても大事な部屋になりますね。
d0017039_21564459.jpg
ここから先は中廊下挟んで反対側のオフィスゾーンです。一般の大学研究室と特に変わりません。ここは院生スペース兼ゼミ室兼休憩スペースという感じの部屋。他の部屋とは仕切られているので音的な問題はありませんが、机や椅子もかなり密に配置されていて、かなり雑然としており、研究室というより「部室」という感じ。
壁側の机は本棚に机パーツをくっつけるスタイル。ちなみに、我々が見ると机下が死んじゃうのこの机配置は気持ち悪いけど、実験室的の棚付きの机に慣れているので、水島研の人たちはそんなに違和感感じてなさそうでした。
d0017039_21564321.jpg
一方、助教や院生のスペースは、机の脇にキャビネットを置いてプライバシーを強調するスタイル。普通の家具の組み合わせだと、これまた机下がデッドになりがちなレイアウトですね。通路は必要以上に広く、スペースの使い方としては、ゆったりしすぎの感じ。いずれにせよ、壁向いて作業するのは良くないなあと森建築士。
d0017039_19562776.jpg
非常に整理されている人がいる一方で、昭和の新聞記者みたいな人もいます。いくら記憶力が良くても、すぐ手の届くところに本や紙の資料がないとまずい、ということはあるんでしょうね。だから「近くにある収納」というのもテーマの一つ。
d0017039_21564337.jpg
教授室。華のないさみしい事務室です。金属パーテーションに囲まれて、視線も音も遮られているので、集中できる反面、助教や学生の気配は一切感じられませんね。

ということで、少なくともオフィスゾーンは、すぐれた環境があったから、すぐれた研究が生まれた、とうわけではなさそうでした。3つの部屋に分かれるオフィスゾーンだけは見通し良くした方が、活発な風通しのいい研究環境になるんじゃないの?というのが誰しもが感じる素直な感想です。
d0017039_19124660.jpg
優れた建築から優れた研究が生まれそうな施設として建築関係者が真っ先に思い浮かべる生物医学系の施設といえば、ルイス・カーンのソーク研究所。ラボは設備階付きのフレキキシビリティの高いワンルームで、この大きなワンルームの両脇に小さな家のような研究室を並べた構成です。各研究室からは海が見えます。ラボとオフィスを一体化した上で、ラボと切り離せるデスクワークと休憩部分を、この家型研究室に入れ込んだとということですかね。ソークのラボ内のスペースはどうなってんだろうと探してみたら、こちらのページにオフィス部の写真がありました。壁向きで割と普通な感じ。
d0017039_20500833.jpg
家具並べるだけならすぐできるんで、軽く描いてみます。柱割は3.2mモジュールなので、壁に向かう机の方が簡単ですが(机800+通路1600+机800=3200)、森建築士の意見を受けて、壁向きはひとまず禁じ手に。レイアウトを水島君の研究に絡める必要はありませんが、レム・コールハースがパリの図書館で提案したモデル(書架の均質空間が不定形のボイドに侵食されるモデル)のように、均等配置の机がオートファジーして、均質性を打ち破るスペースを生み出していくイメージになると、実際の空間としても面白いんじゃないかと妄想しながら描きました。
その後、人数や予算のイメージも固まって、模様替え委員が組織されるようです。うまくいくといいですね。

by iplusi | 2016-10-29 21:44 | その他いろいろ | Comments(0)
大高事務所の栃木県労働福祉センター見学
d0017039_20393713.jpg
大高事務所の雑誌未発表建築。この建物のすぐ近くにあった栃木県庁の議会棟は壊されちゃいましたが、こっちは今でも健在です。時間かなかったので外観だけ見学。高層と低層の組み合わせ建築で、竣工当時は打ち放しでした。まあ、さすがにそのままというわけにはいきません。色がついてもブルータルな表現は残っています。「つの」表現とかは、広島基町なんかとデザインボキャブラリーは近い感じ。
d0017039_20395189.jpg
高層棟は平べったいのかと思ったら真四角平面。高層棟のコーナーの窓のところは梁がナナメに入っていて、窓が縦に連続しています。打継位置から考えると、不思議なことに窓の一番下の部分には梁がないんですね。壁でスラブを吊ってるのかも。構造は木村俊彦さんかな?
d0017039_2040785.jpg
反対側のコーナーのスリット表現もしびれますね。縦スリットは思いついても、横スリット入れるのは、なかなか思いつかないと思います。この一手間で、壁の片持ち感が一気に生まれてます。
d0017039_20401928.jpg
裏側はこんな感じ。真ん中の小さな十字窓が効いてますね。

先日、事務所にいらっしゃった東北工業大学名誉教授、二瓶先生によると、この建築は事務所内でも独自路線を突き進んでいた阿井和男さんのグループが担当していたそう。そう言われてみると大高さんらしいとことらしくないとこがあるような気もします。
by iplusi | 2015-01-05 20:44 | その他いろいろ | Comments(0)
木造建築の見学
先月はいろいろ、特殊木造建築を見学してます。
d0017039_019416.jpg
法政大学、網野教授設計の富士宮の住宅。製材所にストックがあった、寸法ばらばらな平角材を、ビスで横に接合して壁や床をつくるというプロジェクト。ローテクでつくる、マッシブホルツです。ビスで縫うので、もちろん耐震性も期待できます(今回は4号で出すので、合板張るそうです)。
d0017039_0193870.jpg
10m角位の2階建てボリュームですが、3/4くらいは吹き抜けてる、結構大きな建物です。床はモルタルで、薪キッチンのボイラーで床暖房するそう。
d0017039_0193296.jpg
これは、学生が見学日当日に施工実演した、ブレッドシュタッペルと呼ばれる壁。間柱材を割れないよう、位置をずらしながら釘打ちしていきます。こちらもある程度の耐震性が期待できます。ブレッドシュタッペルは間仕切りの一部に使うそうです。
d0017039_020107.jpg
これは、法政の兼任講師仲間、鍋野さん設計の併用住宅(接骨院)。150mm厚のCLT(クロスラミネイテッドティンバー)で4.4mスパンの梁柱なし空間と、
d0017039_0192568.jpg
駐車場用の2.1mの片持ちをつくっています。施工はこれまた、兼任講師仲間の溝部さんが率いる寛建設。CLTは重量が非常に大きいので、施工はとても大変そうです。でも、誰もやったことのないことを、最初に試すのはすばらしいですね。
d0017039_0204847.jpg
見学後は、溝部さん鍋野さんを、近所の遊行寺の地蔵堂にご案内。こちらは、大高事務所の先輩、保科さんの設計。間口3間、奥行き4間なのに方形屋根という難しい設計と、西岡棟梁の後継者小川三夫棟梁が率いる鳩工舎の超絶技巧に驚かれていました。
by iplusi | 2014-12-02 00:20 | その他いろいろ | Comments(2)
東京都新宿 住宅展示場リニューアル
事務所の近所にある、東京都新宿住宅展示場が、来年1月までに全棟、建て替えになるそうです。在来、枠組み、鉄骨、ユニットなど、ハウスメーカーのいろいろな作り方をいっぺんに見られるので、通勤途中に毎朝眺めています。
d0017039_19493696.jpg
9月中旬の様子。解体が始まったところです。
d0017039_19494946.jpg
T建設のプレキャスト住宅は、一足早く解体が始まりましたが、鉄筋とコンクリートを分けて捨てるためか、非常に時間がかかっていました。
d0017039_19501626.jpg
10月中旬には、更地になりました。信じがたいですが、ここから、わずか約3ヶ月で町ができあがります。
by iplusi | 2014-11-10 19:54 | その他いろいろ
雪の南大沢
d0017039_23583782.jpg
先日の雪の日の南大沢駅前。屋根の下まで雪が積もってますね。このシェルター、駅前広場、都立大前の橋梁は飯塚が昔勤めていた、大高事務所の設計です。20年くらい前の設計ですが、全く古さを感じませんね。
d0017039_042353.jpg
照明のデザインも大高事務所。原寸大で時間をかけて丁寧にデザインされています。
ちなみに、多摩ニュータウンの京王線駅前は、多摩センター、南大沢、若葉台が大高事務所。永山、堀の内、多摩境は別の設計者です。
by iplusi | 2014-02-16 20:57 | その他いろいろ | Comments(0)
清家清さんの「保土ヶ谷の家」見学会
ゴールドブレンド「違いがわかる男」のCMの舞台となった清家さんの「保土ヶ谷の家」。先日、この家の補修メンテナンスをされている、あすなろ建築工房さん主催の見学会があったので行って来ました。
d0017039_19214559.jpg
家の半分は、2間半☓5間(たぶん)くらいの巨大な吹き抜け。アイプラスアイの住宅がすっぽり入ってしまうくらいの巨大な空間です。南西は雑木林に向かって、コーナーフィックスのでかい窓。上段はガラスのマリオンが入っています。ティンバーフレーム並みに柱も梁も太いので、スケール感は北米の感じです。
d0017039_1922629.jpg
正面が玄関。床はスキップフロアになっていて、半階上がるとダイニング。更に半階上がった玄関上部は、和室になっています。リビングとダイニングの床の大理石には床暖入ってるけど壊れていて、冬はとても寒いそうです。
d0017039_19221836.jpg
屋根はHPシェルなんですが、天井はかなり上にあるので、あんまりねじれを感じませんね。黒々とした骨太の天井の意匠は、日本の古建築みたいな雰囲気でした。
by iplusi | 2013-06-18 20:01 | その他いろいろ | Comments(0)
吊構造の小屋
d0017039_19404117.jpg
恵比寿駅近くの鉄工所隣の小屋。なぜか吊構造。柱の制約を最小限に、かつ、鋼材量を最小にするということでしょうか。トタン屋根が浮遊する感じがとても面白いです。

吊構造といえば、アルベルト・カラチというメキシコの建築家の図書館がすごいです。無重力の感じ。
http://www.kalach.com/_biblioteca-mosaico.html
by iplusi | 2013-03-28 19:41 | その他いろいろ | Comments(0)
カナダツガ150角視察ツアー
d0017039_105918.jpg
カナダツガ150角の視察ツアーに参加してきました。震災後初福島です。
d0017039_11793.jpg
まず、勿来(なこそ)のいわき材加工センターへ。これは高周波乾燥機の制御室の中。
d0017039_11146.jpg
ヤング係数と含水率を一瞬で計測する機械です。ヤング係数は材料を振動させて、固有振動数から測定してるようです。
d0017039_112257.jpg
こっちの機械は実際に30tくらいの力をかけて材を曲げることによって、ヤング係数を測定します。30cmくらいの材が目で見てわかるくらいにたわみます。
d0017039_121683.jpg
赤いのがマイクロ波測定機です。木の根元と先っぽでは含水率が変わるので複数個所をいっぺんに計測するわけです。
d0017039_122230.jpg
小名浜の製材所、共力に移動。このツガの原板は50*200くらい。
d0017039_122952.jpg
ツガの製材機。
d0017039_123648.jpg
実はアイプラスアイの垂木は、ほぼここから出荷されてるそうです。共力さんが配っていたパンフレットにもどこかで見た建築が(笑)
d0017039_124348.jpg
いわきのダイテック・赤井木材に移動。ログハウスを加工できるプレカット機械。コーナーの校倉風の箇所も機械加工できるすごい機械。3日で一棟くらいのペースだそうです。
d0017039_125757.jpg
台車型の製材機。L型のところに丸太をのっけ、固定バンドソーに向かって、台車ごとすべっていきます。
d0017039_125096.jpg
1面づつカットしていきます。
d0017039_13672.jpg
4面カットが終了した材。
d0017039_145976.jpg
ドイツ製のプレカットマシーン。3次元的に刃が動かせるので、相当に難しい加工が可能です。
d0017039_152291.jpg
たとえばこんな具合。
d0017039_153058.jpg
映画「砂の惑星」に出てきそうな巨大なふいご。粉塵を送る働きをしています。
d0017039_153825.jpg
長岡造形大の山下先生と江尻先生、部材検査中。カナダツガ150角を使いまくった大学の施設が12月にできるそうです。今回は江尻さんと事前に連絡とってなかったので、現地であってビックリ。
d0017039_154646.jpg
ティンバーフレームなどに加工されるのであろう、カナダツガ、イエローシーダーなどの大断面の無垢材。迫力あります。
by iplusi | 2012-08-30 01:01 | その他いろいろ | Comments(5)
豊田市美術館の茶室「童子苑」
豊田市美術館いってきました。モダニズムの美術館はもちろんいいのですが、せっかく訪れたなら、谷口さん設計の、この茶室も見逃さないようにしましょう。
d0017039_1301195.jpg
玄関側外観。入母屋の数寄屋建築です。屋根がとてもシャープです。軒高は2.1m位。庇の柱は、玄関前でが非常識に跳んでますから、普通でない処理が施されていることがわかります。
玄関戸を抜けると、部屋を挟んで、正面に坪庭があるそう。平面をみると屈曲する庭が施設中央まで引き込まれています。モダニズムの本館とは全く異なる意匠ですが、すごく低い軒とか、中庭を抱き込む構成とか、似ているところが多いんですね。そういう目で見ると、本館のガラスのカーテンウォールも障子のように見えてきます。
d0017039_1234058.jpg
屋根端部の表情。おそらく、化粧垂木+野垂木がくさび形の断面をつくっているのだと思いますが、小口でくさび断面が見えると疎いので、勾配を少し変えて、けらばをシャープに見せているわけですね。
d0017039_1242659.jpg
東側外観。この立面は南だと思ったら東でした。木々に横方向から光を当て、美しく見せる工夫なんですかね。
d0017039_125177.jpg
広間の前の縁側部分。独立柱が等ピッチに並びます。ガラス戸は戸袋内に全部収納されるようです。
d0017039_1251840.jpg
柱は表面になぐり仕上げが施されています。柱は幅が65mm、奥行きが80mmくらい。かなり細身です。
d0017039_1261512.jpg
縁側庇の出隅コーナー部分。きれいですね。
d0017039_1261499.jpg
広間の欄間はオープン。天井は、縁側方向にはみ出して、広がりを生み出しています。お父さんの谷口吉郎さんの手法だと思いますが、この処理は、すばらしいと思います。空調も段差部分にうまく処理。照明や空調やコンセントを和室に同馴染ませるかというのは、結構、大事な問題です。
d0017039_127918.jpg
待合から、茶室(小間)方向をみたところ。待合いの軒はとてつもなく低く、親密な感じになっています。
d0017039_1273229.jpg
施設南東角にある立礼(りゅうれい)式茶室では、300円でお茶を頂けます。床に外の緑が映りこんで、きれいですね。
by iplusi | 2012-05-31 20:27 | その他いろいろ | Comments(3)
建築家なしの建築 @別府 ( 杉並U画伯より)
d0017039_2303684.jpg

杉並U画伯からののメールから。

「先日、別府の町を散策していましたら、
ものすごい売り物件をみつけてしまい、これは飯塚さんに
見せなければと思い連絡した次第です。
ちょっとスターウォーズの飛行船?にも似てます。

異様な低さのベランダを細い柱、というか角材?というかオブジェ?が無数に立って支えています。
はたして本当に支えているのかは不明。玄関脇に謎の扉が無数にあるのですが、
鍵もないのでそのひとつを開けてみたら出前の返却ボックス(おばあちゃん談)でした。
でもそこから室内丸見えです。・・・」
by iplusi | 2012-04-17 23:10 | その他いろいろ | Comments(0)