タグ:裏技 ( 17 ) タグの人気記事
階段下の造り付けソファー
d0017039_22105586.jpg
杉並B邸、階段下のソファー設置完了しました。座ってみると、階段が屋根のような感じ。囲まれ感があって、とても快適です。


暫定写真
も一部更新しました。
by iplusi | 2013-11-09 22:10 | 杉並B邸 | Comments(2)
世田谷S邸 自転車駐輪実験
d0017039_1146289.jpg自転車の屋根がほしいと要望されるケースは結構多いのですが、予算や面積の都合でなかなか実現できません。でも今回は、ピロティ状の広々玄関ポーチがつくれました。自転車を置く実験もしてみました。2台余裕で置けそう。ベンチとか置いても楽しそうです。
d0017039_11375589.jpg板金工事は着々と進行中です。左は急勾配の屋根につく小窓。ドーマー状に3方枠を回し垂直面をつくり、普通のサッシを固定しています。勾配が急すぎると、トップライトも使えませんからね。
下写真右側部分が小窓のつく急勾配屋根です。
d0017039_11373369.jpg
手すりデザイン現地検証。ロフトで400H以下にしないと鬱陶しい。かつ一本に。手すり部材、30×90はちょっとごついので、30×70程度で再作図。
d0017039_1732956.jpg

by iplusi | 2010-10-24 11:37 | 世田谷S邸 | Comments(4)
外の部屋 @世田谷K邸
d0017039_1555049.jpg

d0017039_1553921.jpg世田谷K邸今日の現場。ルーフテラスの姿が見えてきました。腰壁をうんと高くしたので、ご近所の目を気にすることなく、ひなたぼっこしたり、バーベキューしたり、洗濯物干したりできる、「外の部屋」という感じの贅沢なスペースになっています。

外壁は透湿防水シートの施工中で、道路側は「白い鯨」という感じの外観に変化してました。そのほか、今日から給排水工事も始まっています。
by iplusi | 2010-10-07 01:57 | 世田谷K邸 | Comments(0)
多面体壁 @西国分寺T邸
フラット35S 20年金利優遇、エコポイントを利用している西国分寺T邸は多面体形状の壁が特徴です。
d0017039_17291468.jpg
面倒な仕組みで得した分を、建設費に割り振れば、利用しないときよりも、形や素材は自由になります。面倒だから、単純化」というのは、作り手側の発想ですからね。
by iplusi | 2010-08-23 17:29 | 西国分寺T邸 | Comments(0)
飯能i邸 足場解体
飯能i邸は足場も取れ、施主の内装工事が、ゆっくりと進行中です。
d0017039_238458.jpg
南東から見る。屋根はV字型に折れるバタフライ屋根で、屋根中央にドーマー窓がついています。南の窓は、例によって大きいので、家が逆に小さく見え、思ったより小屋っぽくてかわいい感じです。木部はもう少し黒くしようと企んでますが、現状は浦和のヒヤシンスハウスの色合い。狙ってないので、たまたまですが。
d0017039_228772.jpg
北東側から見る。見たこともない格好。でも、なぜか和風テイストな感じがします。黒く見える部分は、実際はダークブラウン系です。
d0017039_335881.jpg
西側はヒノキ合板の壁が張られました。この暑さの中、エアコンも網戸もない中での素人工事はなかなか大変なようです。この家は電気もエアコンも施主工事です。
d0017039_2442444.jpg
内部フローリングは半分くらいが終了。壁際は、床と壁がぬるっとつながる、R付の特殊な幅木を製作してました。施主工事ですから、設計者こんな大変な納まりは要求していませんが(笑)。
d0017039_2502832.jpg
コボットまわりもルーターを駆使して、上手に納めていました
d0017039_3115052.jpg
南から見る。デッキがつくと、もっと重心が下がって見えるはずです。スポーツカーのノーズのように、軒先が下がった感じにしたいと思っています。
by iplusi | 2010-08-03 02:20 | 飯能 i 邸 | Comments(2)
天井エッジの効果 @目黒S邸
天井のクロスは思ったほど暗くない感じでした。白天井はおそろしくシャープです。
d0017039_1723561.jpg

by iplusi | 2010-03-21 17:23 | 目黒S邸 | Comments(0)
外壁 サッシまわり木枠 @目黒S邸
d0017039_1727169.jpg
塗装クロス貼りの前ですが、2階のインテリアは非常にうまくいきました。2400までは白くなり、その上は黒っぽくなります。なので、梁や束は暗闇の中に浮かぶ感じになります。火打ちは外壁沿いの平天井で隠しました。平天井の短部見切りは、下がり壁から50ほど出したので、エッジが効いたおさまりになるはずです。
d0017039_1734690.jpg
外部足場も撤去済み。窓回りにサイプレスをまわしました。鼻隠しは屋根勾配なりに傾いていてシャープに見えます。
d0017039_173857100.jpg
勾配天井に包み込まれた張りのある空間です。業務連絡:山田さん。ロフト床小口もそうですが、2050Hの家具とロフトの間の短い柱も、古材カラーでお願いします。
d0017039_317261.jpg
これがリフォーム前の2階の様子。全く別ものになっています。
by iplusi | 2010-03-12 17:27 | 目黒S邸 | Comments(0)
稲妻型木製階段 @白井T邸 
白井T邸オープンハウス、10/17(土)に決まりました。お誘い合わせの上、お越し下さいませ。詳しいご案内はまた後日。さて、今日の現場の様子です。
d0017039_22431175.jpg
足場は一部を残し撤去完了。立てハゼの外壁は案の定、べこつき感があるんですが、Tさんは「あえて立てハゼにして良かった」と仰ってまして一安心。通気層外の外壁は、所詮おまけなんだから、通気胴縁の気配までわかるくらい、箔みたいに薄く見えるほうが、むしろ素直だという話もあります。
d0017039_22433146.jpg
寝室から玄関方向をみたところ。木部は、いろんな色に染色しています。階段奥に机が見えますが、ちょうど、そこにモスグリーンのケンメリがおさまることになります。
d0017039_22435290.jpg
今回の階段は、ささらを稲妻にした木製階段。平塚(力桁)→西荻(稲妻片持ち)→白井と新しい型式の階段を毎度色々、試しています。この型式は抜けがあるし、木工事だけで済むので安価。なかなかいいですよね。
階段上の家具は手すりの機能を兼ねています。ランバーの薄いやつだと貧弱なので、棚板はわざと分厚くしています。
d0017039_2244736.jpg
階段を上って、東方向を見たところ。白い壁が厚みなくおさまってシャープですね。この白い壁、ビニールクロスで、木の家が好きな方からは怒られそうですが、このクロス非常にいい質感で、塗装面より、よっぽど綺麗です。
d0017039_2173987.jpg
階段上って、キッチン、食堂側を見たところ。黒髪理論に基づいて、黒い要素が要所要所に分布してます。
d0017039_23592846.jpg
東側の妻面外観。西側はバルコニがあって、彫りが深いのですが、西側は、けらばの出ナシで薄くおさまっています。
by iplusi | 2009-09-27 22:44 | 白井T邸 | Comments(0)
鉄骨カウンター受け @西荻T邸 
d0017039_19351483.jpg
西荻T邸 狩野棟梁による家具工事が着々と進行中。食器棚の小口には、波板ガラスを入れる予定。
業務連絡、山崎さん、西荻Tさん:電子レンジの目隠し格子は窓高さ1190-カウンター高さ850=340にするとうまいかもしれませんね。
d0017039_19472065.jpg
設計者の知らないところで書斎カウンター9mm厚のデカアングルブラケットつけて頂きました。すばらしいですね。山崎さん、狩野さん、山田鉄工さん、恐縮です。
by iplusi | 2009-09-26 19:34 | 西荻T邸 | Comments(1)
アングル鉄骨階段の実験 @西荻T邸 
d0017039_0344931.jpg西荻T邸の鉄骨階段、計算上はもちろん持つんですが、実際のところは、どうなのか心配だったので、工場搬出前に、工務店の山崎氏と山田鉄工さんに実験してもらいました。

とりあえず大丈夫そうということで明日現場に取り付けます。
by iplusi | 2009-09-09 00:34 | 西荻T邸 | Comments(0)