タグ:竣工事例 ( 168 ) タグの人気記事
階段下の造り付けソファー
d0017039_22105586.jpg
杉並B邸、階段下のソファー設置完了しました。座ってみると、階段が屋根のような感じ。囲まれ感があって、とても快適です。


暫定写真
も一部更新しました。
by iplusi | 2013-11-09 22:10 | 杉並B邸 | Comments(2)
杉並B邸引き渡し
残工事少しあるのですが、今日は杉並B邸引き渡しでした。
d0017039_21152784.jpg
タモ無垢の造り付けテーブルも設置されました。奥のベンチは奥行き1mあって、寝っ転がることもできます。床暖入り。テーブルがくっつく家具は食器棚です。右側の引戸を開けるとテレビ。左の引き戸を開けると、キッチン側につながります。
d0017039_21153929.jpg
2階からの眺め。テーブルがよく見えます。天井や奥の壁は「影の色」を意識して明度を決めているので、室内が薄暗くても、小部屋がくっきり浮かび上がります。
d0017039_2115489.jpg
テーブルの照明はペンダントじゃなくて、スポットライト。球は挟角のダイクロハロゲンにしたので、テーブルだけが明るくなります。

写真は11/13あたりに、また撮りに行きます。工事中暫定写真はこちら
by iplusi | 2013-11-02 21:17 | 杉並B邸 | Comments(0)
浦和S邸 プチ見学会
d0017039_1823777.jpg
先週末は、川越Kさん、櫛引Nさんと一緒に、浦和S邸に伺ってきました。築7年ですが、斜めになった杉板張り外壁の部分は、雨が当たりにくいためか、綺麗なままでした。
d0017039_1825191.jpg
キッチンの使い勝手など検証中。「キッチンが孤立しないので、お友達来た時などは、とても良い。アイランドカウンターの背を高くしないで良かった。」、と奥さん。
d0017039_183516.jpg
リビングは何も置かず、広々させています。床は無垢のカリン。壁はシルバーのガルバリウムです。
d0017039_1831821.jpg
左の階段をあがるとロフトです。ロフトから屋上にも出られます。
by iplusi | 2013-09-29 17:55 | 浦和S邸 | Comments(5)
雑誌 Lives vol.71 いい家の間取り・インテリア
d0017039_2118869.jpg
雑誌 Lives vol.71 「いい家の間取り・インテリア 」の「ニ世帯住宅考」のコーナーに目黒I邸が掲載頂きました。I邸は建て替えの新築案件ですが、Iさん一家のつくった、外構やインテリアは、新築にはちっとも見えない、極めて自然な感じに仕上がっています。

この特集は、楽しげな2世帯住宅の事例集に加え、二世帯住宅のノウハウコラムもあって、なかなか読み応えのある記事になっています。ぜひ御覧いただければと思います。
by iplusi | 2013-09-17 21:30 | 目黒I邸 | Comments(0)
みなみ野の家の庭
d0017039_21552249.jpg
親の家の庭です。家の方は、年寄りが好き勝手に使ってますので、人様にお見せできる状態ではないのですが、庭の方は、なかなかいい具合にになっています。芝がとても綺麗ですね。
基礎は青木工務店、木のフェンス+ベンチは親父が自作してます。植栽は、地元の植木屋さんです。ヤマモミジ、アラガシ、ヒメシャラ、ナンテン、その他もろもろが植わっています。
d0017039_22344065.jpg
これは大分以前の写真ですが、道路側は、こんなふうに背もたれ付きのベンチのようになっています。道路は庭よりちょっと低いので、一応目隠しにもなってる感じです。といっても、右手の駐車場の前から見たら丸見えですが。心理的なバリアみたいなものですね。ベンチは2本の梁で、地上スレスレに浮かんでいます。(以上、西白井Oさん宛の業務連絡でした。)
by iplusi | 2013-09-05 21:59 | みなみ野I邸 | Comments(0)
葉山AB邸その後
d0017039_22471617.jpg
葉山ABさん撮影の写真から。お友達の造園屋さんに依頼した植栽が完成したようです。プランターがとてもいい感じですね。壁面のバウハウス風?の縦書サインもバッチリです。さすがグラフィックデザイナーですね。
by iplusi | 2013-08-15 22:55 | 葉山AB邸 | Comments(2)
世田谷S邸2年点検
世田谷S邸、青木さんの2年点検があるということで、伺って来ました。家具は一通り揃ったので、DIYなどをしながら、インテリアづくりを楽しんでいらっしゃるとのことでした。
d0017039_1714345.jpg
ダイニングからリビング方向を見たところ。木質感を生かしたナチュラル系のインテリアです。階段手すりは木で作っています。
d0017039_17145861.jpg
1階から、2階ダイニングを見上げたところ。1階の壁はCDを綺麗に飾っています。
d0017039_17152544.jpg
ダイニング。キッチン上部から、ハイサイドライトで光を取り入れています。壁に飾ってある絵は、ミシン目の入った奈良美智作品集を利用してるそうです。
d0017039_17154367.jpg
リビング北側の壁面には、ライティングビューローと飾り棚が置かれました。
d0017039_1716396.jpg
斜線制限で北側だけ斜めになるのを嫌って、北側の壁はわずかに傾けました。上昇感がありますね。
d0017039_17161371.jpg
リビングからの見返し。中庭では、緑を育てています。
d0017039_17162816.jpg
掃除機は好きじゃないということで、壁面にホウキを設置。
by iplusi | 2013-07-31 14:17 | 世田谷S邸 | Comments(0)
杉並U邸プチ見学会
杉並U邸、プチ見学会に伺いました。
d0017039_13423026.jpg
シンボルツリーの白樺が急成長。窓から緑が楽しめます。
d0017039_13425065.jpg
スキップ上段南側は奥様の機織り機のコーナー。奥の天井際には、間接照明が入っています。
d0017039_1343234.jpg
大窓の前の一人がけソファは愛犬ラングの特等席。
d0017039_1343316.jpg
たまには1階の写真も。天井高3.2mくらい。西側のハイサイドライトで明るさを確保。
d0017039_13445380.jpg
奥がU画伯のアトリエです。
d0017039_13452157.jpg
夏場は和室を寝室にされているそうです。和室も外の緑でいい雰囲気です。
d0017039_13452250.jpg
敷地延長部は緑のトンネルになってました。U画伯の作品でいうとこんな感じですね。
by iplusi | 2013-07-14 15:16 | 杉並U邸 | Comments(1)
飯能i邸 その後 
d0017039_10544211.jpg
飯能i邸久しぶりに行ってきました。
駐車場の部分の石積み施主工事完了。この建物はスピードが要求される外回りの工事(基礎、骨組み、アルミサッシ、屋根、外装)のみ工務店にお願いし、内装工事、家具工事、電気工事、外構工事などはすべて施主工事としています。
d0017039_13482996.jpg
1階西側のキッチン部分。キッチンは壁からの片持ち構造。天板は木製で、常温液体ガラス塗料、グラノールを塗り重ねています。コンロは2口。
d0017039_11273811.jpg
南側は間口5間の大間口です。インナーデッキ下の家具はできていますが、外のデッキはこれからです。構造はコボットで確保。
d0017039_11121189.jpg

バタフライ型屋根の大空間の中央に、工作室が入れ子されています。工作室の床は1階より下がっており、天井も低いので、工作室上の2階の床は手が届くくらい近くにあります。2階の手すりはかなり太目のワイヤー。1階西側の壁際の棚には、家造りで使った、たくさんの工具がのってます。
d0017039_11225926.jpg
浴室のタイル張りも施主工事です。素人がやったとは思えないほど綺麗に仕上がっています。
d0017039_135132.jpg
2階から南方向を見たところ。大屋根の中央にはドーマー窓があって、2階に直接、光や風を入れることができます。
d0017039_13534095.jpg
2階東方向を見たところ。いろいろな方向から光が入ります。
d0017039_1151977.jpg
入れ子された工作室の内観。正面はガラスの大窓で、両側に風を通すための開き戸がついています。旋盤類やコンピュータ、その他もろもろ。建主は電気回路の設計とかもできるので、何でもつくれそうな感じでした。
by iplusi | 2013-05-05 11:54 | 飯能 i 邸 | Comments(1)
藤沢H邸その後
d0017039_1895865.jpg
住宅の建て替え調査で、藤沢H邸の近くに伺ったので、H邸の外観写真をちょこっと撮影させて頂きました。

外壁、屋根はGMルーフという横葺き材料。この地区は風致がかかっていて、屋根は白っぽくできないので、グリーンがかったメタリックグレイを使っています。1階の木の色とのコントラストがついているので、2階が浮き上がって見えますね。南側の先端は、ソーラーブレードというサンワカンパニーの材料を、手すり兼、猫の脱走防止柵兼、目隠しに使っています。

斜面も植栽で綺麗にされていました。ちなみに家の建設前に、道路境界沿いにあった大谷石積み擁壁は取り壊し、間知ブロック積み擁壁を再築造。駐車場スペースを生み出しました。宅造許可をとって、建築と土木をあえて分離して整備しています。
by iplusi | 2013-04-14 18:33 | その他いろいろ | Comments(0)