タグ:竣工事例 ( 165 ) タグの人気記事
つくばN邸半年点検
d0017039_21561392.jpg
つくばN邸半年点検。何でもないクロゼットがお店みたいな、なかなか格好いい空間になりました。若々しいインテリアがいいですね。
d0017039_21552214.jpg
リビングも植物や壁際の額入りの写真がいい雰囲気です。さすがデザイナーですね。
d0017039_21552195.jpg
南側窓上の間接照明ゾーンは、構造のコボットや半透明の瓶がいい感じ。ブラインドは白黒のリバーシブルタイプ。
d0017039_21552217.jpg
外構のクローバーが大分育ってます。駐車場のピンコロ石はNさんお父さんのお友達の石屋さん作です。今、木は中央に寄っちゃって広がり感がないので、建物の両脇のゾーンにも木が植わるといいバランスになりそうです。
d0017039_21552128.jpg
吹き抜けのあるダイニング。スカッとしてるので、もっと物が増えても大丈夫そうですね。どんどん格好良くしてください。


by iplusi | 2017-03-27 22:08 | つくばN邸 | Comments(0)
下高井戸M邸1年点検
d0017039_22435999.jpg
下高井戸M邸、吉田工務店薮崎さんと一緒に、半年遅れの一年点検に伺ってきました。お子さん小さいので、まだこれからという家具もありますが、外構やインテリアはほぼ完成、とても格好良く住んでいらっしゃいます。写真は改めてアップします。
by iplusi | 2017-02-06 22:40 | 下高井戸M邸 | Comments(1)
平塚K邸プチ見学
12月中旬、横浜Sさん、多摩NKさんと一緒に平塚K邸プチ見学へ行ってきました。平塚K邸は2009年9月竣工なので、竣工後丸7年経過、8年目に入ったところです。
d0017039_13142877.jpg
東側外観です。南下がりと北下がり、2つの片流れ屋根のボリュームが相貫体になっています。南側の軒は低く縁側状です。
d0017039_13113146.jpg
2階屋根は充填断熱で、杉の羽目板EP拭き取り塗装。無節でとても綺麗な材料ですね。大窓はフィックスで、東と北の窓が開く仕様になっています。
d0017039_13113245.jpg
2階トイレはアイランド状に配置。吹き抜け側の内窓が開く仕様になっており、ミニ書斎にもできそう、笑。でも「言われなければトイレに見えない」というのは大事なことですね。
d0017039_19554313.jpg
平塚K(息子)こと、i+iスタッフ熊沢の部屋です。ベッド導入されましたが、配置はこれでいいんですかね?北側の1200角の窓は木製ブラインドで網戸が隠れてスッキリしました。横スリットはあまり開けないので、網戸もとってしまったそう。
d0017039_13113248.jpg
熊沢の作業風景。真夜中に送ってくるメールはこんな快適そうな場所で書いているので、お施主の皆さん心配しないでください、笑。
d0017039_13113323.jpg
トイレ方向を見返したところ。光が奥行きを暗示してます。トイレのダクトには麻ひもが巻いてあります。
d0017039_13334913.jpg
熊沢部屋から大窓方向を見たところ。熊沢ルーム回りは北欧風という感じでまとまってました。
d0017039_13170988.jpg
1階に降りてみましょう。吹き抜けから見上げると、すのこ越しに大窓が見えます。
d0017039_13345458.jpg
平面の大きな平屋は家の中央や北側が暗くなりがち。でも大窓から吹き抜けに光を落とせばこんなに明るく快適です。
d0017039_13202075.jpg
吹き抜け北側の和室です。畳縁はとても細くシャープ。和室は巨大な吊り戸で仕切れるようになっています。畳は部屋の途中から始まっているので、部屋の輪郭はあいまいです。
d0017039_13195908.jpg
脱衣室にはキッチン側からアクセスするプランですが、和室からも脱衣室に直接入れるようになっています。藍色の暖簾がバーチの扉とよく合ってますね。
d0017039_13201417.jpg
1階は置き家具など含の和風アイテムがあるので、和っぽい雰囲気になっています。2階は北欧で1階は和風、シンプルにスッキリ作っておけば、要はお施主さんのインテリアの工夫で、どうにでもなるということですから、ゆっくり時間をかかえてインテリアを整えていくのもよいかも。
d0017039_13151822.jpg
縁側の途中にある外部中庭。家の中が快適すぎるので、あんまり使ってないみたいですが、床の間みたいに空間のゆとりに貢献する空間と考えればアリですね。
d0017039_13145270.jpg
家の前の畑から中庭方向をみるとこんな感じ。夏は緑に覆われますので、南の軒が見えるのは冬だけです。
d0017039_13200655.jpg
リビング天井は結構焼けましたかね。ともかく陰影が綺麗です。
d0017039_13113017.jpg
最後に2階の大窓とリビングをいっぺんに撮ったアングルをどうぞ。設計した本人が改めて見てもいい家でした。熊沢家のみなさん、ありがとうございました。

by iplusi | 2017-01-02 13:32 | 平塚K邸 | Comments(1)
国立S邸竣工写真
d0017039_22384510.jpg
国立S邸、オープンハウスの時の写真アップしました。
・googlephoto  https://goo.gl/photos/Ng6JNQncfhPiSQ9R8
・facebookアルバム https://www.facebook.com/以下略

竣工時の写真なんで、置き家具や植栽がなくて、ややさみしいですが、奥様はインテリア本のデザインなども手掛けるセンスのいい方なので、半年後はもっと良くなるはずです。楽しみですね。

by iplusi | 2016-11-20 22:44 | 国立S邸 | Comments(0)
植栽の紅葉
d0017039_17355755.jpg
川越Kさんに頂いた写真。庭の紅葉が綺麗です。手前はハナミズキで奥の小さいのはドウダンツツジ。
オーソドックスな切妻形態、ダークグレイの吹き付け外壁、黒いサッシ、木部はウォールナット系の塗装という仕様で、建物が主張しないから、植物が映えますね。

by iplusi | 2016-11-06 17:38 | 川越K邸 | Comments(0)
狛江W邸その後
狛江W邸浴室換気扇の不具合で薮崎さんとW邸へ。電気屋さんにその場で直してもらい、換気扇は無事本来の運転ができるようになりましたが、Wさんにはご迷惑をかけてしまいました。工期が迫っていると、設計事務所検査の時に機器の動作確認はなかなかできませんが、今後は引き渡し時などにでも、試運転を行っていこうと思います。
d0017039_19085025.jpg
さて、伺ったついでに引き渡し9か月後のW邸を撮影してきました。まず、コーナーに大きな窓のあるキッチン。使ってる姿が絵になります。
d0017039_19123275.jpg
I型のキッチンカウンターの全体像はこんな感じ。シナ合板は引き渡しの時は、色が生でちょっとしんどいんですが、ちょっと焼けていい感じになっていました。シナの初々しさと、特注した角出しのステンレス天板がよく合っていますね。水切りかごが置ける段差のあるシンクが奥さんの一番のこだわり。手かけはツールボックスで購入したものを施主支給。今わかったんですが、タオルかけはタオルと手ぬぐい?2枚かけてジャストサイズにする計画だったんですね。
d0017039_19085005.jpg
手前側アイランドカウンターも、天板をタモのハギ板にしたおかげで、扉面材シナでも安っぽさはゼロ。芸術的に物が配置され美しく使いこなされています。
d0017039_19110312.jpg
アイランド手前は窓際にベンチのあるLDK。奥さんは布好き。ブラインド系は嫌だということで、当初ローマンシェード形式を検討していたんですが、結局カーテンにしたそうです。せっかく窓際にブラインドボックス状のへこみがある(梁せいをコントロールして生み出しました)から、頭に畳んだ布がのたまるのはどうかなあと思っていたんで、普通の横引き形式になって良かったです。2枚のうち外側の透けてるカーテンは、レースじゃなくて、ざっくり系のガーゼみたいなやつ(なんていうんでしょう?名前わかりません)。室内から洗濯物が見えなくなるくらいの透過度です。
ダイニングテーブルは、旧宅で使っていたスタンダードトレードのもの。椅子や照明は仮で、これから買う予定とのことです。
d0017039_19110347.jpg
通り抜け型のパントリー・食器棚。食器、鍋、料理本などが、びっしり納まってます。使いやすそうだし、ビジュアル的にも美しいですよね。
d0017039_19110366.jpg
庭と1階はほぼほぼできてきたけど、2階はこれからだそうです。縦スリット窓には木製ブラインドがつきました。
d0017039_19085066.jpg
玄関横の窓に置いてあったリサ・ラーソン。
d0017039_19122237.jpg
造園屋さんに発注した庭も完成しました。バラを育てるのがWさん長年の夢。敷地境界のフェンス兼用の、バラ用トレリスは細いスチール製でした。
d0017039_19085034.jpg
トレリスは一部背が高くなっています。自転車置き場の小屋も造園屋さんの作。というか小屋が得意な造園屋さんだそうです。植物が育ってくると、街角の風景に貢献しそうです。数年後が楽しみです。
by iplusi | 2016-09-17 19:50 | 狛江W邸 | Comments(0)
流山N邸見学会無事終了
遠くてお越しになれなかった方のために、流山N邸オープンハウス当日の写真をアップしました。是非ご覧ください。
https://goo.gl/photos/C9pNofdn7R2br5LM7
facebookはこちら
d0017039_12415030.jpg

by iplusi | 2016-09-12 12:43 | 流山N邸 | Comments(0)
過去事例をfacebookに
d0017039_01301460.jpg
過去事例をに入れていたpicasaのサービス、いつの間にか終わってしまいました。picasaは自動的にgooglephotoに移行してるんですが、並び替えなどが、いまいち不自由。そこで、フェイスブックのアルバムを試してみました。
https://www.facebook.com/iplusiarchitects/photos/?tab=albums
facebookユーザーはこっちの方が圧倒的に見やすいと思いますのでご活用いただければと思います。facebookを利用されちない方も、ダミーのアカウント作ってログインすると、鬱陶しいバナーが消えてだいぶ見やすくなるはずです。

by iplusi | 2016-09-07 18:56 | その他いろいろ | Comments(0)
つくばN邸 お引き渡し
d0017039_18132801.jpg
つくばN邸オープンハウス無事終了。同日夕方お引き渡しでした。背伸びした1.5階建てのフォルムと、焼杉と杉板ウッドロングエコ塗装のツートン使い外壁は、お客様にとても好評でした。
d0017039_18113401.jpg
外構はお施主お父さんの仲間の施工ですが、まだ工事中なので、オープンハウス用に施主Nさんご夫妻と中根、須貝で暫定整備。こういう時、20代は頼もしいですね。
d0017039_21315131.jpg

残土スケープ築山から40cmの高さに設定された屋外デッキと屋内ベンチ。内外両面に縁側空間をつくります。窓の高さは1.1mで地窓風。軒の出は45cm。前庭の風景を切り取ります。窓の上部は間接照明付きの棚になっています。
d0017039_18132978.jpg
こちらは吹き抜けの開口部。高さがあるので軒も1間と深くなってます。Z型にベンチが雁行しつつ連続。ベンチは巾木をへこませました。
d0017039_18113468.jpg
キッチンは対面型。天板はステンレスHL。バックカウンターは食器棚+家電置き場。キッチンカウンターは黒、食器棚と上棚はこげ茶、棚下は黒いタイル。Nさん悩みに悩んだ色合わせですが、とてもうまくいってますね。キッチン背後のハイサイドライト、裏庭の緑もとてもいい感じです。
d0017039_18113391.jpg
浴室はユニット、脱衣は白いCFを使って白一色に。流しは実験用、鏡は収納なしでシンプルに。下の棚だけが素地の集成です。収納物は無印のプラスチックケースに入れて、左手のニッチに積むことになってます。脱衣室はキッチン側、玄関側と入口が2つあって、回遊できます。
d0017039_21135667.jpg
玄関わきの小部屋は通り抜け型のシューズクローゼット。閉塞感がないように壁は1800まで。北側のブロックは天井張ってますが、これはキッチンの防火と配管電気を隠すためのもの。
d0017039_18192056.jpg
2階へはベンチの上から2つの箱の間を縫って上っていく感じです。吹き抜け沿いに壁が回る構成はアイプラスアイでは珍しいかもですが、これも全然アリですね。一階のエアコンは今売ってる中で最も薄い三菱製。さらに壁を10cmほどへこませて設置しました。
d0017039_18324245.jpg
吹き抜けに面する箱は、共用の書斎ブースです。Nさんのアイデアで内側は合板着色仕上げに。
d0017039_18113583.jpg
階段上部から吹き抜け大開口を見返したところ。内外の連続感が出るように、デッキやベンチは焼杉に合わせて黒く塗装してます。
d0017039_18132955.jpg
階段の正面は子供部屋の大開口。右手構造用合板のブースは移動式(子供部屋はお子さんの数に応じてブースで仕切ります)。エアコンも共用。見学会当日はとても暑い日でしたが、上下階2台のエアコンで家中が十二分に冷えていました。
d0017039_18113531.jpg
大窓ごしに庭の風景を楽しめる共用書斎ブースはトップライト付き。
d0017039_20582419.jpg
家族共用のクローゼットもトップライト付きです。特に造作してませんが、子供室用ブースはクローゼット内に移動できるようになっています。
d0017039_18113564.jpg
主寝室。面積は広くないけど、天井高く大きな窓もあるので快適です。このテラス側の窓は屋根がかかっているので、雨天時にも開けられますね。
d0017039_18132981.jpg
見学会後、机やいすをセッティングし、高級壁付け照明の使い勝手チェック。なかなか格好いいですね。
d0017039_20355577.jpg

夜景はこんな感じ(ブラインドがないので窓に静電気でくっつく塗装養生用のビニール張ってます。)。日中は黒いサッシを焼杉と同化させ、生々しい住宅用サッシのディテールを消すという作戦をとっていますが、ちゃんとサッシサイズ、ディテールをコントロールしているので、夜景も格好いいですね。
d0017039_18132921.jpg
引き渡しの後、Nさん夫妻お手製の料理+カナダのビールをいただきました。Nさんごちそうさまでした。また竣工おめでとうございます。




by iplusi | 2016-07-25 19:11 | つくばN邸 | Comments(2)
横浜S邸見学会+お引渡し
横浜S邸見学会無事終了。たくさんのお客様にお越しいただきました。ありがとうございます。同日、夕方お引渡しでした。
d0017039_10494354.jpg
道路側外観。コーナーにフィックス窓を配したハンマーヘッド型の道路側外観。北側ですが、夏の夕方はこんな風に夕日が当たります。夕日を浴びるレッドシダーのオレンジと青空のコントラストが綺麗ですね。
d0017039_10495175.jpg
接道が北側で、南の庭側は隣家に囲まれるため、バルコニーは凹ませてつくります。凹ませて、隣家から「引き」をとると共に、外の環境を室内側に呼び込んでいるわけです。
d0017039_10495437.jpg
2階部分の凹みは9畳分。空を切り取る中庭状の中間領域です。奥様の趣味のガーデニングでフル活用される予定。基本設計では、このスペース徐々に大きくなっていきました。
d0017039_10503867.jpg
木製の玄関ドアを開けて、中に入ると階段ホールになっています。リビングとワンルームの空間ですが、階が違ってるので、リビングのプライバシーは保たれます。
d0017039_14404604.jpg

主寝室。頭側の壁は赤い布クロスを使いました。カリンの無垢床との相性はばっちりです。正面の壁の中央下部には、階段下収納用の引戸がついてます。
d0017039_10511793.jpg
脱衣室。トイレを配置したホテル型のレイアウト。手間に洗濯機のゾーンがあります。浴室の入り口は3方枠上に合板を一枚貼って大きな上枠に見せています。何でもないことですが、白井下がり壁がなくなると、壁のラインが縦に通るので、すっきりします。床は水に強く冷たくなく掃除のしやすいクッションフロア。安っぽくならないよう、固さのあるダークグレイのものを選んでいます。
d0017039_11220882.jpg
洗面カウンターのタイル。装飾用の貝殻をモザイクタイル状にした高級タイルです。高いけど高いなりのことはある見栄えの良さ。こんな風に小面積に使うのは良い作戦ですね。
d0017039_10512475.jpg
浴室。契約段階はユニットでしたが、どうしても浴室からデッキに出たいということで、現場で在来に変更しました。浴槽はT-form、オーバーヘッドシャワーもついてます。
d0017039_10521503.jpg
書斎兼、オーディオルーム。4畳の外部デッキとつながります。引違サッシには樹脂内窓をつけて遮音性、断熱性を高めました。天井はGWをガラスクロスで包んだマットです。この部屋だけ残響短め。「完全に音がデッド(全吸音で響かない状態)になっても面白くないんですよ」とご主人。ノイズが出ないように電源も太い幹線で引いて専用の盤をつけました。スピーカーの最適配置はこれからいろいろ試してみるそうです。
d0017039_10515700.jpg
オーディオルーム北側は本棚のある書斎コーナーです。フィックスガラス部にも樹脂内窓がついています。
d0017039_10552684.jpg
入り口のドアは、GW入りの防音仕様。戸当たり部4方パッキン入りで、グレモンハンドルでがっちり気密をとります。
d0017039_10581592.jpg
2階へ。天井の高い広々したワンルーム。入隅には窓が必ずあるので、壁面はグレアが少なく明るいです。天井側に光がよく回っていることも、この写真からわかりますね。
天井勾配は1/20。天井断熱はアクリアネクスト155㎜+内部防湿層。野地は2重で天井も剛床ですから耐震性は十分。屋根通気層を確保しているので、夏場天井際に熱がこもることもありません。
d0017039_10562461.jpg
リビング側から階段方向を見返したところ。吹き抜けの手すりは、港北N邸のデザインをアレンジしたものですが、なかなかうまくできており、複数の同業者からお褒めいただきました。左手はアイプラスアイ定番の窓際ベンチ。
d0017039_10563107.jpg
階段上ってすぐの所にあるトイレ。カラフルなタイルが使われています。手洗いは赤いガラス製のボウルです。これまた奥様のこだわりどころ。

d0017039_10582626.jpg
リビングから、凹みテラス方向を見たところ。右手のミュージアムショップみたいな一角がキッチン。リビングとキッチンで中庭をL字型に囲みます。
d0017039_10583778.jpg
アイランド天板+サイドパネル+バックカウンターがサイルストーン、収納は引き出し中心の豪華なキッチン。普通はオーダーキッチン屋さん、最悪でも家具屋さんに出す方が無難じゃないかというくらいの難しい構成ですが、凄腕棟梁の狩野さん、凄腕建具の村木さんにキッチリ作っていただきました。
d0017039_10584116.jpg
法政大学構法スタジオの非常勤仲間、溝部先生にオープンハウス後、記念写真撮っていただきました。(映画のように最後にクレジットが出るのも面白し、文字通り「顔が見える家づくり」してるんだから今後やってみましょうかね)。左から、設計全般担当:飯塚、各部詳細設計+現場監理担当:熊沢、確認申請担当:中根、基本~実施模型製作+事務所検査担当:川越K邸小泉さん、ここには写ってませんが、家具基本設計:中屋(在香港)というキャストで横浜S邸の設計監理行いました。施工は大和の青木工務店、監督は斉藤さんでした。

横浜Sさん新築おめでとうございます。豊かな住環境+庭づくりを楽しんでいただけたらと思います。


by iplusi | 2016-07-03 11:25 | 横浜S邸 | Comments(0)