タグ:検討案 ( 236 ) タグの人気記事
つくばN邸01案
d0017039_19503381.jpg
新しいお仕事つくばN邸。敷地は調整区域で日当たりは良好眺め最高。01案は軒の低い切妻の前面に奥行き1間高さ1.5階分のロッジアを付けたシンメトリーのアイコン建築でご提案。

庇下のデッキは1階の床から+400上がったレベルで、内向き縁側とゾロ。2階へ至る階段は内向き縁側から上がる形になってます。デッキはGL+1mくらいになるので、基礎の残土で築山をつくり、デッキにひょいと上がれるように。中間領域のこんな工夫で、外部と内部1階と2階が滑らかに連続します。
d0017039_1950372.jpg
さらに、階段を上がった先は、北側の緑道に向かった中央の共有スペース。外回りのランドスケープを起点に、外部から内部に向かって強い軸性がつくられています。
by iplusi | 2015-06-27 19:50 | つくばN邸 | Comments(0)
横浜S邸 03~04案
d0017039_2019718.jpg
植物育てるには01案のテラスは小さすぎということで、03案は2階が北側方向にセットバックする椅子型の断面にして、南側2階に奥行き2275のテラスを確保。テラス前は全部窓に。1階南の窓は、庭に面するので素直に南向きにしました。
d0017039_20191052.jpg
こちらは、「アアルト自邸みたいな広いバルコニーも良い」というご要望から組み立てた04案。アアルト自邸のテラス平面形状に注目し、外部を引き込む感じを出してみました。
by iplusi | 2015-06-19 20:22 | 横浜S邸 | Comments(0)
横浜S邸01案
横浜S邸01案。古い住宅地の建て替え計画です。道路付けは北。2階リビングのご要望をいただいてます。
d0017039_20262840.jpg
01案は、オーソドックスな四角い建築でまとめました。箱っぽさがありすぎは窮屈なので、バルコニーは凹ませてつくり、これまたちょっと凹んだハイサイドライトと、L型に繋がる形でまとめてみました。
テラーニのカサ・デル・ファッショみたいに、壁のゾーンと窓のゾーンを明確に仕分け。壁のゾーンには、音楽室やリビングを配置してます。リビングはハイサイドライトのある明るい空間ですが、壁が多いのでソファーや大型TVなどを置きやすいのです。壁のお陰で南側隣家の視線からも守られます。
d0017039_20261264.jpg
道路側のファサード。玄関上に引き違い窓を重ねて配置してみました。風の抜けはとても良さそうですね。

d0017039_2153521.jpg
今回は、スケッチアップでいきなり形を決めてからCAD図面を書きました。間取りを決めてから外観を検討するのではなく、スケッチアップ作業で家のボリューム感を立体的に掴んでから間取りを考えているのです。01案はそのおかげで初回にしては、なかなか完成度高くまとめられたと思います。

02案は別の可能性をさぐるべく、南が全部バルコニーになった案をご提案予定です。
by iplusi | 2015-06-02 20:35 | 横浜S邸 | Comments(0)
さいたまO邸内装検討
d0017039_1371923.jpg
スケッチアップを使って内装の検討を行いました。空間のつながり表現は模型の方が数段上ですが、照明を置かなくても薄暗くならないし、色を含む内観の検討には意外と便利です。

シーンを登録すると、シーン間を補完して簡単に動画が作れるので、多方向から模型を眺める感覚で作業できます。計算も速く、さくさく動くので、プレゼンツールというより、設計ツールとして使えます。いきなりスケッチアップで設計始めるのも可能です。アイプラスアイでは、徐々にそのやり方を試しています。
by iplusi | 2015-05-12 01:38 | さいたまO邸 | Comments(0)
スケッチアップ検討@狛江W邸
d0017039_2181987.jpg
飯塚もスケッチアップが使えるようになったので、インテリアをスケッチアップで検討。階段は3次元でいきなり形状決め。とても便利です。ピアノはドイツ語のサイトから拾ってきたものですが、カワイ製です。

内観だけでなく外観もいっぺんに検討してます。
d0017039_19261171.jpg
こんな形状の案を最初検討していたんですが、形がちょっと力み過ぎだし、南東面で夏期の日射が強すぎるかなということで、再び切妻にもどしました。
d0017039_1913773.jpg
2階の中央窓はこの位の縦スリット窓にすると、意匠的にも面白いし、面積はかなり抑えられ、夏期日射もまあ、このくらいは仕方無いかなというくらいまで抑えられます。庇の鋭角と、屋根のトンガリも仲間にみえていい感じ。

ちなみに日射量の計算は、下記のように検討しました。
d0017039_2085479.jpg
JWCADで太陽の高度と方位角を調べ(上図は立春、下図は夏至。実際は日影図ではなく表を出力して検証してます。)、庇や袖壁の影を作図。同時に、高度と方位角を組み合わせ、ガラス面に対する太陽の入射角を調べて・・・
d0017039_2085921.jpg
ガラスメーカーのカタログにプロット。時間別の透過率を調べ・・・
d0017039_2085647.jpg
夏至における南東面の日射量に上記を掛けて計算しました。

業務連絡Wさん:ドロップボックス、他のスケッチアップデータと同じところにいれてあります。移動して眺めてみてください。
by iplusi | 2015-04-18 02:20 | 狛江W邸 | Comments(0)
板橋T邸03案 家相と屋根形状の検討
d0017039_1732630.jpg
今回は、屋根の形状を比較検討をしてみました。上の写真、左右の模型は全く同じ間取りで、屋根形状だけが異なっています。同じ平面でも、屋根の架け方というのは、複数あり得るんですね。今回はその中でも、左右対称なオーソドックスな物を選んでいます。
d0017039_1732211.jpg
切妻の方は奥行きの深い袖壁の上に屋根が乗ってくる、矢印型の立面です。かなり袖壁が出ているので、実際はもっと陰影のある、彫りの深い表情になると思います。
by iplusi | 2015-03-31 17:54 | 板橋T邸 | Comments(0)
元住吉M邸 認定低炭素住宅技術審査終了
d0017039_18502147.jpg
元住吉M邸は確認申請が無事終了。

指定確認検査機関の認定低炭素の技術審査も終了したので、引き続き川崎市役所に低炭素の認定申請書を提出しました。これで、工事着手は可能。役所から認定通知書というのが出て手続きは一式終わりになるそうです。

この低炭素住宅の認定通知書があると、住宅ローン減税の枠が拡大。住宅ローン減税を利用しない場合でも投資型減税が使えるようになります。自動的にフラット35sも利用できますし、エコポイントももらえます。ざっくり言えば、長期優良住宅と同じようなメリットが得られる制度です。

私達はフラット35sや住宅性能証明書の申請にも精通していますが、認定低炭素の申請は、なかなか大変でした。低炭素の作業を担当した熊沢いわく、「後の変更がめんどくさいしお金もかかるので、サッシ、ガラス、断熱材はもちろん、エアコン、床暖、給湯器、浴室、照明などを早い段階で決めなくてはならず、その資料集めやお施主さんとの調整が大変でした。フラットの申請より大分厳密な資料や計算を要求されます。」とのこと。

フラット35sやエコポイントだけなら、申請は簡単ですし早く安く済みますが、ローン額が大きい方、収入がある程度高い方などで、節税期待できる場合は挑戦してもいいかもしれません。
by iplusi | 2015-03-23 18:54 | 元住吉M邸 | Comments(0)
さいたまO邸基本設計終了
d0017039_0283958.jpg
さいたまO邸基本設計完了。目隠し腰壁なども検討しましたが、当初予定通り、ボートハウス風立面を死守。外側はガルバ、へこみの中を全部木製というルールを厳密に適用すべく、デッキ用の柱梁はヒノキでつくることにしました。
d0017039_1848144.jpg
これはシルバーグレイ木部(ウッドロングエコ塗装?)+ライトグレイ系ガルバのバージョン。
d0017039_175186.jpg
上の2つは同色系でまとめましたが、逆にコントラストをつけるとどうなるでしょう。ライトグレイガルバに素地(キシラデコールやすらぎ塗装)のレッドシダーを合わせたケース。まとまってるし悪くはないけど、なぜかアイスやチーズなど乳製品売ってるお店の感じ。素地をペンキに置き換えると、クレープ屋っぽくなります。軒天や袖壁を白くするこのやり方は輪郭がはっきり出るけど、アーリーアメリカンっぽい様式臭を出さないようにするのは結構難しい。
d0017039_175598.jpg
なので、コントラストをつけるなら、焼杉や古木を部分的に白ペンキで塗ったようなイメージの方がよさそう。益子のスターネットみたいなニュアンスで。入り隅でなく出隅で材を切り替えるとシャープ。古いのか新しいのか良くわからない感じが出ると楽しそうです。
d0017039_1517563.jpg
外側黒ガルバのまま、アクセントとして木の色を使う方法もありますね。この場合もできるだけ材料出隅切り替えになるように。
by iplusi | 2015-03-22 00:30 | さいたまO邸 | Comments(0)
板橋T邸02案
d0017039_23364349.jpg
板橋T邸02案。全体形状は前回案を踏襲。2階リビングのまま、玄関位置を西面に移動。階段の上がり方を90度回転させました。1階南側は3室の個室窓がならぶ間取りです。

ご要望を受け、1階トイレは単独室に、クロゼットは家族共用のものをしっかり確保。通り抜け型のシュークロークスペースも設けました。
2階は洗濯専用のテラスを設けました。階段方向が変わったことで、リビングダイニングとテラスの関係が強くなりました。

前回案とは一長一短あるので、何を優先するかで間取りは変わってきそうです。
by iplusi | 2015-03-13 23:46 | 板橋T邸 | Comments(2)
さいたまO邸 妻面窓の検討
d0017039_12375792.jpg
妻面の窓をどうするか検討中。窓は1つなのか、2つなのか、3つなのか。デザイン上のキモなので、内部からの要求だけでなく、外観の見え方も考えなくてはいけません。もちろん好みもあるから、難しいところですが。
なかなか決めかねるので、堺正章の料理番組のように、過去の巨匠たちを参照してみましょう。
d0017039_12493766.jpg
私の師匠、大高正人の1962年の作、片岡農協。屋根はシンメトリーな切妻だけど、妻面内の窓はアシンメトリー。3階レベルの目みたいなところと、2階右手横スリット表現が効いています。とても現代的ですね。
d0017039_1331219.jpg
師匠の師匠、前川國男自邸、1942年。江戸東京たてもの園にあるから、皆さんよくご存知ですね。南面はぼっこりと凹ませています。家形に凹ませれば、造形的にはまとまりやすいと思いますが、わざわざ、凹ませた部分に平らな天井をつくってるのが面白いところ。内観を優先したのか、あるいは日射しをきちんと遮りたかったのか。
d0017039_13521460.jpg
同北側アプローチ側立面。南側のヴォリュームが押し出されて、こっちが出っ張ってきてるという風にも見えますね。窓と雨戸をカーテンウォールのように処理しています。
d0017039_1310191.jpg
師匠の師匠の師匠、ル・コルビュジェも、若かりし頃には切妻がありました。これは、1907年、二十歳の頃に設計したと言われるジャクメ邸です。2階も小屋裏階も、窓を3回繰り返す古典的な表現を採っています。
d0017039_18334710.jpg
さらにル・コルビュジェの師匠、ペーター・ベーレンスの建築。1907年。装飾などはサン・ミニアート・アル・モンテとか、サンタマリア・ノヴェッラなどのルネッサンス建築のようですが、浮き上がったピロティ表現は、古代ローマ、ギリシャの神殿建築を参照したのかも。1、3、5の奇数割になっています。
by iplusi | 2015-02-28 12:42 | さいたまO邸 | Comments(5)