タグ:検討案 ( 232 ) タグの人気記事
軸組みCG @新潟T邸
d0017039_01232993.jpg
オガスタ新潟とのコラボ、新潟T邸。在来木造ですが、スキップフロアで屋根はツーバイっぽい、やや特殊な架構になるので、スケッチアップが得意な新人、須貝君に軸組みCGをつくってもらいました。CGだとすぐ直せるし、部材ごとに色が変えられて便利ですね。
同時進行で、仕上げのCGも作成してます。人体のデッサンをするときに骨や筋肉を意識しながら描く感じに近いでしょうかね。
by iplusi | 2016-04-26 01:33 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
新しいお仕事@町田
d0017039_14471561.jpg
町田K邸01案。新しいお仕事です。敷地は北側は公園で、道路付けは北と西の角地です。南側に隣家が迫るので、南上がりの片流れ屋根とし、ハイサイドライトで採光する形式を検討。眺めのいい北側は軒をさげて横連窓で風景を取り込み、西方向は角地の特徴を生かす台形窓で家の顔をつくりました。
d0017039_14471523.jpg
敷地は50坪以上あってそこそこ広いのですが、こんな具合に不整形。Kさんが仕事で使う車2~5台の駐車スペースを求められているので、建物を真ん中に置いて両脇を駐車スペースとしました。残りの建物南の三角の部分が庭になります。凹み型のバルコニーを庭に向かって確保しました。
d0017039_14471534.jpg
上の写真は北側の公園。下の写真は南側の隣家です。
d0017039_14471537.jpg
ちなみにKさんは、世田谷Sさんご主人の先輩で、土地探しの段階からいろいろ相談いただいています。

by iplusi | 2016-04-16 02:25 | 町田K邸 | Comments(0)
飯能K邸 スケッチアップ+手描きスケッチ
4/3、飯能K邸、基本設計打ち合わせ。
d0017039_20523774.jpg
飯能K邸、1階は部分的に40cm高いところと40cm低いところを作る案で落ち着きました。
d0017039_20215873.jpg
Kさんの奥様が作成したスケッチアップデータ。なんと、家具も入力されていたので、家具についても打ち合わせ。スケッチアップデータを確認しながら、やりたいことをヒアリング。
d0017039_20220147.jpg
その場で手書きスケッチして、イメージ確認しました。これは脱衣室です。脱衣かご上のガラス開口から、谷側の風景が見えるかどうかを議論。洗濯機は国産か外国製か、それによる納まりの違いなどを確認しました。
d0017039_20220204.jpg
これはキッチンとキッチン隣のたまり空間についてヒアリングしながら描いたスケッチ。珍しく鉛筆で書いたので味がないですが。コンベックスで寸法を測りながら、「ワゴンサイズはこのぐらいだと重すぎて動かしにくそうですねえ」など言いながら描いています。打ち合わせ中に、こんな風に描くとイメージが共有しやすいです。


by iplusi | 2016-04-03 20:38 | 飯能K邸 | Comments(0)
オガスタ二新潟コラボ 第1回プレゼン
d0017039_23434726.jpg
オーガニックスタジオ新潟とのコラボ企画、3/26、建主Tさんに対する第1回目のプレゼン完了しました。今回は前回ヒアリングの時とはガラッと変えて「新潟らしい建築とは?」ということを一つのテーマに据えてご提案しました。

屋根は4寸勾配の切妻。4方向に軒を出します。エコ住宅というと東西に妻面を持っていくのが定番ですが、敷地が狭いので北側道路に雪が落ちると危険。あえて南北に妻が向くように屋根をかけました。雁木状ピロティ上部に軒の低い妻面が浮かぶ北側は、象徴的な中央の窓以外は壁にして道路からの視線をブロック。西面公園側は、逆にバルコニーと横連窓で、端から端まで窓にしています。

外壁は杉板ウッドロングエコ塗装と焼杉のツートンカラー。焼杉と黒っぽいサッシで色を同化させ、樹脂サッシのごつい表情を和らげるとともに、材を出隅で切り替えシャープさを出すことを検討中です。
d0017039_23435380.jpg
間取りは2階リビング型。中二階に水回り、中三階に子供部屋を配置したスキップフロアです。

屋根の断面構成もオガスタさんと相談。1月上棟予定かつ過大なコストアップをさけるため、この模型のように、充填断熱+付加断熱で3尺ピッチの登梁を見せる作戦は、ひとまずあきらめたのですが、新しく開発したとっておきの方法で、構造と意匠を兼ねた天井面をつくることを考えています。詳細はまだ秘密にしておきますが、デザイン的にまとまりにくい寒冷地の勾配天井の可能性を広げる、なかなか優れたアイデアだと思っています。
d0017039_01403170.jpg
断面は土間を含めると、5つの床レベルがあるスキップフロアです。明治村の東松家住宅のように、思いがけない部屋と部屋がとつながる複雑な構成になっています。1.5層の吹き抜け部はユーティリティ。上階から日差しが入る室内干しスペースです(新潟は夏も湿度が高いし冬は陽がささないということで、室内干しスペースは必須なんだそうです)。

d0017039_22353243.jpg

今回このプロジェクトでは、設計事務所工務店のコラボという特徴を生かし、技術分野も積極的に意見交換しています。

オガスタさんの得意分野、断熱省エネや自然素材の取り扱いなど、オガスタの仕事の流儀を集中的にレクチャーを受けつつ、デザインについても意見をもらい、私たちの方でもオガスタ仕様の生かし方、構造、構法を提案していくという、刺激的なやりとりが行われています。まさに絵に描いたようなコラボレーションですね、笑。

左の表は、屋根の構造をi+iで検討した表計算です。
新潟市内は東京の人間が考えるほど雪は多くありませんが、それでも建築基準法の積雪は1mの荷重をみないといけません。応力度やたわみの検討は、①平常時長期、②積雪時長期(積雪荷重210kg)、③積雪時短期(積雪荷重300kg)の3種で決める必要があります。意匠を完全にコントロールするには構造の把握が不可欠なので、表計算で簡単に検討できるようにしたわけです。


次回打ち合わせは4/30。大方針は今日決まったので、次回は外観、窓、間取りをフィックスする予定です。

by iplusi | 2016-03-27 00:51 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
飯能K邸03案 付属棟の検討
d0017039_17035768.jpg
飯能K邸03案。敷地内にお施主親御さんの家を別棟で建てる形を検討しました。切妻がその付属棟ですが、主屋腰折れ屋根の急勾配部分を反転。切妻にして軒先の高さをそろえています。150㎡の敷地面積の最低限度や、分割敷地ラインからのセットバックなどはクリアできそうなので、ひとまず主屋の設計を進めていきます。
d0017039_17040112.jpg
主屋のクローズアップ。外観は01案を踏襲しましたが、南東側隣家の影になりそうな部分は腰壁付きの窓に変更。水回りの位置などは、日当たりを意識してガラッと変えています。

by iplusi | 2016-03-21 17:15 | 飯能K邸 | Comments(0)
飯能K邸01案
d0017039_18204020.jpg
飯能K邸01案。本来は平屋にしたいけど、コストがかさむとということで、1階と2階の面積比を2:1にする部分2階建てでご提案。2階からも谷方向の眺望が楽しめるように、北海道牧場風の腰折れ屋根を、あえて長手を妻にして架けてみました。腰折れ屋根は「昭和住宅」というリクエストを意識していますが、横に引き伸ばされた伸びやかなプロポーションで、現代的な印象を出せればと思っています。

一発目から、とても気に入っていただいたのですが、近い将来、親御さんが移り住むかもということで、02案は100坪の敷地に2棟建てる案をご提案予定です。用途上可分の建築となるので、確認申請上は敷地分割して2棟の建築物を建てる方が自然。それぞれの敷地に対し敷地面積の最低限度がかかり、各々の建物が分割線からのセットバックの規制を受けることになりますが、はたして敷地内に、うまく納まるでしょうか。

ちなみに、アクセサリーデザインもされる奥様のホームページはこちら↓。
かわいらしいアクセサリーの数々が並んでいます。ぜひご覧ください。

by iplusi | 2016-03-05 18:29 | 飯能K邸 | Comments(2)
横浜T邸04案
d0017039_21112676.jpg
横浜T邸04案。南東側は1階引違と2階フィックス窓、南西側は2階テラス部窓とハイサイドライトを組み合わせ、終日吹き抜けに光が落ちるように。また、子供部屋ロフトは吹き抜け上部に設け、層の数を2=2階扱いにして、窓面積や天井高の規制が外れるように計画しました。
外観はくっついた窓表現のルールが感じられるので、改めて見ると、一階右側の引違窓が仲間はずれで気になりますが、全体像としては、さわやかで知的な感じにできてますね。

次回は01案から04案をいいとこどりした案を作成予定。単純な切妻ですが、ご要望はいろいろ増えつつあるので、プランニングは決して簡単ではありません。次回も頑張ります。


by iplusi | 2016-02-25 21:24 | 横浜T邸 | Comments(1)
横浜T邸01案
d0017039_18403953.jpg
新しいお仕事、横浜T邸01案。道路付けは北西。向かって左側に一種高度がかかりますが、左右対称にしてシルエットを整えました。2階のセンターの小さなバルコニーが、彫りの深い表情をつくります。
d0017039_18404112.jpg
リビングはダイナミックな吹き抜け空間でご提案。南西側を隣家に遮られるので、南東向き2階の大窓からも光を落とすように計画しました。


by iplusi | 2016-02-02 19:36 | 横浜T邸 | Comments(0)
国立S邸03案
d0017039_15273340.jpg
03案は1~2階階段と、2階~ロフト階段を上下に重ね、中央に配置したスキップ案でご提案。切妻は01案から変わっていません。ただ軒はちょっと出す形。妻面の壁や屋根は薄く見せます。妻面の窓割りはアシンメトリーに。
d0017039_15244272.jpg
玄関、玄関上部のフィックス窓、スリット窓をL型につなげる表現を検討中。
by iplusi | 2015-10-27 15:24 | 国立S邸 | Comments(0)
国立S邸01案 
d0017039_11540873.jpg
新しいお仕事、国立S邸01案。敷地は間口約6.8mで、南北に細長い形。接道は南西と北西。建ぺい40%、セットバック1mだから周囲も比較的ゆったりしています。切妻がお好みということで、01案は、高度斜線を意識したシンプルな切妻形状でご提案しました。
d0017039_11540861.jpg
隣地及び道路からセットバックすると、間口は最大2間半。2階リビングで間口いっぱいの開口にしてます。間口方向から、道路向かいの集合住宅の庭を借景します。
d0017039_11540869.jpg
細長い建物ですから、長手方向の見通しを最大限に利用。高窓でプライバシーにも配慮します。視線と風が通り抜ける気持ちのいい家ができそうです。


by iplusi | 2015-09-28 12:08 | 国立S邸 | Comments(0)