タグ:検討案 ( 233 ) タグの人気記事
葉山Y邸01案 クサビ型の平面
d0017039_1742883.jpg

緑豊かな葉山の傾斜地に、オフィス併用住宅を建てる新しいプロジェクトが始まります。敷地は60坪あって眺望は抜群。しかし地型は3角形、道路際は30度の法面、平らなところはほとんどありません。加えて、宅造法規制や地区計画もかかり、軒高は7mに制限されるという、がんじがらめの法条件です。傾斜地なので偏土圧対策が必要で、背後に山を背負ってる関係で、湧水対策も必要な難しい土地。

さて、3角形の傾斜地に、どう建てるべきかあれこれ考えますが、四角形の組み合わせでは、どうにもスッキリおさまりません。なんとなくいけそうな気がしたのは、手前が大きく、奥が狭いクサビ型の平面。道路側の眺望や日照が得られる部分は広く構え、敷地が狭くなる部分は無理せず間口を絞ってしまうというアイデアです。

7mの軒高制限を踏まえて考えてれば、建物は自ずと階段状になります。セットバックした屋上部分には展望を楽しむテラスができます。

トライアルの作業の中で、建物の姿がおぼろげながら見えてきました。
by iplusi | 2006-07-06 17:01 | 葉山Y邸 | Comments(7)
多摩N邸 07案  「図」と「地」
d0017039_1549166.jpg不整形地では、土地の形状に合わせた建物形状にするというが定石。しかし、コストの制約があるときは、全くつきあわないというのも作戦の一つ。屋外の諸要素を過不足なく配置して、

d0017039_15491849.jpg「地=ground」と「図=figure」の両方がうまくいくように、その関係を調整します。建物の窓は、groundの植栽を意識しながら配置。この場合、建物と外構は同時に設計することになる訳です。

d0017039_15493620.jpg南側は西部劇風の縁側空間に。東側の緑道には桜が咲くとのことで、来春が楽しみです。
東からみると2つの直方体の相貫体にみ見えるように形を整理しました。
by iplusi | 2006-03-26 15:49 | 多摩N邸 | Comments(15)
西船橋U邸設計状況
ウナギの寝床の西船橋のU邸。難しすぎで、手こずってます。木造ラーメンはとりあえず断念。基準法通りじゃ悔しいから、有限要素法で解析し、7.5倍の耐力壁を使って、短辺方向の壁をできるだけ少なくするように計画中。
d0017039_2131172.jpg

by iplusi | 2006-03-12 21:33 | 西船橋U邸 | Comments(0)