タグ:検討案 ( 244 ) タグの人気記事
オガスタ新潟コラボ第二段
昨日9/23土曜日はオ-ガニックスタジオ、i+i設計事務所のコラボ第二段、新潟K邸の打ち合わせでした。お施主さんには大変に喜んでいただき、2回めの打ち合わせで基本方針はほぼ固まりました。
d0017039_17264999.jpg
庭がある程度広く、メインフロアにグランドピアノを配置することが決まっているので、1階リビングが自然です。そこで、坂倉さんの飯箸邸のような非対称な切妻のボリューム構成を採用しました。先日の記事でも明らかなように、1階より2階が小さいとき、このボリューム構成は外壁面積を比較的小さく抑えられる、合理的な形状なのです。
落雪を考慮して、道路に対しては妻面を向けます。東側(向かって左)隣は新潟では珍しい3階建てだから、こちらも背を高く。
d0017039_17264853.jpg
反対に隣地がオープンスペースとなっている西側は、平屋並みの低い軒としました。東下がりの大きな屋根面となりますが、ちょうど東側には細い水路があるので、雪が落ちても大丈夫。玄関と南側は、それぞれボリュームをそれぞれ欠き取った半外部空間をつくったので、屋根は翼を広げたような感じに見えてます。
d0017039_17264824.jpg
南側は隣家の影のできにくい東寄りに窓を集めました。西寄りは地面から約1m上がったデッキスペースです。
d0017039_17264840.jpg
西側中央一階のリビングは、グランドピアノのある吹き抜け空間です。平屋側の吹き抜けにピアノを置く構成はレイモンドがカニングハム邸でやっています。加えて、今回の計画では、コンサートホールのように、各階の様々な場所からピアノを眺められるようになっています。
d0017039_17264874.jpg
ピアノ側から見た風景。勾配屋根の先にはトップライトを配置しました。教会のように様々方向から光が射す空間になっています。
by iplusi | 2017-09-24 17:56 | オガスタコラボ2 | Comments(0)
千葉寺N邸05案
d0017039_22560744.jpg
千葉寺N邸05案。計画の主方針がまとまりました。
東側の立面は、シンメトリーにするしない、ピロティ形式復活するしない等も含め再検討。Nさんと試行錯誤の結果、結果的にドシンプルな表情になりました。外壁は吹き付けで濃い目のサンドカラー。ジョージア・オキーフ美術館とか、スターウォーズの砂漠シーンに出てくる建物とかのような色合いでどうでしょう、とご提案。
d0017039_22560773.jpg
南側は下向きコの字のゾーンに窓をまとめる計画です。
d0017039_22560771.jpg
玄関ホール見上げ。玄関すぐの部分は吹き抜けているので、2階南の光が1階まで降り注ぎます。
d0017039_22560760.jpg
DK部分。キッチンは壁向きで、大型の机を配置する作戦はどうかなあ、と考えています。
d0017039_22560625.jpg
ダイニングから、東方向を見たところ。センターのコアにはトイレを入れます。トイレの北側は、冷蔵庫、食品庫、食器のコーナー。
d0017039_22560769.jpg
リビングから、南方向を見る。南側は間口いっぱいに窓を設置予定です。

by iplusi | 2017-09-10 23:14 | 千葉寺N邸 | Comments(0)
総2階+部分平屋の外皮面積・コスト比較
i+iでは、熱的にもコスト的にも有利だし、2階リビングの採用も多いことから、ある程度家が密集している都心では、総2階を基本とすることがほとんどです。

でも、郊外では1階:2階の面積比を2:1とか5:3とかにしたくなることがよくあります。具体的な間取りで言えば、1階はLDK+風呂・トイレ+和室、2階は個室3つ+トイレで、4LDKといったよくある構成にすると、大体そんな面積比になります。では、そういった2階が小さい家はどのようなボリューム構成にするのが熱的、コスト的に一番有利なのでしょうか。CGで検証してみました。
d0017039_13441816.jpg
5寸勾配切妻屋根、3間☓5間の総二階、30坪のボリュームに、10坪の平屋をプラスして40坪にする形を考えました。比較したのは、「切妻屋根の長辺方向を葺き下ろすタイプ」と「切妻の短辺に平屋を付加するタイプ」の2種類です。

プラスした床面積(緑)は10坪で同じ、屋根勾配同一としたので、屋根の面積(水色)も変わりませんが、壁の面積は大きく変わります。「葺きおろしタイプ」は増えた壁面積(黄色)58平米、減る外壁面積45平米で、実質13平米の外壁面積増(オレンジ色)になるのに対し、「付加タイプ」は増えた壁面積(黄色)59平米、減る外壁面積21平米で、実質38平米の外壁面積増(オレンジ色)となります。

結局、外壁の面積の差25平米。床断熱、窓やや多め30平米樹脂サッシ、壁105GW、屋根200GW、というアイプラスアイではありがちな構成でUa値ざっくり試算したところ0.007しか変わらなかったので、Ua値の差は思ったほどなし。

でも、壁面積が25平米も違うのだから、コストの差は数十万ということになりますね。付加断熱などするなら、なおさらコスト差はでできそうです。もっとも、どのような形にできるかは敷地形状で決まってくることがほとんどでしょうから、両方の形が取れることはむしろ稀な気もしますが。

意匠的に見た場合は、「葺きおろしタイプ」はレイモンドのカニングハム邸のように吹き抜けの演出がしやすいし、「付加タイプ」は桁行面が南なら集熱面が取りやすいなど窓位置の自由度が高い、ということは言えると思います。

by iplusi | 2017-08-22 13:18 | オガスタコラボ2 | Comments(0)
千葉寺N邸04案 
d0017039_11443857.jpg
千葉寺N邸04案。今回は「間口3.5間☓奥行き4.25間」だった平面のプロポーションを、「間口3間☓奥行き5間」の王道プロポーションに変更した案を試します。「シンプルなのが好み」ということで、道路側ファサードは、前回03案のハンマーヘッド型立面のまま、上下分節表現にしてみました。全体のシルエットは、細身になって大分綺麗になりました。
d0017039_11443817.jpg
2階の左手ダイニング部分は、腰高の窓にしてレイアウトの自由度を増す形に。キッチンカウンターは壁向き、アイランドは作業台とテーブルを兼ねる国立S邸方式のキッチンをご提案しましたが、間取りの方程式「止まり木方式」の大テーブル置くプランもできそうです。
1階左手主寝室の窓は、高窓方式でプライバシーを保ちつつ室内干しに対応。
d0017039_11443829.jpg
間口が狭くなったので、縦スリット窓とバルコニーが近くなりました。今回は三宿N邸のように、バルコニ上にプチロフトがある案をご提案。ワンルームの室内に、バルコニの箱とトイレ食品庫の箱が2つ置かれた感じにまとまっています。
d0017039_11443927.jpg
1階は松戸N邸や国分寺T邸のように、北側中央に水回りコアを配置する形をご提案しました。玄関ホールに面する部分が少なくなるのでWICの入り口は主寝室からのアクセスになりますが、この模型の通り、階段も階段をスケルトン方式にすると、家の奥まで見通せ、大分広く感じられるようになりそうです。また、2階南窓から降ってくる光の恩恵を1階のどこにいても感じられるはずです。
d0017039_14175576.jpg
これは打ち合わせ中に相談した非対称イメージ(下図の30秒スケッチ)をCG化したもの。i+iならではの可愛らしい顔になるし、見通しのいい方向の壁がなくなるので、敷地状況に合ってると思いますが、あとはNさんがどう考えられるかですね。
次回打ち合わせは3週後。非対称のファサード含め、いろいろな可能性が網羅されましたので、収束に向けて方針をまとめていただくことになっています。
d0017039_14454371.jpg

by iplusi | 2017-08-21 12:14 | 千葉寺N邸 | Comments(0)
キッチン収納量の検討
私たちは、毎度違うキッチンをオーダーで作ります。内容は建主さんと密に打ち合わせしながら決めることになるのですが、本当に収納が足りているのか、本当に使いやすいのかどうかというのは、なかなか判断しにくい問題です。
でも、標準解を調べれば、少なくとも普通に使いやすいキッチンの収納量がわかるはず。CGで描いてみました。
d0017039_01520937.jpg
まず描いたのは、芯芯寸法2730*2275の内法に納まる典型的なI型キッチンです。カウンター上部には吊り戸棚があって、背後には食器棚と冷蔵庫が並ぶ構成です。背後の食器棚は奥行き650とっても大丈夫ですが、奥行きが深いと使いにくいので、450の奥行きとしました(なので通路幅は冷蔵庫の前を除き若干広めの設定になっています)。
d0017039_01521466.jpg
前後分かれていると、収納量がわかりにくいので、正面と背面を一列に並べてみます。黄色系は食器食品。水色はシンクとそれに関連する鍋ボウル類など。オレンジは加熱機器周辺のもので、コンロ、フード、調味料、フライパン類です。これで一通りのものは収まりそうです。ここで大事なのはシンク下がオープンになっていること。このスペースが無いとゴミ箱が通路を塞ぎます。また、最近の大型化する電子レンジの置き場も問題です。食器棚中央にオープンゾーンがあるのでうまく置けていますし、その他家電も電子レンジ隣に十分置けそうです。
ただし、食器食品用の収納のうち、巾木部分と、手が届きにくい1800より上の部分(黄色っぽいグレイで表現)は収納として、うまく使えていませんから、たまに使うおひつや重箱以外は死蔵品置き場になるはず。
d0017039_01524120.jpg
色ごとに分類するとこんな感じです。黄色部分はおよそ見付け1.5畳分くらいになりました。無理に死蔵品置き場作らなくても、断舎離して本当に必要な分だけに整理すればこのくらいで済む方が多い気がしますがいかがでしょうか。まあ食器・食品の量は人それぞれですから、足りなそうな方は設計者に必要量を伝えたほうがいいですね。
d0017039_01525069.jpg
以上を踏まえて、特殊なキッチン形状の収納量を調べてみます。これはI型キッチンに変形のアイランドがつくキッチンです。冷蔵庫や電子レンジはアイランドカウンター裏に隠しています。結果、収納量としては標準解程度は取れたのですが、食器棚がほぼキッチン外側のゾーンに配置されることになりました。食器を出してから調理をはじめればなんの問題がないという気もしますが、一般的にはやや使いにくいと判断されることになりますね。冷蔵庫部分のボリューム感も気になるところ。
d0017039_01524703.jpg
こういうタイプはどうでしょうか。一見ダメそうに見えますが、一つの通路にすべての要素が並びますから、使い勝手はI型と同じ。上記のタイプより圧倒的に使いやすいいキッチンということになります。メインカウンター下に電子レンジと食洗機納めてあり、背後の収納量も十分です。背後の食器棚の中間部には家電もたっぷりおけます。稲毛S邸はこの形をベースに進めることとなりました。
by iplusi | 2017-08-10 02:38 | 稲毛S邸 | Comments(0)
妙蓮寺T邸 道路関係の整理
d0017039_18261316.jpg
妙蓮寺T邸は勾配のきつい2項道路と平面L字型の位置指定道路に接道するのですが、2項道路はクランクが2箇所あってまっすぐではなく、位置指定はとても古く位置が曖昧、勾配もあるため、それらの関係が非常に微妙です。その線形を把握しないと確認申請が出せません。狭隘協議で2項道路の方はようやく少し見えましたので、次は位置指定道路の現況を測量会社に依頼して出してもらうことになっています。
d0017039_18261317.jpg
南東方向から見た景色です。既存擁壁は壊さざるを得ないので、深基礎形式で高低差処理します。だだ、結構大きな面となるので、仕上げが難しいですね。一般部外壁は、木の部分とつるっと白くする部分の対比で見せる作戦も面白いかなと思っています。

by iplusi | 2017-07-25 18:47 | 妙蓮寺T邸 | Comments(0)
千葉寺N邸01案
d0017039_15513879.jpg
新しいお仕事、千葉寺N邸01案。敷地は40坪で道路付けは東。車は1台だけど来客用でもう一台というご要望です。地名の通りお寺の多いエリアなので、01案は切妻で軒をきちんと出す計画としました。1種高度斜線(千葉市は5m+1.25L)はかかりますが、北側は境界線から目隠し請求権を行使されない程度の離れを確保して、斜線をギリギリかわします。

 南側に隣家が迫るので2階リビングとし、2階を集熱面に。大窓の光は吹き抜けから下階に落とします。
道路側はピロティ+中心の真四角窓で、きちんと真面目なファサードをつくりました。02案はも少し東西に長くして、シンメトリーを崩す予定です。

敷地は師匠の代表作、千葉県文化会館のすぐ近く。Nさんからメールでご連絡頂いた時、開館50年のシンポジウム(7/9)で千葉文化行くことになっていたので、Nさんとは文化会館で待ち合わせ。その足で現地視察、昨日トライアルご提案と、流れるように進んでいます。私が大高事務所ではじめてやった仕事は、実は千葉寺駅駅前の歩道橋やシェルター。ということで四半世紀ぶりの千葉寺ですが、何か、ただならぬ縁を感じますので、楽しんで設計したいと思います。


by iplusi | 2017-07-24 16:48 | 千葉寺N邸 | Comments(0)
荻窪K邸 見積調整終了
d0017039_18045684.jpg
荻窪K邸、吉田工務店との見積調整終了。特命ですが、数量はi+iで鉄筋までガッチリ拾い、増減表を作成。01案で想定していた概算額にほぼ合わせて頂きました。基本設計案は当初想定していなかったスキップフロアもあるし、防火APW330、防火APW331を採用できてるので、ひとまず上出来だと思います。お金の決着がついたので、これから確認申請作業に入ります。
外観イメージも先程相談。1階は縦で凹凸のある張り方の方いいのでは?というご意見頂いたので、CG修正してみました。凹凸ある場合は駐車場奥も木にしたほうが自然な感じがします。
d0017039_17461570.jpg
中からハイサイドライトを見るとこんな感じです。オレンジの部分(便宜的に色つけてます)が勾配屋根です。
by iplusi | 2017-07-08 17:59 | 荻窪K邸 | Comments(0)
妙蓮寺T邸04案
d0017039_16501063.jpg
妙蓮寺T邸04案。切妻で眺望のいい方向のコーナーに窓を設けるのは相変わらず。今回はペントハウスに階段で上がる形式を検討し、部屋の配列がほぼ決まりました。
一方、道路沿いの擁壁は高価なので、深基礎形式で対応することに。深基礎なら4号木造で確認申請提出が可能です(横浜市調べ)。
d0017039_16501011.jpg
お施主様はプロなので、ご要望もプロ級。前回案については、びっしり赤ペン添削頂きました。03案の骨格を生かすとご要望通り解けないので、1階の主要動線を東西向きから南北向きに変え、建物中央に階段、廊下を配置しました。
d0017039_17062944.jpg
1階中央南北動線はこんな感じです、1階のすべての部屋は、この大通りに連結されています。2階からペントハウスへ至る階段は、この1階から2階への階段の直上に配置しました。つまり、動線は建物中央ゾーンに全部集まっています。写真左手は子供部屋。建具を開放すると、この大通りと一体利用可能です。
d0017039_16501058.jpg
上空から手招きするペントハウスの光。この2階LDKは、間取りの方程式「フレーミングの法則」通りに3方向から光を導入します。
d0017039_16500981.jpg
ペントハウス形式の場合、階段部は他の部分から突出させないといけないそうです(確認機関調べ)。なので階段吹き抜け上部は、屋根を他の部分より、ちょっとだけ高くしています。


by iplusi | 2017-06-27 17:20 | 妙蓮寺T邸 | Comments(2)
荻窪K邸 基本設計案
d0017039_15392287.jpg
荻窪K邸基本設計案。外観はドーマー窓の幅が構造に合わせて少し広くなり、間取りは2階LDKかつ2階浴室で収束しました。南2階の窓は2200Hのシャター付き引違いが3つ並びます。1階の外壁は木の予定。つまり、①木の外壁、②間口いっぱいの大窓、③屋根が層状に重なってくるわけです。
d0017039_15392378.jpg
2階は吹き抜けを挟んでリビングとダイニングの床を40cmスキップさせています。奥の明るいところはキッチンです。隣家のオープンスペースめがけて、積極的に風を抜くイメージ。
d0017039_15392260.jpg
切り妻の最頂部を小屋裏にする計画です。小屋裏の床は金物工法などで薄く表現する予定。
d0017039_15392225.jpg
小屋裏収納の床は梁見せ仕様ですが、JBNルールで省令準耐火もクリアします。右手、南方向からの光が強いので、左手奥はトップライトで光を補います。

by iplusi | 2017-06-04 15:59 | 荻窪K邸 | Comments(0)