タグ:検討案 ( 239 ) タグの人気記事
妙蓮寺T邸 道路関係の整理
d0017039_18261316.jpg
妙蓮寺T邸は勾配のきつい2項道路と平面L字型の位置指定道路に接道するのですが、2項道路はクランクが2箇所あってまっすぐではなく、位置指定はとても古く位置が曖昧、勾配もあるため、それらの関係が非常に微妙です。その線形を把握しないと確認申請が出せません。狭隘協議で2項道路の方はようやく少し見えましたので、次は位置指定道路の現況を測量会社に依頼して出してもらうことになっています。
d0017039_18261317.jpg
南東方向から見た景色です。既存擁壁は壊さざるを得ないので、深基礎形式で高低差処理します。だだ、結構大きな面となるので、仕上げが難しいですね。一般部外壁は、木の部分とつるっと白くする部分の対比で見せる作戦も面白いかなと思っています。

by iplusi | 2017-07-25 18:47 | 妙蓮寺T邸 | Comments(0)
千葉寺N邸01案
d0017039_15513879.jpg
新しいお仕事、千葉寺N邸01案。敷地は40坪で道路付けは東。車は1台だけど来客用でもう一台というご要望です。地名の通りお寺の多いエリアなので、01案は切妻で軒をきちんと出す計画としました。1種高度斜線(千葉市は5m+1.25L)はかかりますが、北側は境界線から目隠し請求権を行使されない程度の離れを確保して、斜線をギリギリかわします。

 南側に隣家が迫るので2階リビングとし、2階を集熱面に。大窓の光は吹き抜けから下階に落とします。
道路側はピロティ+中心の真四角窓で、きちんと真面目なファサードをつくりました。02案はも少し東西に長くして、シンメトリーを崩す予定です。

敷地は師匠の代表作、千葉県文化会館のすぐ近く。Nさんからメールでご連絡頂いた時、開館50年のシンポジウム(7/9)で千葉文化行くことになっていたので、Nさんとは文化会館で待ち合わせ。その足で現地視察、昨日トライアルご提案と、流れるように進んでいます。私が大高事務所ではじめてやった仕事は、実は千葉寺駅駅前の歩道橋やシェルター。ということで四半世紀ぶりの千葉寺ですが、何か、ただならぬ縁を感じますので、楽しんで設計したいと思います。


by iplusi | 2017-07-24 16:48 | 千葉寺N邸 | Comments(0)
荻窪K邸 見積調整終了
d0017039_18045684.jpg
荻窪K邸、吉田工務店との見積調整終了。特命ですが、数量はi+iで鉄筋までガッチリ拾い、増減表を作成。01案で想定していた概算額にほぼ合わせて頂きました。基本設計案は当初想定していなかったスキップフロアもあるし、防火APW330、防火APW331を採用できてるので、ひとまず上出来だと思います。お金の決着がついたので、これから確認申請作業に入ります。
外観イメージも先程相談。1階は縦で凹凸のある張り方の方いいのでは?というご意見頂いたので、CG修正してみました。凹凸ある場合は駐車場奥も木にしたほうが自然な感じがします。
d0017039_17461570.jpg
中からハイサイドライトを見るとこんな感じです。オレンジの部分(便宜的に色つけてます)が勾配屋根です。
by iplusi | 2017-07-08 17:59 | 荻窪K邸 | Comments(0)
妙蓮寺T邸04案
d0017039_16501063.jpg
妙蓮寺T邸04案。切妻で眺望のいい方向のコーナーに窓を設けるのは相変わらず。今回はペントハウスに階段で上がる形式を検討し、部屋の配列がほぼ決まりました。
一方、道路沿いの擁壁は高価なので、深基礎形式で対応することに。深基礎なら4号木造で確認申請提出が可能です(横浜市調べ)。
d0017039_16501011.jpg
お施主様はプロなので、ご要望もプロ級。前回案については、びっしり赤ペン添削頂きました。03案の骨格を生かすとご要望通り解けないので、1階の主要動線を東西向きから南北向きに変え、建物中央に階段、廊下を配置しました。
d0017039_17062944.jpg
1階中央南北動線はこんな感じです、1階のすべての部屋は、この大通りに連結されています。2階からペントハウスへ至る階段は、この1階から2階への階段の直上に配置しました。つまり、動線は建物中央ゾーンに全部集まっています。写真左手は子供部屋。建具を開放すると、この大通りと一体利用可能です。
d0017039_16501058.jpg
上空から手招きするペントハウスの光。この2階LDKは、間取りの方程式「フレーミングの法則」通りに3方向から光を導入します。
d0017039_16500981.jpg
ペントハウス形式の場合、階段部は他の部分から突出させないといけないそうです(確認機関調べ)。なので階段吹き抜け上部は、屋根を他の部分より、ちょっとだけ高くしています。


by iplusi | 2017-06-27 17:20 | 妙蓮寺T邸 | Comments(2)
荻窪K邸 基本設計案
d0017039_15392287.jpg
荻窪K邸基本設計案。外観はドーマー窓の幅が構造に合わせて少し広くなり、間取りは2階LDKかつ2階浴室で収束しました。南2階の窓は2200Hのシャター付き引違いが3つ並びます。1階の外壁は木の予定。つまり、①木の外壁、②間口いっぱいの大窓、③屋根が層状に重なってくるわけです。
d0017039_15392378.jpg
2階は吹き抜けを挟んでリビングとダイニングの床を40cmスキップさせています。奥の明るいところはキッチンです。隣家のオープンスペースめがけて、積極的に風を抜くイメージ。
d0017039_15392260.jpg
切り妻の最頂部を小屋裏にする計画です。小屋裏の床は金物工法などで薄く表現する予定。
d0017039_15392225.jpg
小屋裏収納の床は梁見せ仕様ですが、JBNルールで省令準耐火もクリアします。右手、南方向からの光が強いので、左手奥はトップライトで光を補います。

by iplusi | 2017-06-04 15:59 | 荻窪K邸 | Comments(0)
稲毛S邸05案
d0017039_20524746.jpg
稲城S邸05案。全体の形状と部屋の配列は05案でほぼ決まりました。親世帯と子世帯の玄関を、あえて南と北に分けます。塀は西方向にだけ出す形です。親世帯の玄関は、ビル風強風対策として引き戸を希望されているため、無理せずアルミの防火戸に。これで建物配置の自由度も高まります。
d0017039_20524666.jpg
2階の子世帯バルコニーは前面道路の歩行者通行が極めて多いため、手すり兼用の目隠しルーバー付き。机が置けるくらいの広さがあります。
d0017039_20524780.jpg
ベンチがバルコニーに沿って雁行してます。小屋裏収納への階段は、ベンチからアクセスする形で段数を節約。
d0017039_20524607.jpg
1階は物が置きやすいように壁を増やしました。ワンコ監視用にキッチンは対面にすることに。また、畳もやめました。次回は電気やキッチン家具などを検討する予定です。



by iplusi | 2017-05-27 21:08 | 稲毛S邸 | Comments(0)
妙蓮寺T邸01案
d0017039_14243515.jpg
新しいお仕事、妙蓮寺T邸。北斜面、崖上の建築です。古い擁壁に囲まれているので、その処理が最重要課題。
01案は南に背の高い隣家が立つ北斜面の立地を考慮して、ハイサイドライトや2階窓から吹き抜けに光を落とす、切妻型の住宅をご提案。眺めのいい北東側には、特徴的な窓をとりました。
d0017039_15330051.jpg
ちなみに、T家ご主人は超大手設計事務所勤務で、奥様も超大手ゼネコン設計部出身。つまりお二人ともバリバリの本職。アイプラスアイ責任重大です。前回の打ち合わせではトレぺあてて、そのままマジック書きするという同業者ならではの方法で打ち合わせしました。

by iplusi | 2017-05-23 15:57 | 妙蓮寺T邸 | Comments(0)
稲毛S邸04案
d0017039_18462996.jpg
稲毛S邸04案。西側の妻面は切妻中央を欠き取り、キューブをはめ込んだような構成。1階は庇の下に1間半間口の掃き出しを二つ並べました。形は良くまとまってますが、窓が大きすぎて物が置きにくいということで、間取り含めて再検討の予定です。
d0017039_18464921.jpg
2階のインテリア。入れ子された空中の家型ランタンから3方向に光を導入する形です。Sさんは2階のテラスの広さを優先させたいということで、ランタン作戦も再検討します。

by iplusi | 2017-05-15 18:57 | 稲毛S邸 | Comments(0)
荻窪K邸02案
d0017039_00522766.jpg
荻窪K邸02案。2階をスキップさせる案を検討。「1階から2階の階段」と「2階からロフトの階段を」東西455ずらすことで、スキップ段差用の階段を生み出すという、Kさんのプロっぽすぎるアイデアをそのまま採用しました。
浴室は1階に移動。反対にクローゼットは2階に。洗濯機は2階に配置してあるので、洗う干す畳むしまうは2階で完結させる計画です。


by iplusi | 2017-04-24 01:02 | 荻窪K邸 | Comments(0)
稲毛S邸01案
d0017039_02083293.jpg
新しいお仕事、稲毛S邸01案。完全分離型の2世帯住宅です。家の周囲は大きなオープンスペースがあって開けていますが、歩行者交通量がとても多いので外周窓は少な目に。日照もさほど期待できないので、明るさとプライバシーの確保を第一に考え、各階とも壁付のテラスを持つ構成で提案しました。
by iplusi | 2017-04-02 02:08 | 稲毛S邸 | Comments(0)