タグ:植栽・外構・ガーデニング ( 17 ) タグの人気記事
クヌギの萌芽更新
d0017039_16411834.jpg
写真はhttp://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-512.htmlからお借りしました。

■萌芽更新

「萌芽更新(ほうがこうしん)」・・・ウィキペディア
萌芽が活発な広葉樹を伐採した翌年には、根株からびっしりと休眠していた芽が萌芽し、生育を始める。これが成長して新たな森林を作るのを期待するのが萌芽更新である。また、伐採されたことにより地表に太陽光が届くようになるため、周囲に落下していた種子からの天然更新も進む。
  
「萌芽更新(ほうがこうしん)」・・・八王子市ホームページ
緑地の管理方法には様々な方法がありますが、萌芽更新とはその手法の一つです。  多くの広葉樹は、幹を切ると切り株からたくさんの芽が伸びだしてきます。年を経た樹木を伐採し、こういった萌芽を育て、雑木林の若返りを図ることを萌芽更新と呼んでいます。かつては薪や炭に利用される細い材をたくさん生産するのに適しているため、里山管理の手法として多く行われていました。
d0017039_15394354.jpg

■伐採時期

萌芽更新においては、根に貯蔵されている炭水化物を利用して萌芽を発生させるため、伐採適期は成長休止期の10~3月で、良好な萌芽を期待するためには、3月の樹液流動直前が適期である。なお、前生樹をはだ木として利用し、その伐り株から萌芽更新を期待する場合は、10~11月が最適である。(石川県 育成天然林施業技術指針)

■切り株と萌芽枝発生の関係

一般的には、切り株の直径が大きくなると萌芽力は蓑える。切り株の直径が30cm以上、または40年生以上になると萌芽の発生が期待できない。(石川県 育成天然林施業技術指針)

■同上クヌギの萌芽率

河辺いきものの森では、クヌギ・アベマキに関しては、樹齢や胸高直径による萌芽率に違いはあまり見られず、かなりの太さ、高齢にも関わらず萌芽することがわかった。これはこれまでにあまり知られていなかった事実である。(遊林会 河辺いきものの森・萌芽データ

■伐り口の処理

切り口はできるだけ平滑に仕上げ、雨水が長期間滞留しないようにする。(岐阜県 里山整備の技術指針)

■伐る高さ・クヌギの萌芽の特徴

・幹萌芽は根頸萌芽、板萌芽よりもー般に成長は不良である(株の上部から発生したものは生育が最も不良である。)。伐採高が低いと根元から頑健な根頸萌芽が発生し、ひこえ生えにより若返りが図られる。
・クヌギの根頚部には休眠状態の潜伏芽(休眠芽)があり、萌芽の発生に関係している。
・伐採高が極端に低い(0cm以下)と、地際付近の萌芽の原基を除去することになり、発生が少ないかまたは発生がなく株が枯死する。
・萌芽林の材構成長は伐採高が5cm程度が最も良好である。
・萌芽林の2代目以降の伐採高は前回の伐採点より上部で伐倒する。
・クヌギの萌芽は他の樹種に比べて枯死率が高く、発生後2~3年で1/3に減少し、7~8年目には1~2本となる。
(石川県 育成天然林施業技術指針)

■クヌギの成長スピード


0.7m~1m/年くらい。(徳島県 くぬぎ造林のすすめ)←面白いし読みやすい

■参考資料

・岐阜県 里山整備の技術指針
石川県農林水産部 育成天然林施業技術指針
遊林会 河辺いきものの森・萌芽データ 
・徳島県 くぬぎ造林のすすめ
d0017039_16413192.jpg
写真ソース:http://ayashokuwa.exblog.jp/18166699/
by iplusi | 2015-02-05 15:16 | さいたまO邸 | Comments(0)
木の大きさを調べる
d0017039_15485668.jpg
木の大きさが知りたかったので、できるだけ遠くから写真撮って、道路幅員(約4m)と比較してみました。H方向にもパースがかかるはずですから大体ですが、南側のクヌギはざっと、樹高18mくらい。北側のクヌギは13mくらい。下から見上げた時の印象より、ずっと大きい感じです。家全体に葉が落ちるので、やっぱり樋はなくすべき。
d0017039_12515512.jpg
d0017039_13122188.jpg

by iplusi | 2015-01-30 15:49 | さいたまO邸 | Comments(2)
今日の相模湖
d0017039_17222097.jpg
相模湖Bさんが、お友達の紹介で、役所OBのNさんとお友達になったということで、Nさん宅でいろいろお話伺ってきました。藤野周辺は、どんどん友達の輪が広がる、いい意味でのコミュニティがあるようで、うらやましい限りです。

現場は、すっかり緑が深くなっていました。放置するとたちまち緑に覆いつくされてしまうようです。自然との共生なんてぬるい感覚だと、自然に負けてしまう気がしました。
d0017039_17365567.jpg
アプローチの敷石も緑に埋もれていました。
d0017039_2130169.jpg
巨石積みの擁壁の間にも植物が勝手に自生していい感じです。
d0017039_2146475.jpg
相模湖B邸のシンボルツリーは、南西方向、道路反対側にある、この見事なケヤキです。
by iplusi | 2012-06-11 17:25 | 相模湖B邸 | Comments(0)
家のまわりの台風被害@南大沢
先日の台風の時、八王子は最大瞬間風速43.1mを記録したそう。当日の午後は家にいたんですが、ちょっと恐怖感を感じるくらいの暴風雨でした。10階建てのうちのRC造団地も風で揺れてました。以下、次の朝の様子。
d0017039_21324035.jpg
駅近くの桜並木の桜もも1本倒れてました。
d0017039_21325660.jpg
宮上中学校付近。小枝や葉っぱが多数散乱。
d0017039_21331666.jpg
ベルコリーヌのあたり。
d0017039_21333985.jpg
リンクソシエの近く。
d0017039_21342644.jpg
団地中庭部。次の日にはなくなってました。
by iplusi | 2011-09-25 21:33 | その他いろいろ | Comments(2)
建築外構に合う樹木いろいろ
アイプラスアイでは、植栽は大体施主工事です。いつもお願いしてるのは、できるだけ株立ちの木でさわやか感じになるようにということと、赤やピンクの花はできるだけ避けるように(笑)ということくらい。
みなさんが工夫して植えられている樹木を、下記にまとめてみました。多摩N邸は樹種も多く、Nさんのブログ「すみか」のガーデニングのカテゴリは非常に参考になりますので是非。

■落葉樹 

▽ヒメシャラ 八王子i邸 多摩N邸
d0017039_16334985.jpg
▽ハナミズキ 浦和S邸 多摩N邸
d0017039_1633331.jpg
▽ヤマボウシ 多摩N邸
d0017039_16384864.jpg
▽シラカバ 杉並U邸
d0017039_163777.jpg
▽ジューンベリー 鎌倉Y邸
d0017039_16403581.jpg
▽ブルーべりー 多摩N邸
d0017039_16435521.jpg
▽ソメイヨシノ(借景) 多摩N邸
d0017039_16415531.jpg
▽ケヤキ 白井T邸(設計者希望)
d0017039_16342891.jpg
▽バラ 杉並U邸
d0017039_163531.jpg
▽サクランボ 西荻T邸
d0017039_19485940.jpg
▽ヤマモミジ 川崎H邸 八王子i邸 多摩N邸
d0017039_16444795.jpg

▽ナツツバキ
d0017039_1958404.jpg

■常緑で葉っぱが鬱陶しくないもの

▽シマトネリコ 多摩N邸 朝霞K邸
d0017039_16395787.jpg
▽竹(ヒメアケボノモウソウチク)鎌倉Y邸
d0017039_19462876.jpg
▽ナンテン 八王子i邸 松戸N邸
d0017039_19452886.jpg
▽フェイジョア 多摩N邸
d0017039_19442264.jpg
▽ソヨゴ 多摩N邸
d0017039_1944170.jpg
▽ハイノキ
d0017039_19433039.jpg
▽常緑ヤマボウシ
d0017039_19342814.jpg
▽ミモザ 横浜K邸(予定)
d0017039_19472126.jpg

■実が食べられる常緑

▽オリーブ 多摩N邸 杉並U邸 西荻T邸 世田谷S邸(予定)
d0017039_194279.jpg
▽ミカン  多摩N邸
d0017039_19412353.jpg
▽ナツミカン 西荻T邸
d0017039_19403665.jpg
▽キンカン 西荻T邸
d0017039_1846365.jpg
▽レモン 西荻T邸
d0017039_18465484.jpg
▽スダチ 西荻T邸
d0017039_19391115.jpg

■グランドカバー

▽クローバー 川崎H邸
d0017039_19395312.jpg

▽芝 八王子i邸 杉並U邸 西荻T邸
d0017039_19351438.jpg
▽ダイカンドラ 多摩N邸
d0017039_19495774.jpg
▽イワダレソウ 川崎H邸 藤沢H邸(予定)
d0017039_18452587.jpg

■生け垣 

▽ベニカナメモチ 川崎H邸
d0017039_19362473.jpg
▽ドウダンツツジ 平塚K邸
d0017039_193748.jpg

■蔓系

▽フジ 平塚K邸
d0017039_19375615.jpg

■草本類

▽フウチソウ 平塚K邸
d0017039_19381878.jpg

by iplusi | 2011-07-14 16:33 | その他いろいろ | Comments(16)
白井T邸 錦鯉用の池完成
d0017039_14314840.jpg
松戸N邸敷地現地視察の後、白井T邸にお邪魔してきました。
d0017039_15284722.jpg
巨大なシンクみたいな浴槽。人間用です(笑)。井戸水をエコキュートで湧かして入ります。
d0017039_14382132.jpg
錦鯉用の池も完成。水槽のとなりに、沈殿槽、濾過槽がある本格的なものです。水深も結構深いです。

白井Tさん、お休みのところ見学させて頂きどうもありがとうございました。
by iplusi | 2010-04-26 14:30 | 白井T邸 | Comments(3)
平塚K邸 スロープとフウチソウ
d0017039_1402782.jpg
平塚K邸のスロープです。平行四辺形の平面で、建物にナナメにつっこんでいます。低い方の屋根は台形の平面。軒の出は15cm~60cmで、南行くほど広がっています。平屋部分と2階部分には、逆勾配の片流れ屋根を架けています。

そんなこんなで、玄関方向からみると、どこが直交してるのか、よくわからない感じに見えますね。
by iplusi | 2009-12-11 01:37 | 平塚K邸 | Comments(3)
平塚K邸 外の部屋
d0017039_285555.jpg
平塚K邸本日引き渡し完了。Kさん長い間ありがとうございました。

中庭には、西洋式の机椅子を置かず、床に座る生活をしてはどうかというKさん。
大正解です!縁側と地続きの、屋外化された部屋は、海の家というか、大河ドラマの1シーンというか、凄く自由な感じが出てますよね。
by iplusi | 2009-09-11 02:13 | 平塚K邸 | Comments(1)
杉並U邸その後
西荻T邸の帰りに杉並U邸にお邪魔してきました。
d0017039_20413643.jpg
敷地延長部は。芝やハーブ類などで植栽されて、いい雰囲気になってきました。笠松電機の照明は予定通り(笑)、錆びてきたそうです。
d0017039_20392556.jpg
白樺のシンボルツリーは随分大きくなりました。夏は大窓の目隠しになります。カミキリムシの幼虫に根を食われて駆除したそう。
d0017039_20403472.jpg
2階のハイサイドには、ブラインド類、設けていなかったのですが、西日が暑いので簾で塞いでいるそうです。
d0017039_20405563.jpg
和室は、シンボルツリー+障子で涼しげです。畳は焼けて落ち着きが出ました。縁のある畳ですが、インテリアがシンプルなので、縁があった方がいいですよね。ちなみに、この畳は逆勝手の敷き方です。特にお茶やるわけではないので、U画伯のセンスだけで、敷き方は決まっています。
by iplusi | 2009-07-25 20:39 | 杉並U邸 | Comments(0)
朝霞K邸 外構舗装+植栽計画
d0017039_14422239.jpg
縦列駐車だと、車の乗り上げが不自然。交差点隅切り側から直接入れるようにすれば、段差解消ブロックの数も最小限で済むということで、隅切部に舗装を追加したいというご要望。竣工時の写真に舗装、植栽を書き入れてイメージ確認。
by iplusi | 2009-05-29 14:34 | 朝霞K邸 | Comments(0)