タグ:今日の現場 ( 343 ) タグの人気記事
オガスタ新潟コラボ 今日の現場
新潟まで現場確認に行ってきました。小林秀監督の頑張りで技術的な懸案事項はほぼ解けておりましたので、枠や見切りのおさまりや、仕上げの区分など、意匠を中心に打ち合わせしてきました。
d0017039_00123272.jpg
張りのある、とても豊かな空間ができています。「住宅」という機能を外して「建築」として眺めても十分魅力的ではないでしょうか。「高性能」と「住宅」ではなく、「高性能」と「建築」をいかに両立するか、というのは私がいつも考えている課題です。
d0017039_00120142.jpg
天井は構造用合板。登り梁や桁に受け材を打って天井を剛床的に処理、火打ちの出ない大空間を実現しています。最小限の構造体と上下の面材で、飛行機の羽根のような太鼓張りモノコックの状態を作り出しているわけです(野地合板は桁上部で通気用の隙間が開くので、完全なモノコックというわけではありませんが)。
d0017039_00120121.jpg
写真右手、縦スリット状の窓のある面が北面です。切妻は頂部が暗く見えるので、構造体の組み方を工夫して、できるだけ上までスリットにしています。この妻壁は内外ともレンガ色にすることになりました。
d0017039_00115928.jpg
雁行する窓配置が南面妻壁が、この住宅の見せ場です。準防火がかかるので、あえてサッシを小割にし組み合わせで表現しています。正面の妻面もレンガ色になります。
d0017039_00121650.jpg
床はスキップしているので、いろいろな高さから空間を知覚可能です。やらせ写真ではないんですが、たまたま相模社長と現地設計担当の小林紘大さんがうまいところに立ってます、笑。
d0017039_00121655.jpg
紘大さんが建っている視点から見れば、こんな風景となります。窓だらけですが、新潟の空はどよんとしていて日中でも光が弱く、合板天井は白くして光を拡散させた方がやはり良さそうです。
d0017039_00123164.jpg
玄関土間はシューボックス型の比較的大きな空間です。ご主人が自転車いじりに使うぜいたくな空間。無駄な仕上げはしないという方針なので、天井の梁はあらわしです。ちなみに電気など考えると、「仕上げなし」は「仕上げあり」より大変です。
d0017039_00120171.jpg
土間の公園側は延焼がかからないので、APW430が入っています。右手玄関ドアは非防火ですが、オガスタ標準仕様でガデリウスです。
d0017039_00123189.jpg
土間から中2階を見上げたところ。ユニットバスも納まっています。天井のない中二階脱衣室と一階寝室はガラスで間仕切る形に変更しました。
d0017039_00121606.jpg
外部は通気胴縁と板金外壁まで終わっています。

by iplusi | 2017-01-30 11:05 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
飯能K邸 外壁張りなど
d0017039_22382099.jpg
飯能K邸、外壁張がはじまりました。軒天は着色してますが、思ったよりツートン感はないですね。ちなみに今回は榊さん、ウッドロングエコはドブ漬けでやってみたそうです。
d0017039_22382114.jpg
浴室は在来。浴槽はLIXILの1400幅の定番品。安いけど透明感がなくて、かえって安っぽくないと思います。壁タイルはオーソドックスにミスティシリーズ、床はサーモタイル、天井はアイカセラールです。
d0017039_22394247.jpg
家具工事も着々と進行中です。オープンハウスは2/25or26の予定です。
by iplusi | 2017-01-24 22:50 | 飯能K邸 | Comments(0)
オガスタ現場タイベックまで終了
新潟は雪が大変みたいですが、今日、小林監督から送っていただいた写真です。現場はどんどん進みます。しかし仕事が早いですねえ。
d0017039_21385045.jpg
樹脂サッシもつきました。内観色は白。天井の垂木2×10材は、断熱材に合わせて1365ピッチで2×6の横つなぎを入れていただいたので、とても頑丈そうです。こっち側は前面が公園なので、端から端まで窓にしてます。
d0017039_21385230.jpg
外はタイベックまで終わってます。飯塚は月末に新潟行く予定です。

by iplusi | 2017-01-13 21:46 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
飯能K邸 軒天塗装
d0017039_12311080.jpg
飯能K邸、1/6の現場。軒天は至近距離で合板が見えてくるので浸透性塗装でこげ茶にしてます。タヤエクステリアのウォールナット色。
d0017039_12310877.jpg
大屋根のけらば部分も塗装されました。外壁はウッドロングエコになるので、木部はツートンカラーでみせることになります。ちなみに木製の玄関ドアは、ノルディックレッドで塗ることになりました。
d0017039_12420046.jpg
これは、庭側大開口の上枠です。柱あらわし、庇用片持ち梁、規制寸法の外付けサッシ、コボット避ける、など様々な要因が重なって、2段構えの枠になっています。柱も枠もローズウッド色に塗装します。

by iplusi | 2017-01-10 13:09 | 飯能K邸 | Comments(0)
町田K邸サッシ取付
d0017039_16283660.jpg
町田K邸はサッシ取り付け中。契約時アルミ樹脂複合でしたが、台形フィックス以外は樹脂サッシ(APW330)に変更。おかげでUA値は1割くらい下がりました。屋根は外張り(通気垂木間充填)断熱。断熱材はスタイロ3種Bで100mm。壁はアクリアネクスト105mm、床や土間(立ち上がり含む)はスタイロ3種B、65mmです。
d0017039_16283404.jpg
原設計で引違サッシを3つ並べてた道路側は、フィックスと縦辷りを繰り返すパターンに変更。柱の割り付けも変えました。北側ですが、道路反対側は公園なので、眺め優先で間口いっぱいの窓にしています。公園を借景できるということで、この敷地を購入したのですから、熱的にいくら不利でも、塞いで公園に背を向けるわけにはいかないのです。
d0017039_16283278.jpg
南側は上空からも採光します。庇が遠いので、2階の掃き出しは屋根面とは別にアルミ庇をつけることになっています。

by iplusi | 2016-12-14 16:42 | 町田K邸 | Comments(0)
飯能K邸 今日の現場
d0017039_08415794.jpg
飯能K邸現場行ってきました。腰折れ屋根の包み込まれるような空間です。
d0017039_01421186.jpg
絶景の庭側は間口6間の非常識な大開口。アルミ樹脂複合、ほぼ平屋、垂木見せなど、熱的には不利な条件が揃ってますが、腰折れ屋根で意外と表面積が小さく、屋根にはそれなりの厚みのスタイロ載せてるので、UA値は0.61程度。庭側窓の熱損失が特に大きいので、ハニカムサーモスクリーンの導入をまじめに検討します。
d0017039_01421008.jpg
北側のトップライト。窓が庭側だけだと奥が暗く感じるので、光は多方向から導入します。
d0017039_01421298.jpg
窓が大きく養生ネットが白いせいか、スキー場のロッジにいる気分。雪景色が似合いそう。窓際の巨大ベンチもできてます。
d0017039_01421124.jpg
奥の部分は一段高くなった書斎です。
d0017039_01421266.jpg
反対にこちらは1段下がったコーナー。下がった床の上空には、恐ろしく低い中2階床があります。微地形で、ワンルームの空間に複数のたまりをつくっているわけです。

by iplusi | 2016-12-10 01:03 | 飯能K邸 | Comments(0)
飯能K邸フローリング
d0017039_14170301.jpg
飯能K邸はフローリング施工中(写真はKさん撮影のもの)。マホガニー系の色のフローリングで、樹種はジャトバ(オゾンにショールームがある岡崎製材のもの)。濃い色のフローリングは幅方向が小さくなりがちですが、今回のフローリングは123mm幅で18mm厚の無垢材ですから、見かけも立派ですね。。同業他社HPによると、ジャトバはイペ並みに耐久性が高いそうです。

by iplusi | 2016-12-06 14:22 | 飯能K邸 | Comments(0)
町田K邸上棟
d0017039_12242469.jpg
町田K邸昨日上棟しました。敷地内にレッカー置けるし電線もありませんが、構造金物が多いとはかどらないそうで、初日は棟上げまで。昨日今日は応援の大工さんが入り、垂木、野地2枚、ダイライトまでを仕上げます。
d0017039_12243474.jpg
登梁最頂部のホールダウンは現場手加工で処理。
d0017039_12244332.jpg
プレカットチェックの要点のひとつ羽子板ボルトもついてます。チェックの際は取り付ける向きや座彫りのあるなしを考える必要があります。マルダイさんは梁せいが270以上だと羽子板は2本が標準。
d0017039_12244173.jpg
今回は40度くらいの浅い角度で、胴差が入ってくるコーナーががあります。隅柱ですが、柱勝ちだと斜めの梁の仕口が作れないので、梁勝ち+ホールダウンで処理。斜めの胴差は下に柱は沢山入りますが、この部分在来の蟻仕口は、繊維方向考えると、ちょっと弱そうだから、後入れの半柱で支えます。また、羽子板できちんと引きよせています。
d0017039_12243873.jpg
スクリュービームの柱頭金物。欠損させたくないけど、ほぞパイプが付けにくいところは、この金物使うことがあります。
d0017039_12244624.jpg
下部合板あらわしの部分は、合板をプレカットすると柱際に孔があきます。今回は室内方向のみ、プレカット工場でしゃくり入れてました。床合板は養生して雨染み対策してます。完璧ですね。

この現場も担当はスーパー棟梁、狩野さん。i+i→青木工務店の現場3連続で、トータル11軒目です。ありがたいことです。

by iplusi | 2016-11-30 12:49 | 町田K邸 | Comments(0)
飯能K邸大工工事
d0017039_19140636.jpg
飯能K邸今日の現場。阿部棟梁、今日は通気胴縁の施工中。内部は断熱材まで終わっており、次は間柱やフローリングになります。フラットの中間検査は特に指摘なし。
垂木はカナダツガで@227.5、天井はヒノキ杉複合合板あらわしです。ちょっと、垂木や合板面が暗くなるかと思ってたんですが、よく光が回ってますね。
d0017039_19140648.jpg
書斎。一般部より420mm高くなっています。書斎からは外の絶景を楽しめます。
d0017039_19140517.jpg
屋根は仕上がっています。腰折れ部で雨押えが入るの嫌だったんで、あえて瓦棒葺きとしました。色はJFEのライトブラックです。
d0017039_19140533.jpg
谷側の開口部。軒天は垂木あらわしです。下部は室内ベンチと連続する、長いデッキになります。サッシは初めて使ったYKKのアルミ樹脂複合のブラウン色。


by iplusi | 2016-11-09 19:31 | 飯能K邸 | Comments(0)
横浜T邸今日の現場
d0017039_21412356.jpg
横浜T邸現場行ってきました。Tさん、須貝と打ち合わせ、家具の形、色関係、はほぼ決定。狩野棟梁は2階天井断熱の施工中でした。1階LDKはブラインドボックスと家具が残っていますが、床は施工済み、壁はボードまで終わっています。LDK天井は省令準耐火だけど梁はあらわし。EP塗りつぶしで仕上げます。
d0017039_21412302.jpg
LDK北側にはリビング階段があり、2階に設けた多方向の窓から階段吹き抜けに、終日光が降り注ぎます。階段仕上げは集成材。オイルで若干茶色く塗装して、床材に色合わせする予定です。
d0017039_21412226.jpg
2階道路側のプチテラスと、十字型モチーフの大窓。天井にブラインドボックス彫り込みました。窓を挟んで左右対称に寝室が配置されています。2階には、道路から見えない位置に、もう一つテラスがあります。そちらは南向きで洗濯干し等に利用。洗濯機はテラス隣の家事室に設置しました。浴室は一階なので、お風呂入るときに着た服は、2階に持って上がる必要がありますが、「洗う→干す→たたむ」までの作業は、テラス横の洗濯室とテラスの行き来で済むから、動線はとてもコンパクトです。
d0017039_21412171.jpg
道路側外壁シングルパネルの施工も終わっています。2階の外壁は1階の外壁より若干飛び出ています。
by iplusi | 2016-10-22 21:51 | 横浜T邸 | Comments(0)