タグ:今日の現場 ( 337 ) タグの人気記事
三宿N邸 今日の現場
d0017039_18433180.jpg
三宿N邸今日の現場。村木棟梁、今日は作業場仕事で現場お休み。村木さんその後一人でコツコツつくって、2階は天井のボードまで終わり、ハイサイドライトの光は一層よく回るようになりました。準耐火なのでロフトに至る階段は60厚の集成です。
d0017039_18432984.jpg
南西角のバルコニーまわりは、アイプラスアイ定番の内向きの縁側もできました。今回は一部広くなって、小上がり状になっています。下部は全部ワゴン。結構な収納量ですね。ロフトへの階段は小上がりから上がる形で段数を節約します。
d0017039_18432806.jpg
2階の東西の妻面は日干し煉瓦色という感じの、ちょっと赤っぽいベージュにします。江戸川M邸で使った色より、やや赤に振れていて彩度若干高めです。黒っぽいのは、トイレシャフトなどに使う、少し赤身のあるこげ茶色です。写真でみると、ずいぶん黒黒してるのでもう一段階薄くしてもいいかな?
d0017039_18432834.jpg
1階は階段ができました。間仕切りや天井はこれからです。
d0017039_18432932.jpg
1階の南は、通り抜け部屋的に3部屋が連続する間取りです。階段側の収納ブロックの間に回遊動線が作られます。
d0017039_18432876.jpg
外観全景。真ん中の白っぽく見える外壁部分は、やや赤みのあるグレイ色に吹き付けます。
d0017039_18432883.jpg
妻側屋根頂部です。屋根通気をとった棟カバーは、最後のハゼで止めてますので、とてもすっきりしています。
勾配が結構急なので、破風下で通気取ると横から水が射す可能性があります。端部通気垂木はエアーホール加工して、壁通気と屋根通気をつなぐだけにしました。
ラス下のアスファルトフェルト上端は登り淀下面に対してブチルテープ貼っているため、ここから水が入ることはありませんが、テープとモルタルの肌別れ考えると、小さくてもいいから板金の破風を回した方がいいでしょうね。
by iplusi | 2017-09-16 21:40 | 三宿N邸 | Comments(0)
横浜M邸 外壁工事ほぼ終了
横浜M邸、外壁工事がほぼ終了しました。
d0017039_12063841.jpg
北側の立面は上階が焼杉(荒磨き仕様)+キシラデコール、下階が杉板キシラデコール着色です。2階の1m角の子供部屋窓はペラっとしないよう、周囲に木製の枠を回しました。中間横スリットの帯はきちんと上下階が分節されるようにグレイで着色します。
d0017039_12063726.jpg
南側は上下階とも焼杉。家が大きいので全部真っ黒は強すぎるから、柱、軒天、2階サッシの両脇袖壁は、焼かない仕様にしてアクセントをつける計画です。
by iplusi | 2017-09-15 11:05 | 横浜M邸 | Comments(0)
三宿N邸 外壁工事
d0017039_20535154.jpg
三宿N邸、JBN準耐火木外壁施工中。張ってるのは普通の杉板ですが、目板の幅やとめつける釘(またはビス)の長さ、太さなどのルールも細かく決まっています(本実形式はルール上アウトになりそうだったので目板方式にしてます)。現在キシラデコール一回塗り状態ですが、適度なムラ感+自然な発色で非常に綺麗です。
d0017039_20535292.jpg
北面はモルタル塗りが終わったところ。以前検討したことありますが、モルタルはマンセル値でいうと7.5くらいで、結構白いんですよね。色が淡いグレイだと奥行き感ゼロでCGみたいに見えます。

by iplusi | 2017-08-23 21:04 | 三宿N邸 | Comments(0)
三宿N邸 タイルの検討
d0017039_19430318.jpg
キッチンのタイル検討中。三宿N邸、妻壁には奥行き感を強調するため、ややエンジ寄り薄茶色のコルク壁紙を使う検討をしています。
d0017039_20104958.jpg
奥様のイメージは、アイプラスアイ定番の平田タイルのメープルブリック(上写真は新宿ルミネ1の地下で偶然見つけたものです)みたいなものなのですが、シンク左手部分で妻壁壁紙に取り合うので、白系、クリーム系だとちょっと浮きそうです。
d0017039_19430752.jpg
先日中野に行ったので、帰り道平田タイルのショールーム寄って、壁紙に近いタイル入手しました。中央3点、色の記憶だけで勘で選んだんだんですが、結構似てますね。こういうタイルなら、上のCGのように、カウンター奥もエンジ寄り薄茶色で仕上げる事もできそう。
他のタイルは事務所にあったもの。色の系統が似てればおかしくないとは思いますが、小口が見えるのでインクジェット系はだめそうです。


by iplusi | 2017-08-07 20:19 | 三宿N邸 | Comments(0)
横浜M邸 工事着手10週目
横浜M邸、工事着手10週目の現場です。2人のベテラン大工、中は狩野さん、外は森さんという体制で進行中。
d0017039_18083829.jpg
外部焼杉は東西面が終わり、北面を張り始めたところです。北面下部は大和張りキシラデコール塗装となります。通気胴縁が四角いマス目になってるのは、納まり上厚を60mmとする必要があったので、エアーホールなしの30*40をダブル使いにしてるため。
d0017039_18083524.jpg
内部はフローリングの施工中。1階は青木さんの倉庫にあったチークユニ無塗装品で、2階は定番のオークユニ無塗装品です。ただし、今回のオークはMさんのこだわりで、チークに合わせた90幅の物を使っています。
by iplusi | 2017-08-07 18:26 | 横浜M邸 | Comments(0)
横浜M邸 工事着手9週目
d0017039_19412650.jpg
地盤改良が5/27あたりなので、スタートから、ちょうど2ヶ月後の現場です。あと回しになっていたハイサイドライトがつきました。高さ500ですが非常に効いています。内部耐力壁合板や断熱材入れも進行中です。
d0017039_19412775.jpg
屋根工事も進行中です。ハイサイドの屋外側の部分です。これは、工場加工した竪ハゼのユニットを並べてるところです。外壁の透湿防水シートや外壁の胴縁も終わっています。
d0017039_19412772.jpg
玄関入ったところの景色。庭の方に視線が抜けていきます。ちょうどはしごのところにトラス階段がかかります。結構広範囲に合板を張ってるので合板仕上げの建物みたいですね。
d0017039_19412684.jpg
3間飛ばした梁は仕上げでくるまないことになりました。昨日階段の詳細を整理していた熊沢、今日はサッシの枠を事務所で作図中です。
by iplusi | 2017-07-27 19:52 | 横浜M邸 | Comments(0)
横浜M邸 鉄骨トラス階段の検討
d0017039_22240171.jpg
横浜M邸、階段の検討by熊沢。久しぶりの鉄骨トラス階段です。トラスはスチールのフラットバー。手すりは丸鋼です。こういう繊細なデザインは模型だと表現しにくけど、CGだと正確に作れるし、全体の中でのスケール感も分かるからから、いいですね。


by iplusi | 2017-07-26 22:35 | 横浜M邸 | Comments(0)
横浜M邸 サッシ工事など
d0017039_19411894.jpg
横浜M邸、外壁下地のダイライトが終わり、サッシ工事が進行中です。1階南側の大窓は幅1間半、高さ2mのAPW、2連使い。2階の大窓は、幅1間半、高さ1.8mのAPW、2連使いです。樹脂サッシは障子の見付が大きいので、外はブラックで外壁に同化させ、内はホワイトでインテリアに同化させてます。
d0017039_19411850.jpg
壁下地入っても、とても明るいですね。ハイサイドライトは重たいので、人が沢山いるときに入れるそうです。両脇2つを開けて真ん中はフィックスにするケースが多いと思いますが、今回は、真ん中2つ、幅一間高さ500のハイサイドライトを電動で開閉させる予定です。

by iplusi | 2017-07-19 19:51 | 横浜M邸 | Comments(0)
多摩NK邸足場解体
d0017039_00384703.jpg
多摩NK邸足場外れました。うちの事務所としては初めての積極的な和風表現。越屋根的なハイサイドライトが特徴です。
d0017039_00384648.jpg
大正時代の木造住宅がモチーフなので、窓の上には必ず庇をつけます。雨戸はありませんが、雨戸が付く位置は杉を張って立面を調整。
d0017039_00384541.jpg
内部は抽象的な和風表現です。黒々とした木部と白い壁天井を対比させて見せています。
d0017039_00384649.jpg
欄間サッシは間口いっぱいに確保。構造はステンレスのブレース材を利用しています。長押上に開口が連続するだけで、和っぽい感じが強調されます。
d0017039_00384786.jpg
お父さんの部屋。外壁の窓と玄関に向かう内窓の高さをそろえました。
d0017039_00402434.jpg
2階のセカンドリビング。南面の窓は低い腰で和風っぽいプロポーションに。
d0017039_00384619.jpg
中央ハイサイドから光を取り込んでいます。白くなったら光がよく回るようになりました。

by iplusi | 2017-07-06 00:59 | 多摩NK邸 | Comments(0)
三宿N邸今日の現場
d0017039_22322769.jpg
三宿N邸、今日はトシデン高橋さんと電気の打ち合わせでした。引き込み位置は南西側に決定。電気メーターは直接目視検針は不要なのでどこでもいいそうですが、一番合理的に引き込みの直下に配置。外部照明、インターホンの位置も方針決定しました。
その他、現場外まわりは、透湿防水シート張りが終わり、板金は土台水切と唐草が付いたところでした。コーナーの軒天、壁、屋根、サッシが取り合う部分のおさまりなどについて青木斉藤監督と調整、確認しました。
d0017039_04033466.jpg
仕上がりはこんな感じ。一筆書きで連続する、パラペットの笠木→サッシ横の見切り→天井見切り(黄色)、金属破風(赤)、唐草(青)、タニタHACO(紫)。デッキはパラペット笠木上に2方向に跳ね出すから納め方一工夫します。
d0017039_22322787.jpg
電気は「暗いのは平気。沢山あるスイッチはどれか分からないとシールとか貼るかも、笑」というNさんのご要望?を受け、「できるだけシンプルに。スイッチはできるだけ直近の分かりやすい位置に。3路系も最少限に。スイッチコンセントのプレートは1階2階とも神保にして目立たないように」という基本方針で進めます。
先日検討していた妻側の三角形落とし掛けの演出のため、壁裏にひっかけシーリング追加。2階バルコニー照明は船舶照明壁付け。バルコニー部分はプチロフトと外部で2重に使うため、バルコニーの天井高はかなり低く抑えています。脚立上に合板を乗せた超簡易モックアップでNさんと天井高を確認しました。
d0017039_22322834.jpg
1階の南側表通りは建具を開けると3つの部屋が連続する構成。裏通りは収納系が連続し、全体はぐるっと回遊できるようになっています。表通りの照明は中央に配線ダクトをまっすぐ入れます。加えてミシン上部にも1本。LAN配管、梁貫通箇所は柱スパンが小さいところ狙う形に。分電盤裏は45mmほど壁をふかすことにしました。
青木さんの電気はいつも高橋さんだから、高橋さんにやっていただくのはこの家でなんと28軒目。実は一番数やっていただいてる職人さんということになりますね。なので構造的意匠的な課題を含め、うちの事務所が気にしそうなことは全部先回りして担当者に直電いただけます。電気関係、後はタイルや木外壁の割り付け対応が課題です。
d0017039_22322733.jpg
今日、1階の床合板張り作業で村木棟梁が使っていた秘密兵器、マキタのマルチツール。刃が小刻みに振動し、柱際壁際すれすれをカットできます。刃は色々なタイプがあって金属も切れるものがあり、サンダーみたいに火花が出ないので、リフォームでは必需品だそうです。電気の高橋さんもこれ持ってるので、合板耐力壁にボックス孔開けるのは全く問題ないということでした。
by iplusi | 2017-07-01 23:54 | 三宿N邸 | Comments(0)