タグ:上棟 ( 57 ) タグの人気記事
上棟2日目の様子@常滑
d0017039_2131197.jpg
森下社長から送ってもらった写真から。カッコイイですね。
by iplusi | 2012-08-21 21:03 | 常滑N邸 | Comments(0)
常滑N邸上棟
常滑N邸上棟しました。
d0017039_21193115.jpg
カダツガ垂木のシリーズです。金物を併用した、繊細な軸組み。構造は、ほとんどあらわしとなります。
d0017039_21192278.jpg
今回は一階の小梁もカナダツガにしてみました。防虫加工をする前の材料を、よりすぐっていただいたそうで、材は非常にきれいです。
d0017039_21194875.jpg
変型の切妻屋根となります。天井高は頭をすりそうなくらい低いところもあれば、6mを超える天井高があるところもあります。
d0017039_2119397.jpg
登梁同士がぶつかる、この部分はプレカット屋さんの大工さんが、上手におさめてくれたようです。
d0017039_21224399.jpg
床が立体的に重なります。
by iplusi | 2012-08-20 21:20 | 常滑N邸 | Comments(1)
目黒I邸上棟
目黒I邸上棟しました。
d0017039_15113783.jpg
2階の勾配屋根を生かした吹き抜けとブリッジがこの建築の見せ場です。ハイサイドライトから光が降り注ぎます。
d0017039_1591625.jpg
クロゼットから吹き抜け方向を見たところ。なかなか面白いのでクロゼットの欄間を抜くことを画策中。
d0017039_1592256.jpg
キッチンから、ロフト方向をみたところ。
d0017039_15103018.jpg
屋根野地板1層目です。24mmの構造用合板の上に通気胴縁を流しています。2重構造になってるので、夏の熱気も抜けます。
d0017039_15103650.jpg
野地2層目を張り始めたところです。広木舞をガイドにして下から張っていきます。この日の内に2層目張り終わりました。
d0017039_1595380.jpg
1階です。階高は2640です。
d0017039_15104744.jpg
ここが、問題の3方向異勾配の寄せ棟部分。できてみるとなんてこと無いんですが、作図は結構、大変でした。
d0017039_20252.jpg
飯塚の図面通り模型通りで、ぴたっとあったとのこと。
d0017039_15111595.jpg
外から見るとこんな具合です。西側境界線に対する高度斜線で、急勾配の屋根になっています。
d0017039_15112412.jpg
三角形の小屋裏空間はロフトになる予定です。左側の勾配15寸、右側の勾配5.8寸です。屋根は押し出しポリスチレンフォームの内断熱としました。グラスウールだと気密とるために下地を455ピッチに入れる必要があるし、屋根通気胴縁の釘が工事中危ないので。
d0017039_15113025.jpg
2階の東側はダイナミックな空間になります。
by iplusi | 2012-03-15 15:12 | 目黒I邸 | Comments(0)
目黒I邸 建方中
d0017039_17471590.jpg
ちょっと規模が大きいので2日がかり、明日の上棟を目指し建て方中です。
by iplusi | 2012-03-13 13:45 | 目黒I邸 | Comments(0)
高輪M邸 上棟
高輪M邸、無事上棟しました。車が敷地の前にアクセスできないので、お話しいただいたときは、工事は本当にできるんだろうか(笑)と心配しましたが、土工事→コンクリート工事→木造建方まで、問題の工事が無事完了しました。架構は当然手起こしで。ダイライト等も手運びで搬入済み。棟梁はアイプラスアイの住宅をやるのは、今回で7軒目の狩野さんですから、あとは大丈夫かなと思います。

上棟日は学校だったので、飯塚が現場に到着したのは暗くなってから。梶野撮影の写真から。
d0017039_12394264.jpg
道路側の十字型開口。上部は道路斜線ギリギリに、庇を出しました。
d0017039_1240092.jpg
面積が限られるので、2階面積の1/2の大きなロフトを設けました。
d0017039_12401697.jpg
天井断熱は発泡ポリスチレンを1階床と同じ形式で入れてます。山田さん曰く、グラスウールより施工性いいそう。455ピッチで受けを入れなくても済むし、通気垂木の固定用釘も出にくいです。
by iplusi | 2011-12-10 17:21 | 高輪M邸 | Comments(0)
練馬w邸 上棟
d0017039_1623342.jpg
練馬w邸上棟しました。外観はキュービックな3階建て。外壁はつるっとした黒のスパンドレル。サッシも黒で、外部は漆塗りの重箱みたいに真っ黒になる予定。3階建てということで、建て方は前日から始まってましたので、屋根通気層+2層目野地、外壁金物、ダイライト一部も完了。
d0017039_16231588.jpg
内部は床がチークで壁・天井は白。枠関係もすっきりと納めます。シンプルモダン系の準耐火建築ですね。棟梁は鎌倉Y邸、平塚K邸、西国分寺T邸などをつくってくれた石倉さん。
d0017039_16252440.jpg
3階。天空の城って感じです。
d0017039_16232720.jpg
南側は3M間口の防火サッシが入ります。空中のテラスは奥行き一間のファインフロア。
by iplusi | 2011-09-08 16:24 | 練馬W邸 | Comments(0)
所沢M邸 上棟
所沢M邸上棟しました。
d0017039_051561.jpg
2階はこんな風になってます。900ピッチの登り梁を中央の竜骨が支えます。野地板は24mm合板+通気層+12mm合板。母屋垂木を介さず、主要構造にダイレクトに野地を張るので、とても頑丈な構造になります。さらに登り梁は上下羽子板で引っ張っておきました。

沢山の束は構造というより意匠材です。かすがい嫌って、全部ホゾパイプ仕様としました。
d0017039_1314493.jpg
登り梁が抜けているところは、屋根のない部分です。下部はインナーテラス(外周に壁のまわった外部空間)になります。
by iplusi | 2011-07-13 00:52 | 所沢M邸 | Comments(0)
松戸N邸 上棟
d0017039_14473696.jpg
松戸N邸上棟しました。2階が浮き上がる感じが良く出ていました。期待できそうです。
by iplusi | 2010-10-17 14:47 | 松戸N邸 | Comments(5)
高崎K邸 上棟
上棟祭り、その3棟目。高崎K邸上棟しました。
d0017039_2256139.jpg
ステルス屋根の実現のため、片持ち梁を組み合わせた、非常に複雑な軸組みとなっております。カニの爪つめみたいな梁が本体から飛び出していますね。しかし、この骨をみても、どんな風に屋根がかかるかさっぱりわかりませんな。普通でない形態に、ご近所さんも驚いておりました。
d0017039_22561487.jpg
正面は上の写真のように威張ってますが、横から見ると、2階の床より屋根が小さい、変形のマンサード。全体が丸みを帯びていて、むしろ、かわいらしい感じです。
d0017039_22562930.jpg
榛名山方向の山々がみえるということで
d0017039_22564411.jpg
2階の大窓は、ばっちりその風景を切り取るようにしてみました。電柱は予定通り壁でうまく隠れそうです。
d0017039_23114625.jpg
大窓に加え、2階天井はカナダツガ垂木あらわし、1階も梁あらわし、ロフト付、スキップフロアで、アイプラスアイエッセンス全部入り仕様です(笑)。
by iplusi | 2010-09-29 22:57 | 高崎K邸 | Comments(0)
魔女の家 上棟
今月の3連続上棟祭り、その2棟目、世田谷S邸無事上棟しました。
d0017039_10352676.jpg
今回もカナダツガ垂木構造の屋根が架かります。新井さんのいる辺りに電動のトップライトがつきます。
d0017039_10364873.jpg
外観は一種高度を避ける屋根勾配と、玄関部のななめの壁を呼応させた楽しい立面。最長部で高さは8m近くあるので、小さな家という感じはまったくありません。自転車も置ける玄関のピロティ部は、すごくリッチな感じです。
d0017039_10394333.jpg
垂木がかかる前の様子。ロフトバルコニー床の上のグレイのシャツが今回の棟梁、古川さん。この日は若手大工さん中心のメンバー構成でした。
d0017039_10405868.jpg
スキップフロア効果で、上下階が一体につながって見えます。今回は段差を利用して内部床とテラスのフラットな納まりも実現。
d0017039_10412684.jpg
連続する垂木はいつ見ても見事です。この上に24mm合板の1層目の野地板、通気垂木、12mmの2層目の野地板という順番で施工します。断熱と通気層は二つの野地板の間に入ってきます。
by iplusi | 2010-09-19 16:53 | 世田谷S邸 | Comments(2)