タグ:上棟 ( 55 ) タグの人気記事
横浜M邸上棟2日目
d0017039_03192404.jpg
横浜M邸上棟2日目(火曜日)の様子です。勾配の異なる屋根の裂け目がハイサイドライトになっています。
めちゃくちゃにダイナミックな空間。このワイルドさが最後まで残るよう、部屋の間仕切りは最小限にしたいですね。
d0017039_03192492.jpg
東方向を見上げたところ。東西に大きく吹き抜けてるので、1階と2階が一体に感じられます。左手の片持ち梁や右手ベンチ下の反射光が非常に効果的です。
d0017039_03192577.jpg
左手ベンチの背中の腰壁は5.46mをワンスパンで飛ばしています。集成材だけどド迫力です。
d0017039_03192362.jpg
外張り断熱の施工写真を撮れたので連続写真で。剛床となる1層目の野地板は24㎜。墨出してからN75打ってますが、何本かははみ出したので打ち直し。白くて分かりにくいですが、ジョイントには気密テープ貼っています。
d0017039_03192345.jpg

通気垂木を流します。1層目野地下の構造の垂木45*180はカナダツガ@303だけど、野地上の通気垂木45*120は断熱欠損減らすように@606としました。タルキックで下部の垂木に固定します。約90cmの軒の出は通気垂木で出しています。
d0017039_03192368.jpg
通気垂木間に断熱材:発泡ポリスチレン3種B t100を入れていきます。
d0017039_03192406.jpg
今回は南側の軒は出るけど、東西のけらばは出ません。東西両端の通気垂木はエアーホール加工して、壁通気と屋根通気を繋げます。
d0017039_03192304.jpg
広小舞を打ってから、2枚目の野地t12を千鳥に貼っていきます。
d0017039_03192480.jpg

通気層付の外張りの屋根ができました。断熱材上の20㎜の隙間が夏の掃気と冬の結露防止に役立ちます。
現場監理特集の取材で、建築知識の湯浅さん他3名も見学していきました。上棟は初めてとのことで、ポカーンとみてましたが、役に立ったでしょうかね。
by iplusi | 2017-07-08 03:52 | 横浜M邸 | Comments(0)
横浜M邸上棟
横浜M邸上棟しました。規模が大きいので上棟は2日がかり。15時前に現場離れてしまったので、正確に言うと棟上げは見届けていませんが。
d0017039_18513002.jpg
吹き抜け部の455ピッチ、小口出しの片持ち梁も見せ場です。
d0017039_18512969.jpg
土台は先週終わってますので、今日は1階の柱からです。これは9時半過ぎの状態。2階床梁の中央部は渡顎的なおさまりになります。
d0017039_18512968.jpg
10時休憩の時の状態。10時回ってたと思います。規模が大きく部材点数が多い上、ほぼ化粧材ですから、建て方も時間がかかります。金物工法大変なのかと思ったけど、大工さん曰く。「羽子板考えたらドリフトピンの方がの方よりマシ」という話でした。
d0017039_18513079.jpg
14:30ごろの状態。2階床合板は、釘打ちしてます。この後、ツーバイ用?のシートを合板に貼りました。化粧材雨対策でしょうかね。
d0017039_18513086.jpg
15時休憩時。2階の柱が入り始めました。中央の穴ぼこは全部吹き抜けです。
d0017039_18513057.jpg
下から見上げればこんな感じ。大工さんは三宿の時と同じで、狩野さん、森兄弟、新井さん、村木さん、石倉さん、沢舘さんの7名でした。今回の棟梁はまたまた、おなじみの狩野さんです(i+i 12棟目)。
by iplusi | 2017-07-03 19:08 | 横浜M邸 | Comments(0)
三宿N邸上棟
d0017039_22501381.jpg
三宿N邸上棟しました。ロフト付き2階建て、切妻屋根の住宅です。在来木造、屋根は登梁形式@910で充填断熱。野地は2層(24㎜+通気垂木45*55+12㎜合板)。中央左手上部、資材が置いてある部分はハイサイドライトになります。
d0017039_22501342.jpg
都内一等地ですが、お隣の敷地にクレーン車やトラック置けたので、建て方はスムーズ、初日に主要架構は全部かかりました。作業は、村木さん、森兄弟、狩野さん、新井さん、石倉さん、沢舘さんといういつものメンバー。7名がオール大工なので2日目のスピードも期待できます。
d0017039_22501296.jpg
角地なので、コーナー部のデザインはちょっと頑張っています。2階のコーナー部は柱なし。
d0017039_22501468.jpg
西側(写真右手)は半間オーバーハングしています。加えて南西角のバルコニーは2方向にオーバーハング。長期優良は使ってませんが、耐力壁が半間ずれるので、この部分910グリッドに梁を入れ、床倍率が3になるようにしました。
d0017039_22501364.jpg
屋根も耐力壁線間距離が結構大きいので、受け材入れて24㎜厚物合板の4辺固定仕様に。
切妻でスラストが発生しますから、小屋レベルに無理せず適宜つなぎ梁を入れています。棟木はつなぎ梁の上に束立てして支持、家具レイアウトの制約を少なくしています。

明日も大工さんたくさん入って、通気層付の屋根と外壁下地を一気に仕上げます。今回の棟梁は凄腕、村木さんです。準耐火なので家具などで見せ場をつくらねば。

by iplusi | 2017-06-15 23:11 | 三宿N邸 | Comments(0)
多摩NK邸上棟
d0017039_23214851.jpg
多摩NK邸上棟しました。2階はスキップしてるので1階の背が高く上昇感があります。また、アイプラスアイでは珍しい、ほとんどシンメトリーの立面。さらに、T字路の突き当りにあることもあって、軸組みの段階でも、神社みたいな象徴性が出てます。
d0017039_23215468.jpg
建蔽40%、平面7.5P角(1P=910)なので、床面積は決して大きくないのですが、勾配屋根やスキップフロアで、室内は少しだけ気積が大きくなっています。囲まれ感のある平面と、高さ方向のちょっとだけのゆとりが、とても気持ちのいいスケール感をつくっています。
屋根は中央にハイサイドライトがあります。2階の屋根は910ピッチで登梁形式。24㎜の厚物合板で剛床にします。
d0017039_23215198.jpg
今回の構造の要。庇用の片持ち梁は限界まで細く加工。その梁に取り合う胴差は梁受金物(ストローグ)で、梁上下の管柱は、ほぞパイプにして欠損を最小に。コボット付きますが、梁受金物やほぞパイプとコボットのビスが干渉しないかどうかは、原寸描いて検討済みです。

今回の棟梁は荻窪H邸と同じシバタさん。趣味は仕事、23歳。吉田工務店の監督は毎度おなじみの薮崎さん。アイプラスアイは中根が担当します。


by iplusi | 2017-03-11 23:50 | 多摩NK邸 | Comments(2)
オガスタコラボ 新潟T邸上棟
d0017039_18010376.jpg
オガスタコラボ、新潟T邸12/20上棟しました。写真はW小林さんに送っていただいたものです。
d0017039_18010318.jpg
垂木は2×10材(38*235)です。せっかく垂木成が大きいので積極的に構造として使い、母屋的な材の少ないシンプルな架構にしました。垂木端部は雪荷重大きいのでせん断が心配だから、大入れにせず、枠組み用の金物を使いました。
断熱でも、通気と200mmGWで垂木成をピッタリ使い切ります。棟木は露出となるので、垂木金物施工前に先張りシート入れていただいています。
d0017039_18010356.jpg
垂木はかなり長尺の部分もあり、図面も施工も大変だったと思いますが、オガスタのベテラン監督、小林秀さんの完璧な段取りで無事かかりました。ちなみに垂木はアイプラスアイで一度全種類詳細書いて、プレカット段階でもう一回寸法押さえ直していただいてます。また、構造意匠、両方どりなんで、垂木はかなり複雑な加工をしています。材積は最少ですが、思いっきり手間はかかってます。
d0017039_18010353.jpg
けらば垂木を受ける垂木は負担面積が大きいのでダブルにしました。転び止め兼用の面戸も一部入っています。合板張りますが2×10材はひょろひょろで横方向は頼りないので、下端合わせで2×6材を@1365で入れることになっています。てなわけで、それなりに大変な屋根ですが、つくり方は飛行機の翼と同じ。一切無駄がなくて気持ちいいです。
d0017039_18010314.jpg
垂木は残念ながら天井裏に隠れますが、1階土間の上の梁は露出です。右手の梁はスキップした1.5階の床梁。下部は天井高1.4mの大きな土間収納になります。基礎断熱だから、土間は比較的簡単につくれるんですね。1階は一般床より土間の方が多いです。
d0017039_18010268.jpg
公園側から見たところです。公園側にはapwの大きな開口が並びます。
by iplusi | 2016-12-21 18:41 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
横浜T邸上棟
d0017039_15361829.jpg
横浜T邸上棟しました。青木工務店大工のみなさん、天候の悪い中ありがとうございます。棟梁は狩野さんですが、アイプラスアイ案件はこれで10軒目だそう(川崎H邸、杉並U邸、西荻T邸、港北N邸、下北K邸、横浜K邸、高輪M邸、目黒I邸、横浜S邸、そしてこの横浜T邸)。
今回の屋根架構は天井懐に若干余裕があったので、母屋+垂木形式(ただし合板端部は小返しカット)にしたんですが、プレカットのマルダイさん、結構苦労されたようです。

by iplusi | 2016-07-21 23:50 | 横浜T邸 | Comments(0)
国立S邸上棟
国立S邸上棟しました。2階リビングの切妻型トンネル建築です。
d0017039_21491571.jpg
構法スタジオの授業で、お手本にできそうな美しい架構。棟木は2間ピッチ以下で柱支持。登梁はスパンが短いので4寸角@910。この上に24㎜の実付き合板を張って、メインフレームは完成です。認定低炭素でそれなりに分厚い断熱を入れなくてはならないから、登梁は隠してしまいますが、スラスト防止のつなぎ梁と棟持柱がつくる十字は、妻面からの光の中に象徴的に浮かび上がるはず。
d0017039_21492022.jpg
北側には一部ロフトがあります。抜け感をつくるため、北側外壁沿いは再び吹き抜けになっています。
d0017039_21492340.jpg
剛床と通気を両立するため、野地は2重に。45×60の通気垂木で軒を出しています。
d0017039_22360868.jpg
家の中央部、玄関ホール上部は吹き抜けで、3つの階段が架かります。
by iplusi | 2016-06-04 22:07 | 国立S邸 | Comments(0)
流山N邸上棟
d0017039_12000871.jpg
流山N邸上棟しました。2.5階建て、ちょっと背の高い住宅になります。低炭素があるので構造は見せませんが、屋根は登り梁@910のきれいな骨格。野地を2重にして剛床と通気を両立しています。
d0017039_11565424.jpg
南側が1mほど床が高くなったスキップフロアです。高い方の床と屋外デッキが同レベルになるので、結構複雑な架構になっています。
棟梁は若い篠塚さんです。i+i案件は松戸、江戸川、西白井に続いて4軒目なので安心です。

by iplusi | 2016-05-02 12:06 | 流山N邸 | Comments(0)
つくばN邸上棟
d0017039_13503814.jpg
2/27、つくばN邸上棟しました。ほぼ正方形平面、切妻の住宅です。
d0017039_13504422.jpg
南東角が吹き抜けています。屋根の集中荷重を受ける梁は、一部逆梁にしました。吹き抜けの角に柱がないので、ちょっと浮遊感がありますね。
d0017039_13504153.jpg
今回は垂木みせ。ピッチは455だと野地の面が大きいし、227.5ではややコスト高になってしまうからということで、@303にしてみました。でも、残念ながら、たてはぜ板金は@333。トップライトは屋根の目地とは合いません。
d0017039_13504587.jpg
今回一番苦労した部分。梁が2段になっています。南側の先端は、上段の渡り顎ではねだす梁の先からから、下段の梁を吊っています。柱にコボットがつけば構造は完成です。
欠損が大きくなりそうな通し柱と梁の仕口はプレカット会社の提案で、ストローグという構造金物を使っています。ストローグは無垢材との相性もいいし、金物自体が小さいので運搬費も安く済みそうです。

by iplusi | 2016-03-01 14:15 | つくばN邸 | Comments(0)
横浜S邸上棟
d0017039_12450565.jpg
横浜S邸、2/15上棟しました。横浜S邸は大きなテラスのある2階リビング型の住宅です。黄色い服が今回の棟梁、狩野さん。
d0017039_12450784.jpg
ここがテラス部分。9畳くらいの大きさがある「アウトドアリビング」です。1階のインテリアと構造を優先したので、デッキレベルは2階から40cm上がります。
d0017039_12451016.jpg
写真だけみても広々感がわかりますね。2階にあるのはLDKとトイレだけ。大きなテラスがある上に道路側の天井高は3m弱。ワンルームの非常にゆったりとした空間です。
d0017039_12451547.jpg
道路側外観は屋根なし。外壁はレッドシダーです。内部フローリングは、青木工務店の倉庫にストックがあった、メルバウとカリンを検討中。
d0017039_12451786.jpg
野地一層目の上の屋根通気垂木。ここは「けらば」部分ですが、軒とけらばの取り合うコーナーで、通気垂木を45度に振るのは青木さんの流儀。けらばの通気垂木は、エアーホール加工していただいてます。
d0017039_12452080.jpg
今回は仕上げがあるので関係ないけど、プレカットで合板加工すると、こういうR状の隙間ができます。床合板が下から見える場合は、柱をしゃくる等の加工が必要になりますので要注意です。
d0017039_19143539.jpg
胴差の継手の金物と、胴差と管柱柱頭柱脚取り合いの金物。柱頭柱脚の金物はスーパーダイマ製。ビス4本で施工性はとても良さそうですが、6.9knも出るそうです。


by iplusi | 2016-02-16 14:05 | 横浜S邸 | Comments(0)