コンクリートの眠り目地
d0017039_22122011.jpg竣工当時、所属していた会社のボスに「高橋君がいい仕事してるから見てきなさい」とかなんとか言われて、見学させて頂いた全労済情報センター、再訪です。
至る所に精巧なディテール(逃げがゼロなんていう納まりもある)があり、一般の方より専門家が「うへー」と声をあげる施設。
設計は高橋てい一さん率いる第一工房。施工は大成建設(の一軍)。これくらい大きな現場だと、一日200立米くらいコンクリートを打つのが普通ですが、この現場はきれいな打ち放しコンクリートのために、一日の打設量を職人の緊張感が持続する50立米に制限したんだとか。
例えば驚くべきディテールはこんな所にも。入口の列柱は柱の高さが7mちかくありますが、なぜか打ち継ぎ目地がありません。
一度に打設できるコンクリートの高さは4m位が限界。こんな高さのコンクリートを一発で打てば骨材が分離して、ジャンカだらけのコンクリートができます。したがって打ち継いでいないはずがないのです。
d0017039_22125742.jpg
よーく見ると、打ち継ぎ跡。目地がないんじゃなくて、「眠り目地」という見えない目地が入ってるということのようです。
1回目でっかい面木を入れてコンクリートを打設。2回目のコンクリートは、面木を取り外して、滑り込ませるように打設するとこんな具合になるのです。言葉で言うとそれだけのことだけど、実際の施工はそういった微細部分の充填、ピン角のエッジの処理、垂直性の確保など、非常に困難な施工だったと思います。

コンクリート打ち放しというのは、仕上げがない分安い、なんて思ってる方も多いと思いますが、この手の打ち放し仕上げは、通常のコンクリートの倍は手間がかかっている、非常に高価なものなのです。
# by iplusi | 2006-08-01 22:12 | その他いろいろ | Comments(0)
多摩N邸型枠脱型
d0017039_17461438.jpg
8月1日型枠脱型。コンクリートは耐圧盤、立ち上がりとも、一週で設計基準強度を上回る強度が出てました。上棟までもう一週間あるので、コンクリートの強度の発現は充分でしょう(打設後すぐ上棟する、この辺のスケジュール管理がいい加減な現場、結構多いので要注意)。

なにか遺跡っぽい風景です。
# by iplusi | 2006-08-01 17:50 | 多摩N邸 | Comments(0)
縁側アフォーダンス
d0017039_1135316.jpg
7月29日、多摩一本杉公園の民家で毎年恒例のカレーパーティー。公園内に移築された18世紀ごろ民家です。多摩市の公共施設になっていて、団体利用が可能です。お父さんは家族サービスするふりをしつつ、民家研究です。(笑)
d0017039_1163634.jpg
公園内には2軒の古民家があります。こちらは見学だけ可能な方で、18世紀初頭の民家。土間につづく空間は全面が竹のスノコで、まさにインナーデッキの家という感じです。夏場はひんやり涼しげですが、壁と屋根は隙間が開いていて、冬は相当寒かったと思われます。使われている木材は、欅、樫、栗など広葉樹が多いそう。雑木林の木で建てたということでしょうかね。我々が利用した民家は、この部分を板の間に改造したもの。
d0017039_1174537.jpg
で、こっちが利用してる最中の風景。すごい人です。こんな風に50名以上の親子がいても狭さを感じないのは、開放感のあるオープンルームだからでしょう。この民家、竈や釜も貸してくれて、飲食も可能。なかなかお得な施設です。
d0017039_1144116.jpg2方向に屋根と縁側がまわり、開放感を強調します。こんなふうに、建物越しに南の外部と西の外部がつながれば、コーナー部に屋外的な雰囲気がでてくるわけです。
d0017039_1252112.jpg
深い軒と、縁側は乾燥した床下をつくります。縁の下にできた蟻地獄をのぞき込む子供たち。蟻を落としてみたり、蟻地獄捕獲したりして遊んでます。建物は基礎立ち上がりがないのでシロアリには食われやすそうな構造。食われたのか腐ったのかわかりませんが、柱脚部で、継いである柱も沢山あります。
d0017039_1432888.jpg
縁側空間は食事や昼寝にも大活躍。屋根や柱があることで領域感が生まれ、外に向かう方向性が心地よい「居場所」をつくります。利便性やバリアフリーの名の下に、現代の住宅はどんどん均質化する傾向があるので、「方向性を持つ」というのは、大事な概念。
d0017039_1443180.jpg
この日のメインイベントは縁側でのかき氷大会。そして縁側は最後に記念撮影の雛壇としても活用されたのでした。

# by iplusi | 2006-07-31 01:15 | その他いろいろ | Comments(2)
打設グッズ
d0017039_1452352.jpg
打設グッツ3点。これがコンクリート充填時に使うバイブレーター。コンクリートに振動を与えて流動化し、型枠内の空気を追い出す機械です。住宅の現場で使われるのは大体30~40mm径程度のもの。できるだけ太径のものの方が良いとされています。

d0017039_1454083.jpgd0017039_145426100.jpg
弁当箱風はポンプ車のリモコンです。右側でブームを動かして、左側で、圧送量などを調整します。防水仕様のタッパーに入ってますね。
黒いプラスチックのピンは、コンクリート立ち上がりにの高さを正確に出す目印。こいつをコンクリート天端に挿して、レーザーレベルでみながら、皿ビス頭の高さを調整します。それを目印にコンクリート立ち上がりに天端にレベラーと呼ばれる材料を流し、高さ方向の精度を確保します。
# by iplusi | 2006-07-30 14:52 | その他いろいろ | Comments(0)
立ち上がりコンクリート打設
d0017039_14382468.jpg多摩N邸、連日作業が続きます。今日は立ち上がり部のコンクリート打ち。詳細はsnakamさんが後日書いてくださるそうです(トラックバック参照)。
この日も第三者の検査実施。これが標準的な検査一式。建主さんも何の検査をしているか知っておいた方が良いでしょう。

A:メーター付きの密閉型タンクは空気量測定器具。4.5%±1.5%がJIS規格。
B:スランプ確認。設計値±2.5cmが合格。
C:黒板。強度等が設計通りか確認し、伝票と照合。
D:圧縮強度試験用の供試体(最近はプラスチック性が多いみたいです。)。これを水中養生して、1週間後、4週間後に、でかい万力みたいな機械でつぶします。
E:コンクリート温度、塩化物量測定。

d0017039_16281847.jpgという具合に、こういった検査は検査でやるわけですが、今回のコンクリート工事の山場は、デッキ独立柱の精度確保。金物が立ち上がり頂部に入ってるのでずれやすく、土台もないので、逃げがきかないからです。こういう場合は木工事で微調整しながら建方することになります。
# by iplusi | 2006-07-27 13:14 | 多摩N邸 | Comments(2)
色の検討
d0017039_21525745.jpg

d0017039_2155037.jpg浦和Sさん。色の関係さっぱりわからないので模型にちょっと貼ってみました。ピアノ後ろの吹き抜け部の壁の黒はなかなか良さそう。その勢いでロフトの壁も全部黒く塗ってしまっても大丈夫だと思います。ロフト内部も黒くしておけば、ロフトだけが影が強くなるのをごまかせる気もするので。そうすると引き戸も黒かな?ロフトのキッチン側の壁、ハイサイド
d0017039_21542579.jpgライトのまわりも同じ色で回すという方針もよい感じです。
キッチンも黒で大丈夫そう。模型つくって判ったのは、エアコンと吊り戸棚の色の関係。性能優先で白いエアコン使うなら、その部分の壁は白くしておかないと目立ちます。
で、やっぱりこういう濃い色の床を使う時の最大の問題は階段の色。さて、どうしたものか。

# by iplusi | 2006-07-26 21:53 | 浦和S邸 | Comments(0)
スランプ試験
d0017039_1815201.jpgsnakam様:「すみか」のコメント欄に書いたスランプ試験、作業風景の写真がありました。(ルーティンワークなのであまり撮影しないのですが、H邸で撮ってました)
ちょうどこれがコーンを足でおさえて生コンを充填しているところ。鉄板の台座はレベル調整できる足をセットしてから載っけて、水平にします。一輪車は専用のかわいいやつ使ってます。コンクリートに挿してある根元がオレンジの棒が突っつき用です。
# by iplusi | 2006-07-26 18:17 | 多摩N邸 | Comments(1)
コンクリート打設@多摩N邸
d0017039_1628663.jpg多摩N邸、今日は耐圧盤のコンクリート打設でした。写真は第三者検査の様子。スランプ15、単位水量175kg/m3以下の、水分の少ないコンクリートです。最近は住宅でも第三者試験は一般的になってきました。必要な検査ですが、チェックはこれだけでは不十分です。
d0017039_16283136.jpgコンクリートの強度、スランプなどが、事前にチェックしている配合計画と合っているどうか、生コン車がいつプラントを出たか、などは生コン車が持ってくる伝票を見て確認します。29分で現場到着していますね。夏期は特に打ち上がりまでの時間が重要です。国交省の仕様書だと、暑中は練り混ぜから打設まで90分以内と決められていますので
d0017039_21513846.jpgそれを守れるように、プラントの場所、配員計画、時間打設量などを考える必要があります。また、夏の炎天下は打設後の養生の方法も考えないと、ひび割れの多いコンクリートとなる可能性があり、注意が必要です。
コンクリート打設については、その他チェック事項が山ほどあります。最初に潤滑剤としてポンプ車に流す
d0017039_21521033.jpgモルタルを型枠内に入れないというのもそのひとつ。
ちなみに以前よくあった加水問題。これが生コン車の操作部です。下のレバーは生コンを出したりとめたりするレバー。上の2箇所が水を出すバルブです。清掃用ですが、バルブひねればいとも簡単に加水ができます。こんなのチェックできますか?


てなわけで、第三者でテストピースとって普通の現場は良しとしてるわけですが、知れば知るほど、それ以外の監理・管理が重要だということがわかってきます。信頼できる工務店に依頼するべきなのはいうまでもありませんね。同じように見えてもできあがりの品質は全く違うものになります。

# by iplusi | 2006-07-25 16:32 | 多摩N邸 | Comments(1)
雑誌マイホームプラスに掲載されました
d0017039_21344049.gifカツドウノイエNo1、独立して最初の仕事、鎌倉Y邸が雑誌、MYHOME+(マイホームプラス)、「新・間取りの究極ガイド」に掲載されました。
「オープン間取りで心地よい家をつくる」という特集で、スキップフロアの代表として紹介いただきました。6ページにわたるメイン記事に加え、「いい間取りをつくる20のルール」の方にも、カウンター付き機能的キッチンやウォークスルークロゼットの事例として載せていただくという、なかなかの充実ぶりです。下写真は撮影中の様子。
d0017039_2138916.jpg

# by iplusi | 2006-07-24 21:34 | 鎌倉Y邸 | Comments(8)
配筋検査@多摩N邸
d0017039_14243337.jpg
業務連絡:snakam様。配筋チェックしてきました。N邸は設計図の他、性能保証機構の基準を満たしていれば合格です。

1.立ち上がり主筋(写真赤ライン)D13上下→設計図通り、OK
2.同補強筋(写真青ライン)D10上下→性能保証機構の仕様は開口部のみだが、全数入れている=もちろんOK、鉄筋径D13上下→OK
3.同縦筋(写真黄色ライン)D10@200以上→設計図通り、OK
4.同横筋(写真紫色ライン)D10@200以上→設計図通り、OK
5.耐圧板配筋(写真黄緑ライン)、性能保証機構標準仕様よりD13@200メッシュ→青木工務店標準仕様でd13@150メッシュ(少し贅沢な仕様です)、OK
6.各鉄筋の定着長35dかつ300以上、継ぎ手40d以上→OK
7.スラブ筋の馬、ドーナツによるかぶり厚の確保→OK

一部未配筋部分など鳶さんに確認。午後はK氏のチェック入りますのでみてもらいます。鳶のお兄さん曰く、道路からの離れは再度あたってみたが問題ない、とのことでした。
# by iplusi | 2006-07-24 14:24 | 多摩N邸 | Comments(1)