<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
三宿N邸竣工写真
三宿N邸竣工写真下記にアップしました。
ぜひご覧ください。
d0017039_19444956.jpg

by iplusi | 2017-11-30 19:46 | 三宿N邸 | Comments(0)
三宿N邸オープンハウス無事終了
三宿N邸オープンハウス無地終了しました。今回はこれからのお客様が沢山いらっしゃいましたが、妻面の色と空中の床の間はお客様にも大好評でした。
d0017039_19475816.jpg
天気良かったので、インナーデッキでバウンドした光がキッチン上部天井まで回ってますね。勾配屋根を活かした大空間はほぼワンルームですが、作り付け家具と置き家具で、居場所がたくさん作られています。
d0017039_19475727.jpg
ハイサイド下部にあるET型家具。高さ方向の真ん中がくびれてるので構造を真面目に考えました。立面コの字の板3枚で片持ちにしてます。吊り戸棚の左部分にはエアコンが仕込んであります。

次のオープンハウスは12月中旬の横浜M邸。設計者同じでも印象は正反対の家です。ご期待ください。



by iplusi | 2017-11-26 20:20 | 三宿N邸 | Comments(0)
今週末土曜日11/25 10時~16時 三宿N邸オープンハウス
いよいよ今週末土曜日は 三宿N邸オープンハウスです。建主さんのご尽力で植栽工事も間に合いました。
d0017039_18270683.jpg
飛び入りの見学希望の方は飯塚携帯090-6156-7488までお電話ください。なお、お子様連れの方はお子様用の手袋ご持参ください。皆様のお越しをお待ちしています。
d0017039_20444920.jpg
内装の微妙ない色合いも見どころです。


by iplusi | 2017-11-24 18:37 | 三宿N邸 | Comments(0)
11/25 三宿N邸オープンハウスのお知らせ
d0017039_01380722.jpg
来る11/25日(土曜日)、建主様のご厚意により、i+i設計事務所で設計監理を致しました、三宿N邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでお知らせします。

三宿N邸は、閑静な住宅地に建つ住宅です。敷地は4方向に斜線制限がかかる角地で面積は35坪。

外観は木外壁の基壇の上に、コーナーを欠きとられた切妻のボリュームが載る、印象的な形態となっています。1階は行き止まりのない回遊性のある間取り、2階は広々としたワンルームの間取りです。急勾配屋根の内部空間は、小屋裏収納を設け立体的に利用。屋根中央には上空から北向きの柔らかな光を落とすハイサイドライトを備えています。2階のダイニングの内向きの縁側は、リビングでは奥行きが増えて小上がりに変身します。

不燃特区の建て替え助成制度を利用するため準耐火建築となりますが、JBN方式の準耐火外壁で一部内外木張りに。防火窓もすべて樹脂製とした高気密高断熱仕様で、建て替え前の家とは比較にならない暖かさを実現しました。沢山の収納や、沢山の色見本とCGで検討を重ねた、内外壁の微妙な色あいも見どころです。交通の便の良い都内一等地の案件です。この機会にぜひお立ち寄りください。

なお、見学会は予約制となっております。お名前、ご連絡先、ご見学の人数、お越しになる大体のお時間、家づくり予定者・設計者・施工者・OB・その他の別、を下記までご連絡ください。

■住所:世田谷区三宿
■日時:2017年11月25日(土)、am10:00~pm4:00
■最寄駅:東急田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩12分             
■車の場合:近くにコインパーキング駐車場がございます。
■その他:トイレはコンビニ、近隣公園をご利用ください。
■壁が白いクロスで汚れやすいので、手袋の着用お願い致します。(手袋はこちらで準備致します)
■お子様でも手袋をされない方はご入場できません。(お子様用の手袋をできるだけご持参ください)
■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
  mail: yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_01381001.jpg
塗装中。これから奥の妻壁に日干し煉瓦色を入れます。
d0017039_01381281.jpg
キッチンから脱衣に抜ける裏動線です。
d0017039_01381577.jpg
ダイニングテーブルも設計しました。天板はタモの剥ぎ材。脚はタモの集成材です。村木棟梁に作ってもらいました。なかなか良いです。

by iplusi | 2017-11-15 17:57 | 三宿N邸 | Comments(0)
稲毛S邸上棟
d0017039_01594262.jpg
稲毛S邸11/13に上棟しました。これは2階ですが、大きなロフトが上空に浮かびます。アイプラスアイには珍しく、屋根は母屋方向に材が入っていますが、斜め方向に910ピッチにして材はローリング。24㎜の屋根合板を張りやすくしています。
d0017039_01594236.jpg
棟木より登梁が大きいので柱勝ちにして四方金物に。綺麗な納め方ですね。棟木の継ぎ手設けなくてもよいし。
d0017039_01594269.jpg
理由忘れたけど、登梁下部もストローグで納めました。登梁が桁からこぼれるけど柱持たせにできないからかな?まあ安全側だからいずれにせよOKですが。
by iplusi | 2017-11-15 09:00 | 稲毛S邸 | Comments(0)
「LiVES vol.96 クリエーターたちの家」
d0017039_13012332.jpg
私事ですが、本日51歳になりました。ふぇブックでお祝いのメッセージくださった皆様ありがとうございます。
つくばN邸が掲載された雑誌「LiVES vol.96 クリエーターたちの家」は、明日11/15発売。とても良い誕生日プレゼントになりました。クリエイター特集ということで、濃厚なインテリア満載です。ぜひご覧ください。

by iplusi | 2017-11-14 13:00 | つくばN邸 | Comments(4)
構法スタジオ2017年中間提出
2017年今年の構法スタジオ、飯塚クラスの中間提出を行いました。ひとまず写真だけですがエスキース=撮影順にご紹介。(作品に対するコメントは時間がある時書き込みます。)
d0017039_13512510.jpg
馬場さん。
d0017039_13512530.jpg
中嶋さん。
d0017039_13512607.jpg
青沼君。
d0017039_13512609.jpg
工平君。
d0017039_13512984.jpg
野口さん。
d0017039_13512598.jpg
矢部さん。
d0017039_13544719.jpg
黄君。
d0017039_13544745.jpg
石川さん。
d0017039_13544739.jpg
河野さん。
d0017039_13544882.jpg
井上さん。
d0017039_13544836.jpg
島田さん。
d0017039_13544709.jpg
杉本君。
d0017039_13560196.jpg
大川君。
d0017039_13560108.jpg
高尾君。
d0017039_13560133.jpg
村上君
d0017039_13560129.jpg
鶴川さん。
d0017039_13560146.jpg
松川君。
d0017039_13560097.jpg
吉山君。
d0017039_13570468.jpg
岡部君。
d0017039_13570497.jpg
大里君。
d0017039_13570412.jpg
仁尾君。
d0017039_13570348.jpg
コウさん。


by iplusi | 2017-11-10 14:13 | 構法スタジオ | Comments(0)
荻窪K邸上棟
d0017039_23341788.jpg
11/7荻窪K邸上棟しました。K邸は2階リビングの住宅です。2階南の3スパンが全部窓です。規模は普通ですが、大きなロフトがあったり、微妙なスキップがあったりで、意外と部材点数が多いので、組むのは結構大変だったんじゃないでしょうか。
d0017039_23341759.jpg
梁は定番のドライビーム。刻印の「SD20=含水率20%以下、梁成の大きな材はE110以上」はうちの事務所では特記仕様書で指定しています。今回も軸組みは、在来をベースに一部金物工法を併用するハイブリット方式。金物はストローグのHSSです。ストローグのHSS金物は出が小さく運搬上有利で、多くのプレカット会社が採用しています。ヤング係数の指定はあるけど無垢材でも使えます。
d0017039_23341886.jpg
金物は貫通ボルト方式ですが、ボルト頭が小さく、意匠的にも好ましいです。
d0017039_23341795.jpg
屋根は登梁方式。24mm合板で剛床をつくります。桁、棟木、母屋(一部のみ)は合板が張れるように、頂部を斜めにカットしています。プレカット屋さんは、通常この加工のことを「小返しカット」と呼びます。腰掛鎌継(こしかけかまつぎ)の男木部分を小返しカットするとこんな形になります。腰掛部の断面が台形になっているのがわかりますかね?
d0017039_23341763.jpg
1層目の野地の上に通気垂木を流し、2層目の野地合板を張ります。2層目の野地は12mm。今回は実付き(さねつき)の合板を入れていただいてます。2層目は通気の外側なんで、「さね」は気密性には関係ないけど、不陸防止には役立つはずです。
by iplusi | 2017-11-08 00:08 | 荻窪K邸 | Comments(0)
横浜M邸仕上工事
d0017039_12292192.jpg
横浜M邸は内部大工工事は終了。これから塗装工事がはじまります。天井も塗装仕様ですが、吹き抜けが大きいので、クサビ緊結式足場組んでます。
d0017039_12292108.jpg
作り付け家具工事も終わっております。これはキッチンのアイランドカウンター。引き出しレールは評判のいいハーフェレのものを使ってます。天板は、モールテックス、デクトン、アイカクリスタ、コーリアン、ナチュラルクオーツ(アドヴァン)、などなど数々の候補ありましたが、結局、黒いサイルストーンになりました。納期かかるので、取り付けはこれから。

by iplusi | 2017-11-07 12:37 | 横浜M邸 | Comments(0)
伊賀の家基礎工事
d0017039_16455596.jpg
「伊賀の家」プロジェクト、基礎工事がスタート。ABC3棟ありますが、まずはB棟から配筋してます。この後、A棟C棟と進みます。この写真は社長の森さんが本社屋から撮影したものです。
d0017039_16455639.jpg
もう少し西側の風景はこんな感じ。地名は「ましの」というエリアなんですが、漢字で書くと「猿野」。「日本昔ばなし」のような牧歌的な風景が広がります。

by iplusi | 2017-11-03 16:52 | 伊賀の家 | Comments(0)