<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
軸組みCG @新潟T邸
d0017039_01232993.jpg
オガスタ新潟とのコラボ、新潟T邸。在来木造ですが、スキップフロアで屋根はツーバイっぽい、やや特殊な架構になるので、スケッチアップが得意な新人、須貝君に軸組みCGをつくってもらいました。CGだとすぐ直せるし、部材ごとに色が変えられて便利ですね。
同時進行で、仕上げのCGも作成してます。人体のデッサンをするときに骨や筋肉を意識しながら描く感じに近いでしょうかね。
by iplusi | 2016-04-26 01:33 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
新しいお仕事@町田
d0017039_14471561.jpg
町田K邸01案。新しいお仕事です。敷地は北側は公園で、道路付けは北と西の角地です。南側に隣家が迫るので、南上がりの片流れ屋根とし、ハイサイドライトで採光する形式を検討。眺めのいい北側は軒をさげて横連窓で風景を取り込み、西方向は角地の特徴を生かす台形窓で家の顔をつくりました。
d0017039_14471523.jpg
敷地は50坪以上あってそこそこ広いのですが、こんな具合に不整形。Kさんが仕事で使う車2~5台の駐車スペースを求められているので、建物を真ん中に置いて両脇を駐車スペースとしました。残りの建物南の三角の部分が庭になります。凹み型のバルコニーを庭に向かって確保しました。
d0017039_14471534.jpg
上の写真は北側の公園。下の写真は南側の隣家です。
d0017039_14471537.jpg
ちなみにKさんは、世田谷Sさんご主人の先輩で、土地探しの段階からいろいろ相談いただいています。

by iplusi | 2016-04-16 02:25 | 町田K邸 | Comments(0)
横浜S邸外壁張り

d0017039_11004067.jpg
横浜S邸は狩野棟梁、外壁の施工中です。軒天も現場でレッドシダーに変更ました(防火はかかりませんが、下地は硬質木片セメント板=告示仕様防火構造になっています)。木の量感があってよいですね。
d0017039_11004071.jpg

一間半で高さが2200のサッシが二つ並んでます。スケールがちまちましていないので、ダイナミックな北米っぽい感じが出てます。
d0017039_11004098.jpg

南側は長さ3間分の梁が跳んでますので、バルコニーは囲まれ感があります。床はこの屋根の上にデッキ材を施工します。設計はサイプレスですが、より耐候性の高い樹種を検討中です。
d0017039_14193790.jpg
内部フローリングは全部終わっています。材料はカリンの無垢(乱尺、無塗装品)。最高級の材料ですね。塗装すると素晴らしい質感になるはずです。青木さんの倉庫にあったストック材を使わせていただきました。

by iplusi | 2016-04-12 11:11 | 横浜S邸 | Comments(0)
つくばN邸今日の現場
d0017039_22211434.jpg
つくばN邸今日の現場。サッシが付きました。南側の大開口は引違いサッシに重ねるように、開口部中央に柱を立てています。
d0017039_22211472.jpg
屋根の施工も完了。トップライトもつきました。外壁通気胴縁も終わっています。
d0017039_22221115.jpg
内部は断熱材が入っています。配管や電気も進行中。フローリングは届き次第張りはじめます。
by iplusi | 2016-04-09 22:32 | つくばN邸 | Comments(0)
国立S邸地鎮祭+工事契約
d0017039_14485014.jpg
今日の午前中は国立S邸、地鎮祭+吉田工務店との工事契約でした。敷地は駅から徒歩9分の高台。建ぺいは低いので空が広いです。地盤は良く改良はなし。お隣の建売は完成して絶賛販売中。白く窓が少なく過剰な主張もなく、とてもありがたいです。

d0017039_14485286.jpg
今日の神主さんは、うちの子供の受験のお参りでもお世話になった、谷保天満宮からいらっしゃいました。儀式の意味、作法(正しい礼の仕方・手の位置、柏手の打ち方、会釈の仕方、玉串の持ち方や回転方向など)、言葉の意味(直会や右左の優劣など)などについてかなり細かくSさんに説明され、脇で聞いていて、私もとてもためになりました。

徳の高い神主さんに土地の神を鎮めていただきましたので、後は安全に工事を進めていくだけです。Sさん、吉田さん、よろしくお願いいたします。

by iplusi | 2016-04-09 15:00 | 国立S邸 | Comments(0)
流山N邸プレカット打ち合わせ
d0017039_17282016.jpg
流山N邸、今日はタケワキさん秋山木材さんとプレカットの打ち合わせでした。床段差の多い構造のため、在来と金物(ストローグHSS金物)を併用した軸組になります。

コボットまわりは、HSS金物とコボットのビスの取り合いが微妙なので、あえて在来に。3方刺しの仕口とコボットが取り合う部分は、2方を「胴差」に、せん断が小さそうな1方を「桁差」にして逃げました。
省令準耐火なので合板は見えないから、合板はプレカットに。そのほか、横使いしていい金物とか、6m超えると強度指定(ストローグは無垢でも使えますがE50以上が要求されます)難しいとか、プレカット屋さんと打ち合わせすると、毎度いろいろ発見があります。


by iplusi | 2016-04-08 17:47 | 流山N邸 | Comments(0)
スイッチプレート・コンセントプレートの比較
d0017039_17120845.jpg
電気屋でパナソニックアドバンスシリーズのプレートを売っていたので買ってきました。事務所にあった他のプレートと比較してみます。右上から時計回りに、パナソニックのアドバンスシリーズのコンセントプレート。同スイッチプレート。神保のNKPのプレート(ホワイト)、NKプレート(チョコ)、パナの新金2型、パナの新金1型。

一番スクエアなのは神保NKP。アドバンスシリーズは正面から見たとき2RくらいのRがついています。アドバンスより、神保NKPホワイトの方がやや黄色が強いです。見付けサイズは70*120で共通ですが・・・
d0017039_17120861.jpg
厚みは結構違っています。左からアドバンスシリーズ4.5mmくらい、新金1型5.5mmくらい、神保6.5mmくらい、新金型9mmくらい。

設計事務所に頼む場合、少しでも自分のこだわりを実現したいということで、デザインを主張させたがるお施主さん多いのですが、コンセントやスイッチはあくまで脇役です。できるだけデザイン統一、かつ主張しないように、また工事の上では、挿すだけで結線が完了するものを選ぶべきだと思います。そのほかの注意点は以下の通り。

・スイッチの大きさをどうするか→操作性が良い大きいものがいいか、デザイン優先で小さいものがいいか
・エアコンコンセントや大きな2連3連のプレートを目立たせなくできるか
・タイマー、センサー、ノズルプレートなどに対応できるか
・木の壁、色付きの壁はどうするか

アイプラスアイのお客さんで最近一番多いのは、ちょっとクラッシックに下記のような組み合わせをする方。白壁部はレイアウトが下手だと台無しですが、ルールはとても単純です。
・一般部、ビスありの新金1型+フルカラー(ホワイトまたはグレイ)
・タイマー、センサー、コスモの新金1型
・エアコン部も目立つけど構わず新金1型
・色壁もそのまま新金1型で

でも、インテリアが白系主体なら、下記の組み合わせが一番無難だと思います。
・一般部、エアコン部すべてNKP
・タイマー、センサーはラフィーネアシリーズのホワイト
・木の壁や色付きの壁は、NKPのグレイ、ブラック、チョコ、新金1型で一番目立たないものを適宜。

今度流山N邸では、スイッチを操作性の良い大きい物にされたいということで、アドバンスシリーズを全面的に使う予定です。上記NKPをアドバンスに読みかえて
・一般部、エアコン部、センサーはすべてアドバンスシリーズ
・タイマーはラフィーネアシリーズのホワイトにして、裏に隠す
・木の壁や色付きの壁は、NKPのグレイ、ブラック、チョコ、新金1型で一番目立たないものを適宜。
これも上手いかもしれませんね。

by iplusi | 2016-04-06 17:53 | その他いろいろ | Comments(2)
流山N邸配筋検査
d0017039_16181445.jpg
流山N邸は3月末より工事始まってます。今日は配筋検査by熊澤。タイル張り在来浴室はコンクリートで立ち上がりつくるタケワキさん仕様。ホールダウン用のアンカーボルトはフィストアンカーなので1回目の打設は気楽です。明日は雨のようなので、明後日打設予定です。プレカットの打ち合わせは金曜日@事務所。


by iplusi | 2016-04-06 16:23 | 流山N邸 | Comments(0)
横浜T邸基本設計案
横浜T邸はプランが固まり、基本設計図面の作成中です。
d0017039_18050941.jpg
道路側のファサード。切妻でシンメトリに窓が配置されています。1階には木を張る予定です。
d0017039_18050939.jpg
庭側のファサード。2階には屋根付きのテラスがあります。「かつてはモダンだった印刷工場」的な、威張らない感じがでるといいんじゃないでしょうか。
by iplusi | 2016-04-04 18:16 | 横浜T邸 | Comments(0)
飯能K邸 スケッチアップ+手描きスケッチ
4/3、飯能K邸、基本設計打ち合わせ。
d0017039_20523774.jpg
飯能K邸、1階は部分的に40cm高いところと40cm低いところを作る案で落ち着きました。
d0017039_20215873.jpg
Kさんの奥様が作成したスケッチアップデータ。なんと、家具も入力されていたので、家具についても打ち合わせ。スケッチアップデータを確認しながら、やりたいことをヒアリング。
d0017039_20220147.jpg
その場で手書きスケッチして、イメージ確認しました。これは脱衣室です。脱衣かご上のガラス開口から、谷側の風景が見えるかどうかを議論。洗濯機は国産か外国製か、それによる納まりの違いなどを確認しました。
d0017039_20220204.jpg
これはキッチンとキッチン隣のたまり空間についてヒアリングしながら描いたスケッチ。珍しく鉛筆で書いたので味がないですが。コンベックスで寸法を測りながら、「ワゴンサイズはこのぐらいだと重すぎて動かしにくそうですねえ」など言いながら描いています。打ち合わせ中に、こんな風に描くとイメージが共有しやすいです。


by iplusi | 2016-04-03 20:38 | 飯能K邸 | Comments(0)