<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
外壁色再検討 @さいたまO邸
Oさんからは、グレイ系の単一カラーにして、玄関ドア、デッキ、窓枠などの部分を強調する作戦はどうか、というご要望を頂いています。2階はウッドブラインド、その他はスチールブラインドの予定。

ひとまず、全部の可能性を試すという意味で、一度今まで決めてきたことを忘れて再検討してみます。
d0017039_3592697.jpg
A案。最もオーソドックスに、へこんだ部分のみ木にする案。建築としては最も一般的な表現です。白井T邸も杉並U邸もこのやり方。これら2軒と違うのは、道路側はへこむ元の形が切り妻のシルエットだけでへこむ木の面が大きいので、アクセントに見えないということ。確かに山小屋風に見えなくもないかもしれませんね。
d0017039_3592856.jpg
B案。木の範囲を絞って、1階を黒く。木のエリアは火星人風のシルエットで見せるやり方です。ちょっと半端ですかね。
d0017039_3593229.jpg
C案。玄関ドアとデッキだけを木にして、三角の妻は白くしたもの。なんとなくキッコーマン風?、白黒だと民芸和風テイストになるから不思議です。
d0017039_3593696.jpg
D案。C案の白い妻を木にしたもの。インダストリアル風という内観イメージとも合いそうだし、これは悪くないと思います。玄関ドアはど真ん中についてないのですが、そんなに気にならないでしょうか。妻部分は、江戸川で使ったようなシングル系の表現もよさそう。外壁の黒は小波でも雰囲気でるはずです。

ところで、このように屋根板金を濃い色にした場合は、サッシも黒で統一すると破綻なく納められます。1階両脇の強調したくない窓も消すことができます。黒サッシ+黒外壁は下高井戸M邸でも使っている作戦。
d0017039_3593964.jpg
E案。黒系ですがアクセントに木を使うというリクエストを反映したもの。これも悪くないですね。
d0017039_3594231.jpg
F案。ここから先は屋根板金を白く(淡いグレイに)した場合のパターンです。コントラストが強くなるので、A案よりは山小屋感は消せそうです。
南面(向かって左側の見えてない面)などを考えると、白い面に黒いサッシは強すぎるので、サッシは部位によって変えることも検討必要です。
d0017039_3594777.jpg
G案。F案ベースで、強調したい窓枠は白く、強調したくない窓枠は白くしないやり方。サッシは白と茶を組み合わせて使うことになるでしょう。窓枠を白くするのは昔の洋館などで使う方法なので、すごくクラッシックな雰囲気が出ます。これも面白いと思います。
d0017039_3595285.jpg
H案。妻を白くした案ですが、外回りの板金が白い仲間がいるので、民芸調にはなりません。

さて、このように白、黒、木の色と3色の素材が出た場合、白と黒に何を使うかが重要です。一番やっちゃいけないのは板金の色違い。この案の場合、白は板金。黒は吹きつけなどが無難です。
d0017039_3595519.jpg
I案。全体を白く。昭和な感じがするのはなんででしょうか。ちょっとカントリー系のかわいらしさがでてしまうんじゃないかという気がします。 
d0017039_40030.jpg
J案。E案の板金を変えて、外回りを白くしたパターン。インダストリアル風その他の、ご要望をできるだけ反映するのならこれですかね。黒い部分は左官。汚れるのでジョリパットなどで墨入りモルタル風に。外回りは小波なら板金は白系またはシルバー系ででビスみせ。横吹きならサイディングに見えないように白系は避ける方がいいかも。
d0017039_40363.jpg
K案。D案の外回り板金白バージョン。これも悪くないと思います。J案より木の量が多いので、外も割り板金はメタリックにしたほうがよさそう。
by iplusi | 2015-05-31 00:10 | さいたまO邸 | Comments(0)
下高井戸M邸 オープンハウスのお知らせ
来る6/13の土曜日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理いたしました、下高井戸M邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでご案内致します。
d0017039_11261986.jpg
□住所:杉並区下高井戸
□日時:2015年6月13日(土)、10:00~16:00
□最寄り駅:京王線「桜上水駅」、井の頭線「西永福駅」
□車の場合:周辺にコインパーキングあります。

見学会は予約制となっております。見学希望の方は、お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家作り予定者・設計者・施工者OB・その他の別をお知らせください。
折り返し、ご案内お送りします。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚豊
  mail: yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_11243348.jpg
下高井戸M邸は、閑静な住宅地に建つ住宅です。敷地は日当たりの良い南西の角地。しかし地形は、鋭角に尖る台形で、南下がりの傾斜があります。

鋭角かつ斜面となる敷地南側には駐車場と庭を割り当て、北側の比較的平坦な部分に建物を配置。高度斜線がかかる狭い平坦なエリアを有効活用できるよう、外観は南北異勾配の切妻屋根とし、南側は斜面上にオーバーハング。天井の高い開放的な2階リビングを実現しました。

南側の窓の上には斜め状に庇を出し、夏の日差しに配慮。また、電柱が正面に立つテラス部分は、三角に開口し視線を斜めに抜くよう計画しました。
外壁は昔ながらの焼杉、内部は懐かしい趣きのある垂木あらわしのインテリアですが、敷地形状にも呼応した開口部や屋根の幾何学的な処理により、「古さ」と「新しさ」が同居する個性的な住宅になっています。

省エネルギー対策等級4に適合させた上で、屋根通気層を設けて、温熱環境にも配慮。住宅性能証明書を取得します。
by iplusi | 2015-05-29 11:36 | 下高井戸M邸 | Comments(0)
雑誌「OCEANS」 葉山AB邸掲載
d0017039_2119131.jpg
男臭くて格好いい父親のためのライフスタイル雑誌、OCEANS(オーシャンズ)の「OH!家事情」というコーナーに、葉山AB邸掲載いただきました。本文含め、色にスポットを当てた記事になっているのですが、よく見ると、ご主人と奥さんの服の色が壁の色と合ってますね。
d0017039_2122853.jpg

by iplusi | 2015-05-29 10:21 | 葉山AB邸 | Comments(0)
&home撮影 @世田谷S邸
昨日は世田谷S邸、&homeの撮影でした。カメラマンは今坂雄貴さん、ライターは若山さん。
d0017039_1852879.jpg
世田谷S邸は地震の年の2月に竣工したので、丸4年経過してます。1階の東側のコーナー。エッジを出してわざとペナペナにみせる天井の見せ方が独特です。天井のある部分で電気配線を処理しています。
d0017039_19584060.jpg

ダイニング。2階は227ピッチで並ぶ垂木が綺麗です。ダイニング上部のロフトからは、屋上テラスに出られます。ダイニングテーブルも青木さんにつくっていただいたもの。
d0017039_19553245.jpg
壁向きのキッチンは奥さんのリクエスト。アイランドカウンターの上にオープンな吊り戸棚がぶら下がっています。左奥、中庭にすぐ出られるところに洗濯機が隠れています。
d0017039_185218.jpg
ダイニングからリビング方向をみる。ロフトの窓の光が勾配天井を舐めるように落ちてきます。1階とは吹き抜けでつながっています。S邸の建具は通り抜け型の脱衣室とトイレ、3箇所だけ。家の殆どの部分がワンルームにつながっているのです。
d0017039_1852428.jpg
リビング。北側はうんと下がっているので、高いところがより高く見えます。右手の背の低い窓の向こうが中庭です。お隣の視線が気にならないよう、わざと低く押さえています。パインの床もヒノキ合板の天井も大分焼けましたね。
d0017039_18515760.jpg
Sさんが購入した家具もすっかり家に馴染んでいます。
d0017039_21513490.jpg
愛犬雑誌並みにワンコが活躍。&home46号は全国の書店で7月15日発売予定です。
by iplusi | 2015-05-27 18:53 | 世田谷S邸 | Comments(0)
下高井戸M邸 足場解体
d0017039_12262526.jpg
下高井戸M邸足場外れました。焼杉なのに三角開口。「古さ」と「新しさ」が同居するかたち。びっくり形態だけど、南側窓の窓上には庇をだすという当たり前のセオリーはきちんと押さえています。東寄りの2階の大窓、ちゃんと影ができてますね。
d0017039_12261456.jpg
三角開口の内側から見た様子。ウッドブラインドにする予定なので、窓枠や無目は焦げ茶色でまとめました。インテリアはむしろレトロな感じです。
d0017039_1226151.jpg
階段は上下に重ねるのが普通のやり方ですが、今回、2階に上る階段と、ロフトに上がる階段は、直交してます。
d0017039_2126282.jpg
大分明るくなったかんじですね。
by iplusi | 2015-05-21 12:25 | 下高井戸M邸 | Comments(0)
元住吉M邸 上棟2日目
初日は手おこしの上棟。2日目は青木さんの大工8人で、金物、通気層付きの屋根下地、ルーフィング、外壁ダイライト下地、2階床下地を一気に仕上げてます。いつもどおりチームワークは最高。早くて気持ちいいですね。
d0017039_21382951.jpg
南側2階は全部窓です。防火かかりますが、軒天にシャッターを入れて納めます。中央にはコボットが付きます。
d0017039_2138402.jpg
ぽっかり空いた床が、ラピュタのラストシーンっぽいですね。
d0017039_21383312.jpg
床の穴から、南大窓とハイサイドの光が降ってきています。
d0017039_2138425.jpg
北側の窓はダイライトでふさがってますが、それでも十分な明るさですね。2階北側の個室には、吹き抜けに掛けられたブリッジからアクセスします。
by iplusi | 2015-05-15 21:42 | 元住吉M邸 | Comments(0)
元住吉M邸 上棟
d0017039_1914570.jpg
元住吉M邸上棟しました。北側の屋根はほぼフラット。南側の屋根は南側の屋根は、太陽光のっけるので4.5寸勾配で北上がりになっています。屋根の段差部はハイサイドライト。北上がりですが、明るい天井になるはずです。
d0017039_1914779.jpg
2階から取り込んだ光を吹き抜けを介して、1階に落とします。1階リビングなので、吹き抜けは結構大きくとっています。
d0017039_1914413.jpg
南側の屋根は8寸の登り梁に、4寸のローリングした小梁(母屋)がかかる明快な構成です。
by iplusi | 2015-05-14 19:03 | 元住吉M邸 | Comments(0)
さいたまO邸内装検討
d0017039_1371923.jpg
スケッチアップを使って内装の検討を行いました。空間のつながり表現は模型の方が数段上ですが、照明を置かなくても薄暗くならないし、色を含む内観の検討には意外と便利です。

シーンを登録すると、シーン間を補完して簡単に動画が作れるので、多方向から模型を眺める感覚で作業できます。計算も速く、さくさく動くので、プレゼンツールというより、設計ツールとして使えます。いきなりスケッチアップで設計始めるのも可能です。アイプラスアイでは、徐々にそのやり方を試しています。
by iplusi | 2015-05-12 01:38 | さいたまO邸 | Comments(0)
江戸川M邸プチ見学会
d0017039_21521559.jpg
4月末、設計中、施工中のお客様と一緒に、江戸川M邸お邪魔してきました。
沢山写真を撮ってきたので、picasaなどにもアップする予定ですが、ひとまずお気に入りの1枚を。
by iplusi | 2015-05-09 21:38 | 江戸川M邸 | Comments(2)
下高井戸M邸 今日の現場
d0017039_20433149.jpg
下高井戸M邸今日の現場。外壁のエッジ部分。原寸の型板までつくって指示しただけあって、とても奇麗におさまりました。
d0017039_20434893.jpg
2階西方向を見る。奥の壁沿いに回りこむように光が射して、奥行きが強調されています。正面はテラスから吹き抜けに光を落とすための嵌殺し窓。階段がかかると効果を発揮するはず。
d0017039_20432425.jpg
2階東方向を見る。屋根は南北で異勾配です。ロフトの床も薄く、浮遊感がありますね。
d0017039_2043302.jpg
玄関ホールからの見上げ。ロフト階段がかかると、ちょっと風景が変わります。
by iplusi | 2015-05-09 20:45 | 下高井戸M邸 | Comments(0)