<   2013年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
櫛引N邸01案
d0017039_16204628.jpg
新しいお仕事、櫛引N邸01案です。建物は間口芯々3.3mで計画中。先日の浦和S邸見学を受け、1階の南の壁は斜めにはね出しました。生き物っぽく楽しげな姿にまとまりましたが、「スターウォーズっぽいですね」とNさん(笑)。
by iplusi | 2013-09-30 16:04 | 櫛引N邸 | Comments(1)
浦和S邸 プチ見学会
d0017039_1823777.jpg
先週末は、川越Kさん、櫛引Nさんと一緒に、浦和S邸に伺ってきました。築7年ですが、斜めになった杉板張り外壁の部分は、雨が当たりにくいためか、綺麗なままでした。
d0017039_1825191.jpg
キッチンの使い勝手など検証中。「キッチンが孤立しないので、お友達来た時などは、とても良い。アイランドカウンターの背を高くしないで良かった。」、と奥さん。
d0017039_183516.jpg
リビングは何も置かず、広々させています。床は無垢のカリン。壁はシルバーのガルバリウムです。
d0017039_1831821.jpg
左の階段をあがるとロフトです。ロフトから屋上にも出られます。
by iplusi | 2013-09-29 17:55 | 浦和S邸 | Comments(5)
房総B邸03案 スキップフロアを試す
房総Bさん、せっかく設計事務所に頼んだんだのだから、スキップフロアも試してみたいとのこと。今回はともかくスキップをやってみます。
d0017039_13484714.jpg
見かけは普通の単純な切妻なんですが、
d0017039_1349849.jpg
中は空間に3つの箱が入れ子された複雑な構成になっています。薪ストーブはご要望通り玄関土間に設置しました。
d0017039_13493746.jpg
箱の間を縫って上がると、そこは展望の良いソファースペース。
ずれた床の間で世帯間をつなぐなど、2世帯住宅の新しい接続方を研究しています。
by iplusi | 2013-09-29 13:52 | 房総B邸 | Comments(1)
荻窪H邸地鎮祭 feat.建築知識
d0017039_21212193.jpg
今日は荻窪H邸、地鎮祭でした。今日の神主さんは、杉並区代表として伊勢の式年遷宮にもいらっしゃる宮司さんということで、非常にありがたいお話をいろいろいただけました。なんでも、地鎮祭という儀式は1300年前から、ずっと変わることなく行なわれてきたものであるそうです。
これから数ヶ月にわたって、「木造現場監理写真帳」のニューバージョンの撮影もするということで、雑誌「建築知識」の坪井さん、東さんにもお声掛け。地鎮祭に参加いただきました。
現場は地縄確認、ベンチマーク決めの後、遣り方の工事。来週は引き続き、地盤改良工事の予定です。
by iplusi | 2013-09-28 21:24 | 荻窪H邸 | Comments(1)
塗装工事進行中 @杉並B邸
d0017039_12575574.jpg
杉並B邸、昨日の現場。大工工事が完了し、塗装工事やルナファーザーの下地工事が進行中です。柱はEPで、階段はオスモのワンコートオンリーで白くしてみました。石膏像の様に、陰影が強調されます。階段下にはソファーを設える予定です。
by iplusi | 2013-09-26 13:00 | 杉並B邸 | Comments(0)
房総B邸02案
d0017039_18484058.jpg
新しいお仕事、房総B邸です。敷地は広く、日当たりも眺めも良好です。2世帯住宅ということで、プライバシーと広々感の両立がテーマです。
太陽光発電の将来対応もしたいということでしたので、02案はひとまずオーソドックスな切妻型の住宅を提案させて頂きました。
by iplusi | 2013-09-18 18:56 | 房総B邸 | Comments(0)
「分割」と「入れ子」
d0017039_1884488.jpg
「間取り」とはなんでしょうか。「間取り」という言葉から直接的にイメージされるのは、一つの輪郭から部屋を間取っていく、平面の「分割」という行為です。分割された各々の単位は、大きさを除けば、幾何学的には対等な関係ですが、平面が壁で分割されるので、体感される空間の大きさは小さくなってゆきます。
一方、「入れ子」という仕組みは、空間の中で、各々の輪郭を維持したまま重ねあわせることですから、境界面を注意深く設定すれば、空間が狭くなることはありません。入れ子状態が作られると、境界の「内と外」という関係が生み出され、空間に多様性が生まれます。

写真は、杉並B邸の入れ子された部屋。省令準耐火の建築なので、ダイライトで裏打ちされた突板の不燃木パネルを張って、入れ子感を強調してみました。
d0017039_20311410.jpg
入れ子された空間の外側の空間は、もちろん内部なのですが、入れ子空間からみて「外」になります。「外、内の外、内」が3つ並んでいることに気がつくと、「内の外」空間は、外部が入り込んでくる曖昧な空間=中間領域に見えてきます。
d0017039_2171920.jpg

by iplusi | 2013-09-18 18:13 | 杉並B邸 | Comments(0)
雑誌 Lives vol.71 いい家の間取り・インテリア
d0017039_2118869.jpg
雑誌 Lives vol.71 「いい家の間取り・インテリア 」の「ニ世帯住宅考」のコーナーに目黒I邸が掲載頂きました。I邸は建て替えの新築案件ですが、Iさん一家のつくった、外構やインテリアは、新築にはちっとも見えない、極めて自然な感じに仕上がっています。

この特集は、楽しげな2世帯住宅の事例集に加え、二世帯住宅のノウハウコラムもあって、なかなか読み応えのある記事になっています。ぜひ御覧いただければと思います。
by iplusi | 2013-09-17 21:30 | 目黒I邸 | Comments(0)
エアコン比較 2013年モデル
主要家電メーカーの2013年モデルから、APFが6以上のものをピックアップ。掃除機能を納め、熱交換器の効率を高くするためか、最近のエアコンは奥行きが大きく、格好の悪いものが増えてきている。

↓富士通ゼネラル Fシリーズ
ASーF40C2 APF6.0 奥行き185 価格コム11.4 9.9万
薄型でデザインは圧倒的に良い。掃除機能のない廉価版モデルでAPFが6以上のモデルはこれしかない。過剰な機能をそぎ落とし、コンパクトなフォルムにまとめている。ダイキンUXシリーズのように廃盤にならないとよいが。
d0017039_22134796.jpg
↓日立 Sシリーズ
RAS-S40C2 APF6.9 奥行き299 価格コム14.7 11.9万。配管は2分3分。掃除機能はダストボックス式。
性能と大きさのバランスをとるとこのあたり。厚みは、上記の機種の1.5倍以上。くらしカメラという人感?センサーや8.4KWのパワフル暖房機能があるので、低断熱の住宅などにはいいかもしれない。
d0017039_22213266.jpg

↓パナソニック X シリーズ
CS-403CXR2 APF6.7 奥行き287 価格コム14.7 12.6万。配管は2分3分。掃除機能は外に排出する方式なので、専用の配管が必要。
これも比較的奥行きが小さい方。高効率で奥行きが比較的小さい日立やパナは前面のパネルをトランスフォームして、吸い込み側の風量を確保している感じ。ECOナビという人感熱感センサーや8.4KWのパワフル暖房機能がある。
d0017039_22171887.jpg
↓東芝 EDRシリーズ
RAS-402EDR. APF6.5 奥行き310 価格コム14.2 10.2万。配管は2分3分。掃除機能はダストボックス式。白いけど壁際のところがグレイ。センサーあり、8.3KWの暖房あり。
d0017039_1393624.jpg
↓三菱 ZWシリーズ
MSZ-ZW403S. APF6.3 D312 価格コム15.1 12.0万。配管は2分3分。掃除機能はダストボックス式。昔からムーブアイというというセンサーが特徴だったが、センサーを各社やりはじめたので、むしろ中途半端な印象。
d0017039_2224398.jpg
↓シャープ C-SXシリーズ
AY-C40SX-w. APF6.2. 奥行き321 価格コム17.5 13.6万
センサーで、人がいるところに集中して冷暖房という流れが2013年の主流だが、シャープはあえて、風が直接当たらないことを売りにして差別化を図っている。
d0017039_22423648.jpg
↓富士通ゼネラル zシリーズ
AS-Z40C2 APF6.3 奥行き306 価格コム19.8 13.0万
富士通ゼネラルのZシリーズ2012年モデルは余計な付加機能がなく、採用された案件複数あった。今年のZシリーズは、全部付きの高級路線。でも9月には価格も大分下がった。
d0017039_22484653.jpg
↓ダイキン Aシリーズ
AN40PAP APF7.0. 奥行き370 価格コム24.3 15.6万
性能は業界トップだけど、ちょっと高い。また奥行きが異常に大きいので
平天井で、天井際に設置するケースでないと、無理がある。Aシリーズはダイキンの特徴である加湿機能はつかない。
d0017039_22363130.jpg

by iplusi | 2013-09-17 17:41 | Comments(2)
床暖ベンチ完成
杉並B邸作り付けのダイニングベンチ完成。座面はフローリングで床暖が入っています。冬場の電車の座席みたいなもの。奥行きは1mあるので、ごろ寝も可能。
d0017039_20104317.jpg

d0017039_2026361.jpgベンチから吹き抜けを見上げた風景。吹く抜けの奥行きは2間ちょっとあるので、1階と2階はほぼワンルームのイメージです。
by iplusi | 2013-09-15 20:11 | 杉並B邸 | Comments(0)