<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
世田谷S邸2年点検
世田谷S邸、青木さんの2年点検があるということで、伺って来ました。家具は一通り揃ったので、DIYなどをしながら、インテリアづくりを楽しんでいらっしゃるとのことでした。
d0017039_1714345.jpg
ダイニングからリビング方向を見たところ。木質感を生かしたナチュラル系のインテリアです。階段手すりは木で作っています。
d0017039_17145861.jpg
1階から、2階ダイニングを見上げたところ。1階の壁はCDを綺麗に飾っています。
d0017039_17152544.jpg
ダイニング。キッチン上部から、ハイサイドライトで光を取り入れています。壁に飾ってある絵は、ミシン目の入った奈良美智作品集を利用してるそうです。
d0017039_17154367.jpg
リビング北側の壁面には、ライティングビューローと飾り棚が置かれました。
d0017039_1716396.jpg
斜線制限で北側だけ斜めになるのを嫌って、北側の壁はわずかに傾けました。上昇感がありますね。
d0017039_17161371.jpg
リビングからの見返し。中庭では、緑を育てています。
d0017039_17162816.jpg
掃除機は好きじゃないということで、壁面にホウキを設置。
by iplusi | 2013-07-31 14:17 | 世田谷S邸 | Comments(0)
小部屋製作中 @杉並B邸
d0017039_1914176.jpg
3方向にカウンターが回る小部屋製作中。ものの納まる位置は、綿密に打ち合わせ済みです。
d0017039_19273335.jpg
1階からも小部屋の壁がよく見えます。歩きまわってみると、家というより街路っぽい感じでした。
by iplusi | 2013-07-27 19:28 | 杉並B邸 | Comments(0)
テレビ台色の検討 @世田谷S邸
DIYでタイル貼っちゃう世田谷Sさんなら、塗装くらいは簡単だろうということで、着色したらどうなるかのシミュレーション。
d0017039_21305567.jpg
これが現在の色。集成材に着色してます。
d0017039_21311188.jpg
白くした場合。テレビが黒いので、コントラストが強すぎる?
d0017039_21312012.jpg
無彩色のグレイとした場合。まわりが茶色っぽいので、純粋なグレイでも青っぽく感じますね。
by iplusi | 2013-07-25 21:32 | 世田谷S邸 | Comments(4)
間仕切り壁の変更 @西白井O邸
間仕切りをいじったら、とても良くなりました。
d0017039_2117506.jpg
手前の部屋は、吹き抜け側の壁を取っ払います。2階のテラスの光は主寝室から間接的に取り込むイメージです。
d0017039_21182581.jpg
さらにその光は、吹き抜けに落ちます。加えて、玄関の欄間とか、北側の階段とか、様々な方向から光を導入します。
d0017039_2119470.jpg
東の壁をはずして見た風景
by iplusi | 2013-07-19 21:19 | 西白井O邸 | Comments(0)
新建ハウジング+1 「家づくり大賞」記事
d0017039_18211959.jpg紹介が大分遅くなりましたが、「新建ハウジング+1」の2013年5月号と6月号に、13ページにわたって、「家づくり大賞」の記事が掲載されています。

↓上記5月号の左ページのアップです。アイプラスアイは、暮らし快適賞の部門賞を、一般選考、家造りの会選考、両方で頂戴致しました。
d0017039_18233437.jpg

by iplusi | 2013-07-19 18:24 | 平塚K邸 | Comments(0)
塔屋用階段完成
d0017039_1342999.jpg
杉並B邸、屋上に至るスケルトン形式の専用階段が完成しました。大工さんの作業、次は間仕切りや家具などに移ります。
by iplusi | 2013-07-18 13:43 | 杉並B邸 | Comments(0)
家具スケッチ
家具図面を大量に書きましたが、図面だけだと間違えやすいので、図面にスケッチを添付。うまさよりスピードが大事。
d0017039_993455.jpg
下駄箱+本棚
d0017039_1225572.jpg
ベンチとテーブル
d0017039_1232317.jpg
キッチン
d0017039_12456.jpg
作業机
d0017039_1242961.jpg
作業机
d0017039_1245673.jpg
クロゼットの上棚詳細。
by iplusi | 2013-07-16 21:47 | 杉並B邸 | Comments(0)
TOTO通信 500号
d0017039_21204452.jpg
TOTO通信の500号は、1960~1970年代の名作住宅の特集です。

表紙は、大学時代の恩師、鈴木恂先生のKIH。打ち放しというと、安藤忠雄さんを思い浮かべる方がほとんどかと思いますが、鈴木先生は安藤さんの小篠邸の10年前に、こんなコンクリートの光の建築を作っていました。

KIHは、充填された中身を取り去ったことを示す「光」と、空間の鋳型としての荒々しいコンクリートによって、目に見えない「空間」そのものを、高い純度で抽出することに成功しているように思うのですが、いかがでしょうか。

この家のアトリエ部分と住居部分を2分する中間の間仕切りは、薄いベニアでできていて、生活の変化に合わせ移動したそうです。スポイトの中の弁のように、ベニアの間仕切りが移動すると、空間そのものが大きくなったり小さくなったりするわけです。壁が動くと思ったとたん、空間が急激に意識されます。このことから考えても、やっぱり、鈴木先生は、空間そのものを取り扱おうとされたんだと思います。
by iplusi | 2013-07-16 20:21 | Comments(0)
杉並U邸プチ見学会
杉並U邸、プチ見学会に伺いました。
d0017039_13423026.jpg
シンボルツリーの白樺が急成長。窓から緑が楽しめます。
d0017039_13425065.jpg
スキップ上段南側は奥様の機織り機のコーナー。奥の天井際には、間接照明が入っています。
d0017039_1343234.jpg
大窓の前の一人がけソファは愛犬ラングの特等席。
d0017039_1343316.jpg
たまには1階の写真も。天井高3.2mくらい。西側のハイサイドライトで明るさを確保。
d0017039_13445380.jpg
奥がU画伯のアトリエです。
d0017039_13452157.jpg
夏場は和室を寝室にされているそうです。和室も外の緑でいい雰囲気です。
d0017039_13452250.jpg
敷地延長部は緑のトンネルになってました。U画伯の作品でいうとこんな感じですね。
by iplusi | 2013-07-14 15:16 | 杉並U邸 | Comments(1)
寝室壁形状の検討 @西白井O邸
d0017039_12353374.jpg
テラスからの強い直接光を、寝室経由で吹き抜け側に取り入れる方法を検討中。わかりやすいよう、クロゼットは半透明で、柱は無着色で表現してます。
by iplusi | 2013-07-12 12:38 | 西白井O邸 | Comments(0)