<   2013年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
板金打ち合わせ @杉並B邸
先日のスケッチ内容を中心に、外壁の納まりを板金屋さんと打ち合わせしました。やっぱり直接話すと細かいところの気分が伝わります。屋上サッシの入隅部分の止水も改善しました。
d0017039_1811545.jpg
北側や東側の部分は、すでに小波板張られています。
d0017039_1812289.jpg
小波板は材料メーカーに寸法決めて発注するそうです。部分的な小波のカットはこんな、小波専用のハサミを使います。波に直行カット用と、ななめカット用で歯の大きが変わっています。
d0017039_18122364.jpg
直線の現場カットは、こんな電ノコ系の道具で切るそうです。今回は、勾配屋根の破風まわり外壁を、これでカットすることになりそうです。
by iplusi | 2013-06-29 18:18 | 杉並B邸 | Comments(0)
電球型LED
d0017039_22201534.jpgパナソニックの裸電球型LEDですが、60w相当のタイプ大分明るいのが出てます。

10.0W (電球色相当) LDA10LCW
価格コムで3200円くらい。


比較記事
by iplusi | 2013-06-28 22:16 | その他いろいろ | Comments(0)
荻窪H邸04案
d0017039_202136.jpg
テラスに屋根をつけ、テラスレベルを内部床レベルに合わせる。キッチンレイアウトを含む水回りプランの変更。ハイサイドライト生かす。・・・などなど様々なご要望を反映した04案。外観は2階は立てハゼ、1階はグレイのジョリパットなどで、モダニズム表現としてはどうでしょうか。
by iplusi | 2013-06-26 20:05 | 荻窪H邸 | Comments(0)
トライアルの費用について
ちょっとよさそうな土地があるけど、トライアルできませんか?という問い合わせが、よくあるんですが、設計トライアルをやる場合、原則、土地価格の10%程度の手付けを打つ前の土地はお受けしないことにしています。やっぱり買うのやめた、というのが困るからですが、仮に、トライアルの費用5万円をご負担いただいてもやりたくはありません。それは、そもそも5万円という金額設定が低すぎるからなんです。

ちなみに設計料の目安は、国土交通省の告示で決まっており、その額は一級建築士とって3年未満の技術者の、直接人件費(時給3250円、日給26000円くらい)を基準に、簡単な計算式で算定することになっています。

上記計算だと、飯塚の場合は、単純に経験年数で見たとしても、1級建築士取得後18年以上ですから、直接人件費は上記技術員の1.83倍となり、時給で約5950円、日給なんと47600円くらいになります。弁護士さんほどではありませんが、建前上はすごい金額なんですね。

直接人件費と設計料が同じだと、設計事務所の一切の維持費がなくなり、事務所つぶれちゃいますから、上記告示では設計事務所の報酬は、直接人件費の2~2.5倍を頂戴して良いことになっています。
つまり、新人建築士が一日でできる設計なら、直接人件費は26000円、事務所に支払う設計料は52000円~65000円になるということですね。

じゃあ実際のトライアルはどうかというと、どんなに早くやったとしても、スタッフが半日かけて法規調査して、敷地図をつくり、飯塚が最低丸一日かけて設計して、アルバイトが丸一日かけて模型作るみたいなことになるから、

(26000/2+47600*1+6400)*2=134000

13万4千円程度、頂戴しないと合わないということになるんですね。

トライアルの金額を上げるのが、最も健全ですが、5万円でも高いという感覚持っている方がほとんですよね。そこで、うちの事務所では、「トライアルの費用はひとまず5万円頂戴するけれど、契約となったら、その金額を、着手金に充当する」ということで、お客様の負担にならないようにしています。
by iplusi | 2013-06-24 23:27 | その他いろいろ | Comments(0)
君津M邸05案
d0017039_20263535.jpg
君津M邸05案。04案で収束かと思いましたが、模型を並べてみたところ、Mさん、03案の形が一番好きとのこと。とはいえ、03案はプランとの整合性がとりにくいし、構造的には整理しにくそう。05案は2階も欄間ハイサイドを設けることで、壁の水平性強調し、03案のイメージに近づけてみました。
by iplusi | 2013-06-24 20:33 | 君津M邸 | Comments(0)
荻窪H邸03案
d0017039_20192488.jpg

荻窪H邸03案。02案は縦長の意匠でしたが、03案は階層が意識される外観に変更。内部はスキップフロアの構成とし、南にテラスを移動して、水まわりは素直に北側に移動。
d0017039_20212997.jpg
2階キッチンからは、2階の全体が見渡せます。
by iplusi | 2013-06-24 20:22 | 荻窪H邸 | Comments(0)
トイレ内装の検討
d0017039_2012215.jpg杉並B邸、トイレ内装は、オレンジのクロスを使うことを検討中。窓のない部屋でも楽しげになるように。
d0017039_20133025.jpg
現場はサッシ枠の取り付け中。一部ボード張りもスタート。玄関ドア上の窓は高さ370ほどしかありませんが、間口2間以上あるので、結構効いています。
by iplusi | 2013-06-24 20:17 | 杉並B邸 | Comments(0)
キッチン色の検討 @杉並B邸
打ち合わせの中で、キッチンも食器棚に合わせ、2トーンでまとめるというアイデアが浮上。引き出しや扉はインセット納まりに。手掛は彫り込みにしてみました。合板オイル塗装としておけば、汚れについては、あまり気にしなくて良くなります。
d0017039_19355944.jpg
集成材部分を白で、扉類とシンクの幕板部分を合板(バーチまたはシナ)でオイル塗装した場合。汚れは安心だけど、小口面だけ白では、2トーンカラーの楽しさがないでしょうか。 
d0017039_1936568.jpg
可動部のみを合板オイル塗装とした場合。ちょっとシンクのところの白が浮く感じがしますね。
d0017039_19361388.jpg
引き出しは合板オイル塗装とした場合。交互だと楽しげな感じになります。
d0017039_19361952.jpg
大きな可動部を合板オイル塗装とした場合。食器棚は3分の2が建具だから、この位が無難でしょうか。
d0017039_19362895.jpg
中央の4連の引き出しのみ合板オイル塗装とした場合。ほとんど白という感じですね。
d0017039_11513525.jpg
ちなみに食器棚側の意匠はこんな感じです。
by iplusi | 2013-06-20 19:39 | 杉並B邸 | Comments(0)
清家清さんの「保土ヶ谷の家」見学会
ゴールドブレンド「違いがわかる男」のCMの舞台となった清家さんの「保土ヶ谷の家」。先日、この家の補修メンテナンスをされている、あすなろ建築工房さん主催の見学会があったので行って来ました。
d0017039_19214559.jpg
家の半分は、2間半☓5間(たぶん)くらいの巨大な吹き抜け。アイプラスアイの住宅がすっぽり入ってしまうくらいの巨大な空間です。南西は雑木林に向かって、コーナーフィックスのでかい窓。上段はガラスのマリオンが入っています。ティンバーフレーム並みに柱も梁も太いので、スケール感は北米の感じです。
d0017039_1922629.jpg
正面が玄関。床はスキップフロアになっていて、半階上がるとダイニング。更に半階上がった玄関上部は、和室になっています。リビングとダイニングの床の大理石には床暖入ってるけど壊れていて、冬はとても寒いそうです。
d0017039_19221836.jpg
屋根はHPシェルなんですが、天井はかなり上にあるので、あんまりねじれを感じませんね。黒々とした骨太の天井の意匠は、日本の古建築みたいな雰囲気でした。
by iplusi | 2013-06-18 20:01 | その他いろいろ | Comments(0)
打設一回目 @西白井T邸
今日は西白井の耐圧盤打設でした。AM8:30からだったので、前日、熊澤は現場近くに宿泊。
d0017039_19533380.jpg
スランプ15、水セメント比55%以下がアイプラスアイの標準です。
d0017039_19541739.jpg
生コンプラントは近くにあって、13分で到着してます。道路も広いから3.5立米積み。
d0017039_1953384.jpg
打設後の風景。田んぼみたいな感じですね。
by iplusi | 2013-06-17 19:55 | 西白井O邸 | Comments(0)