<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
来週末見学会の江戸川M邸 今日の様子
来週末見学会の江戸川M邸、今日は確認機関の完了検査でした。
d0017039_1649588.jpg
2重に重なる屋根が外観の特徴です。急勾配の屋根の方にバルコニーが掘り込まれています。1階の外壁はウッドシングル風の仕上げ。
d0017039_1649938.jpg
吹き抜けの上部には格子で囲われた大きなロフトがあります。
d0017039_16492374.jpg
回遊できる間取り。これは西側の部分。壁は「ルナしっくい」(紙クロスの上に帆立貝殻の塗料を塗ったもの)という材料です。光の回り込みが綺麗です。
d0017039_1649238.jpg
キッチンの奥にもハイサイドライトから光が入ります。北側の壁はエンジ系の薄茶色で塗装しました。微妙な色合いなので塗料はベンジャミンムーアで手配。
d0017039_16494115.jpg
壁の一部にも格子モチーフ。大窓の前面は、縁側状の段差が設けられています。
d0017039_16495117.jpg
1階の中央には通り土間があります。
d0017039_13595345.jpg
ぽかぽかの内部縁側空間。

-------------------------------------------------------------------------
江戸川M邸は比較的人通りの多い道路からのプライバシーを確保しつつ、日当たりを生かすため、2階リビング型の間取りを採用しました。1階の通り土間上部3階レベルには、格子のロフトが浮かびます。
断熱は、屋根通気のある高気密高断熱という、アイプラスアイの標準仕様。2階南の大窓は、庇や袖壁を出しつつ、あえて非low-e仕様としています。

勾配屋根、垂木の並ぶ天井、茶色い木外壁、縁側、通り土間、障子など和をイメージさせる語彙を使っているので、一見すると町屋住宅の懐かしい趣きがありますが、その語彙が過去の伝統表現にはない形に翻訳されて、和とも洋ともつかない複雑な見え方をする住宅に仕上がりました。

なお、見学会は予約制となっております。
お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家づくり予定者・設計者・施工者・その他の別を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:東京都江戸川区西瑞江
■日時:2013年2月2日(土)、am10:00~pm4:30
     2013年2月3日(日)、am10:00~pm4:30
■都営新宿線「一之江駅」から徒歩12分。
■車の場合:コインパーキングは瑞江方面徒歩2分位の所にあります。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
by iplusi | 2013-01-24 16:50 | 江戸川M邸 | Comments(2)
江戸川M邸オープンハウスのお知らせ
来る2013年2月2~3日の土日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理を致しました、江戸川M邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでお知らせします。
d0017039_16522140.jpg
江戸川M邸は比較的人通りの多い道路からのプライバシーを確保しつつ、日当たりを生かすため、2階リビング型の間取りを採用しました。1階の通り土間上部3階レベルには、格子のロフトが浮かびます。
断熱は、屋根通気のある高気密高断熱という、アイプラスアイの標準仕様。2階南の大窓は、庇や袖壁を出しつつ、あえて非low-e仕様としています。

勾配屋根、垂木の並ぶ天井、茶色い木外壁、縁側、通り土間、障子など和をイメージさせる語彙を使っているので、一見すると町屋住宅の懐かしい趣きがありますが、その語彙が過去の伝統表現にはない形に翻訳されて、和とも洋ともつかない複雑な見え方をする住宅に仕上がりました。

なお、見学会は予約制となっております。
お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家づくり予定者・設計者・施工者・その他の別を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:東京都江戸川区西瑞江
■日時:2013年2月2日(土)、am10:00~pm4:30
     2013年2月3日(日)、am10:00~pm4:30
■都営新宿線「一之江駅」から徒歩12分。
■車の場合:コインパーキングは瑞江方面徒歩2分位の所にあります。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_16552188.jpg

by iplusi | 2013-01-23 08:52 | 江戸川M邸 | Comments(0)
「MyHOME+ 31号 幸せを呼ぶ間取りと収納で理想の家を作る!」
d0017039_16212818.jpg2013年1月21日(月曜日)発売の、雑誌「MyHOME+ 31号 幸せを呼ぶ間取りと収納で理想の家を作る!」に白井T邸他掲載いただきました。

実例紹介としてのp34~p39の「適所に収納を充実させた景色を楽しめる家」=白井T邸に加え、p40~45「使いやすくて美しい間取りと収納計画」という、アイプラスアイ過去事例の収納をまとめたノウハウ記事、p48「回遊動線を絡めた効率的なサニタリー」の紹介など、約10ページにわたって、いろいろ掲載いただいています。
980円ということで価格もお手ごろ。ぜひごらんいただければと思います。
d0017039_16193676.jpg

by iplusi | 2013-01-21 00:01 | 白井T邸 | Comments(0)
色・材料打ち合わせ @葉山AB邸 
葉山AB邸土曜日の現場。
d0017039_1453546.jpg
2階のリビングには燦燦と陽が入っていますね。さて、今日の仕事は色決め、材料決め。
d0017039_14541144.jpg
外回りはレッドシダーや焼杉などでとてもシックな色使いですが・・・
d0017039_14535993.jpg
インテリアでは、メルボ床材にあわせ、こんな具合に強い色を使います。LDKのベース色は落ち着いた黄色。家具建具は赤茶。アクセントカラーはエンジ系の赤と卵の白身みたいな白と濃紺。玄関、子供部屋のアクセントカラーは、緑や青。トイレはエンジと濃緑。物置は黄色。寝室はエンジ、仕事部屋は濃紺。なんだかんだで家の半分以上に色が付く形です。外人の家みたいになるでしょうか。楽しみですね。
d0017039_14552266.jpg
家事動線が完結するように、洗面もユニットバスも2階にあります。水回り壁は、小屋梁のレベルでとまって、ブースみたいになっています。切妻の骨格ははっきり残っています。
d0017039_14553014.jpg
島田棟梁はキッチン家具の製作中。オープンハウスは2/23予定してます。
by iplusi | 2013-01-20 15:17 | 葉山AB邸 | Comments(0)
葉山AB邸 壁色検討 その2
集まった大量のクロスからいくつかセレクト。結局、私が選ぶと、おとなしい色になる。塗装風の3色はモリス色。後で集めたサンゲツのクロスも割といい感じ。黄色はこのページのiphone画像と本物を比較すると、本物の方が鮮やか。こげ茶色は高崎で使ったもの。
d0017039_16122910.jpg

by iplusi | 2013-01-16 16:11 | 葉山AB邸 | Comments(0)
世田谷M邸 家具工事終了
d0017039_13385945.jpg
世田谷M邸、家具工事がおおむね終了。玄関からの廊下はちょっと幅を広くして本棚を設置。ウォークスルー収納の典型的な例ですね。
d0017039_13391550.jpg
浴室のタイルはサブウェイ風の馬目地タイル。すごくきれいに貼って頂きました。
d0017039_13394182.jpg
2階ダイニングからリビング方向を見たところ。実際は写真より明るい感じ。日中は照明不要の明るさです。
d0017039_13394854.jpg
階段からリビング方向の見上げ。ここに外国製のシーリングファンを設置します。
d0017039_13395816.jpg
縁側状のベンチは奥行き約900。下部はワゴン収納に。すごい存在感です。
d0017039_1340463.jpg
2階ウッドテラス、オーニングが付く前の外観。村木棟梁は現在、外部テラスの製作中です。
by iplusi | 2013-01-16 13:55 | 世田谷M邸 | Comments(0)
LiVES VOL.67 [HOME IS LIFE]
d0017039_122751.jpg
2013年1月15日発売のLiVES VOL.67 [HOME IS LIFE]住まい&ライフスタイルカタログに、「デザインも住み心地もスマートにつくる無理しないエコハウス」ということで、高尾K邸掲載いただきました。
日当たりの良い敷地で、屋根通気層付の高気密高断熱住宅とし、窓や庇を工夫すれば、高価な設備に頼らなくても、十分暖かい家がつくれます。それが無理しないエコハウス。
表紙も高尾K邸です。1階土間には自作ののBMXなどが写っていて、Kさんのライフスタイル=カツドウ状態が良くわかる写真ですね。
by iplusi | 2013-01-13 12:30 | 高尾K邸 | Comments(3)
隅木の検討
d0017039_161572.jpg
寄棟状になる屋根のコーナー。小屋梁や束が入れられないとすると、隅木の納まりはどうするのが簡単か検討中。隅木は270材を加工。下部で桁を欠くことになるから、桁のせいは少し大きく。どうせ棟木は大きくなるから、頂部も載っけた方が安全か。垂木は2×6材などでかけて母屋を省略してはどうか。
by iplusi | 2013-01-13 08:23 | 杉並B邸 | Comments(0)
隅木のおさまり
寄せ棟屋根の隅木のおさまりがわからなかったので、規矩術の頁をみる。この頁、音声はちょっと怖い(笑)。ねじ組っていうのがあるんですか。
万代さんの頁には、隅木が母屋を受ける納まりがある。これは別パタンだけどホールダウンがくるとややこしそう。
by iplusi | 2013-01-13 07:48 | Comments(0)
西白井O邸05案
西白井O邸05案。
d0017039_1641677.jpg
04案系だけどプランは大分違います。次回は違うパターンを試します。
by iplusi | 2013-01-12 16:40 | 西白井O邸 | Comments(0)