<   2012年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
グループ展のご案内
d0017039_1944150.jpg
今月末、11/30~12/2、新宿の全労災ホールにて、毎年恒例の絵のグループ展があります。詳しくはこちら。このグループは、飯塚の大学時代からの仲間を中心としたグループですが、芸大出身、スタッフの岨野も参加します。

d0017039_19245742.jpgd0017039_19254226.jpg
今回はこんな感じの作品を5点ほど。お越しいただいたクライアントさんには作品さしあげます。飯塚は土日は会場にいる予定です。お時間あれば是非お立ち寄りください。

Tags:#お知らせ
by iplusi | 2012-11-29 12:08 | Comments(0)
2012年の構法スタジオ 途中経過
法政大学、構法スタジオは、単に建築の意匠デザインをするだけでなく、構造、断熱、作り方などを自分で考え、矩計図や構造の軸組図にまとめ上げる授業です。
課題のまとめ1ヶ月前ということで前回の授業では、軸組み模型をそろえてもらいました。飯塚グループの課題は自分の家の敷地に自分の親の家を建てるというもの。今年は2年生ですが、昨年の前例があるので、かなり水準が高いように思います。あとは図面をどこまできちんとまとめられるかが勝負です。
d0017039_12474382.jpg
名波さん。1間半ピッチで2つの三角形を含むフレームを繰り返し、グレン・マーカット的な直線上建築を作り出した案。ここから細かく繊細な構造で構造用面材が張られます。
d0017039_12474864.jpg
湯口さん。左手ワンスパンは外部。左の自立する外壁に地震力を伝達し、風圧力を適切に処理するため、左側の部分にトラス状の三角形をつくったので、結果的に機織り機みたいな骨格ができました。
d0017039_12475656.jpg
古谷さん。本体と別構造の置屋根に挑戦した案。柱が屋根を貫通するのは大変だから、パラペット上部に別構造で屋根がけ。現実世界で飛ばないようにするのは結構大変か。
d0017039_12475990.jpg
櫻井君。方杖で登り梁の中間を支持し、断面のちいさな部材で、大スパンを成立させました。当初篠原さんの「白の家」を参考にしてたけど、「谷川さんの住宅」みたいな骨格に。
d0017039_1248959.jpg
初芝君。方形と切り妻を組み合わせた案。窓も絡むので、屋根切り替え部の骨は非常に難しいです。
d0017039_12481293.jpg
小林さん。雁行する2つのブロックの片方はすべて吹きぬけ。水平剛性を確保するため、水平に斜材をいれました。
d0017039_12482190.jpg
西山君。三澤さんの住宅を参考にした模様。せっかく野地にJパネルを使っているので、屋根が剛床になるように、面戸部分の受け材を検討するように指導。
d0017039_12482443.jpg
石川君。中庭の上にも屋根をかけるような案。けらば方向は通気垂木の方向を変えるよう指導。
d0017039_12483321.jpg
関田君。トップを平らにした切妻。破綻なく納めてます。下屋の構造は登り梁形式に変更予定。
d0017039_12503743.jpg
舛中さん。片流れの組み合わせ。右手の片持ちは大きすぎるので柱建てます。
d0017039_12512727.jpg
冨野君。左右異勾配の切妻に、小部屋を入れ子したような案。どんどんまとめてください。
d0017039_1255539.jpg
管君。環境系の視点から、ハイサイド屋根に風が抜けるよう計画。
d0017039_12552642.jpg
裏野君。奥尻島なんで、全く違う断熱を計画する必要あり。西方さんや北海道建築工房の図面など参考にするとよいと指導。
d0017039_12555174.jpg
田中君。2階に公園を望む大きなテラスを計画。屋根+デッキで処理する予定。
d0017039_1256662.jpg
弘瀬君。2つの切妻で屋根掛け。大屋根の方の上空がもったいないので、部分2階を計画。
d0017039_12563328.jpg
宮原さん。いろいろやりたいことがあって、RCとの混構造で計画。かなり難しいけどまとめられるでしょうか。
d0017039_12564639.jpg
金子君。L字型平面の和小屋。コーナー部がもちろん難しい。母屋を延ばしてけらばを支えるよう指導。
d0017039_1257949.jpg
栗本君。L型平面の2階建てバージョン。吹き抜け多く柱の細長比が問題になるので、つなぎ梁を渡すよう提案。
d0017039_12572262.jpg
大西君。同じく、L型平面の2階建てバージョン。しかし、栗本君と似すぎてます。
d0017039_12574140.jpg
甘粕さん。真ん中が越屋根となった切妻で、象徴的に列柱をみせる計画。壁つきの柱も真壁にする予定。
d0017039_12575123.jpg
後藤さん。2つの断面が組み合わさった複雑な屋根を計画。
by iplusi | 2012-11-28 11:43 | 構法スタジオ | Comments(0)
建具色の検討
d0017039_12423449.jpg
切妻の短辺方向の建具は寝室側の壁の裏に露出で重なってくることから、長手方向の建具のみ色をつける案。
by iplusi | 2012-11-27 12:44 | 常滑N邸 | Comments(1)
入れ子された部屋
d0017039_18221488.jpg
杉並B邸03案。工場の制御室みたいな部屋を入れ子する案。とても楽しそう。
by iplusi | 2012-11-21 18:25 | 杉並B邸 | Comments(0)
アクセントウォールの検討
色だけで見え方がどう変わるか実験してみる。
d0017039_184940.jpg
江戸川M邸と屋根の骨格が比較的似ている高尾K邸の写真をベースに。壁が真っ白な場合。
d0017039_1104025.jpg
薄いブルーグレー。60年代風になる。彩度は比較的落としたが、かわいすぎで、ちょっと気恥ずかしい。
d0017039_1105219.jpg
黒。高尾の木材は表情が穏やかなので、目に刺さる感じ。少なくとも塗装の黒ではダメ。
d0017039_111387.jpg
無彩色で少し淡くすれば自然な感じになるが・・・
d0017039_1111738.jpg
エンジ系に振った方が木材の色との相性はよさそう。いずれにしても、強く主張するので、使う部位は吟味する必要がある。
by iplusi | 2012-11-21 01:16 | 江戸川M邸 | Comments(1)
西荻T邸プチ見学会
d0017039_18373773.jpg
日曜日は西荻T邸プチ見学会でした。
写真は「ここから夕日がきれいに見えます」ってことで、見学者の方が外の眺めを確認中の様子・・・だったかな?。
西荻Tさん、一日どうもありがとうございました。
by iplusi | 2012-11-20 18:38 | 西荻T邸 | Comments(1)
軒天張り完了@葉山AB邸
d0017039_1824546.jpg
11/15の梶野写真から。軒天レッドシダーが張られました。きれいな材料ですね。
by iplusi | 2012-11-20 18:03 | 葉山AB邸 | Comments(0)
目黒I邸その後
目黒Iさんより、その後の写真送っていただきました。
d0017039_1521571.jpg
家具や照明が入って竣工時とがらっと雰囲気が変わりました。大人っぽいインテリアでまとめられています。
d0017039_1514117.jpg
ペンダント式のマリンランプと木製のブラインド。机はスタンダードトレードのもの。
d0017039_1514059.jpg
写真の飾り方が見事ですね。
d0017039_1521523.jpg
猫2匹。最近のアイプラスアイはなぜか猫飼っている方が多いです。
by iplusi | 2012-11-19 15:03 | 目黒I邸 | Comments(3)
波板張り@常滑N邸
d0017039_1295759.jpg
森政さんの写真から。小波が張られました。折れ線屋根の輪郭が格好いいですね。
by iplusi | 2012-11-16 01:31 | 常滑N邸 | Comments(0)
世田谷M邸 先週末の現場
d0017039_15285628.jpg
先週土曜日の熊澤の写真から。
2階の高い方の床からロフトにいたる階段がつきました。コボットと角度を揃えているので、コボットが片筋交いにみえます。抜け感も十分で、階段自体の位置も適切だったと思います。
by iplusi | 2012-11-12 15:29 | 世田谷M邸 | Comments(0)