<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
1階リビング、2階リビング
1階リビングのメリットデメリットについてまとめてみました(2階リビングのときは、
メリットデメリットを反転して、読み替えてください)。
構造や、内装制限などは、一般の方は気がつきにくいかもしれません。非常に大きな問題ですので、慎重に考えてみてください。
「土地が広い時は1階リビングが良い」とは一概に言えません。たとえば吉村順三さんの軽井沢の家は、湿気をさけつつ、鳥の目線で木々の緑を楽しめるように、主階が2階になっています。
d0017039_10231440.jpg
アイプラスアイでは、大体半分くらいのクライアントさんが2階リビングを採用されています。2階リビングの場合は、1階が純粋な寝室階にならないよう、広めの土間玄関を設ける、寝室を共用部と引き戸で緩やかに仕切る、等の工夫をしています。

■1階リビングのメリット

□庭との関係 :庭と密接な関係が作りやすい。
□高齢者対応 :浴室、キッチン、トイレを1階とすれば、最悪1階だけですべて間に
          合わせられる。  
□上り下り  :主階が1階なら、買い物や来客のとき、上り下りしないで済む。
          洗濯物を庭に干し、衣類収納を1階に設ければ、2階は寝るとき
          だけ上がれば足りる。
□子供部屋  :玄関廊下からリビング経由で子供部屋にアクセスする、リビング
          アクセスの間取りにできる。
□給湯関係  :浴室が1階なら、浴室とキッチンと給湯器を近づけやすい。=給湯
          のタイムラグが生じにくい。
□通風      :個室が2階なら、通風を確保しやすい。就寝時も窓を開けやすい。
□荷物搬入  :洗濯機、冷蔵庫、ピアノなどの大型荷物が搬入しやすい。
□面積効率 :リビングアクセスの場合は面積節約になる。

■1階リビングのデメリット

□日当たり   :都市部では、接道方向が南向きでない場合は、直射日光は期待し
          にくい。
□明るさ     :家の北側や、中央部が暗くなりやすい。吹き抜けや中庭によっ
          て光を補わないと不快になりやすい。
□床温度    :特に床が低温になりやすく、2階より寒い。
□通風     :リビングの通風は吹き抜けなどを利用しないと確保しにくい。
□プライバシ :窓の大きなリビングを、道路から覗かれやすい。
□構造     :南に大きな開口部が必要になるため、耐力壁が確保しにくい。
          また、南に開口部が多いと、南北のバランスが崩れる可能性が
          高い。柱の細長比の関係から、階高を高くしにくい。
□火気使用室:コンロをガスにする場合、内装制限が家全体にかかる。嫌な場合
         は鬱陶しい下がり壁が必要になる(コンロまわりなどを特定不燃材料
         で仕上げる緩和策もあり)
□意匠     ;内装制限を受けると、構造あらわしの木造ができなくなり、原則と
          して壁や天井に木を張れなくなる。せっかく勾配屋根としても、リビ
          ングのインテリアとして利用しにくい。
□防犯     ;リビング大型窓は、防犯性が不安。
□規模     :1階に入れる要素が増え、総2階にしにくい。コストアップ。
by iplusi | 2012-07-24 22:41 | その他いろいろ | Comments(2)
「My HOME+ マイホームプラス VOL.29 知りたい!センスのいい家の間取り」に松戸N邸掲載
d0017039_20455491.jpg
「My HOME+ マイホームプラス VOL.29 知りたい!センスのいい家の間取り」に松戸N邸掲載いただきました。その名の通り、アンティークの家具が似合う、センスの良い住まい手の家が複数掲載された、必見の特集になっています。是非ご覧ください。
d0017039_20464282.jpg

センスのいい人たちは概して、素材感に対するこだわりは、非常に強いです。好きな材料は、ムラがあったり、汚れたりしている時間の経過が感じられるような素材です。好きな家具や雑貨や照明は、どれも古びたものばかりです。ファンシーなプラスチック製品は許せません。だから、ナントカ風のまがい物材料だらけの、新しくてピカピカした新建材づくりの商品化住宅には、到底住めません。そんなものに住むくらいなら、一生賃貸の方がマシと思っています。

住まい手や生活の品々よりも家が威張ってる、デザインされすぎた暑苦しい建築は嫌いです。反対に、整理されすぎた、ミニマル系のシンプルモダンも恥ずかしいと思っています。第一そんなにこぎれいに生活できませんし、ごちゃごちゃとした好きなものに囲まれた生活に、リアリティを感じます。でも、「普通の住宅」を求めてるわけではありません。多様化複雑化の時代に、生産者の利益を最大化する標準化住宅に、わざわざ住む意味がわからないからです。
手を入れたり、デコレーションしたりするのは大好きです。新築住宅であっても、前からそこに建っていたような、素材感のあるリフォームみたいな自然体の建築に住みたいと思っています。

つまり、特定の建築家の匂いも、商品化住宅の匂いもしない、でも、徹底的に自分たちがこだわり抜いた「建築家なしの建築」を求めているんですね。今、家作りをされる方々は、多かれ少なかれ、そう感じているんじゃないでしょうか。

そんなことをつらつら考えるのに最適な特集となっています(笑)。
by iplusi | 2012-07-23 20:45 | 松戸N邸 | Comments(4)
世田谷M邸 基本設計案
d0017039_18163383.jpg
世田谷M邸、基本設計のまとめ中。バルコニ手摺りは、H=1100に戻し、斜材を入れて納屋の扉風に。
by iplusi | 2012-07-21 18:19 | 世田谷M邸 | Comments(0)
「平成23年度フラット35利用者調査報告」を読む
平成23年度フラット35利用者調査報告
http://www.jhf.go.jp/files/100492043.pdfなかなか面白いです。
d0017039_2121584.jpg
注文住宅の戸あたり建設費の全国平均は2920万円(土地取得のための借り入れのない人に限ったデータ)。東京都は3565万円、神奈川県は3385万円、埼玉県は2995万円、千葉県は2923万円だそうです。首都圏平均だと、3026万円です。
大きさは東京で30坪、神奈川で32坪、埼玉で33坪、千葉で34坪くらいですから、坪単価にすると118万/坪から85万/坪というところですね。
諸費用含んだ金額だと思いますが、みんな、こんなにお金かけてるんですね。
by iplusi | 2012-07-20 21:12 | Comments(2)
スーモマガジン撮影 @鎌倉Y邸
d0017039_22265635.jpg
今日は鎌倉Y邸、スーモマガジンのノウハウページの撮影でした。竣工後7年で物は増えましたが、潔い空間の骨格は相変わらずですね。
今回の特集は、道路付けと間取りの関係がテーマ。Y邸は、北側道路の、大きな北窓のある事例として紹介することになってます。大窓に貼ってあるリースのいわれを聞き忘れましたが、ここに注目せよという、Yさんのアイデアだったんでしょうか。
d0017039_2225443.jpg
カメラ好きのKちゃんと話しながら撮影する松木雄一カメラマン。Kちゃんは、もう5年生。月日が経つのは早いものです。
d0017039_2259219.jpg
これは、帰り道Yさんに案内していただいた、近所の分譲住宅です。肝心の家は崖の上にあって、3.5層分ほど階段を上って、アクセスするのですが、各住戸が専用の階段を持つため、このような階段祭りの状態になっています。
はたして、この構造物には道路斜線はかかるんでしょうかね。また、構造は一体に見えますが、登記は区分所有権になってるんですかね。ひとごとながら興味はつきません(笑)。
by iplusi | 2012-07-14 22:25 | 鎌倉Y邸 | Comments(3)
湿度の平均値
d0017039_20511447.jpgこれは、私の住んでる団地3階リビング、7/12、午前3時ごろ晴れの日の温湿度計。湿度は75%くらいありますね。意外に高いと思いませんか。
d0017039_20464326.jpg
アメダスの過去データで、平均湿度を調べると、びっくりするくらい高湿度。特に夜間は、気温が下がって、相対湿度が上がるからか、1月でも60%超えるのが普通なようです。今時期だと、夜は70~80%位あっても不思議じゃないということがわかります。
d0017039_0394192.jpg
ちなみに、アメダスの温湿度データというのは、百葉箱の中で計測するんじゃなくて、地上高1.5mのファン付きの通風筒に入れられた電気式温度計・電気式湿度計により測定しているそうです。
by iplusi | 2012-07-12 20:53 | その他いろいろ | Comments(0)
世田谷M邸 1/50模型
d0017039_2314933.jpg

by iplusi | 2012-07-07 23:01 | 世田谷M邸 | Comments(0)
目黒I邸今日の現場
d0017039_20142372.jpg
今日は、クロス屋さん、板金屋さん、左官屋さん、鳶さんが現場に入ってました。
d0017039_20142966.jpg
キッチンは、大工さんの分は終了。建具は、青木さんの建具部隊が取り付けます。
d0017039_2014361.jpg
親世帯の小上がりベッドも形が見えています。ベッド下には、布団が入りそうな大きなワゴンを造り付けました。
d0017039_20144330.jpg
塗装工事も進行中。西側の木壁は拭き取り、その他の柱梁は塗りつぶしで仕上げられています。
by iplusi | 2012-07-05 20:15 | 目黒I邸 | Comments(0)
江戸川M邸 基本設計案模型
d0017039_1202125.jpg
1/50の模型が完成。モダンな感じになるかと思いきや、町屋的な雰囲気があります。Mさんからは、外壁は黒っぽくという提案あり。
その他の写真はこちら。http://bit.ly/NjgitD
d0017039_1218270.jpg

by iplusi | 2012-07-02 12:00 | 江戸川M邸 | Comments(0)