<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
プチ見学会@松戸N邸
今日は建主候補の方を交えた、松戸N邸プチ見学会でした。
d0017039_20335663.jpg
竣工のときとは緑の状態が大分変わってました。緑を借景にした、インナーテラスはみなさんに気に入っていただけたようです。地震のせいか乾燥収縮のせいかわかりませんが、コボットがぐらぐらしてたので、締めなおしておきました。
d0017039_20332331.jpg
完璧にディスプレイされたキッチン。間口がたっぷりとってあるので、シンクとコンロの間のスペースが広々しています。「使いやすいですよ」と、料理上手のご主人。
d0017039_20334776.jpg
床の上下から光が射す浮き上がった床。オークションで落札したアンティーク家具多数。楽しいです。
d0017039_2034123.jpg
2.5階のスペース。壁が傾いていて、囲まれ感が心地よいです。クッションの置き方まで考え抜かれていますな。
d0017039_2034417.jpg
足元にはふくろうが。ラグが違和感なく感じられるのは、明度が床材と揃ってるからですかね?
d0017039_2033303.jpg
2階と2.5階の間のスペース。かっこいいですね。
d0017039_20333930.jpg
玄関上部には黄ばんだ学校っぽい時計がかかってました。
d0017039_20341954.jpg
建主さんご夫婦。今日はどうもありがとうございました。
by iplusi | 2011-06-26 20:36 | 松戸N邸 | Comments(2)
目黒I邸07案
d0017039_122950.jpg
外観はだんだん収束に向かっています。屋上テラスはやはり、南東側がよかろうというご要望を頂き、窓を南東に集約。南側はちょっと威張った男らしい感じになりました。
d0017039_133656.jpg
横から見ると、なで肩でかわいらしい印象になります。設計者お気に入りの顔つき。
by iplusi | 2011-06-26 01:03 | 目黒I邸 | Comments(5)
確認申請
高尾K邸、練馬W邸の確認申請本日提出。明日は週末の目黒I邸の打ち合わせ準備をしつつ、所沢M邸のプレカット図もチェックしなければ。さとしさんには、来週、高尾K邸の軸組み模型と、青木さんに頼まれた住宅の模型をお願いする予定。
by iplusi | 2011-06-24 00:33 | その他いろいろ | Comments(0)
提案案件@港区
d0017039_19165740.jpg
港区の一等地、車アクセス不能案件の提案です。駐車場、小運搬、コンクリート打設などなど、普通の場合より、大分高くつきますが、2.5階建ての構成で、空間はなかなか面白くできました。
by iplusi | 2011-06-20 19:17 | 高輪M邸 | Comments(0)
地盤調査終了@高尾K邸
30軒設計してますが、こういうデータ見るのは初めてです。どのポイントも約1mくらいで貫入不能となる、れき中心の地盤。
d0017039_15283441.jpg
少し傾斜がありますが、報国エンジニアリングさんの考察によると、べた基礎でOKです。
by iplusi | 2011-06-16 15:28 | 高尾K邸 | Comments(0)
サッシの小口部材
d0017039_14353427.jpg
杉並U邸、地震でサッシの小口についてるプラスチック部材が欠けてしまったのですが、無事にサッシ屋さんに取り付けてもらったようです。その他、青木工務店、金子さんによると、Uさん、外構レンガ敷きなど画策中とのこと、またまた楽しみですね。
by iplusi | 2011-06-15 14:07 | 杉並U邸 | Comments(0)
地鎮祭@所沢M邸
d0017039_17491355.jpg
今日は所沢M邸、地鎮祭でした。地縄で建物位置を確認。地盤面高さも確認。ほぼ設計通りで、駐車場の水勾配も確保できそう。
d0017039_17493240.jpg
今回は、樋を鼻隠しに止めるので、樋受けの大きさを確認。ビス止めの方が納まりがよいかな。
d0017039_1750764.jpg
M邸は都市ガスですが、たまたま、ご近所の家のプロパン搬入風景に遭遇。20kgのボンベだとこんな風に担げるのですね。

d0017039_17494645.jpgMさんより、おいしいお酒を頂戴しました。白ワインのようなフルーティーなお酒。飲み過ぎそうです(笑)。
by iplusi | 2011-06-14 17:50 | 所沢M邸 | Comments(3)
目黒I邸06案
d0017039_16402664.jpg
目黒I邸06案。角地であることを生かし窓をメインの窓を南東に移動。光が偏らないように、西側端部にも窓を設け、視線が南東、南西に抜けるようにしました。夏の暑さ対策として、ハイサイドライトはできるだけ絞ることに。
東側の妻面は、非対称の切妻から、台形の立面に変更してみました。
プランニング上はキッチンが移動。上下階の水回り位置を整理しました。
by iplusi | 2011-06-12 16:40 | 目黒I邸 | Comments(0)
仮設住宅@三春町
アイプラスアイを卒業して、JBNの工務店サポートセンターに就職した、島田君から、三春町にある全県連の仮設住宅が完成したと、メールもらいました。卒業後は社会的に意義深い仕事をしているようで頼もしいです。
d0017039_2316274.jpg
屋根は切妻。どこに建ってるのかわかりませんが、三春町の豊かな自然と馴染んだ外観ですね。
d0017039_2317077.jpg
外壁はなんと大和張りの木。しかし、屋根を架け、素材感をもたせるだけで、仮設もこんなに豊かになるんですね。他の仮設に比べてお金がかかってるわけでもありません。大工さんのあたりまえの技術をつかって、あたりまえにつくれば、こういう住宅ができるんですね。
d0017039_23171325.jpg
内部は畳。ちなみに、この仮設は富岡町の方々が住まわれるそうです。
d0017039_23172035.jpg
私が以前勤めていた会社で担当した、三春交流館もみてきてくれました。この施設も勾配屋根で町の風土性を表現してるわけですね。ボスの大高正人先生は、もともとバリバリのモダニストでしたが、「フラットルーフを追放せよ」という標語を掲げ、ある時期より勾配屋根の建築しかつくらなくなりました。その最後の建築がこのホール施設です。
by iplusi | 2011-06-11 23:12 | その他いろいろ | Comments(3)
木造住宅の仕口・継手
■プレカット仕口・継手
万代さんのHPの絵がなかなか良い。どんな現場でも必ず登場する、仕口・継手をオレンジ着色してみた。
d0017039_0175958.jpg

・腰掛鎌継ぎ(土台継手、梁継手)
・大入れ蟻掛け(土台同士の仕口、梁同士の仕口)
・寄り大入れ蟻掛け(土台コーナー仕口)
・胴差し(通し柱と胴差)
・短ほぞ(土台と柱、梁と柱の仕口)
・(間柱欠き)上だけ通しで欠くことが多い

・その他アイプラスアイでは、プレカットでできることは臨機応変に
・梁を小さくしたいときは柱を建てて柱もたせに
・片持ち先端をつなぐ梁は逆蟻にすることも
・意図的にレベル差つけるために、結果的に茶臼や、兜蟻になることも
・欠損が気になるときは、欠き込みが一段の蟻掛けとか横差しも使う
・2次部材は大入れが基本
・アイプラスアイでは屋根は登梁形式がほとんど。母屋はほぼ登場しない
・3方差し4方差しの通し柱は金物工法が原則
・片持ち部根元などは、ほぞパイプの使用も多い。
・露出の場合、ボルトは角穴で引くことも多い
・小屋は兜蟻にしない京呂組が原則。プランの制約が多いので折置組は使わない。
・でも片持ち梁は、折置き的な発想で、梁直下に柱を置く様に計画する。

■手刻みの場合
・傾木大入れ(コーナー通し柱と胴差の仕口)
・台持ち継ぎや・追っかけ大栓継ぎ(梁材の継手)
が上記プレカットに追加される。
by iplusi | 2011-06-08 00:03 | その他いろいろ | Comments(1)