<   2010年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
木口面への金物取付
タナカのメールマガジンより。ちょうど島田に指示した内容が載っていたので転載。

Q.フラットプレートSDを木口面に付けたいのですが、耐力は変わないですか? 

A.耐力は変わると考えられます。木口面への金物取付は出来ません。
  木口面に打った釘が木の繊維に対して垂直方向になるので、釘の摩擦抵抗が
  落ちることになります。
 (財)住宅保証機構発行『住宅保証だより』に連載していた、接合金物の基礎知識
  というコーナーで『木口面に打たれる釘のせん断耐力は2/3程度に低減してしま
  います。』と書かれているように、金物の規定の耐力が得られない可能性があり
  ます。

by iplusi | 2010-09-30 22:01 | その他いろいろ | Comments(0)
高崎K邸 上棟
上棟祭り、その3棟目。高崎K邸上棟しました。
d0017039_2256139.jpg
ステルス屋根の実現のため、片持ち梁を組み合わせた、非常に複雑な軸組みとなっております。カニの爪つめみたいな梁が本体から飛び出していますね。しかし、この骨をみても、どんな風に屋根がかかるかさっぱりわかりませんな。普通でない形態に、ご近所さんも驚いておりました。
d0017039_22561487.jpg
正面は上の写真のように威張ってますが、横から見ると、2階の床より屋根が小さい、変形のマンサード。全体が丸みを帯びていて、むしろ、かわいらしい感じです。
d0017039_22562930.jpg
榛名山方向の山々がみえるということで
d0017039_22564411.jpg
2階の大窓は、ばっちりその風景を切り取るようにしてみました。電柱は予定通り壁でうまく隠れそうです。
d0017039_23114625.jpg
大窓に加え、2階天井はカナダツガ垂木あらわし、1階も梁あらわし、ロフト付、スキップフロアで、アイプラスアイエッセンス全部入り仕様です(笑)。
by iplusi | 2010-09-29 22:57 | 高崎K邸 | Comments(0)
万代プレカット打ち合わせ
d0017039_22114095.jpg
万代プレカット野田工場視察。トラス構造の屋根がかっこいいです。
by iplusi | 2010-09-28 22:11 | 松戸N邸 | Comments(0)
ホームページ更新
ツイッターをやるようになって、固定webサイトの体系的な情報の重要性を再認識したので、事務所のトップ頁
http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/iplusi/index.htm
と、「住まい手の立場から住宅を考える」のトップ頁
http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/index.html
を更新しました。今回はサイトマップ的にまとめたので、全体の構造が、理解しやすくなったと思います。ブログとwebサイトあわせると、約1000ページのコンテンツがあるようです。お楽しみください。
by iplusi | 2010-09-26 22:59 | その他いろいろ | Comments(0)
花粉症用の網戸
調べてみたらあるようです、花粉症用の網戸。網戸業界最大手のセイキ販売が扱ってました。クロスキャビン。
http://www.seiki.gr.jp/kafun/measures.html
色は黒っぽいのもあるようです。メッシュの密度が細かいので、色と風通しを確かめたいですね。
by iplusi | 2010-09-25 17:22 | その他いろいろ | Comments(0)
住宅の立米単価
過去の案件から、家の立米単価を算出してみました。

・建築面積に高さの平均を掛ける
・出っ張りは体積割り増す
・中庭形式の欠けなどは体積減じない
・大きなピロティは体積減じる
・屋根は一応高さの平均をとる

というルールで計算したところ、
家は1立米あたり6万円くらい
という結果が出ました。もちろん、仕様も規模もいろいろですが、アイプラスアイでは、プラスマイナス1万円程度の幅でにおさまっています。

四間四方(52.99㎡)高さ6mの片流れの住宅は、アイプラスアイ標準仕様で、税抜きおよそ1900万という具合です。木造という条件がつきますが、プランや仕様と無関係にコストがはじけるのでなかなか便利な指標ですね。

で、コストを抑えようと思ったら、面積を小さくするのはもちろんですが、高さもできるだけ節約したほうがいいわけです。でも、部屋は狭くしたくない。そこで限られた空間を有効に利用するカツドウノイエの発想法が意味を持って来るわけです。
by iplusi | 2010-09-25 16:35 | 世田谷K邸 | Comments(0)
全方位対応住宅の仕組み
d0017039_140480.jpg
世田谷K邸、今日の現場。ダイライト張り、サッシ取り付けの最中です。世田谷K邸は、道路側は大きく窓を取り、隣家越しの太陽を、ハイサイドライトから取り入れて、吹き抜けに光を導く、全方位対応型の住宅です。その仕組みがよく分かる写真ですね。
by iplusi | 2010-09-25 14:00 | 世田谷K邸 | Comments(0)
アイプラスアイ設計事務所のFAQ
かっこいい建築の事例写真が並んでるだけで、設計料や標準的な工事費が書いてない、設計事務所のホームページがよくありますが、これって、値段が書いてない寿司屋と同じで、近寄りがたいに決まっていますよね。

うちの事務所はまあ、情報は載せてるほうですが、それでもまだ、分かり辛いということで、先日、事務所のFAQを作成しました。
http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/iplusi/faq.htm

FAQには、設計事務所とハウスメーカーの違い、なんていう上から目線の一般論は、書いてもしょうがないので、ともかく「うちの事務所はこうなんだ」とか、「うちの過去の案件の坪単価はこのくらい」とか、「うちでは具体的にどうするか」など、初回の面談時に受けるご質問を思い出しながら、具体的にまとめてみました。これを読んでいただくと、i+i設計事務所が、どんな事務所なのか、簡単に把握できます。

ぜひ、ご覧くださいませ。
by iplusi | 2010-09-25 00:02 | その他いろいろ | Comments(0)
クライアントの職業を分析
アイプラスアイのクライアントさん(お子さんは除く。働ける年齢の人だけ。26軒、延べ53人。建設当時)の職業分析をしてみました。多い順に、

1位:専業主婦                 12名
2位:SE                      7名
3位:クリエーター系・・・※1          5名
3位:商品開発系(職種はいろいろ)      5名
5位:新聞・雑誌・通信社系・・・※2      4名
6位:建築・不動産系               3名
6位:教師・華道の先生              3名
6位:自営                      3名
9位:経営・マーケティング系           2名
その他・・・※3                   9名

※1   イラストレーター、マルチクリエイター、映像ディレlクター、漫画家、ディスプレイデザイナー
※2   うち、雑誌編集者が2名
※3   会社経営者、飲食店店長、歯科医、国家公務員、農家、ファイナンシャルプランナーなど。

という結果でした。26軒で専業主婦が12人ということは、半分くらいの人が共働き世帯ということですね。SEの比率が高いのが異常ですが、SEの方は大体検索上手ですから、いつの間にか、「住まい手の立場から住宅を考える」にアクセスいただいたということでしょうか。

直接的にアーティスト系じゃなくても、SE、商品開発、雑誌編集者など、上位を占めている方々は、ほぼ、ものづくり系のお仕事といえますね。やはり、われわれのプロセス重視の進め方、webですべてをオープンにする進め方、施主参加型の進め方というのは、そういったものづくり系の人に共感いただけているということなんでしょうね。

ときどき、うちの家族は「ぜんぜん普通のサラリーマンなんだけど、大丈夫ですか?」というようなお客様がいらっしゃいます。でも、まったく問題ありません。われわれはプロですから、クリエイター系じゃないとモチベーションがあがらない、とかそういうのは基本的にありません。ご安心ください。 
by iplusi | 2010-09-23 01:45 | その他いろいろ | Comments(3)
世田谷K邸 板金打ち合わせ
d0017039_23504094.jpg今日は、相模板金さんと特殊部笠木などの打ち合わせ。このV字型のところが相当に難しいです。

大工工事は、ダイライト貼りもスタート。サッシも搬入されました。

d0017039_23505660.jpg

by iplusi | 2010-09-21 23:51 | 世田谷K邸 | Comments(0)