<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
港北N邸 今日の現場
d0017039_2003356.jpg
1階は床壁が終わり、残すは、窓ケーシングと天井。60分準耐火なので、構造体はすべて隠蔽です。
d0017039_2014070.jpg

by iplusi | 2010-01-31 00:08 | 港北N邸 | Comments(2)
高崎K邸05案 大目玉の家
d0017039_02437.jpg土地問題が一件落着した、高崎K邸。土曜日05案打ち合わせ。一階に和室を設けるということで、基本線は確定。次回は、インナーデッキを設けるかどうか、食品庫どうするか、など、収納系の話題ががテーマになりそうです。
by iplusi | 2010-01-30 23:33 | 高崎K邸 | Comments(0)
高円寺I邸 基本設計の方向性確定
金曜日夜は、高円寺Iさんに事務所立ち寄り頂き、梶野君作成のたくさんの模型をベースに、基本設計の方向性を決定しました。

そういえば、最近梶野建築士、最近結構まめにブログ更新してますので、見てやってください。
d0017039_0245749.jpg

by iplusi | 2010-01-30 23:28 | 高円寺I邸 | Comments(1)
第5回建築WEB勉強会 報告
水曜日。今回は、菊森淳文先生の経済講座でした。今回のセミナーは建築知識、藤山編集長にもお越しいただきました。懇親会には、今やブログのアクセスが数万のオーダーになった森山さん、エイト青木さん、熱海の松本さん、カナディアンホームさん、ブリスク別府さん、佐々木さん、住宅保証機構さん、スガツネ赤塚さん、葉山の建築家、下平万里夫さん、独立ホヤホヤの建築家、浅野さんもいらっしゃって大いに盛り上がりました。
d0017039_021749.jpg

by iplusi | 2010-01-30 23:24 | その他いろいろ | Comments(0)
目黒S邸 今週の現場
d0017039_0182684.jpg
火曜日。目黒現場立ち寄り。外部、シート梁、内部痛んだ柱の交換など。トップライトもつきました。
by iplusi | 2010-01-30 23:20 | 目黒S邸 | Comments(0)
電気引き込みのルール
d0017039_18211560.gifまず、名称を覚える。「引込線」とは電柱から軒先などに取り付けられている「引込線取付点」(黄または赤のチューブ状の標識がついているところ。ちなみに、チューブが黄色の場合は東電が引込をしたということで、赤色の場合は工事店が東電より委託を受けて引込をしたということらしい。)までをいい、その先は「引込口配線」を経由して「屋内配線」となる。
引込線取付点が、お客の設備と東京電力の設備の境目(保安責任・財産の分界点)になる。

下記の東北電力の絵の方がわかりやすいか。引込線取付点で分界点ができるが、お客側にある、メーターと電流制限器アンペアブレーカーまたはリミッターとも呼ばれる)は電力会社の物。
d0017039_18392634.jpg

東電の引込線の高さのルール:下記にまとまっている。
「引込線及び引込口配線の取扱い」
最小で2.5mだが、弱電と60cm以上離すというルールもあるので、最小で3mと考えておけば良いか。
d0017039_1835872.jpg
メーターの高さ:下端で1.8m確保する
引込線取付点からメーターまでの配線:お客工事。昔の建物は外壁筋に沿ってメーターまで線が這っていたが、建物内に隠蔽してよい。引込線取付点側には入線カバーを付け、メーター部は直接ボックスの裏から電線を出すのが一般的。
盤とメータの関係:引込口(おそらくメーターから2時側配線の建物側取り込み口のこと。上記のやり方ならメーターの裏になる)と分電盤の間の距離は内線規定で8m以下と決まっているらしい。
幹線のサイズ:一般の住宅は、単相3線式なので、3芯のCVケーブル(架橋ポリエチレン絶縁シースケーブル、外側黒)などで引き込む。回路数や契約容量によって、幹線の太さは異なる。非オール電化の場合、契約容量は60アンペア以下になるので、14mm2(業界では14スケなどと呼ぶ)のCVケーブルで足りそう。SVケーブル(VVケーブルともいう、外側グレイ)の場合はワンランク太くする必要があるらしい。
d0017039_23362542.jpg
CVケーブルとCVTケーブル

■「単相3線式」:単相3線式は、3本の電線のうち真ん中の中性線と上または下の電圧線を利用すれば100ボルト、中性線以外の上と下の電圧線を利用すれば200ボルトが利用できる仕組み。新築では単相3線式が標準なので、エアコンは100V、200Vどちらでも対応できる。
d0017039_23275764.gif

by iplusi | 2010-01-23 18:21 | 飯能 i 邸 | Comments(1)
住宅版エコポイント
下記調査中内容です。概要は決まりましたが、まだ正式決定していません。さっさと決めてほしいものですね。

参考:国交省「住宅版エコポイント制度の概要について」(1月22日付)
トステムの住宅版エコポイント制度のまとめ(1月20日付)

■制度の概要
住宅版エコポイントは「エコ住宅の新築」「エコリフォーム」の2種がある。長期優良など、国からの補助を受けて窓や外壁等の断熱工事を行っている場合は、ポイント取得できない。

■エコ住宅の新築
新築の方は、省エネ等級4(次世代省エネ+α:参考になるページはここ)または、トップランナー基準(仕様規定なら次世代省エネクラスになるので、性能規定での利用を想定している?)が要求されるので、かなりハードルが高い。

■エコリフォーム
エコリフォームの方はサッシだけの改修でも、ポイントもらえる感じ(調査中)で、比較的使いやすそう。リフォームでもサッシは省エネ等級4を満たす必要があるが、サッシメーカーの証明書や施工店の書類のみで済むので手続きも手軽。

■対象住宅、対象となる部位
所定の性能を満たす住宅の、窓や壁の断熱補強工事にかかわる費用。
設備に何が含まれるかは不明。ちゃんと明記されていない。
上記ページ国交省ページに「ただし、高効率給湯器や太陽光発電設備等については、ポイント対象工事に該当しないため、これらに対する補助を受けていても、エコポイントの発行対象になる。」という内容あり。エコジョーズや太陽光発電などの製品代はポイント対象になると思われる。朝日ソーラーなどの太陽熱温水器やOMはどうなるのか?

■省エネ等級4を満たす窓
アルミ樹脂複合サッシでLOW-E入れれば問題ないが、Ⅳ地域でどこまでグレード下げられるかは、調査中。

■ポイントの上限
エコ住宅の新築、エコリフォームは30万ポイント上限。

■ポイントの交換対象

住宅版エコポイントを利用して交換できる商品は、以下のような商品等を中心に選定される模様。何でも使えるわけじゃないということらしいが、ポイントを即時交換し、工事費に充当することもできるらしい。

A 省エネ・環境配慮に優れた商品
B 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄付を行うなど環境配慮型のもの、公共交通機関利用カード)
C 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品)
D 環境寄附

■認定方法について
エコポイントの認定には、下記の方法がある。[8] がもっともハードルが低い。

 [1] 品質法に基づく設計住宅性能評価書、省エネルギー対策等級の等級4に適合
 [2] 品質法に基づく建設住宅性能評価書、省エネルギー対策等級の等級4に適合
 [3] 長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定通知書
 [4] 長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査適合証
 [5] 竣工現場検査に関する通知書・適合証明書(新築住宅)
    【フラット35S】(省エネルギー性)に関する基準に適合
 [6] 竣工現場検査に関する通知書・適合証明書(新築住宅)
    【フラット35S】(20年金利引下げタイプ・省エネルギー性)に関する基準に適合
 [7] エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づく住宅事業建築主基準に係る
   適合証
 [8] エコポイント対象住宅証明書

■ エコポイント対象住宅証明書発行費用
ERIの場合、4万程度。
http://www.j-eri.co.jp/gyoumu/gyo17_b.html

■相談窓口
住宅版エコポイント制度の相談窓口は以下のとおり。
・電話番号 0570-071-077 (土日、祝日も受け付けます。)
・受付時間 10:00~18:00
by iplusi | 2010-01-23 09:43 | その他いろいろ | Comments(0)
飯能i邸上棟
飯能i邸(兄の家)、1月20日、上棟しました。
d0017039_20134369.jpg
屋根をめくり上げて、北から光と裏山の風景を取り入れるという作戦です。
d0017039_20152444.jpg
屋根は折れ線グラフ状ですが、南側は軒が低くなっており、平屋テイスト。
d0017039_20144479.jpg
内部は、平塚、白井につづく、カナダツガ垂木シリーズの3作目です。風紋のような美しい陰影が期待できます。
d0017039_20173518.jpg
大屋根の中央部には工作室が入れ子されています。工作室は、土間状に下がってるので、2階の床は手が届くくらい、近くにあります。
d0017039_20155099.jpg
裏山からのながめ。北側のブロックは低く緩勾配になっているので、将来デッキを設けてもよいでしょう。
d0017039_20214223.jpg
横から見ると、構成がよくわかりますね。
d0017039_2057293.jpg
今回のヒノキ合板は、なかなかきれいなものを入れていただきました。入れ子部分1階南は、ガラスやめようかという話をしたけど、コボットが入るんで、やはり、ガラスが無難かな。
by iplusi | 2010-01-20 20:13 | 飯能 i 邸 | Comments(3)
西国分寺T邸01案 多面体構成の家
01だけど、実質4案目。
d0017039_13313371.jpg

d0017039_13315293.jpg

by iplusi | 2010-01-16 13:31 | 西国分寺T邸 | Comments(0)
目黒S邸今日の現場
屋根、梁の交換、外壁下地などが着々と進行中。
d0017039_132087.jpg

by iplusi | 2010-01-16 13:19 | 目黒S邸 | Comments(0)