<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
鎌倉Y邸のキッチンワゴン
雑誌:cozyの読者の方から「鎌倉Y邸のキッチンワゴンはどこで売ってるのか」という質問があったそうで、以下、編集部に対する鎌倉Yさんの回答です。
-----------------------------------------
うちも真似なんでどんどん真似してください。と言いたいとことろですが…。
どうも廃盤のようです。

d0017039_20153775.jpg飯塚さんのHPの写真にも書いてますが、モノは無印良品です。
http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/iplusi/kamakurasyasin/
HP写真を撮影したときはまだ買っていませんでしたが、上に乗せている同じサイズのバスケットもMUJIです。
正式名称は、「スチールワゴン(パンチングスチール)」。
D&デパートメントの「MUJIリサイクル」欄によれば、品番1546414
定価10000円(中古買取り2500円)だそうです。http://web.d-department.jp/project/recycle_muji/price03.html

ただし、途中数回マイナーチェンジしています。最初に下記ページでこのワゴンの存在を知りました。(コストダウンに悩む飯塚さんが発見)http://www.roppongi.jp/muji/index.html

そして同じように360度方向のキャスターを、左右が干渉しないように前後方向だけのキャスターに付け替えたのですが、私が買った時にはキャスターがワゴンにボルト留めではなく溶接されていたため、大工さんに頼んでグラインダーで切断してもらいました。(すごい火花でした)

また、底面もこの方のようにうまいパンチ穴がなかったので、裏面全体に木製の板を貼り付けて、そこに前後方向のキャスターを新しく取り付けました。キャスター自体はホームセンターで買った1個200円ぐらいのものです。

そもそもこのワゴンありきで設計してもらったので当然サイズはピッタリで、見た目よりも頑丈ですし、そっけないデザインと機能でとても気に入っています。似たようなのあればいいですね。
by iplusi | 2009-04-30 16:13 | 鎌倉Y邸 | Comments(0)
飯能現地視察
d0017039_1851198.jpg
飯能方面は小学校のころ、よく遠足で行きました。駅周辺はこんな感じ。いまだに単線です。
d0017039_18534635.jpg
駅から町までは、ほぼなんにもありません。
d0017039_18581550.jpg
これが敷地。山の中にニュータウンが忽然と姿を現すというかんじです。西武が開発した分譲地で600平米くらいあります。
d0017039_1944430.jpg
背後の小山は基本針葉樹ですが、敷地北東方向上空に広葉樹が残っています。この日は風もあって、ざわざわと心地よい音をたてていました。ただ、落ち葉対策は絶対必要。樋を付けない作戦も検討の余地ありです。
d0017039_191341100.jpg
南西隣りは女性建築家設計の平屋でした。西方向は尾根が重なり合う特徴的な風景。どうやら、裏山をどう借景できるかが鍵になりそうな感じです。
by iplusi | 2009-04-27 18:51 | 飯能 i 邸 | Comments(0)
飯能i邸02案 入れ子された部屋
d0017039_1951941.jpg
飯能i邸02案は入れ子空間を維持したまま、規模を縮小。入れ子される土間空間のアクセス方向は東に変更。1階の床から約1900の高さにある2階は、要望を受け立って歩ける天井高さに。
この表現の場合、2階柱やブレースが入ると、入れ子感が失われる可能性が高い。必ずしも、鞘堂の中央に箱が鎮座する構成にはならないかもしれない。
by iplusi | 2009-04-25 19:51 | 飯能 i 邸 | Comments(0)
固定資産税の計算
固定資産税についてヒアリング。

○ケース1・・・・更地の場合
・固定資産税は1/1時点で計算する。
・建物があるかないかは表示登記の有無で判断。
・表示登記がなければ現地確認となる
・この土地の地区では、
  土地固定資産税(更地)=路線価(路線価3.8万)×平米数×0.7×1.4%
・固定資産税とは別に都市計画税がかかる
  土地固定資産税(更地)=路線価×平米数×0.7×0.3%
・今回のケースではトータル30万くらいになる計算

○ケース2・・・・建物ありの場合
・土地固定資産税(建物あり200平米までの部分) =路線価×200平米×0.7×1.4%×1/6
・土地固定資産税(建物あり200平米を超える部分)=路線価×(敷地面積-200)×0.7×1.4%×1/3
・都市計画税(建物あり200平米までの部分) =路線価×200平米×0.7×0.3%×1/3
・都市計画税(建物あり200平米を超える部分)=路線価×(敷地面積-200)×0.7×0.3%×2/3
・今回のケースではトータル10万くらいになる計算

建物の方は課税標準額の計算が複雑で一概に言えないが、㎡あたり9万円程度が一つの目安とのこと。
建物面積120㎡(36坪)とすれば

建物固定資産税=9万円×120㎡×1.4%=約15万
建物都市計画税=9万円×120㎡×0.3%=約3万

となる。建物の固定資産税は建設後3年間は半分になる減額措置があるが、今年建てても、来年建てても、この恩恵は受けられる。よって、今年中に建てるケース1では、1年分の正規の建物固定資産税を多く支払うということで、ケース2と比較すれば良い。まとめると、

・ケース1  土地30万+建物なし
・ケース2  土地10万+建物15万

となり、年内に無理矢理建てても固定資産税の削減効果は、ほぼ期待できない計算となる。ケース2で年の初め頃に登記するのであれば、1年使用してから税を払うことになって、建った瞬間に税を払うケース1より、むしろ、お得感がある。また、ハーフビルドという特殊性から考えれば、ゆっくりつくってセルフビルド範囲を増やした方が、経済的であるのは言うまでもない。
by iplusi | 2009-04-21 11:24 | 飯能 i 邸 | Comments(0)
大田F邸の外観 ビフォーアフター
d0017039_14274796.jpg太田F邸、大工工事が終了。足場もとれました。

太田F邸は基礎、柱梁、屋根を残し、外壁サッシまで交換するスケルトンリフォームです。リビングを2階に持っていき、水回りもすべて交換。耐震補強や断熱強化など、基本性能も充実させている、新築そっくりさんです。

道路側の外観は、下の写真がビフォーの状態。出窓やタイル貼りで厚化粧しているのに、各々のパーツのバランスがおかしいため、福笑い状態になっていたわけです。
d0017039_14292827.jpgそんな、のっぺりとした外観を改善すべく、2階部分を25cmほどふかして上下階をきちんと分節。ピロティ感を強調した彫りの深い表情に。この一撃で微妙な軒の出もなくなり、タニタの角形の軒樋の取り付き方や、窓と樋の関係も非常にシャープで、上部の屋根の生々しさが消えてますね。とってつけたような半端なデザインの玄関庇は落とし、スチール製のものに交換しました。

ゴールデンウィークの最後、5/5or5/6あたりにオープンハウスの予定です。
by iplusi | 2009-04-19 14:28 | 大田F邸 | Comments(2)
コーナーのサッシ
d0017039_2221070.jpg
広葉樹の森のすばらしすぎる眺め。ほとんど別荘地という感じですね。フィッシャー邸のようにコーナーを2方向に抜いてみました。左手の縦長の窓は縦滑りの段窓。上部見えない側には、熱気抜き用に電動の滑り出し窓がついています。
d0017039_22531383.jpg
庇は150厚位でおさまっており非常にシャープです。思ったよりガラス越しに庇が透けて見えます。掃き出しにこだわらず、台形フィックス入れて良かったです。業務連絡金子様:ここの台形フィックスまわりは腰と両サイドは大和張りして、上部は斜めに張るという方がいいかも。同様に、居間の掃き出し2本の上部下部も、大和張りしないという作戦もありえると思います。
d0017039_22473641.jpg
大屋根の上の望楼部の形もみえてきました。ところで、こんな風に養生ネットがないと、様子がわかって非常に良いです。近所から苦情がくるので、町中ではまず無理ですけどね。
by iplusi | 2009-04-16 22:21 | 平塚K邸 | Comments(7)
飯能i邸01案 折れ線屋根の家
d0017039_17273330.jpg
飯能i邸01案模型。平塚、白井に続く、田園住宅シリーズの最後は折れ線屋根で提案予定。
by iplusi | 2009-04-15 17:26 | 飯能 i 邸 | Comments(0)
大借景
普通、借景というのは、近景は自分の庭で整備して、遠景を借りるというものですが、港北N邸では、公園とダイレクトにつながって、近景も借りちゃっています。よって、公園の木の見え方がとても重要。旧家屋が取り壊されるということで、窓からの風景の確認に行ってきました。
d0017039_17415338.jpg
公園に面する敷地です。1階も木陰にいる感じで悪くないですね。
d0017039_17365951.jpg
2階から。家の中から花見もできますね。桜の木は何本かあるようです。
d0017039_17404174.jpg
3階のデッキからは、木を見下ろす感じになりそう。
d0017039_17394716.jpg
木の中からのぞいてる感じです。鳥になった気分。
by iplusi | 2009-04-11 17:39 | 港北N邸 | Comments(2)
中間検査完了
d0017039_23454237.jpg
平塚K邸、本日、市役所の中間検査完了(平塚市は4号でも中間があります)。来週頭には住宅保証機構の検査が予定されています。
今日はその他、床点検口位置、物見台の納め基本方針、外壁大和張りの寸法などを決定しました。
d0017039_03090.jpg
南北からの光で、垂木の下面が明るくなり、コントラストがついて綺麗ですね。
by iplusi | 2009-04-10 20:43 | 平塚K邸 | Comments(3)
屋根工事@平塚K邸
d0017039_143875.jpg
平塚K邸は、ダイライト貼りも、ほぼ完了。瓦棒葺きの屋根を施工中です。写真は軽トラックに載せたベンダーで瓦棒を加工する様子。

d0017039_1531879.jpg↑瓦棒はしょっちゅうやってますが、成形してるのを見るのは初めて。奥からロール上の平板を入れると、手前から成形された部材が出てきます。

奥行き1500位の庇も出現しました。露出する柱と梁はサイプレス。ラーチ合板見ると、ヒノキ合板の綺麗さが良くわかります。
by iplusi | 2009-04-08 01:43 | 平塚K邸 | Comments(2)