<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
管理建築士講習会
今日は管理建築士の講習会でした。テキストは当日配布で、5時間の講義のあと、1時間の終了考査という、狂ったスケジュール。パシフィコ横浜のぎゅうぎゅう詰めのホールで、エコノミークラス症候群になっちまうぜ、と思いながら1日が終了。
by iplusi | 2008-11-26 22:21 | その他いろいろ | Comments(0)
展覧会のご案内
d0017039_23533778.jpg
今週末、11/23(日曜日)~11/25(火曜日)は、新宿でグループ展があります。毎年開催している素人集団の絵画や書の展覧会なのですが、今回はデジタルイラストの第一人者イラストレーター上杉忠弘さんが、なんと手書き書き下ろしで出品してくださるということで、私も楽しみにしています。お誘い合わせの上おこしくださいませ。
詳しいご案内はこちらです。(展覧会は土曜日からではなく、日曜日午後からなのでご注意下さい)

d0017039_23453825.jpg飯塚は最近は住宅の模型(=つまり仕事)とか出してごまかしていたんですが、今年はちゃんと3点ほど描きました。左の写真は、その中でも一番さらっと描いたもの。
でも、かけた時間と絵の良さは必ずしも比例しないというのが絵の面白いところ。さらっと設計した、荒削りの住宅に住みたい方、随時、募集中です(笑)。
by iplusi | 2008-11-21 11:51 | その他いろいろ | Comments(3)
平塚K邸 家具図作成
d0017039_17434379.jpg平塚K邸の家具図作成。
キッチンを含め、一軒分の家具を製作するとなると、最低でもこのくらいの図面が必要。既製品では、建て主さんのご要望通りのものにはならないし、何より味気ないですからね。
by iplusi | 2008-11-19 17:42 | 平塚K邸 | Comments(0)
中建築
d0017039_2311045.jpg
平塚K邸は、建主さん自ら、①浄化槽排水の放流許可、②同道路占用許可、③2項道路の狭あい申請、をとっていただいたので、本日、浄化槽の設置届けと確認申請書、無事提出できました。これで、ようやく、市街化調整区域でも家は建つ!と胸を張って言えますね。
写真は、典型的な「役所様式」の平塚市役所庁舎。この手のデザインの出典は丹下さんの香川県庁舎かと思ったけど、比べると全く違いますね。丹下作品には「日本」があるけど、役所様式にはそれがない。(この丹下事務所のHP、1950年代、60年代が必見。泣けます。)大建築とは呼べないので中建築と命名。
by iplusi | 2008-11-14 23:08 | 平塚K邸 | Comments(6)
藤沢H邸01案 富士山を望む家
d0017039_2259232.jpg
新しいお仕事その2。藤沢H邸。またしても崖の上に建つ住宅です。下の写真のように富士山や相模湾がみえるということで、横連双窓や屋上テラスを西側に配置する予定です。将来西側隣家が建て替えになると、眺望は悪くなる可能性もありますが、高さ9mの高さ制限があるので、隣地と3mの高低差があるH邸では、6m以上の部分(=展望テラスなどのレベル)はこの景色が維持されると思われます。
2階を眺望方向に跳ねだしたのは、デザインもありますが、「安息角確保のための深基礎を出来るだけ浅くする」という構造的理由もあります。
d0017039_23443992.jpg

by iplusi | 2008-11-11 22:37 | 藤沢H邸 | Comments(2)
大田F邸01案 スケルトンリフォーム
d0017039_2254429.jpg
先週からはじまったお仕事その1。大田区のF邸リフォーム。アイプラスアイでは、今までリフォームの仕事は全部お断りor友人をご紹介していたのですが、Fさんは鎌倉Yさんのお友達で、前々から土地不動産のご相談頂いていたという経緯もあり、お手伝いすることに。
上段が現在のプラン。住宅密集地なので、南(図面右手)に3階建てが建つと、1階のリビングはあまりうれしくない環境になることが予想されることから、2階リビング型逆転プランの間取りにスケルトンリフォームすることになりました。
青木さんの現地調査を参考にして、耐力壁配置はもちろん、梁桁配置の想像図(中段)まで一応書いてみてから、新しい間取り(下段)を考えます。
by iplusi | 2008-11-11 22:10 | 大田F邸 | Comments(0)
白井T邸 08案模型 すべてがnになる平面
d0017039_1748153.jpg
平面は、直線ブロックとくの字ブロックが寄り添うような形。階段、キッチンを中心に、4つの「たまり」を持つ構成。「すべてがnになる」新しい間取りの実践。
d0017039_174856100.jpg
↑ AからB方向をみる。双頭のAとCの中間くらいが南なので、四方の窓からは何らかの日照が期待できるが、ここでは、南東から南方向の光が印象的なインテリアをつくるはず。ワンルームながら、一瞬では把握できない襞のある空間を目指す。
d0017039_17504762.jpg
↑ B上部からA方向をみる。天井高の高い空間に、ブリッジが渡る。Aのサッシは、3本レール3枚引きサッシ+木内窓という構成で検討中。
d0017039_17533139.jpg
↑ CよりB方向をみる。A、B、Dの各スペースは、死角をつくって直接見えないように。
by iplusi | 2008-11-01 20:30 | 白井T邸 | Comments(0)