<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
スキップフロア
d0017039_21333660.jpgスキップフロアについては今までまとめたことがなかったので、ここで一度整理してみました。

スキップフロアとは?
半階分づつずれながら連続する層構成のこと。レベル差のある複数の床をもつ建築物の層構成を、スキップフロアということも多い。

スキップフロアのメリット1-広く見せる
・フラットなときより、体感する気積量が増えるので、実面積以上の広がり感をつくれる
・吹き抜けを設けずに広がりをつくれるので、使える床を減らさずに済む
・ずれた床によって空間に変化や流動性がうまれる

スキップフロアのメリット2-変化のある空間をつくる
・床レベル差によって、天井高が変化するので、空間の性格付けも可能
・床のエッジができるので、空間に方向性が生まれる
・段差によって、落ち着き感、まとまり感のあるスペースををつくることができる。
・ワンルーム空間を分節するときに有効、

スキップフロアのメリット3-視線の演出
・視線が上方または下方斜めに抜けるなど、変化に富んだ視線が楽しめる。
・ずらすだけで、高い天井高にしたときと同じ、見上げる視線が得られる

スキップフロアのメリット4-光を導く
・ずれた床の間から光を導入することも可能
・南側の階高を上げることで、家の奥まで光を導入することが可能
・ダイレクトゲインで太陽熱を利用するときにも有効

スキップフロアのメリット5-無駄をなくす
・廊下がないプランニングが可能。狭小住宅の常套手段
・アドルフ・ロースのラウムプランのように、空間を無駄なく活用できる
・階段吹き抜けを小さくすることが可能。

スキップフロアのメリット6-法規をかわす
・1種高度などの厳しい斜線を、階高の変化でかわすことができる
・防火地域、準防火地域では、ロフト付き2階とすれば、要求される防火のグレードをワンランク下げられる

スキップフロアのメリット7-活動を促す
・ずれた床が住まい手同士の間に適度な距離感をつくる
・段差が活動を促す(アフォードする)ことが期待できる
・すわれる場所、たたずむ場所が家の中央にできる
・例えば縁側のように段差がコミュニケーションを生み出す契機となる

スキップフロアのデメリット・課題
・空間把握が困難。模型なしだと建主さんはまず理解不能。
・木造住宅だと設計も施工も非常に困難。RCでも打ち継ぎなどが問題となる
・もともと空間のつながりを持たせる構成手法なので、部屋数の多いプランには対応しにくい
・遮音がしにくい
・歳をとったときしたときに、上り下りが大変と言われることもある
・エレベーターが設置しにくい。(設置するときは通過型のエレベーターに限る)
・昔からある形式ではないので、家相は謎

導入を検討すべきケース-都市部や傾斜地に
・傾斜地に建てるケース
・半地下地下室があるケース
・駐車場(ガレージ)の上部を利用するケース
・床下収納や、小屋裏収納など、1階に満たない階高の部屋があるケース
・厳しい斜線制限がかかるケース
・準防火地域、防火地域制限がかかるケース
・狭小住宅のように規模が制限されるケース

フラットで普通に建てた方が望ましいケース-平坦な別荘地などに
・ハウスメーカーの設計施工(設計に手間暇をかけられないケース)
・模型をつくらない設計者に依頼するケース
・敷地面積が広大で、平屋建てが望ましいようなケース
・身体的ハンデがあったり、車椅子の利用がはじめから想定されるケース
・大型物品の出し入れなどがあるケース(店舗付き住宅など)
・空間の連続性よりもプライバシーの確保がが要求されるケース

スキップフロアの事例
・アドルフ・ロースの住宅、ポール・ルドルフの住宅、アルバー・アアルトの住宅、土浦亀城自邸  ・・・etc

スキップフロアで計画する今日的意味
・6/20改正以降、法規的にもコスト的にも3階建てはつくりにくくなってくるが、4号で済むスキップ2階、ロフト付き2階は、デザインの可能性が充分残されてる。
・ラウムプラン型建築は、伝統建築にはない型式なので、まだまだ、やられていないことがたくさんあるはず。バリアフリーという標語によって失われた空間の魅力を復活させたい
・通常、間取りを考えるときは「平面」で考えているが、「断面」で間取りを考えれば、スキップフロアの構成が自然と導かれることが多い。むしろ、法的に様々な形態制限がかかったりするときは、フラットな構成にする方が強引である可能性もある。

カツドウノイエシリーズ=スキップフロアの家というわけではないのですが、建主さんの要望もあって、アイプラスアイでは、ほとんど全部の住宅にスキップフロアを採用しています。

(つづく)
by iplusi | 2007-07-29 21:59 | その他いろいろ | Comments(9)
電気関係打ち合わせ
d0017039_22542760.jpg外壁下地のダイライトが張られ、形が見えてきた国分寺I邸。今日は電気関係の打ち合わせでした。
2世帯の各世帯毎に、平面図と展開図におとしたコンセントやスイッチの配置を一つ一つ確認していきますから、協議内容は実に盛り沢山です。昼スタートでしたが、終わったのは夜。こんな風に夜景も確認できてしまいました(笑)。
手前の大窓は、子世帯、奥の大窓が親世帯です。ロフトの窓から花火が見えることもわかり、ちょっと得した気分。現場はこれから、設備電気、屋根、サッシなど様々な工事が進行します。来週は雑誌、建築知識の取材も予定されています。
d0017039_23134051.jpg

by iplusi | 2007-07-28 22:53 | 国分寺I邸 | Comments(0)
オリジナルスパン表
d0017039_21354523.jpg
木造住宅の梁の寸法を毎度計算するのは面倒なので、今日はエクセルでオリジナルのスパン表を作成。ヤング係数、梁の寸法、荷重などを入力すると、所定のスパン、梁ピッチのときのたわみ量を自動計算。長期たわみがスパンの1/250以下かつ2cm以下におさまっているかどうかの判定結果(「OK」or「NG」)までは自動で出力されるようにしてみました。(色つけが手動なのがいまひとつ)。応力の検討は別途必要。でも、梁の寸法は、たわみで決まることの方が多いので、こういう表であたりをつけられるとなかなか便利です。
普通の木造住宅は、平面の自由度を確保するため不必要に大きい部材が入っているものですが、ここまでやれば、木材の性能を余すことなく利用することが可能になります。
by iplusi | 2007-07-25 21:31 | その他いろいろ | Comments(4)
トタン外壁と大木
d0017039_2239879.jpg
採取場所:西荻。つぎはぎだらけのトタン波板と微妙な石積みがすばらしい。

by iplusi | 2007-07-21 22:40 | その他いろいろ | Comments(0)
国分寺I邸上棟
国分寺I邸無事上棟しました。現場は今、大工さん3人体制で、すごいスピードで施工中です。今日は現場にて屋根納まり相談。また、サッシ発注のために現場で工務店、飯塚、サッシ屋さん打ち合わせ。
d0017039_22263059.jpg
子世帯2階居間から、親世帯方向を見る。2階床の上に、中3階、中4階の床が交互に浮かびます。なぜか高床式の住居っぽい感じ。高床の床下はロフト収納。子世帯子供部屋と親世帯寝室の間のロフトは、木造住宅の弱点、床遮音にも貢献しています。
このくらいハイサイドライトがとれれば面白いが、国分寺ではロフト窓の面積制限があるので、こんなに明るくはならないのが残念。
d0017039_22273672.jpg
子世帯1階から2階を見上げたところ。ここの階段も透かした方がおもしろそう。解けないかもしれないけど。
d0017039_22283874.jpg
親世帯1階居間から、ロフト方向を見る。南面は天井高約3500。南開口は2200Hの4枚建て引き違いサッシの上に1000Hの欄間サッシ。周辺建物の日影は検討済みで、冬場は間違いなく家の奥まで陽が入ります。OM付きだけど、ダイレクトゲインだけでも相当な熱を得られるはず。
親世帯は1階がメインフロアなので1階の天井が高いが、子世帯は2階がメインフロアだから、2階の天井が高くなっています。
d0017039_22291449.jpg
親世帯2階北側、作業室より、南方向を見る。今回は床段差はあるが、積極的な吹き抜けはなし。でも段差が大きいので開放感は十分です。
2階と中3階床のレベル差は1260で、ほぼ半階分ずれています。中3階と中4階のレベル差は1040なので、2階から中4階でギリギリ1階分。天井高2100が確保できます。
d0017039_22293382.jpg
間柱、窓台、まぐさ用、カナダツガ。通常の木造住宅の間柱は27とか30厚とかだが、今回はすべて45mm厚かつヤング係数E120で、かなり頑丈です。
by iplusi | 2007-07-19 22:28 | 国分寺I邸 | Comments(0)
22本の通し柱
d0017039_22454765.jpg国分寺I邸の建て方風景。金物工法で通し柱は22本。2階床が出来た段階では、まだ普通の2階建て風ですが、ここからスキップフロアの床梁や、高窓付きの屋根の梁が様々なレベルで架かります。ここまで複雑だと、金物工法じゃないとちょっと無理。
本日はプレカット図仕様書の内容を現場にて照合。合板特類、木材のヤング係数、N釘(今回は代理人の発注なので問題なさそう。大工さん手配の場合は要注意です。)などを現地確認しました。
by iplusi | 2007-07-17 22:45 | 国分寺I邸 | Comments(0)
白い外壁
d0017039_20281695.jpgバウハウスの建築群や土浦亀城自邸のような初期モダニズムの白い箱が建主さんの基本イメージ。今日は模型写真を下敷きに、昔風のパースを書いて、外観について検討する。
南の開口部は、へこませた上に、額縁をまわす。へこんだ部分は黒く着色。白い外壁との強いコントラストで、意図的に黒つぶれ状態をつくり、住宅用サッシの生々しいディテールを消す。サッシは外黒、内白という組み合わせがよいか。白い部分は意図的に銀色のステンビスを見せた波板。わざと手作り感を残すことで、モダニズムの痛々しさを回避する。ビスピッチを揃えるためには、重ねを少し多くとる必要がある。玄関となりの窓は庇と重なっていまひとつ。検討の余地有り。
by iplusi | 2007-07-15 16:38 | 杉並U邸 | Comments(4)
台風で上棟延期
d0017039_313357.jpgそれにしてもよく降ります。台風のため、上棟は火曜日に延期。ブルーシート下で待機するプレカット材。テックワン工法の金物が先付けされています。
by iplusi | 2007-07-15 03:10 | 国分寺I邸 | Comments(0)
小径パイプ用のクランプ
単管パイプ用のアタッチメント部材はいろいろあり、セルフビルドに活用できる。が、単管パイプは48.6Φと、いかんせん太すぎで、小規模な工作物にはちょっとつらい。若葉台のホームセンターで細径用のクランプを使ったの棚を見たことがあるが、そこでは販売はしていなかった。WEB巡回中、このミニパイプクランプをたまたま発見。http://www.canamono.com/
パイプノットというクランプの他に、タルキノットという製品があって、いろいろ使えそう。もう少し上等な金物としては「キークランプ」 がある。
by iplusi | 2007-07-10 02:59 | その他いろいろ | Comments(0)
キッチン水栓
d0017039_17202245.jpg業務連絡:ショールームでお知らせした知る人ぞ知る水栓メーカーはこちら。私が現物みたことのあるステンレス製の質感の高いK875JVZ-6は、残念ながら、ちょっと高価(ステンレスにしては安いという話もあります)でしたが、クロームメッキ品のK875JDVは定価27500円とTOTOのTKC31Rのほぼ半値。破格の定価、というか、競争相手のいないTOTOがそもそも儲けすぎなんでしょう。ということで、他にこだわるところ沢山あるし、水栓は普通でいいということなら、このK875JDVをお勧めします。やっぱり多機能ということなら、グローエの下記3タイプから選ぶのがよさそう。グースネックは今回採用しませんが、先がクロームメッキのものも出たたようです。http://www.mag.jp.grohe.com/press/2006/07/post_f150.html

d0017039_18374487.jpg
d0017039_18371438.jpgd0017039_18381644.jpg
by iplusi | 2007-07-08 17:13 | 杉並U邸 | Comments(1)