<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
西船U邸 模型製作
d0017039_22214578.jpg業務連絡:Uさん、久々の模型です。お待たせしました。
食堂から南を見たところです。下のY邸の写真と見比べてください。Y邸は北窓でこんな感じですから、南なら明るさは全く問題にならないと思います。全体の印象は、何か住宅というより、船っていう感じですね。
少し欲張れば(10万円位コストアップ)、南の引き違い窓は、構造壁の裏に完全引き込みにもできると思います。どうします?
ところで、食堂となりの構造壁がどうしてもとれなければ、鏡にするという手もありますね。その場合、ちょうど、こんな風景が鏡に映りこみます。
by iplusi | 2006-05-30 22:23 | 西船橋U邸 | Comments(0)
鎌倉Y邸 雑誌撮影
d0017039_15143433.jpg昨日は鎌倉Y邸、雑誌「マイホームプラス」2006年夏号「オープン間取り特集」(だったかな?)の撮影でした。6ページにわたって取り上げて下さるそうです。

6ページ6カットなら気楽ですが、この雑誌の場合、6ページだと、大小とりまぜて、20カット位の写真になります。もともとシーンの少ないワンルームの住宅で、見せたいところだけで20カットは至難の業。よって裏方部分も全部撮影することになります。(汗)
・・・でも、なんとかなりました。
d0017039_15152625.jpg撮影には、大工さんのつくったオリジナルテーブルはもちろん、大高事務所でもらってきた天童木工の椅子、仲條正義さんの絵、三嶋りつ恵さんの花瓶、アカチャンホンポ製でぶちん偽ロディまで活躍。

撮影前にカツドウ中のスタッフ。右端はモデルになるつもりが、お父さんの出番がなくて、ふてくされている(嘘)Yさんの横顔。
こんな風に設計者、のんびり写真撮ってると思いきや、撮影アシスタントとしてカツドウ中です。
d0017039_15165111.jpg本棚もきれいに整理されています。本棚の横の椅子は、Yさんが会社からもらってきたもの。少しくたびれていい味出してます。

曇りがちの天気でしたが、撮影には、室内がちょっと明るすぎるということで、ほとんど全閉に近い状態にブランドを閉めての撮影でした。明るすぎでもダメなんですね

カット数は多いけど、ライターさんの書いた絵コンテに従った撮影だったので、作業は非常にスムーズでした。撮影は建築写真家の黒住直臣さん。
d0017039_0565022.jpgY家のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。できあがりが楽しみですね。

発売は、7月21日の予定です。

by iplusi | 2006-05-29 00:59 | 鎌倉Y邸 | Comments(4)
サッシ屋さんとの打ち合わせ
d0017039_2038563.jpg上棟後のサッシ打ち合わせ無事完了。今日は野地が張られてました。
テラスの部分からはよく光が射しそうです。しかし、写真撮ると、わけわからん架構ですな。

森山さん、言及型トラックバックありがとうございます。N邸ちょうど同じペースですね。
by iplusi | 2006-05-25 16:27 | 浦和S邸 | Comments(0)
浦和S邸 サッシ検討
d0017039_1121134.jpg
木造住宅では、上棟するとすぐにサッシを発注する必要があります。設計者が決めなくてはいけないのは、サッシのサイズや取り付け位置。ガラスの種類や開閉方向は建主さんの確認も必要。明日のサッシ屋さんとの打ち合わせに備え、浦和S邸のサッシすべて決定しました。

Sさん業務連絡です:居間の窓はこんな感じです。本棚の中に窓があるイメージ。開閉方向は決めておくので、土曜日榊さんに確認してください。ガラスの変更があれば指示ください。
by iplusi | 2006-05-25 01:18 | 浦和S邸 | Comments(0)
浦和S邸上棟
d0017039_0532063.jpg
本日浦和S邸無事上棟。合板や養生ネットが張られる前の一番美しい状態を見ておこうと、夕方なんとか現場にかけつけました。

d0017039_0561833.jpg浦和S邸は中3階の下に2階の床が滑り込んでロフトになるという、変則的なスキップフロアの構成です。

左写真は、中3階から、2階食堂と3階テラスを同時にみたところ。ちょうど立ち位置の下側が2階のロフトになります。中3階から半階あがると、3階のロフト。3階ロフトからテラスへはひょいっとでられるようになっています。

ところで、ロフトに設けることのできる開口部の扱いは、確認機関ごとに、かなりまちまちのようです。階数に算入されないロフトが許されるのは、収納用途でかつ天井高が1.4m以下というケースなのですが、ロフト内の窓はあくまで採光、換気用ということで、大きさや開閉方式を制限している自治体、確認機関があります。ロフト経由でテラスに出るプランを検討されるときは、早めにそのあたりのことを確認することをお勧めします。

by iplusi | 2006-05-22 00:58 | 浦和S邸 | Comments(0)
一間のひさし
d0017039_2259956.jpgsnakamさん業務連絡です。1200の模型に着彩して1800の絵つくってみました。実際はもう少し広い感じかも。庇の出を一番感じるのは、やはり庇の内側にいるときだから、こういうアングルで見たときだろうと思います。この位あると、自転車ぶら下がっていてもいいし、干し柿干したりしてもいいですね(笑)。
クリストファー・アレグザンダーという建築家の書いた、パタン・ランゲージにも6フィートという寸法は度々登場します。たとえば、一間バルコニー。アメリカ型民家、実際どの位あるんですか?経験値として。
by iplusi | 2006-05-19 23:04 | 多摩N邸 | Comments(2)
イケアの戦略
d0017039_17363845.jpg一言でいうなら、イケアはストーリー性の高い家具のテーマパーク。

復習すると、最初のゾーンは、ショールームです。このゾーン、リビング、子供部屋、ベッドルームというように部屋別になんとなくゾーニングされており、順路進むにつれて色々なシーンが展開するしかけ。展示は家具の他に、雑貨やブラインド、照明もセットされた非常に常にリアル?な状態の部屋。買った後の姿をイメージしやすいようにして、購買意欲をあおります。ハウスメーカーのショールームと同じやり方ですが、展示してあるものは全て商品として売っているものです。

延々と続くショールームゾーンがようやく終わると、結構疲労。やれやれと思っていると、ちょうどそこが食事ができる休憩所。これも飽きさせない工夫のひとつ。リフレッシュしたところで一階へ。

d0017039_17361379.jpg一階の所々には、びっくりするほど安い商品がスポット的に展示してあって、脳の中に「イケアは安い」というイメージを定着するのに役立っています。このスポット商品、ともかく大量にあるのもミソ。そこそこの商品でも、大量に集めると集合の美が生まれ、一つ展示してあるより美しく見えます。同様に色違いのものを並べてやると単色で飾るよりよく見えます。その辺がうまくできてますね。この照明のなんてまさにそれ。
雑貨小物ゾーンが終わると例の倉庫ゾーン。セルフサービスで商品をとるので人件費がかからない、展示費用もいらないと、売る側にとってはいいことずくめ。

人がいるのは長い長い順路の最後にあるレジだけ。途中も相談できる人は所々にいますが、大きさの割にはひどく少ないのです。

順路を強制的に歩かされることによって、何も買わないで帰ると損、あるいはこれだけ見たんだからこれでいいでしょ的雰囲気ができます。大塚家具はそれを人手をかけてやってるわけですが、イケアは強制動線によって無人でこれができているわけ。戦略としてうまいですね。
by iplusi | 2006-05-13 17:37 | その他いろいろ | Comments(0)
イケア見学 金物など
d0017039_16394557.jpg写真があるので、しつこくイケア情報です。まず、調味料入れ。ローコストオーダーキッチンの場合は、調味料入れの場所は結構悩みどころです。引出にしまうか、出しっぱなしか。調味料入れを固定する場合、油汚れ問題とか、調味料が湿気る問題とかありますが、写真製品、見かけは割と雰囲気ありますね。もちろんデザインまとめて台上に置く方法もあり。
d0017039_16422487.jpgぶら下げるのも手です。各種ぶら下げ金物、ものすごいぶっきらぼうですが、アトム(高橋金物)製品などに比べれば、すごく安い。
その他、扉の取っ手、つまみなどもあり。デザインはまあ良いのですが、アルミ製品はねじ山バカになりそうだし、ステンレスは削りだしじゃなくてパイプの組み合わせだったりと今ひとつ。
d0017039_16493488.jpgなどといいいつつ、実験的にいくつか買ってきました。
棚板。金物が出ないように、予め、パイプ付きの台座(写真棚板の下にあるやつ)を取付け、この金物に差し込むように棚を取り付けるようになっています。耐荷重はあまり期待できませんが、この値段なら文句言う人もいないのでしょう。

by iplusi | 2006-05-13 16:40 | その他いろいろ | Comments(2)
イケア見学 ワゴン
d0017039_162429.jpgd0017039_1625830.jpg
見学して一番気に入ったのは、左写真、手術用みたいなワゴン。21900円。これは買いでしょう。広い家でないとつらいかな。右写真の半分キャスター式もなかなか。木の俎板がセットされると色合いもきれい。16900円。

d0017039_1626357.jpgイケア商品の中でもっとも利用できそうなのが、このネット収納。ちょっと華奢ですが、カゴが一個350円とべらぼうに安い。キャスター付きのセットでも2800円/台。押入れ内の収納などに使えそう。
業務連絡:snakamさん、やっぱりほこりが問題ですよね。H邸御主人、お子さんのおもちゃ入れにどうですか?
by iplusi | 2006-05-13 16:24 | その他いろいろ | Comments(1)
イケア見学 おもちゃ収納はどうする?
d0017039_15464664.jpg小さな子供のおもちゃ類の収納は意外に難しいものです。しつけの一環として、子供が自分で片づけるように計画しても、まずうまくいきません。親がこれはここにしまうとかルールを決めても、子供にはそういう分類能力はないようです。(少なくともウチの子供は)。
おもちゃは色がファンシーなものが多く、見せると大変散らかって見えます。毎度片づけるのも面倒なのでウチの場合、内緒で捨てようとしますが、子供達は、そういうときだけぎゃーぎゃーいいます。

d0017039_15492862.jpgどうせ一時的なものだからと、カラーボックスや紙系の収納で対応する作戦もやってみましたが、だめですね。
で、あれば、大きな収納ケースだけ用意して、何でもかんでもぶち込むと言う風にしたほうがいいのでしょうかか?この場合、おもちゃ箱といっても、利用実態はゴミ箱と大して変わりませんが。(笑)
d0017039_15501781.jpgイケアにあったものだと、バナナ繊維の筒状の入れ物や、格子状のボックスなどがこの乱暴な仕組みには使えそう。

オープンプランの実現のためには、ともかく、部屋ごと隔離せずに、この問題を解決しなければなりません。

by iplusi | 2006-05-13 15:47 | その他いろいろ | Comments(0)