カテゴリ:多摩NK邸( 5 )
多摩NK邸 現場進捗状況
d0017039_18460064.jpg
多摩NK邸は外回りが大詰め、内部はフローリング張りが始まったところです。これは、2階南のセカンドリビング部分。窓際の天井高2M。サッシはH=1500の片引き(特注サイズ)。方立の内側に90角の構造柱を立てただけのシンプルおさまりですが、昔の住宅のようなスケール感が、とても好ましいです。
d0017039_18460037.jpg
既製の換気棟は、端端ではなく、最後のハゼまでとしていただいたので、小口はすっきり納まっています。
d0017039_18460176.jpg
ハイサイドの屋根も破風なしですっきりおさめていただきました。壁取り合い部は雨仕舞むずかしいので(板金出隅部は八千代折できないため弱点になりやすい)、小さめの雨押えをまわして逃げてますが、意匠的には全然気になりません。サッシ下は棟と同様に、既製の通気部材で通気確保しています。
d0017039_18473193.jpg
ハイサイドから吹き抜けに、うまく光が落ちていますね。
d0017039_18460107.jpg
1階リビングは欄間サッシが建物間口いっぱいについています。横強調のデザインなので、サッシの横部分は木を張らず、ガルバの平板にしています。木とガルバは出隅切り替えでシャープに。
d0017039_18455989.jpg
リビング室内側の景色はこんな感じ。欄間サッシが端から端でも、幅1間たすき掛けのコボットが2か所入っていますから、壁量は十分です。


by iplusi | 2017-04-28 19:09 | 多摩NK邸 | Comments(0)
多摩NK邸上棟
d0017039_23214851.jpg
多摩NK邸上棟しました。2階はスキップしてるので1階の背が高く上昇感があります。また、アイプラスアイでは珍しい、ほとんどシンメトリーの立面。さらに、T字路の突き当りにあることもあって、軸組みの段階でも、神社みたいな象徴性が出てます。
d0017039_23215468.jpg
建蔽40%、平面7.5P角(1P=910)なので、床面積は決して大きくないのですが、勾配屋根やスキップフロアで、室内は少しだけ気積が大きくなっています。囲まれ感のある平面と、高さ方向のちょっとだけのゆとりが、とても気持ちのいいスケール感をつくっています。
屋根は中央にハイサイドライトがあります。2階の屋根は910ピッチで登梁形式。24㎜の厚物合板で剛床にします。
d0017039_23215198.jpg
今回の構造の要。庇用の片持ち梁は限界まで細く加工。その梁に取り合う胴差は梁受金物(ストローグ)で、梁上下の管柱は、ほぞパイプにして欠損を最小に。コボット付きますが、梁受金物やほぞパイプとコボットのビスが干渉しないかどうかは、原寸描いて検討済みです。

今回の棟梁は荻窪H邸と同じシバタさん。趣味は仕事、23歳。吉田工務店の監督は毎度おなじみの薮崎さん。アイプラスアイは中根が担当します。


by iplusi | 2017-03-11 23:50 | 多摩NK邸 | Comments(2)
多摩NK邸04案 ハイサイドライトの検討 
d0017039_15281973.jpg
多摩NK邸04案。今回、外観はハイサイドライトをつけるマイナーチェンジ。
d0017039_15282133.jpg
屋根は軒高と高度斜線の関係から非対称に(北側が急勾配、南は緩勾配)。西側面は前回窓配置がモダン過ぎたので、庇のある引違いで南側と印象をそろえました。04案階段は1階中央から西側に上がる形のプラン(南正面の外観写真参照)でした。しかし、階段を東西ひっくり返した方が、2階にきれいなクローバー動線がつくれそう。
d0017039_15433059.jpg
電車の中で描いてみましたが、ギリギリ納まるかな、というところです。7.5P角なので、室内を徹底的に有効活用できる間取りを考えています。

by iplusi | 2016-10-04 15:59 | 多摩NK邸 | Comments(2)
多摩NK邸03案
d0017039_19123361.jpg
多摩NK邸03案。今回は高度斜線となじみのよい切妻を試してみることになっています。切妻関連ということで、要望書にあった「大正文化住宅みたいな」というキーワードに注目。きっと大正ロマンや和洋折衷様式じゃなくて、小石川大正住宅みたいな雰囲気をイメージされているのだろうと想像し、案をまとめてみました。

1階南の窓は、当初掃出しのでかいので検討していたんですが、どうもモダンになりすぎで大正には程遠い感じ。試行錯誤の結果、欄間付きのサッシという、普通は絶対に採用しない形をやってみたら、ちょっといい感じの雰囲気になりました。2階の窓も、低い腰壁~5尺8寸鴨居までのサッシを使って、それ風に。うちの事務所は壁際にとるのを基本としてますが、2階南窓はあえて中央に集め、昔風のかわいらしい表情を作りました。

デッキは02案三角平面で02案を踏襲。デッキ端部を3角の袖壁でおさえた、独特なエレベーションです。佐渡の宿根木など、船大工がつくった住宅には直交座標はずした豊かな表現が出てきます。部分的な工夫でそんな感じのイメージがでれば、面白いかなと考えました。

で、完成品、ちょっとおとなしすぎるかなと思ったんですけど、「鳥取の実家に似ている(写真を見せていただいたところ、1階の居間に欄間付きサッシを使った石州瓦の切妻の住宅でした)」ということで、NKさんにはおおむね好評。改めてみても、2階をぎりぎりまで低くしていることもあって、プロポーションは悪くないです。



by iplusi | 2016-09-11 19:53 | 多摩NK邸 | Comments(2)
新しいお仕事@多摩
d0017039_23544087.jpg
新しいお仕事、多摩NK邸。道路付けは南。建蔽が40%なので総2階でも28坪が限界です。凹ませると面積が削られるので、今回はあえて建蔽に含まれない庇や壁で建物を大きく見せる作戦をとりました。
d0017039_23541316.jpg
ジグザグにつながる庇や袖壁で、夏場の日射や隣家からの視線を遮ります。道路際のデッキは床から1mくらいの設定ですが、お父様と同居するので、デッキは一部低くしてスロープが将来設置できるようにしてみました。

なお、今回の作業は、超ラフ図面→スケッチアップ→図面→模型という順番で作成しました。スケッチアップ上でほぼほぼ計画を決めています。

by iplusi | 2016-08-30 00:08 | 多摩NK邸 | Comments(0)