カテゴリ:町田K邸( 14 )
町田K邸オープンハウスのお知らせ
来る3月25日(土曜日)、建主様のご厚意により、i+i設計事務所で設計監理を致しました、町田K邸の見学会を開催できることになりましたのでお知らせします。
d0017039_13132640.jpg
町田K邸は、道路挟んだ向かい側は公園、道路付けが北と西という見通しのいい敷地に建つ、焼杉張りの住宅です。南側に隣家が迫るので、南上がりの片流れ屋根とし、ハイサイドライト形式で積極的に採光。。眺めのいい北側は軒をさげて横連窓で公園の風景を取り込み、西方向は角地の特徴を生かす台形窓で家の顔をつくりました。屋根は外断熱形式で、2階のリビングは構造体あらわしの陰影の美しい天井になっています。

デザイン重視の住宅で、低炭素も使っていませんが、断熱性能は次世代基準より高いグレードの設定になっています。サッシは上記写真のもの以外はすべて現場で樹脂に変更。結果的にUA値は0.54(九州からオープンデスクに来ていた前田君の計算による)、つまりHEAT20、G1クラスにアップしています。

事前にご連絡いただければ、どなたでも見学可能です。
見学希望の方は、お名前、ご連絡先、ご見学の人数、お越しになる大体のお時間、家づくり予定者・設計者・施工者・OB・その他の別、を下記までご連絡ください。折り返しご案内をお送りいたします。

■住所:町田市南成瀬4丁目
■日時:2017年3月25日(土)、am10:00~pm4:00
■最寄駅:JR横浜線 成瀬駅 
■車の場合:コインパーキングに駐車できます。 
     
■その他:トイレは近隣のコンビニ、ドラッグストアご利用ください。
■手袋の着用お願い致します。(手袋はこちらで準備致します)
■お子様でも手袋をされない方はご入場できません。
  (お子様用の手袋をできるだけご持参ください)

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
  mail: yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488


by iplusi | 2017-03-24 00:15 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸足場解体
d0017039_18511005.jpg
町田K邸足場はずれました。なかなかすごい立面ですね。道路側外壁は焼杉(荒磨きにキシラデコール黒)とレッドシダーの組み合わせ。裏面はガルバ小波で予算節約しましたが、面で切り替えたので違和感はありません。町田K邸は3/25オープンハウス予定してます。最寄り駅は成瀬です。


by iplusi | 2017-03-07 18:58 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸大工工事まもなく終了
d0017039_18402677.jpg
町田K邸は3/25オープンハウスに向けて着々と進行中です。大工工事はあとキッチン残るだけ。変わった組み方してるので、とても浮遊感がありますね。左手方向(南)からの光がありがたいです。正面の壁はロイヤルガーネット色(ルナファーザーにEP)の予定。太陽射すとどう見えるんでしょうかね。楽しみです。
d0017039_18454596.jpg
宙に浮くロフトが、レイダース失われたアークっぽいというか、おみこしっぽい感じですね。ロフトの外周部は杉板仕上。無節の材料入れてもらってるようです。全体的にこの家は木がきれいです。キッチンの壁はグレイの横長馬目地の大きめのタイルの予定です。


by iplusi | 2017-03-02 19:02 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸 綺麗すぎる天井合板
d0017039_20574077.jpg
町田K邸2階天井です。ヒノキ杉複合合板が大当たり。きれいすぎるので、無塗装仕様にすることになりました。
d0017039_20574091.jpg
サッシは外観ブラウン色。この部分は庇や屋根と複雑に取り合う部分です。
d0017039_20574083.jpg
公園側の横連窓です。
d0017039_21041969.jpg
もともと木部はふき取り系で考えていたんですが、天井が無塗装になると梁柱も無塗装にするのが自然。アングル隠しの小枠だけサッシ色に合わせて着色でもいいけど、ちょっと木が見えすぎで田舎っぽい感じがするので、柱梁の見込み方向だけ、ダークブラウン色に塗りつぶし塗装という作戦もあるかな?


by iplusi | 2016-12-20 21:14 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸サッシ取付
d0017039_16283660.jpg
町田K邸はサッシ取り付け中。契約時アルミ樹脂複合でしたが、台形フィックス以外は樹脂サッシ(APW330)に変更。おかげでUA値は1割くらい下がりました。屋根は外張り(通気垂木間充填)断熱。断熱材はスタイロ3種Bで100mm。壁はアクリアネクスト105mm、床や土間(立ち上がり含む)はスタイロ3種B、65mmです。
d0017039_16283404.jpg
原設計で引違サッシを3つ並べてた道路側は、フィックスと縦辷りを繰り返すパターンに変更。柱の割り付けも変えました。北側ですが、道路反対側は公園なので、眺め優先で間口いっぱいの窓にしています。公園を借景できるということで、この敷地を購入したのですから、熱的にいくら不利でも、塞いで公園に背を向けるわけにはいかないのです。
d0017039_16283278.jpg
南側は上空からも採光します。庇が遠いので、2階の掃き出しは屋根面とは別にアルミ庇をつけることになっています。

by iplusi | 2016-12-14 16:42 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸上棟
d0017039_12242469.jpg
町田K邸昨日上棟しました。敷地内にレッカー置けるし電線もありませんが、構造金物が多いとはかどらないそうで、初日は棟上げまで。昨日今日は応援の大工さんが入り、垂木、野地2枚、ダイライトまでを仕上げます。
d0017039_12243474.jpg
登梁最頂部のホールダウンは現場手加工で処理。
d0017039_12244332.jpg
プレカットチェックの要点のひとつ羽子板ボルトもついてます。チェックの際は取り付ける向きや座彫りのあるなしを考える必要があります。マルダイさんは梁せいが270以上だと羽子板は2本が標準。
d0017039_12244173.jpg
今回は40度くらいの浅い角度で、胴差が入ってくるコーナーががあります。隅柱ですが、柱勝ちだと斜めの梁の仕口が作れないので、梁勝ち+ホールダウンで処理。斜めの胴差は下に柱は沢山入りますが、この部分在来の蟻仕口は、繊維方向考えると、ちょっと弱そうだから、後入れの半柱で支えます。また、羽子板できちんと引きよせています。
d0017039_12243873.jpg
スクリュービームの柱頭金物。欠損させたくないけど、ほぞパイプが付けにくいところは、この金物使うことがあります。
d0017039_12244624.jpg
下部合板あらわしの部分は、合板をプレカットすると柱際に孔があきます。今回は室内方向のみ、プレカット工場でしゃくり入れてました。床合板は養生して雨染み対策してます。完璧ですね。

この現場も担当はスーパー棟梁、狩野さん。i+i→青木工務店の現場3連続で、トータル11軒目です。ありがたいことです。

by iplusi | 2016-11-30 12:49 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸基礎工事
d0017039_17524846.jpg
現在は青木工務店に2軒同時に施工お願いしてます。これは10/11町田K邸基礎工事、配筋検査by熊沢の様子です。K邸の基礎の特徴は、道路側のGL-500下がりの深基礎と平面斜めの部分。
d0017039_17524639.jpg
平面斜めだから、スラブ筋は長さが全部変わります。斜め部分の型枠は鋼製枠で普通にやってました。立ち上がり内型枠はちょっと難しそうですね。
d0017039_17525119.jpg
翌10/12耐圧打設しました。敷地は結構広いので、ポンプ車は敷地内に置いてます。
d0017039_17524966.jpg
スランプ15がi+iの標準仕様。やや硬めの13でした。
d0017039_17525283.jpg
生コン車に最初に流すモルタルは、きちんと穴を掘って処理しています。理想的な施工ですね。

by iplusi | 2016-10-14 18:11 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸地鎮祭 現場監督は藤原君
d0017039_20381937.jpg
昨日は雨の中、町田K邸の地鎮祭(塩、米、お酒によるお清め)を行いました。併せて、28日からの掘削工事(改良はなし)に先立ち、Kさん夫妻、青木工務店、i+iの3者で敷地もチェックしました。

  • 境界杭のあるなし確認
  • 地縄の追い出し方(道路に平行。北東の角から東西位置を割り出し。)を確認。建物位置は特に問題なし。
  • レベルは現況地盤レベル生かしで決定。
  • 電線は道路反対側。北東から引き込み予定。建て方は問題なさそう。
  • 隣家柳の木がやや越境。
  • 道路側既存ブロックの撤去範囲相談。ポーチ風のカタマリも一緒に撤去。
  • 駐車場と干渉する大きな宅桝は予定通り撤去。深さは十分あるので配管の勾配は問題なし
  • 浸透桝オーバーフロー管の側溝接続は、藤原君に再確認してもらう。
  • 隣家側ブロック、駐車場掘削時の処理相談。
  • 給水配管(ステンレス蛇腹管、止水栓より道路側)と掘削部の干渉は凍結必要かどうか別途報告予定。
  • 一部、キャスコーナーだけで縁石のない部分があり。縁石の切り下げは藤原君が別途見積もることに。
  • 排水の出し方相談→外から見えないので耐圧上で問題なし。
  • 散水栓の位置相談。→建物裏に1か所立水栓方式。2階バルコニーにも1か所追加。
  • 近隣挨拶の軒数、段取りなど相談。

今回の棟梁は、再びスーパー大工の狩野さん。横浜T邸の現場が終わり次第、駆け付けていただけることになっています。青木工務店の監督は、藤原君です。法政大学、構法スタジオのTAをやっていた藤原君を青木さんのところに紹介したのが4年前。入社3年半でどんな風に成長したかどうか見ものですな。i+iは入所4年弱で驚くほど成長した熊澤が担当します。

by iplusi | 2016-09-14 21:11 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸 ネイルサロン室内色の検討
d0017039_00153143.jpg
町田K邸のネイルサロン部分は、他の部屋とは全く異なる特殊な色遣いを検討中。大日本塗料の色見本ソフトから、奥さん選んだ色の組み合わせを参考に色を付けてみました。

by iplusi | 2016-07-11 01:06 | 町田K邸 | Comments(0)
町田K邸基本設計案
d0017039_08535468.jpg

町田K邸、基本設計案ほぼ収束。スケッチアップで、形、素材感、ディテール、陽の入り方まで検討し、基本設計段階で、形・色・素材を同時にフィックスしつつあります。お客様との設計の打ち合わせも、スケッチアップがメインで、図面は補足用。スケッチアップを完全に設計ツールとして使いこなしてます。
2階東側の壁は海老茶色に。テラス周りには木製の壁も採用。階段はローズウッド系の色に。南国っぽい色使い。

d0017039_08541661.jpg

西側キッチン方向。トイレのコアは、宙に浮くロフトや白い柱梁が強調されるようにチャコールグレイ色に。できるだけ白い壁はつくらないようにするけど、エアコンの付く壁は白く。

d0017039_08545453.jpg
内部の海老茶を意識して、外部木部も少し赤っぽく。

d0017039_08554622.jpg
南側外観。ハイサイドライトやテラス地続きの掃出し窓から、積極的に採光します。
by iplusi | 2016-06-28 03:19 | 町田K邸 | Comments(0)