カテゴリ:オガスタ新潟コラボ( 14 )
オガスタコラボ新潟T邸竣工写真
d0017039_10430962.jpg
オガスタコラボ新潟市T邸 グーグルフォトに写真アップしたので是非ご覧ください。
https://goo.gl/photos/RSqWmTTEPEVNedf68
間接照明は調光できるので、もう少し暗くするべきでしたが、新潟出張時の一発撮りでもこんな感じなんで、被写体がいいんだと思います。

by iplusi | 2017-05-01 10:49 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
オガスタコラボその後
d0017039_21373627.jpg
今日、小林秀監督から送っていただいた写真です。現場どんどん進んでいます。メインのLDK。天井は構造用合板なのに、なにやら谷口(父)みたいな数寄屋風の仕上がり。かっこいいですね。ちなみにこの竿縁は剛床になる天井の釘を隠すためのものです。
d0017039_21373778.jpg
防火窓組み合わせの東立面。立体的にがちがちに寸法決まっているので大変だったと思いますが、うまく納めていただきました。
d0017039_21373705.jpg
スキップフロアの階段も見事です。土間側の格子は木製ですが、ここにスチールの手すりが付きます。
d0017039_21373626.jpg
外部は足場も外れ、宙に浮く切妻が姿を現しました。勾配は4寸。窓は白井風の切妻センターのスリット型です。このオガスタコラボ新潟T邸は、4月中旬オープンハウスの予定です。

by iplusi | 2017-03-09 21:52 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
オガスタ新潟コラボ 今日の現場
新潟まで現場確認に行ってきました。小林秀監督の頑張りで技術的な懸案事項はほぼ解けておりましたので、枠や見切りのおさまりや、仕上げの区分など、意匠を中心に打ち合わせしてきました。
d0017039_00123272.jpg
張りのある、とても豊かな空間ができています。「住宅」という機能を外して「建築」として眺めても十分魅力的ではないでしょうか。「高性能」と「住宅」ではなく、「高性能」と「建築」をいかに両立するか、というのは私がいつも考えている課題です。
d0017039_00120142.jpg
天井は構造用合板。登り梁や桁に受け材を打って天井を剛床的に処理、火打ちの出ない大空間を実現しています。最小限の構造体と上下の面材で、飛行機の羽根のような太鼓張りモノコックの状態を作り出しているわけです(野地合板は桁上部で通気用の隙間が開くので、完全なモノコックというわけではありませんが)。
d0017039_00120121.jpg
写真右手、縦スリット状の窓のある面が北面です。切妻は頂部が暗く見えるので、構造体の組み方を工夫して、できるだけ上までスリットにしています。この妻壁は内外ともレンガ色にすることになりました。
d0017039_00115928.jpg
雁行する窓配置が南面妻壁が、この住宅の見せ場です。準防火がかかるので、あえてサッシを小割にし組み合わせで表現しています。正面の妻面もレンガ色になります。
d0017039_00121650.jpg
床はスキップしているので、いろいろな高さから空間を知覚可能です。やらせ写真ではないんですが、たまたま相模社長と現地設計担当の小林紘大さんがうまいところに立ってます、笑。
d0017039_00121655.jpg
紘大さんが建っている視点から見れば、こんな風景となります。窓だらけですが、新潟の空はどよんとしていて日中でも光が弱く、合板天井は白くして光を拡散させた方がやはり良さそうです。
d0017039_00123164.jpg
玄関土間はシューボックス型の比較的大きな空間です。ご主人が自転車いじりに使うぜいたくな空間。無駄な仕上げはしないという方針なので、天井の梁はあらわしです。ちなみに電気など考えると、「仕上げなし」は「仕上げあり」より大変です。
d0017039_00120171.jpg
土間の公園側は延焼がかからないので、APW430が入っています。右手玄関ドアは非防火ですが、オガスタ標準仕様でガデリウスです。
d0017039_00123189.jpg
土間から中2階を見上げたところ。ユニットバスも納まっています。天井のない中二階脱衣室と一階寝室はガラスで間仕切る形に変更しました。
d0017039_00121606.jpg
外部は通気胴縁と板金外壁まで終わっています。

by iplusi | 2017-01-30 11:05 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
オガスタ現場タイベックまで終了
新潟は雪が大変みたいですが、今日、小林監督から送っていただいた写真です。現場はどんどん進みます。しかし仕事が早いですねえ。
d0017039_21385045.jpg
樹脂サッシもつきました。内観色は白。天井の垂木2×10材は、断熱材に合わせて1365ピッチで2×6の横つなぎを入れていただいたので、とても頑丈そうです。こっち側は前面が公園なので、端から端まで窓にしてます。
d0017039_21385230.jpg
外はタイベックまで終わってます。飯塚は月末に新潟行く予定です。

by iplusi | 2017-01-13 21:46 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
オガスタコラボ 新潟T邸上棟
d0017039_18010376.jpg
オガスタコラボ、新潟T邸12/20上棟しました。写真はW小林さんに送っていただいたものです。
d0017039_18010318.jpg
垂木は2×10材(38*235)です。せっかく垂木成が大きいので積極的に構造として使い、母屋的な材の少ないシンプルな架構にしました。垂木端部は雪荷重大きいのでせん断が心配だから、大入れにせず、枠組み用の金物を使いました。
断熱でも、通気と200mmGWで垂木成をピッタリ使い切ります。棟木は露出となるので、垂木金物施工前に先張りシート入れていただいています。
d0017039_18010356.jpg
垂木はかなり長尺の部分もあり、図面も施工も大変だったと思いますが、オガスタのベテラン監督、小林秀さんの完璧な段取りで無事かかりました。ちなみに垂木はアイプラスアイで一度全種類詳細書いて、プレカット段階でもう一回寸法押さえ直していただいてます。また、構造意匠、両方どりなんで、垂木はかなり複雑な加工をしています。材積は最少ですが、思いっきり手間はかかってます。
d0017039_18010353.jpg
けらば垂木を受ける垂木は負担面積が大きいのでダブルにしました。転び止め兼用の面戸も一部入っています。合板張りますが2×10材はひょろひょろで横方向は頼りないので、下端合わせで2×6材を@1365で入れることになっています。てなわけで、それなりに大変な屋根ですが、つくり方は飛行機の翼と同じ。一切無駄がなくて気持ちいいです。
d0017039_18010314.jpg
垂木は残念ながら天井裏に隠れますが、1階土間の上の梁は露出です。右手の梁はスキップした1.5階の床梁。下部は天井高1.4mの大きな土間収納になります。基礎断熱だから、土間は比較的簡単につくれるんですね。1階は一般床より土間の方が多いです。
d0017039_18010268.jpg
公園側から見たところです。公園側にはapwの大きな開口が並びます。
by iplusi | 2016-12-21 18:41 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
屋根詳細と階段詳細
建築の美しさはディテール次第。屋根は建築の中で最も目立つ部分のひとつですが、止水、構造、断熱、通気、気密など要求される性能も多く、ほうっておくと分厚いぼてっとした印象になりがちです。
d0017039_10580665.jpg
オガスタコラボでは、設計段階で様々な部位の屋根のディテールを描き、デザインをコンロールしています。SPF2×10の垂木は軒先で絞って、破風のせいは120に抑える予定です。
d0017039_10580421.jpg
階段も見せ場の一つです。平面、断面、詳細の形でA3、1枚で整理。少ない枚数の図面で整理すれば、大工さんの混乱も少ないです。今回は2階までが蹴込板付きの箱状階段。2階から先が「ささら桁階段」となります。手摺は細身のスチールです。
by iplusi | 2016-11-18 11:22 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
アクセントカラーの検討
d0017039_02594831.jpg
オガスタコラボ、新潟T邸、主要な部屋で使う予定のアクセントカラー検討中です。彩度の高めの色をかなり大きい面積で使うので、複数見本をつくって確認しました。白を多めにすると発色が悪く、薄汚くなることがわかったので、結局もともと選んでいたやつが一押しです。鉛丹さび止めの色に近い色です。
d0017039_03055805.jpg
もっとわかりやすくいうと、レンガやの色ですね。吹き付けなので、表面はざらざらしており、つるつるものより多少暗めに見えるはず。
d0017039_02514442.jpg
一般的なテラコッタ色植木鉢よりはやや濃い色目。右の見本はややピンクに振ったものですが、左の一押し見本の方が甘さがなくていいのではないかと思います。
d0017039_02504733.jpg
この手の色は店舗などでも、よく使われています。これはスターバックスコーヒー原宿店。なかなか深みのある、いい色です。スタバはもともとベースカラーがかなり暗めなので、派手な色が映えますね。
d0017039_03055892.jpg
見本と壁を比較して、見本色が大面積になった時のイメージを想像します。写真でうまく色を表現できていないんですが、スタバの方が赤に振れて色は濃く、ちょい派手な感じでした。
d0017039_02504864.jpg
これはサンマルクカフェの南大沢店。おそらくサンゲツの廃盤クロス(以前別案件で検討したことあります)。クロスですが割と近いイメージじゃないかと思います。
d0017039_03055724.jpg
一押し見本(右)とややピンク見本(左)と比較。「色相」は一押しのものに近い感じ。茶色系のフローリングや家具との色合わせを考えれば、右の方が無難です。一番心配な「彩度」はやや一押し見本の方が低いし、主として逆光になる窓の脇に使うので、まあ、一押し色で大丈夫かな、というところです。
by iplusi | 2016-10-23 03:08 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
材料打ち合わせ @オガスタ新潟
d0017039_01522965.jpg
新潟オガスタコラボ案件は、古家の解体、確認申請がスタートしたところです。
先週の10/9、10は着工前の材料決め仕様決めの打ち合わせでした。焼杉は荒磨きに塗装の仕様に。外壁ガルバはブラウンだとウッドロングエコ部分とのコントラストが弱いかなというところで、ブラックで決定。内装の壁はエッグクロスで、一部がレンガ色の吹き付けに(業務連絡小林さん:アイカでサンプル頼んでおきました。7から10日くらいでできるそうです)。
d0017039_01523190.jpg
打ち合わせ午前の部が終了したところで、オガスタさんのプチバーベキュー大会。建て主Tさんと一緒に、ピザ、肉、ウインナー、トン汁、魚、冷凍じゃない枝豆、新米などなど、いただきました。やることを決めたのが11時だそうで、そこから買い出し、ノンアルコールビール片手に会社の駐車場でさっとBBQやって、午後は通常通り仕事。こういうのがホントの豊かさですよね。
d0017039_01523634.jpg
午後の部が終了したところで、帰りがてらオガスタさんの新作を見学させていただきました。全国の優良工務店の作品を見まくってますから、ディテールは見るたびに進化してます。これは建具の手かけ。
d0017039_01523330.jpg
オガスタの十八番、床下エアコン。ガラリのカバーはずしたところです。ノウハウがないときちんと遠くまで温風が送れず、効かないそうですが、オガスタさんは日本一の実績ありますので、問題はなし。今回のコラボ案件は一階がほぼ土間なので、床下エアコンは残念ながらやりませんが。
d0017039_01523806.jpg
ハイグレード案件の超絶技巧はもちろんいいけど、このオガスタ本社屋の、気取りのないおおらかな感じもオガスタっぽい気がして個人的には好きです。
by iplusi | 2016-10-08 02:21 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
軒吊りすだれの効果
d0017039_12260095.jpg
軒吊りすだれの効果を検討してみます。上図は、西側2階の断面。公園の眺望は欲しいけど西日は入ってほしくないという部位。公園側の視線を阻害しないように、すだれ高さは床から1.4mくらいに設定。実際は南に振れているので、もう少し有利になりますが、窓は真西を向いてるものとして、作図してみました。(任意時期の太陽の仰角、方向角はこのサイトから)
結果、お盆の夕方4時半、真西に太陽がいる時、庇だけでは窓の2割しか影をつくれないけど、すだれだと7割くらいカバーできるということが分かりました。
d0017039_12260492.jpg
軒先にすだれをぶら下げるのは、数寄屋などでよくやる手法です。これは豊田市美術館にある谷口さん設計の建物。東側の庭に面する庇の下には、すだれが常設でぶら下がってます。
d0017039_12260516.jpg
谷口建築ですが、垂木から細い横桟を吊って、そこにヒートンを付け、すだれをぶら下げるという、すぐに真似のできそうなディテール。すだれは、景色も透過して見えるので、涼しげだし雰囲気もいいですよね。この写真見ると、すだれ越しの景色もまた良しなので高さを座ったときの目線やや上、1200~1300まで下げても邪魔くさくなさそう。もちろん、LOW-Eや内部ブラインド類で日射侵入をコントロールしますが、すだれがあれば、より快適になります。

by iplusi | 2016-06-01 12:53 | オガスタ新潟コラボ | Comments(0)
オガスタコラボ 基本計画の概要
d0017039_19050539.jpg
オガスタコラボ、打ち合わせ回数が限られるので、4/29に行ったTさんとの打ち合わせでは、方針を一気に決めるべく、素材や色をイメージできるCG動画をつくって打ち合わせしました。画像は打ち合わせ後に多少手を入れたものです。

まずは道路側北側のファサード。北側は窓少な目。シンメトリの切妻を強調するため、2階は中央に窓を設けています。窓両脇の大和張り外壁は、付加断熱で彫の深い表情を作る予定。

d0017039_19051396.jpg
西側公園方向の立面。1階がピロティ状になっています。浮遊感を強調するため、1階は焼杉、2階はウッドロングエコ塗装に。新潟は空がどんよりしたイメージがあるので、テラス軒天はべんがら色の挿し色してみました。
d0017039_19051527.jpg
南側の立面。防火がもろにかかるため大きな窓が無理なので、スイスの民家みたいに小さな窓を並べて表情をつくることにしました。ごくごく普通の引違窓でも、繰り返すことで特徴ある立面を作り出せます。隣地駐車場は将来どうなるかわからないけど、上の方は大丈夫そうなので、集熱面としての役割を期待。
d0017039_19051962.jpg
道路や公園から見ると切妻風だけど、奥の方は半階分背が高くなっています。この半階分のボリュームを利用してスキップフロアにするのです。さて、雁木風ピロティ下、ガデリウスの玄関木製ドアから中に入ってみましょう。
d0017039_19052704.jpg
玄関は天井の高い(天井高3.1m、梁下でも2.9m)広々とした土間です。新潟には土間だらけの変わった古民家があるのですが、まさにそんなイメージ。足元のごつい巾木?腰壁?は基礎部の断熱のカバー。突き当り海老茶色の壁は抜けをつくるための工夫。
d0017039_19052985.jpg
土間の奥にはさらに土間が続いています。もちろんご要望です。この部分は天井高1.4mで床下収納扱い。1種換気の本体は、オガスタ小林さんの提案で、この天井裏に仕込むことに。
d0017039_19053044.jpg
1階唯一の非土間空間、主寝室。窓には庇ついてますが、冬の間はちゃんと日が刺すので暖かそうな雰囲気。この部屋も横入りの床下収納を持っています。
d0017039_19053406.jpg
中2階脱衣室から上を見上げた風景。天井は布製で目隠しあるなしを調整できます。一年中室内干しが必要な新潟の気候を考慮した特殊なデザイン。
d0017039_19053696.jpg
北側2階スリット窓を室内側からみたところ。中の壁も海老茶系色にしてみました。どこにいても目線の先の面が海老茶で抜け強調というわけです。外部軒天との関係も意識。
高級な格好いい家具が置いてありますが、所有の品というわけではなく、WEBで拾ってきたスケッチアップデータです。もちろん購入いただいてもいいですが、笑。
d0017039_19054419.jpg
リビングから西側公園側をみたところ。公園があることがこの敷地の一番の魅力なので、端から端まで窓にしました。右手の引き違いは屋根付きのテラスです。
窓上の棚上になった部分は間接照明になっています。この低い棚みたいな間接照明や天井のリブは、フランク・ロイド・ライトのタリアセン・イーストを参照してます。
d0017039_19054140.jpg
雁行する南側の窓が効いてますね。窓に合わせて床もスキップしています。半階上がった左手が子供部屋。右手奥がDK。
d0017039_19084788.jpg
キッチンです。壁が少ないので冷蔵庫はアイランド側に配置。冷蔵庫の結界で、キッチンにコックピット感が生まれます。また、冷蔵庫の今一つなデザインを見せずに済みます。
d0017039_19094719.jpg
中3階の子供部屋は欄間が開いた開放的なつくりですが、引き戸を締めれば、プライバシーを保てます。


by iplusi | 2016-05-17 20:29 | オガスタ新潟コラボ | Comments(1)