カテゴリ:横浜T邸( 10 )
横浜T邸今日の現場
d0017039_21412356.jpg
横浜T邸現場行ってきました。Tさん、須貝と打ち合わせ、家具の形、色関係、はほぼ決定。狩野棟梁は2階天井断熱の施工中でした。1階LDKはブラインドボックスと家具が残っていますが、床は施工済み、壁はボードまで終わっています。LDK天井は省令準耐火だけど梁はあらわし。EP塗りつぶしで仕上げます。
d0017039_21412302.jpg
LDK北側にはリビング階段があり、2階に設けた多方向の窓から階段吹き抜けに、終日光が降り注ぎます。階段仕上げは集成材。オイルで若干茶色く塗装して、床材に色合わせする予定です。
d0017039_21412226.jpg
2階道路側のプチテラスと、十字型モチーフの大窓。天井にブラインドボックス彫り込みました。窓を挟んで左右対称に寝室が配置されています。2階には、道路から見えない位置に、もう一つテラスがあります。そちらは南向きで洗濯干し等に利用。洗濯機はテラス隣の家事室に設置しました。浴室は一階なので、お風呂入るときに着た服は、2階に持って上がる必要がありますが、「洗う→干す→たたむ」までの作業は、テラス横の洗濯室とテラスの行き来で済むから、動線はとてもコンパクトです。
d0017039_21412171.jpg
道路側外壁シングルパネルの施工も終わっています。2階の外壁は1階の外壁より若干飛び出ています。
by iplusi | 2016-10-22 21:51 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸 現場状況
d0017039_14101155.jpg
下地の木ずりは終了しました。道路側はシングルパネル張りも始まっています。
d0017039_14110541.jpg
リビングは窓枠もつき、ボードが張られています。天井の梁はあらわしで、塗装仕上げになります。
d0017039_14100999.jpg
階段もできました。階段下部は収納や、犬のケージ置き場として利用されます。
by iplusi | 2016-10-14 14:15 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸 先週末の現場
d0017039_19275552.jpg
横浜T邸、先週末の現場。切妻中央北側のサッシ。教会系の十字モチーフ構造体の裏に外付け引違サッシをつけています。窓際に椅子などを置けるよう、ベンチは無しになりました。この部分のサッシは外ブラック、内ホワイトのエピソード。窓周りの微妙な隙間のウレタンもきちんと施工されてますね。
d0017039_19275998.jpg
主寝室の壁断熱終了。アクリアネクスト14K・105mm。天井はアクリアマット14K・155mm。天井側のみポリエチレンフィルムのベイパーバリア施工します。ちなみに中央の梁は天井裏に隠れます。電気は気密コンセントボックス、CD管などの施工も終わってます。
d0017039_19275754.jpg
2階テラス部分。吹き付け下地の木刷りが終了してます。毎度思うけど、隠すのもったいないですね。フローリングは国産のナラ無垢乱尺。施工は明日から始まります。


by iplusi | 2016-09-14 19:51 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸 最近の様子
d0017039_20115713.jpg
横浜T邸、お盆前の写真。ダイライトが張られサッシが付きました。中間検査も合格。ハイサイドライトが効いています。
d0017039_20115973.jpg
業務連絡:齊藤さん。通気は野地上で確保されているので、主寝室2か所の窓上の部分は45厚以上の面戸で塞いでください。構造+気密的な意味で。


by iplusi | 2016-08-18 20:18 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸上棟
d0017039_15361829.jpg
横浜T邸上棟しました。青木工務店大工のみなさん、天候の悪い中ありがとうございます。棟梁は狩野さんですが、アイプラスアイ案件はこれで10軒目だそう(川崎H邸、杉並U邸、西荻T邸、港北N邸、下北K邸、横浜K邸、高輪M邸、目黒I邸、横浜S邸、そしてこの横浜T邸)。
今回の屋根架構は天井懐に若干余裕があったので、母屋+垂木形式(ただし合板端部は小返しカット)にしたんですが、プレカットのマルダイさん、結構苦労されたようです。

by iplusi | 2016-07-21 23:50 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸 サッシの発注
横浜T邸、サッシの発注時期です。一番の問題はサッシの色。外壁の色・素材とサッシの色の組み合わせが大事なので、サッシの色と同時に外壁の大方針も決めてゆきます。
d0017039_17042997.jpg
レンガが似合いそうな道路側ファサード。Tさんとの議論の結果、2階を仕上げる予定だった白系の吹き付けは絶対に木には勝てないということでやめ、上下階ともシングル系の木張に。色は西国分寺T邸とさいたまO邸の中間くらいを想定。凹み型バルコニーはダークブラウンの木、サッシはブラックとして、生々しいサッシディテールを消します。ちなみに、道路側の引違いは、外部ブラックですが、アルミ樹脂複合サッシとして、室内側はホワイトを選択。
d0017039_17043989.jpg
その他の面は、内外ともホワイト色のサッシを想定(一部アルミ樹脂複合)。庭側2階の中庭型バルコニーは、道路側と反対に白っぽい木で仕上げることになりました。

その他の発注前確認事項は下記のとおり。

□現地確認
・民法上の距離のチェック
・隣家の窓との関係チェック

□位置寸法
・入隅外壁部のおさまり寸法
・胴差や桁、天井との関係
・腰窓、座ったポジション、立ったポジションの高さ
・玄関回りサッシ、土台との関係

□色
・外壁との関係
・クライアントの好み
・内部枠の色
・ブラインドの種類と付け方

□ガラス
・防犯にする窓しない窓
・防犯ガラスはカスミか乳白か
・LOW-Eガラスの色
・空気層の厚
・透明にする窓しない窓
・透明窓のブラインド類

□引違いサッシ
・クレセントと柱の干渉について
・庭側の大型引違いのサポートハンドル(祖母の利用を考慮)
・引違いクレセント下寄せする箇所あるか
・スライド網戸の使い勝手(常に右ポジション使いとしてサイズ特注)

□プロジェクト窓
・開きドア、縦滑り出し窓の開き勝手
・小型横滑りサッシ網戸を開き形式に
・オーニング窓のアーム長、操作性


by iplusi | 2016-07-10 17:12 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸 来週末地鎮祭
d0017039_22505259.jpg
横浜T邸は確認申請、見積調整が完了し、来週末6/4、青木工務店と工事契約&地鎮祭の予定です。外観の色は未定ですが、道路側2階は中央にテラスがあるので、黒っぽい木でへこみ感を強調してみてはどうでしょうかね。一階部分の木もダークブラウン系で統一すれば、落ち着き感を演出できます。
d0017039_14312101.jpg
シンメトリ、静的、象徴的な道路側に対し、庭側はアシンメトリで動きのあるデザインになっています。切妻のボリュームは一部切り欠いて、屋根付きの広めのテラス、ハイサイドライトを生み出しました。ちなみに、テラス隣はSKや洗濯機のあるユーティリティ。洗ってから干すまでの動線は最少です。
d0017039_13453754.jpg
奥行き一間の大きなデッキのある一階庭側は、間口3mの引違い窓を滑り出し窓で挟んだ、変則的な開口部になっています。全部を掃出しとしてしまうと家具などが置きにくいですからね。どうやら、水平性を強調した方がよさそうなので、滑り出し窓の横に高さ900の帯を設定。キッチン南西の窓もそれに合わせ、高さ900で描いてみました。
奥は壁向きのオーソドックスなキッチン。キッチン右手には、脱衣室に通り抜けられる、家電置場、食品庫があります。アイランドは食器棚+作業スペースです。収納たっぷりなので、吊戸棚はなし。

d0017039_13454052.jpg
キッチン側から見返した風景。壁面収納には、テレビや仏壇を隠します。階段下には、犬のスペースを確保。階段奥は同居するお施主お母さまの部屋。建具をあければリビングと一室となります。階段上部にはハイサイドライトがあり、午後の光を吹き抜けに落とします。
d0017039_13454234.jpg
インテリアの色も未定ですが、キッチンカウンターは人大というご要望。白っぽくなりすぎないように、家具はあえてグレイ系に塗装するのはどうですかね。白、オークくらいの木の色、グレイと3色でみせるわけです。

by iplusi | 2016-05-28 22:56 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸基本設計案
横浜T邸はプランが固まり、基本設計図面の作成中です。
d0017039_18050941.jpg
道路側のファサード。切妻でシンメトリに窓が配置されています。1階には木を張る予定です。
d0017039_18050939.jpg
庭側のファサード。2階には屋根付きのテラスがあります。「かつてはモダンだった印刷工場」的な、威張らない感じがでるといいんじゃないでしょうか。
by iplusi | 2016-04-04 18:16 | 横浜T邸 | Comments(0)
横浜T邸04案
d0017039_21112676.jpg
横浜T邸04案。南東側は1階引違と2階フィックス窓、南西側は2階テラス部窓とハイサイドライトを組み合わせ、終日吹き抜けに光が落ちるように。また、子供部屋ロフトは吹き抜け上部に設け、層の数を2=2階扱いにして、窓面積や天井高の規制が外れるように計画しました。
外観はくっついた窓表現のルールが感じられるので、改めて見ると、一階右側の引違窓が仲間はずれで気になりますが、全体像としては、さわやかで知的な感じにできてますね。

次回は01案から04案をいいとこどりした案を作成予定。単純な切妻ですが、ご要望はいろいろ増えつつあるので、プランニングは決して簡単ではありません。次回も頑張ります。


by iplusi | 2016-02-25 21:24 | 横浜T邸 | Comments(1)
横浜T邸01案
d0017039_18403953.jpg
新しいお仕事、横浜T邸01案。道路付けは北西。向かって左側に一種高度がかかりますが、左右対称にしてシルエットを整えました。2階のセンターの小さなバルコニーが、彫りの深い表情をつくります。
d0017039_18404112.jpg
リビングはダイナミックな吹き抜け空間でご提案。南西側を隣家に遮られるので、南東向き2階の大窓からも光を落とすように計画しました。


by iplusi | 2016-02-02 19:36 | 横浜T邸 | Comments(0)