カテゴリ:板橋T邸( 4 )
板橋T邸08案
d0017039_22281310.jpg
板橋T邸08案。切妻も検討しましたが、四角い形状に戻りました。全体形状はシンメトリー。でも、窓やバルコニー腰は非対称になるように配置してます。
d0017039_2228944.jpg
内部は吹き抜けのないワンルームになりました。昔の民家のような空間です。北側には小上がりスペースを設けました。最終09案では、小上がりスペースは西側に移動させています。
by iplusi | 2015-04-19 22:28 | 板橋T邸 | Comments(0)
板橋T邸03案 家相と屋根形状の検討
d0017039_1732630.jpg
今回は、屋根の形状を比較検討をしてみました。上の写真、左右の模型は全く同じ間取りで、屋根形状だけが異なっています。同じ平面でも、屋根の架け方というのは、複数あり得るんですね。今回はその中でも、左右対称なオーソドックスな物を選んでいます。
d0017039_1732211.jpg
切妻の方は奥行きの深い袖壁の上に屋根が乗ってくる、矢印型の立面です。かなり袖壁が出ているので、実際はもっと陰影のある、彫りの深い表情になると思います。
by iplusi | 2015-03-31 17:54 | 板橋T邸 | Comments(0)
板橋T邸02案
d0017039_23364349.jpg
板橋T邸02案。全体形状は前回案を踏襲。2階リビングのまま、玄関位置を西面に移動。階段の上がり方を90度回転させました。1階南側は3室の個室窓がならぶ間取りです。

ご要望を受け、1階トイレは単独室に、クロゼットは家族共用のものをしっかり確保。通り抜け型のシュークロークスペースも設けました。
2階は洗濯専用のテラスを設けました。階段方向が変わったことで、リビングダイニングとテラスの関係が強くなりました。

前回案とは一長一短あるので、何を優先するかで間取りは変わってきそうです。
by iplusi | 2015-03-13 23:46 | 板橋T邸 | Comments(2)
新しいお仕事 板橋T邸01案
d0017039_19365898.jpg
板橋T邸01案。全体形状は2つの直方体が噛みあう形。2方向にかかる高度斜線をよけつつ、異なる天井高で変化に富んだ空間をつくります。

南側は大きな窓を希望されていますが、準防火の規制がかかります。大きく出来ない上に高価な防火サッシはあまりに不自由なので、防火の袖壁を出して、延焼を避けるデザインとしました。袖壁内には構造要素なしにして、スッキリ納めます。

南面道路で更に南は駐車場。日当たりの良い敷地なので、夏の日射は奥行きの深い庇で遮り、冬場は開放的な窓から太陽を沢山取り込みます。
by iplusi | 2015-02-28 19:45 | 板橋T邸 | Comments(2)