カテゴリ:杉並B邸( 41 )
階段下の造り付けソファー
d0017039_22105586.jpg
杉並B邸、階段下のソファー設置完了しました。座ってみると、階段が屋根のような感じ。囲まれ感があって、とても快適です。


暫定写真
も一部更新しました。
by iplusi | 2013-11-09 22:10 | 杉並B邸 | Comments(2)
杉並B邸引き渡し
残工事少しあるのですが、今日は杉並B邸引き渡しでした。
d0017039_21152784.jpg
タモ無垢の造り付けテーブルも設置されました。奥のベンチは奥行き1mあって、寝っ転がることもできます。床暖入り。テーブルがくっつく家具は食器棚です。右側の引戸を開けるとテレビ。左の引き戸を開けると、キッチン側につながります。
d0017039_21153929.jpg
2階からの眺め。テーブルがよく見えます。天井や奥の壁は「影の色」を意識して明度を決めているので、室内が薄暗くても、小部屋がくっきり浮かび上がります。
d0017039_2115489.jpg
テーブルの照明はペンダントじゃなくて、スポットライト。球は挟角のダイクロハロゲンにしたので、テーブルだけが明るくなります。

写真は11/13あたりに、また撮りに行きます。工事中暫定写真はこちら
by iplusi | 2013-11-02 21:17 | 杉並B邸 | Comments(0)
塗装工事完了 @杉並B邸
d0017039_17172560.jpg
壁天井の4色の塗り分けが完了しました。小部屋の階段側の面は、明度4.0の濃い色で塗装。床はこれからオイル塗ります。ここは家の中の路地部分。
d0017039_1717376.jpg
このアングルは逆光なのでわかりにくいですが、柱や小部屋、ハイサイドライトまわりは、明度9.0、壁天井は明度7.0で、明らかな差がついています。壁天井に色がついて、フェルメール絵のように上方からの光が射すため、陰影や輪郭が際立ち、物や人の存在感が増しているように感じます。
d0017039_17174718.jpg
下から、明度4.0の小部屋を見上げたところ。階段の側面も明度7.0。光の具合で、緑っぽく見えたり、赤っぽく見えたりします。
d0017039_19834100.jpg
ガラスのない開口が、階段下の風景を切り取ります。
by iplusi | 2013-10-19 17:20 | 杉並B邸 | Comments(0)
塗装中 
d0017039_0581414.jpg

by iplusi | 2013-10-15 00:58 | 杉並B邸 | Comments(0)
ルナファーザー塗装工事 @杉並B邸
周囲を家に囲まれているにも関わらず、ハイサイドライトや旗竿に面する窓などから、光が効果的に入る杉並B邸。明度9.0相当のルナファーザーでは、ちょっと白すぎるということで、壁天井を全面的に塗装することになりました。
d0017039_222293.jpg
ベースカラーは明度7.0、彩度0.5。新聞紙よりやや暗い程度の、かなり落ち着いた色です。これに明るい色と暗い色を加え、明度9.0→7.0→5.0→4.0という4段階の塗り分けで、グラデーションをつくる予定です。
d0017039_22274757.jpg
引き戸付クロゼットの上棚の部分。引き戸に一部小窓を設け、奥のフィックス窓から採光するという、かなり凝ったおさまり。照明も仕込んで、昼も夜も光がもれるように。左側の上棚は、ルミナスのラックがきちんと収まるようになっています。
by iplusi | 2013-10-12 22:25 | 杉並B邸 | Comments(0)
壁の小技 @杉並B邸
d0017039_1955081.jpg
脱衣室。洗面と洗濯機の間の壁には、上部に波板ガラスを入れる予定。
床はサーモタイル。ちょっとクラッシックな雰囲気です。
d0017039_1953117.jpg
2階の奥の壁は角材のモールディングで表情をつけ、ペンキ塗り。
d0017039_196572.jpg
ルナファーザーの壁は着色を検討中です。
by iplusi | 2013-10-05 19:08 | 杉並B邸 | Comments(0)
塗装工事進行中 @杉並B邸
d0017039_12575574.jpg
杉並B邸、昨日の現場。大工工事が完了し、塗装工事やルナファーザーの下地工事が進行中です。柱はEPで、階段はオスモのワンコートオンリーで白くしてみました。石膏像の様に、陰影が強調されます。階段下にはソファーを設える予定です。
by iplusi | 2013-09-26 13:00 | 杉並B邸 | Comments(0)
「分割」と「入れ子」
d0017039_1884488.jpg
「間取り」とはなんでしょうか。「間取り」という言葉から直接的にイメージされるのは、一つの輪郭から部屋を間取っていく、平面の「分割」という行為です。分割された各々の単位は、大きさを除けば、幾何学的には対等な関係ですが、平面が壁で分割されるので、体感される空間の大きさは小さくなってゆきます。
一方、「入れ子」という仕組みは、空間の中で、各々の輪郭を維持したまま重ねあわせることですから、境界面を注意深く設定すれば、空間が狭くなることはありません。入れ子状態が作られると、境界の「内と外」という関係が生み出され、空間に多様性が生まれます。

写真は、杉並B邸の入れ子された部屋。省令準耐火の建築なので、ダイライトで裏打ちされた突板の不燃木パネルを張って、入れ子感を強調してみました。
d0017039_20311410.jpg
入れ子された空間の外側の空間は、もちろん内部なのですが、入れ子空間からみて「外」になります。「外、内の外、内」が3つ並んでいることに気がつくと、「内の外」空間は、外部が入り込んでくる曖昧な空間=中間領域に見えてきます。
d0017039_2171920.jpg

by iplusi | 2013-09-18 18:13 | 杉並B邸 | Comments(0)
床暖ベンチ完成
杉並B邸作り付けのダイニングベンチ完成。座面はフローリングで床暖が入っています。冬場の電車の座席みたいなもの。奥行きは1mあるので、ごろ寝も可能。
d0017039_20104317.jpg

d0017039_2026361.jpgベンチから吹き抜けを見上げた風景。吹く抜けの奥行きは2間ちょっとあるので、1階と2階はほぼワンルームのイメージです。
by iplusi | 2013-09-15 20:11 | 杉並B邸 | Comments(0)
手すり詳細
d0017039_22335032.jpg
手すり詳細の作図。力みのない納まりにして、できる限り意識されないように。ベースプレートは3種に整理。
by iplusi | 2013-09-12 22:35 | 杉並B邸 | Comments(0)