カテゴリ:江戸川M邸( 20 )
江戸川M邸が「はじめての家づくり」に掲載されました
d0017039_19584686.jpg
5/10発売の、「はじめての家づくりNo.28 本当に建ててよかった家(主婦の友社)」に江戸川M邸が掲載されました。「はじめての家づくり」は、その名の通り家づくり初心者向けのムック本です。いえづくり入門のノウハウ記事+実例紹介という基本構成。

これから依頼先を決めるくらいの人を読者として想定してるので、掲載作品はビルダー系、ハウスメーカー系、設計事務所系、すべてのジャンルを扱っています。

設計事務所系は意図的にとんがってないようにみせる編集をしてるので、ハウスメーカーで建てるつもりという人にも、手の届く感じにみえるかもしれません(もちろん、設計事務所系の住宅とハウスメーカー系の住宅は全く別物なんで、その違いに気が付かない人は夢を実現できないんですが)。ともあれ、どのジャンルで建てるにせよ、すぐ真似できそうな等身大感はあるので、家づくり初心者の夢は膨らむはず。

d0017039_19574735.jpg
江戸川M邸は、人が集まれる縁側空間にスポットを当てた記事になっています。設計者も賑やかしの添景で登場しました。次ページ見開きでは、土間、キッチン、水回りも紹介いただいています。書店で手に取っていただければ幸いです。
d0017039_22081598.jpg
ちなみに撮影の時、脇で飯塚が撮ったM邸縁側はこんな感じ。縁側に加え、天井の垂木とロフトの格子が魅力的な住宅なんです。
by iplusi | 2016-05-10 20:45 | 江戸川M邸 | Comments(0)
江戸川M邸 雑誌「はじめての家づくり」撮影
d0017039_18503520.jpg
先週の水曜日の3/2、江戸川M邸、主婦の友社のムック「はじめての家づくり」の撮影でした。カメラマンは黒澤俊宏さん、編集者は星野真希子さん。窓際の内向き縁側が延々とつながるベンチは、様々な用途で活用されます。
d0017039_19381171.jpg
天気が良かったので、光がよく回っていますね。殺風景にならないよう、机をちょっとづつ移動しながら撮影しました。
d0017039_20143686.jpg
切妻中央ロフト横にある窓からも効果的に光が入っていますね。切妻にすると中央棟付近が暗く感じるので、i+iでは、妻面上方から光を取入れるようにしています。
今、カメラマンさんの建っているのは南東の角。背の高い建物に両側を囲まれていますが、南の大窓から入った風は、ここの引違窓、縦辷りだし窓から抜けていくため、夏場、風通しがとてもいいそうです。
d0017039_21084640.jpg
キッチン背面の食器棚。上棚にはMさんのお父様が以前経営していたコーヒーショップのカップが飾られていました。
d0017039_19102971.jpg
オープンハウスで「ここはどんな風に使うのですか?」と大勢から聞かれた広い玄関土間。上の段は上履きゾーンなので、お子さんの夏場の昼寝(笑)など多目的に使われているそう。撮影中も、下の子は疲れてしまって、ここに布団敷いて寝てました。ちなみに床は緑色のスレートです。

このムックは、4月末に発売予定です。お楽しみに。

by iplusi | 2016-03-12 19:01 | 江戸川M邸 | Comments(0)
江戸川M邸プチ見学会
d0017039_21521559.jpg
4月末、設計中、施工中のお客様と一緒に、江戸川M邸お邪魔してきました。
沢山写真を撮ってきたので、picasaなどにもアップする予定ですが、ひとまずお気に入りの1枚を。
by iplusi | 2015-05-09 21:38 | 江戸川M邸 | Comments(2)
江戸川M邸引渡し
江戸川M邸、まだ外構が残ってますが、本体の方は本日無事お引渡しでした。
d0017039_2122394.jpg
前を通る人、ほぼ全員が見上げていく外観。お店だと思ってる人も多いようです。南側1階はシングル風の木外壁、2階は竪ハゼの急勾配ガルバ屋根です。2階の窓は空が映りこんで、青く見えています。こげ茶色の外壁との相性もばっちりです。
d0017039_2123815.jpg
室内では、Mさん夫妻が取り扱い説明を受けている最中、子供たちがロフト格子の間から靴下を投げて、大騒ぎしてました(笑)。
Mさんと最初にお会いしたのは、西国分寺T邸のオープンハウスのころだったでしょうか。土地探しから考えると、ほぼ2年かかりましたが、とてもいい家ができました。Mさん、本当におめでとうございます。
by iplusi | 2013-02-11 21:03 | 江戸川M邸 | Comments(0)
江戸川M邸見学会無事終了
江戸川M邸見学会無事終了しました。
d0017039_0235963.jpg
この土間空間は何に使うんですか?という質問多数。部屋が向かい合う、室内の縁側と考えればいいですね。地域社会と家の接点空間。
d0017039_024426.jpg
土間には南向き玄関から明るい光が入ります。床は緑系の花崗岩。
d0017039_0243318.jpg
計画中の建主さんに加え、目黒SさんなどOBにも来て頂きました。写真はいつも来てくださる世田谷Sさんご夫妻。
d0017039_0243678.jpg
コの字型につながる2階の縁側。こっちは家族の間のコミュニケーションを促す仕掛けといったところ。
d0017039_025045.jpg
白い格子の背後の北側の壁の薄いエンジが綺麗です。

江戸川Mさん、2日間にわたり、どうもありがとうございました。
by iplusi | 2013-02-04 00:40 | 江戸川M邸 | Comments(5)
今週末2/2~2/3は江戸川m邸見学会
今週末2/2~2/3は江戸川m邸見学会です。飛び入り参加の方は、14時ごろまでに飯塚携帯090-6156-7488までお電話下さい。住所等お知らせします。
(yahoo地図やgoogle地図は大丈夫ですが、iphoneの地図だと、位置が正確に表示されませんので、近隣の目印等お伝えします。iphoneの方はお知らせ下さい)。
d0017039_1472527.jpg

by iplusi | 2013-02-01 14:10 | 江戸川M邸 | Comments(0)
来週末見学会の江戸川M邸 今日の様子
来週末見学会の江戸川M邸、今日は確認機関の完了検査でした。
d0017039_1649588.jpg
2重に重なる屋根が外観の特徴です。急勾配の屋根の方にバルコニーが掘り込まれています。1階の外壁はウッドシングル風の仕上げ。
d0017039_1649938.jpg
吹き抜けの上部には格子で囲われた大きなロフトがあります。
d0017039_16492374.jpg
回遊できる間取り。これは西側の部分。壁は「ルナしっくい」(紙クロスの上に帆立貝殻の塗料を塗ったもの)という材料です。光の回り込みが綺麗です。
d0017039_1649238.jpg
キッチンの奥にもハイサイドライトから光が入ります。北側の壁はエンジ系の薄茶色で塗装しました。微妙な色合いなので塗料はベンジャミンムーアで手配。
d0017039_16494115.jpg
壁の一部にも格子モチーフ。大窓の前面は、縁側状の段差が設けられています。
d0017039_16495117.jpg
1階の中央には通り土間があります。
d0017039_13595345.jpg
ぽかぽかの内部縁側空間。

-------------------------------------------------------------------------
江戸川M邸は比較的人通りの多い道路からのプライバシーを確保しつつ、日当たりを生かすため、2階リビング型の間取りを採用しました。1階の通り土間上部3階レベルには、格子のロフトが浮かびます。
断熱は、屋根通気のある高気密高断熱という、アイプラスアイの標準仕様。2階南の大窓は、庇や袖壁を出しつつ、あえて非low-e仕様としています。

勾配屋根、垂木の並ぶ天井、茶色い木外壁、縁側、通り土間、障子など和をイメージさせる語彙を使っているので、一見すると町屋住宅の懐かしい趣きがありますが、その語彙が過去の伝統表現にはない形に翻訳されて、和とも洋ともつかない複雑な見え方をする住宅に仕上がりました。

なお、見学会は予約制となっております。
お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家づくり予定者・設計者・施工者・その他の別を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:東京都江戸川区西瑞江
■日時:2013年2月2日(土)、am10:00~pm4:30
     2013年2月3日(日)、am10:00~pm4:30
■都営新宿線「一之江駅」から徒歩12分。
■車の場合:コインパーキングは瑞江方面徒歩2分位の所にあります。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
by iplusi | 2013-01-24 16:50 | 江戸川M邸 | Comments(2)
江戸川M邸オープンハウスのお知らせ
来る2013年2月2~3日の土日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理を致しました、江戸川M邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでお知らせします。
d0017039_16522140.jpg
江戸川M邸は比較的人通りの多い道路からのプライバシーを確保しつつ、日当たりを生かすため、2階リビング型の間取りを採用しました。1階の通り土間上部3階レベルには、格子のロフトが浮かびます。
断熱は、屋根通気のある高気密高断熱という、アイプラスアイの標準仕様。2階南の大窓は、庇や袖壁を出しつつ、あえて非low-e仕様としています。

勾配屋根、垂木の並ぶ天井、茶色い木外壁、縁側、通り土間、障子など和をイメージさせる語彙を使っているので、一見すると町屋住宅の懐かしい趣きがありますが、その語彙が過去の伝統表現にはない形に翻訳されて、和とも洋ともつかない複雑な見え方をする住宅に仕上がりました。

なお、見学会は予約制となっております。
お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家づくり予定者・設計者・施工者・その他の別を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:東京都江戸川区西瑞江
■日時:2013年2月2日(土)、am10:00~pm4:30
     2013年2月3日(日)、am10:00~pm4:30
■都営新宿線「一之江駅」から徒歩12分。
■車の場合:コインパーキングは瑞江方面徒歩2分位の所にあります。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_16552188.jpg

by iplusi | 2013-01-23 08:52 | 江戸川M邸 | Comments(0)
屋根の上の屋根@江戸川M邸
d0017039_23134572.jpg
江戸川M邸足場がはずれました。屋根の上に屋根がかかる大変面白い外観です。設計に当たって、過去の建築を全く参照していないので、完全にオリジナルな形です。でも、色と勾配屋根のせいで、なぜか和風っぽい、懐かしい感じがしますね。
今回も冬季の太陽熱を有効に利用するため、2階南は大きな開口部になっています。また、夏のことを考えて、庇が出ているわけですね。
d0017039_2314051.jpg
内部は大工工事があらかた終了。垂木や格子のふき取りなど塗装工事が進行中です。色塗る前は和風でしたが、塗装後は北欧っぽい感じになりました。しかし、みなさん、なぜミレー「晩鐘」ポーズなのか(笑)。
by iplusi | 2012-12-28 23:43 | 江戸川M邸 | Comments(2)
内装工事進行中 @江戸川M邸
d0017039_13122083.jpg
内装工事が着々と進行中です。玄関から階段までは一間幅の土間になっています。
by iplusi | 2012-12-03 13:13 | 江戸川M邸 | Comments(0)