カテゴリ:葉山AB邸( 17 )
雑誌「OCEANS」 葉山AB邸掲載
d0017039_2119131.jpg
男臭くて格好いい父親のためのライフスタイル雑誌、OCEANS(オーシャンズ)の「OH!家事情」というコーナーに、葉山AB邸掲載いただきました。本文含め、色にスポットを当てた記事になっているのですが、よく見ると、ご主人と奥さんの服の色が壁の色と合ってますね。
d0017039_2122853.jpg

by iplusi | 2015-05-29 10:21 | 葉山AB邸 | Comments(0)
建もの探訪 @葉山AB邸
建もの探訪「外はシック、中はカラフルな家」、東京エリア放映、明日7/25am4:30です。
「葉山の丘の上、潮風を感じる立地。場所毎のテーマカラーに彩られたカラフルな内部空間。食を楽しむ家族のための台所中心の間取り。大屋根の内側は大胆な構造現しの船底天井です。 」番組HP次回放送のお宅より。
http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/



d0017039_17293432.jpg
昨日は葉山AB邸、建もの探訪の撮影でした。
d0017039_17294975.jpg
竣工時と変わらない、きれいな垂木構造。カラフルな壁面は、意識が色にいくので、汚れが気にならないそうです。空中に跳んでる梁は、屋根の下端の部分が水平に開くのを防ぐ働きをしています。羽子板が出ないよう、端部仕口は金物工法で処理。
d0017039_1730233.jpg
キッチンからLD方向を見たところ。様々な方向に抜けや奥行きを感じさせるつくり。風の抜けも良く快適だそうです。以前の古いお宅はしもやけができるほど寒かったということで、キッチンには床暖を設置したんですが、床暖なしでも十分暖かく、この前の冬は、結局使わなかったそうです。
d0017039_17301334.jpg
キッチン奥は、奥様の専用スペース。ご主人の書斎は1階にあります。
d0017039_17302381.jpg
外観。切妻型を敷地境界に合わせて、ナナメにカットした形です。道路側外壁は、焼杉。サンド塗装仕上げ。少し色が落ちて、生々しさが消え、いい感じになってました。サッシはステンカラー色。庇はブロンズ色です。
d0017039_17303261.jpg
北側方向から見ると、切妻です。
d0017039_17304567.jpg
隣家側の見えない面は、小波板でコストおさえています。

東京での放送は7/25の早朝です。お楽しみに。
by iplusi | 2014-07-24 12:14 | 葉山AB邸 | Comments(8)
葉山AB邸その後
d0017039_22471617.jpg
葉山ABさん撮影の写真から。お友達の造園屋さんに依頼した植栽が完成したようです。プランターがとてもいい感じですね。壁面のバウハウス風?の縦書サインもバッチリです。さすがグラフィックデザイナーですね。
by iplusi | 2013-08-15 22:55 | 葉山AB邸 | Comments(2)
昼間の写真 @葉山AB邸
d0017039_2310329.jpg
葉山AB邸、引越し直前、家具の入った状態の写真です。
間取りを考えてから屋根架構を考えるのではなく、最初に架構を考えてから、間取りを落とし込んでいます。温熱環境にも配慮したスケルトンとしての架構をつくり、インフィルや家具で場をつくりだしていくわけです。
d0017039_23105385.jpg
屋根は垂木構造で、垂木が完全に等間隔にリズムを刻みます。途中に太い登梁が入らないよう、厚物合板で剛性を高めています。間取り、素材、色彩は建主さんの意向や嗜好が反映されるわけですが、小屋梁より上の世界は、力学的な秩序を示す美しい架構が、手付かずの状態で保存されます。
d0017039_23111029.jpg
切妻空間の輪郭をくっきり示すために、インフィルとしての小部屋は高さを抑え、色をつけています。白い架構が色彩の中に浮かび上がっています。ワンルームの室内に、小部屋や家具が生活の場をつくり出します。
d0017039_23114290.jpg
ユーティリティスペースも、平面の中にインフィルとして組み込まれています。
d0017039_231326100.jpg
外観は、切妻屋根を敷地形状に合わせカットした、シンプルな形状です。
d0017039_2313166.jpg
多方向の光が、落ち着いた雰囲気をつくります。
by iplusi | 2013-03-19 00:24 | 葉山AB邸 | Comments(2)
葉山AB邸 もうすぐ引越し
d0017039_033042.jpg
葉山AB邸 もうすぐ引越しということで、家具と照明が入った写真を送っていただきました。
色彩の海の上に、白い架構が浮かび上がるという建築のテーマを踏まえた上で、見たことないのに、懐かしい感じがする、素敵なインテリアにまとめていただきました。さすがグラフィックデザイナー、隙がないです。明日は昼間の状態を見学にうかがう予定。楽しみです。
by iplusi | 2013-03-18 00:32 | 葉山AB邸 | Comments(2)
葉山AB邸オープンハウス終了
葉山AB邸オープンハウス無事終了。ちょっとクラッッシックテイストのモザイクタイルが綺麗です。
d0017039_1531497.jpg
残すは外構工事など。
d0017039_16335273.jpg

d0017039_16411011.jpg
d0017039_175940.jpg
d0017039_1658473.jpg

by iplusi | 2013-03-03 03:27 | 葉山AB邸 | Comments(0)
今週末土曜日見学会の葉山AB邸
週末見学会の葉山AB邸、確認の検査、フラット35の完了検査も終了し、養生もはがされました。
d0017039_15241229.jpg
キッチン側上空から見たところ。右下に写っている茶色い部分は、ご要望で壁がコルクになっています。掲示物張り放題。
d0017039_15242813.jpg
玄関庇もつきました。太陽が当たると焼杉は茶色く見えます。
d0017039_15424239.jpg
デザイナーのABさんが選んだLDKの壁は赤、青、緑、黄。といっても、基本ウイリアム・モリスシリーズの色なので、どれも落ち着いた色合いです。キッチンのモザイクタイルも見所です。

飛び入り参加も歓迎です。詳しくはこちら
by iplusi | 2013-02-19 15:49 | 葉山AB邸 | Comments(0)
葉山AB邸オープンハウスのお知らせ
来る2013年2月23日の土曜日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理を致しました、葉山AB邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでお知らせします。
d0017039_1493920.jpg
海岸まで300m。潮風が心地よい敷地に建つ葉山AB邸は、4人の家族のための住まいです。

グラフィックデザイナーの建主ABさんのご要望は「ホワイトキューブは不可、風土を考慮せよ、庇も出したい」というもの。

幅員の狭い道路の斜線を考慮しながら、大きな室内空間を確保しようとすると、勾配屋根は自然な流れ。周囲の町並みに対しても威圧感が無いように、切妻屋根で軒を下げ、三角形の敷地なりにカットしたら、船のような形の家ができました。
d0017039_1591167.jpg
緑の多い路地の風景に溶け込むシックな色合いの外観とは対照的に、内部はカフェのような、カラフルな色づかい。部屋ごとに色が異なる壁面は、見る人に様々な感情を呼び起こします。
d0017039_17192138.jpg
 日当たりや人通りを考慮して、プランは2階LDK。2階は垂木構造の屋根を持つ、ワンルームの間取りです。2方向の屋根つきバルコニー、浴室、食品庫、ユーティリティをすべて2階に設置して、団欒から家事まで、忙しい家族の生活は、すべて2階で完結するようにしています。

建物は高気密高断熱仕様とし、フラット35エコを利用。通気層付きの外断熱屋根は夏場小屋裏に熱がこもる事もありません。夏は窓を開けるだけでも涼しくなるように、葉山に10年住んで、風の方向を知り尽くしているABさんと相談しながら、窓の位置を工夫しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見学会は予約制となっております。お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家づくり予定者・設計者・施工者・その他の別を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:神奈川県三浦郡葉山町
■日時:2013年2月23日(土)、am11:00~pm4:00
■逗子駅より、バス(約15分間隔であります)、森戸海岸下車徒歩4分。
■森戸神社近くにコインパーキングあります。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
by iplusi | 2013-02-12 13:01 | 葉山AB邸 | Comments(2)
色・材料打ち合わせ @葉山AB邸 
葉山AB邸土曜日の現場。
d0017039_1453546.jpg
2階のリビングには燦燦と陽が入っていますね。さて、今日の仕事は色決め、材料決め。
d0017039_14541144.jpg
外回りはレッドシダーや焼杉などでとてもシックな色使いですが・・・
d0017039_14535993.jpg
インテリアでは、メルボ床材にあわせ、こんな具合に強い色を使います。LDKのベース色は落ち着いた黄色。家具建具は赤茶。アクセントカラーはエンジ系の赤と卵の白身みたいな白と濃紺。玄関、子供部屋のアクセントカラーは、緑や青。トイレはエンジと濃緑。物置は黄色。寝室はエンジ、仕事部屋は濃紺。なんだかんだで家の半分以上に色が付く形です。外人の家みたいになるでしょうか。楽しみですね。
d0017039_14552266.jpg
家事動線が完結するように、洗面もユニットバスも2階にあります。水回り壁は、小屋梁のレベルでとまって、ブースみたいになっています。切妻の骨格ははっきり残っています。
d0017039_14553014.jpg
島田棟梁はキッチン家具の製作中。オープンハウスは2/23予定してます。
by iplusi | 2013-01-20 15:17 | 葉山AB邸 | Comments(0)
葉山AB邸 壁色検討 その2
集まった大量のクロスからいくつかセレクト。結局、私が選ぶと、おとなしい色になる。塗装風の3色はモリス色。後で集めたサンゲツのクロスも割といい感じ。黄色はこのページのiphone画像と本物を比較すると、本物の方が鮮やか。こげ茶色は高崎で使ったもの。
d0017039_16122910.jpg

by iplusi | 2013-01-16 16:11 | 葉山AB邸 | Comments(0)