カテゴリ:所沢M邸( 26 )
所沢M邸 その後
d0017039_20543571.jpg
川越Kさんが見学されたいということで、所沢M邸、お邪魔してきました。置き家具を上手に使って、素敵に住まわれています。南はすぐ隣家で、それなりの住宅密集地ですが、ハイサイドライトからの光で、室内は非常に明るいです。
d0017039_12101744.jpg
キッチンは、パイプ棚、パイプ付きの見せる収納で使いやすく。
d0017039_12373085.jpg
キッチンから、中庭方向を見たところ。キッチンはあえて天井を下げてあるのがミソ。天井の低い空間から、明るく天井の高い空間を見せると、より開放的にみえるのです。
d0017039_11575686.jpg
東の部屋からリビング方向を見る。CDラックとハンモックがいいアクセントになってますね。11時半にエアコン切ったとのことでしたが、室内はとても暖かでした。
d0017039_12172364.jpg
1階の寝室は露出梁と、ラダーテープ式のウッドブラインドで、北米っぽい感じですが、照明は和風。外人さんの家みたいですね。ベッドのヘッドボードはMさんのDIY。
d0017039_12271633.jpg
寝室から、玄関方向をみたところ。ワイルド系とアンティーク系が混ざったかんじでしょうか。
d0017039_1235318.jpg
レッドシダー外壁は色のばらつきほとんどなくなっていました。Mさん、一日どうもありがとうございました。
by iplusi | 2014-02-17 11:51 | 所沢M邸 | Comments(2)
オープンハウスご来場ありがとうございました
d0017039_20561566.jpg
所沢M邸オープンハウス無事終了。天候にも恵まれ、お土産もたくさん頂戴しました。ご来場の皆様、どうもありがとうございました。世田谷Sさん、目黒Sさん、松戸NさんなどOBのみなさんにもお越し頂けたのも、嬉しかったです。
d0017039_20571394.jpg
白い壁に囲まれてるので、絵のかかっていない画廊のようです。そう見ると、鑑賞物ないのに人が沢山いるのがちょっと不思議な感じですね。
d0017039_2185895.jpg
最後に、奥様にご用意頂いたお酒+おつまみで乾杯しました。Mさん、おめでとうございます、また、どうもありがとうございました。
by iplusi | 2011-11-27 21:22 | 所沢M邸 | Comments(2)
今日は所沢M邸オープンハウス最終日
今日11/27は所沢M邸のオープンハウス最終日です。
見学会は予約制となっておりますが飛び入り参加も歓迎です。飯塚携帯(090-6156-7488)にお電話ください。住所などお知らせいたします。

■日時:2011年 11月27日(日)、am10:00~pm4:00     
■西武池袋線「西所沢駅」から徒歩13分。
■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_7335016.jpg

by iplusi | 2011-11-27 07:40 | 所沢M邸 | Comments(0)
今週末は所沢M邸オープンハウス
d0017039_1491314.jpg今週末、11/26~27は所沢M邸のオープンハウスです。
見学会は予約制となっております。お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先を飯塚(yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp)までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。
飛び入り参加の方は携帯(090-6156-7488)にお電話ください。住所お知らせいたします。

詳しくはこちら
by iplusi | 2011-11-21 01:49 | 所沢M邸 | Comments(3)
オープンハウスのお知らせ
d0017039_21131687.jpg
所沢M邸、確認機関完了検査、設計事務所検査終了。北欧家具の梱包もはずしてみました。ウォールナットの床に、北欧家具が映えます。とてもいいですね。
d0017039_22243825.jpg
和小屋と呼ばれる在来木造の構造体は、間取りとは無関係に、切妻、寄棟、片流れなどの屋根を架けることが可能です。その架構システムは、水平の小屋梁の上に束(つか)を建て、母屋や垂木を所定の形状まで「かさ上げ」するというもの。つまり、個別の形状は、「束」によってつくられていると言っても過言ではありません。

商品化住宅では、こういった構造体は天井裏に隠蔽されますが、この住宅では、その見せる機能を失った構造部材「束」を積極的に露出させました。束にはハイサイドから光をあて、立体感を強調。距離感を失った白い室内の中で、石膏像のように陰影に富む構造体が、リズミカルにはっきりと「存在感」を主張します。

家の象徴的存在として、精神的なよりどころにもなっていた、かつての民家の大黒柱や小屋組のようなものをつくりたかった、というとわかりやすいでしょうか。そんな風にして、とらえどころのない現代の住宅に、ある種のリアリティを付与したいと考えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オープンハウスのご案内

来る2011年11月26日~27日の土日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理を致しました、所沢M邸の見学会を開催できることになりましたのでお知らせします。

見学会は予約制となっております。
お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:埼玉県所沢市
■日時:2011年 11月26日(土)、am10:00~pm4:00
          11月27日(日)、am10:00~pm4:00     
■西武池袋線「西所沢駅」から徒歩13分。
■車の場合:コインパーキングは徒歩10分の所に48台とめられます。
■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488

d0017039_22221651.jpg
by iplusi | 2011-11-19 01:25 | 所沢M邸 | Comments(0)
所沢M邸 オープンハウスのお知らせ
d0017039_9344863.jpg
d0017039_14453441.jpg来る2011年11月26日~27日の土日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理を致しました、所沢M邸の見学会を開催できることになりましたのでお知らせします。

所沢M邸は、頂部を平らにカットした変形切妻の可愛らしい外観と、竜骨状に束を露出した構造が特徴の木造住宅です。敷地は周囲を隣家に囲まれていますが、2階のリビングには、中庭やハイサイドライトを設け、プライバシーを保ちながら、光溢れる空間を実現しました。オフホワイト基調の北欧モダンのインテリアもみどころです。 

所沢M邸の工事状況は、
ブログ過去ログhttp://iplusi.exblog.jp/i39/ 
担当した岨野のブログhttp://chiysono.exblog.jp/i14/ 
をご覧下さい。

なお、見学会は予約制となっております。
お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先を下記までご連絡ください。折り返し地図などお送りします。

■住所:埼玉県所沢市
■日時:2011年 11月26日(土)、am10:00~pm4:00
          11月27日(日)、am10:00~pm4:00     
■JR西武池袋線「西所沢駅」から徒歩13分。
■車の場合:コインパーキングは徒歩10分の所に48台とめられます。
■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚 豊
 E-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_9404275.jpg
和小屋と呼ばれる在来木造の構造体は、間取りとは無関係に、切妻、寄棟、片流れなどの屋根を架けることが可能です。その架構システムは、水平の小屋梁の上に束(つか)を建て、母屋や垂木を所定の形状まで「かさ上げ」するというもの。つまり、個別の形状は、「束」によってつくられていると言っても過言ではありません。

商品化住宅では、こういった構造体は天井裏に隠蔽されますが、この住宅では、その見せる機能を失った構造部材「束」を積極的に露出させました。束にはハイサイドから光をあて、立体感を強調。距離感を失った白い室内の中で、石膏像のように陰影に富む構造体が、リズミカルにはっきりと「存在感」を主張します。

家の象徴的存在として、精神的なよりどころにもなっていた、かつての民家の大黒柱や小屋組のようなものをつくりたかった、というとわかりやすいでしょうか。そんな風にして、とらえどころのない現代の住宅に、ある種のリアリティを付与したいと考えました。
by iplusi | 2011-11-01 14:32 | 所沢M邸 | Comments(0)
所沢M邸 今日の現場
d0017039_0473349.jpg
月曜日の所沢M邸。中庭の折戸を開けた状態。内外が連続します。北側の中庭ですが、明るさは十二分です。
d0017039_0453079.jpg
1階の主寝室。2間飛んでるので、少し大きめの梁が455ピッチにかかります。上げ下げ窓は今回初めて使ってみましたが、最大寸法くらいになれば、そんなに悪くないです。
d0017039_0441578.jpg
道路側外壁。こんなに色がばらつくとは思いませんでしたが、縦ジョイントがないので、きちんとストライプ状になって、きれいだと思います。菊池さん、ガレージ部、ドアと下がり壁の色あわせ、お願いしますね。
d0017039_1202677.jpg
屋根板金はこんな風に完成。雪止めは白いアングルでつくってくれました。
by iplusi | 2011-10-05 13:00 | 所沢M邸 | Comments(0)
所沢M邸 今日の現場
d0017039_18135461.jpg
林立する束を立体的に照らす多方向の光。建築のリアリティのようなものを表現するのが、この建築のねらいです。正面右手がテラス。右手はキッチン上部のハイサイドライトです。
d0017039_1814304.jpg
キッチンを見返したところ。キッチン上部はルーフテラスになっています。ところでこのテーブルかっこいいと思いませんか?骨は30*40。高さは600程度。
d0017039_18141379.jpg
階段もできてました。関根棟梁さすが熟練の技ですね。冷蔵庫とキャビネット(脚がはずれるらしいです)の搬入ルートは検証済みです。
d0017039_18333789.jpg
2階LDKの床はウォールナット。さすがに複合フローリングですが、突板厚は2mm。白太が入ると無垢材みたいですね。
d0017039_2116624.jpg
中庭。3畳の大きさがあります。北向きですが、非常に明るいです。内壁はあいじゃくりの木で白くなります。サッシはお施主さんのご要望で白を使ってみました。ここは白で正解でしたね。
いつもどおり、デッキ下部は防水じゃなくて金属屋根です。V字屋根の内樋風に見えますが、水下のスリットの下部は外部で、普通に外樋形式で樋が吊ってあります。樋が万が一詰まっても、オーバーフローした水は、スリットから下に落ちるだけ、というわけです。
by iplusi | 2011-09-09 17:58 | 所沢M邸 | Comments(2)
断熱性能見学会
d0017039_2042064.jpg榊住建さんが所沢M邸で、9/10断熱性能見学会されるそうです。詳しくは榊住建のHPへ。

この家のみどころはやはり2階のテラスや小屋組です。でも家は、形だけつくれればいいってもんじゃありません。構造や断熱はできあがる形や空間と同じくらい重要です。この家は、断熱型のフラット35sだから、次世代省エネ仕様。壁も屋根も2重構造にして、通気層を確保しています。

断熱は壁の中に隠れちゃうので、工事中じゃないとみられません。現場を解説つきで、しげしげ眺められるのはこういう見学会ならではです。お近くの方はぜひお越しください。
by iplusi | 2011-09-04 23:15 | 所沢M邸 | Comments(0)
家具の色
d0017039_18261783.jpg
所沢M邸の家具や建具は、右写真のようにラワンを茶色に塗って使うことを想定していたんですが、導入予定の家具を置くと、バラバラな印象になってしまいそうということで、写真左のように、ウォールナット色に着色することで決着。彩度の低い濃い色にしておけば、どんな置き家具がきても違和感はありません。
置き家具を大事にしようという目黒I邸もこんな感じがいいかも。
d0017039_18264716.jpg
高尾K邸の天井は、こんな風に細かい垂木を白く塗る予定。
by iplusi | 2011-08-25 18:26 | 所沢M邸 | Comments(0)